20代で転職を検討されている方へ


人気プログラミング言語Scala、そのメリットとは?

今人気のあるプログラミング言語であるScalaは、Java言語の後継と言われる程注目を集めています。事実、ScalaはJavaVM上で動作し、Javaとの高い互換性を持ったプログラミング言語です。

海外大手のSNSをはじめとしたサービスがScalaを採用を進める今、いち早くScalaを習得する事は、エンジニアとしての価値を先取りする事に繋がります。

Scalaって何?

 

Scala(スカラ)とは、Javaの後継となり得るオブジェクト指向のプログラミング言語であり、関数型機能のメリットも併せ持つ言語としても注目をされているプログラミング言語です。

2003年にアメリカで発祥したScalaは現在、TwitterやLinkedIn、また業務コミュニケーション用に利用されるChatWorkなどといったSNSでの利用をはじめ、国内大手企業が手がけるクラウドサービスにも採用されるなど、Scala技術者の需要も高まっているのです。

長くに渡り利用されているJava言語は、あらゆるサービスで使用されていますが、ScalaはJavaVM上で動作する他、Javaとの高い互換性を持っており、Javaで作られたサービスの置き換えも可能なため、今後更にScalaが注目される事は間違いありません。

Scalaで何ができるの?

Scalaで出来る事としては、JavaVM上で動作させる事が出来るということです。簡素に言えばJavaで出来る事は全てカバーする事が可能です。Javaの環境で動作するという事は、マルチデバイス(WindowsやMacOSなどJavaが動作する環境全て)に対応できるという利点があります。

Javaとの互換性も高いため、相互にライブラリを呼び出すなどのコーディングも出来るのです。Scalaは特に、Webサービスやクラウドサービスで既に採用されていますし、Androidアプリなども作成可能です。

もちろん、サーバサイド側のプログラミングにも利用できますので、Scalaは広範囲のサービスに適用する事が出来るのです。

Scalaを使うメリット

Scalaを使うメリットは多数ありますが、最大のメリットとしては”コードが少なくて済む”という事です。

今後、Scalaが普及する中で、JavaのソースコードをScalaへ移行する際には、ソースコードを半分ほどのボリュームでプログラミングする事が可能です。

更には、ソースコードが削減される事で、読みやすさやコードの簡素化も行えるため、デバッグ時間や修正ボリュームも大幅に削減出来るのです。

言語としてScalaが採用される典型パターンは、処理パフォーマンスを向上させたい時や保守性を高めたいといった既存サービスにテコ入れをする時です。
サービスのスタートアップ時はサービスそのものをいかに早く立ち上げて、拡充していくかが勝負になるため、開発効率やエンジニアを集めやすい言語が採用されることが多いです。

しかし、サービスが軌道に乗ってくると、サービスの品質や品質を維持するためのコスト低減がテーマとなってきます。
Scalaを使うことにより、ソースコードをシンプルに保ちながら、強力なコンパイル時のチェックによってバグの入り込む余地を減らし、さらに、並列処理を簡易に利用できることからマルチコアのインフラを最大限に活かすハイパフォーマンスなJVM環境を構築することができるのです。

Scalaの需要

現在のScalaプログラマの需要は非常に高まっています。
最大手企業による導入実績と成功体験、それに感化された大・中規模の企業のScala導入が活性化されて、成功体験の報告が多数上がってきているからです。

つまり、大規模なシステムや多くのユーザを抱える人気企業やサービスのテコ入れとして採用されている背景があり、仕事の質・量・報酬ともに期待が持てる状況になっています

Scalaを選択することで魔法のようにすべてが上手くいくかというと、実はそうではありません。
Scalaを正しく使いこなせなければ真価を発揮できません。
「hello worldを書いてみた」レベルのエンジニアが多数いるだけではパフォーマンスも品質も上がらないのです。

プロジェクトの技術レベルを底上げし、チームレベルを引き上げられるScalaの上級プログラマが求められているわけです。
しかし、そうしたScalaの先駆者はすでに大企業が押さえてしまっている状況があるため、Scalaをしっかりと修めている技術者は、各企業が欲する人材なのです。

Scalaプログラマーの年収

Scalaプログラマーの平均年収は626万円です。

300~1,400万円の幅があり、上級プログラマとなることで年収1,000万超えを実現可能です。

2017年は需要や年収の指標において、他言語を押さえて1位になっています。
2018年の1位はGo言語で、2位がScalaとなっています。

Scalaの需要自体は大きく変わっていませんが、Goがランキング圏外から突出してきたという状況です。Scalaは世界的に需要があり、まだまだ扱える人材が不足していることから、当分は高需要・高年収が見込めます。

Scalaの将来性は?

Scalaは今、Javaの後継として世界規模で導入が拡大しています。

上述したTwitterでは、バックエンド処理にScalaが採用され、その他LinkedInなどのSNSや金融機関ではスイス銀行(現UBS)などもScalaを導入しています。

まだまだJavaプログラマの需要が多い状況ですが、大手企業には徐々にScalaを採用する傾向が強くなっています。Scala案件は幅広く、サーバサイド開発はもちろん、広告システムやAIシステムといった分野など、需要は拡大を見せているのです。

Scalaを習得するに当たっては、同時にJavaについてのスキルも必要となります。

Javaでは手の届かなかった技術をScalaで補う事、そして既にJavaで稼働するシステムをScalaへ移行すると言った開発において“JavaとScalaの特徴を把握したスキル“が必要なのです。

将来的な流れを汲むならば、Javaに加えてScalaを習得する事は、プログラマにとって非常に重要な要素となります。

Scalaの使いどころとして、サービス立ち上げから利用するケースも出てきています。

関数型言語であるScalaはアジャイル開発にも向いており、少数精鋭のチームによって高い生産性と低コストで質の高いサービスを一気に立ち上げるスタイルが確立されようとしています。

こういった動向も含め、高年収・高需要といった環境もあり、Scalaプログラマの人口は大きく増えて、Scalaの普及は進むことになります。名実ともにJavaにとって代わる将来性抜群の言語と言えます

Scala開発経験ありの求人一例

世界的には人気のあるScalaですが、まだまだ技術者の数も少なく、特に日本ではScalaエンジニアの数は圧倒的に人材が足りていないのが現状です。

一方、Scala開発経験を持つ技術者への求人は多く、企業は人材確保が難しい状況である事も事実です。

求人内容としては「Java」「PHP」「Scala」「SQL」を主なプロジェクト環境としており、Scaiaの開発経験を必要スキルとして募集されています。

また、未だScalaエンジニアの人材が少ない事もあり、比較的高い単価も目立ちます。

「株式会社カカクコム」や「ピクシブ株式会社」、「LINE株式会社」などの大手企業も募集を行なっていますので、Scala開発経験があり、大手企業で活躍したい方はぜひご相談ください。

転職エージェントで転職成功率をあげましょう

転職を成功させたいと考えている方にこそ、転職エージェントがおすすめです。
おすすめのエージェントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

マイナビIT

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという

レバテックキャリア

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

<こんな方にオススメ>

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

リクルートエージェント

<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方