20代で転職を検討されている方へ


AWSエンジニアって何? AWSエンジニアの需要と将来性について

クラウドという言葉をよく耳にするようになりました。クラウドとは、インターネット上のサーバ等を利用して作業を行うサービスの一つで、(クラウド)を用いて表現することが多いことからできた言葉です。

企業のクラウドサービス導入は加速しており、クラウドを提供している企業で世界的シェアを占めているのがAWSです。そんなAWSのサービスを扱うエンジニア(AWSエンジニア)について、今回はご紹介したいと思います。

AWSとは?

AWSとは「Amazon Web Services」の略称で、Amazon.com社によって開発者向けに提供されているクラウドサービスのことです。

必要なときに必要な分のITリソースを利用できるため、コストが低く、特定のOSや言語に依存することのないプラットフォームといった利点があります。具体的には、webサーバ、DBサーバ、キャッシュサーバなど好きな用途に使うことができます。

自由にスペックを選べ、インスタンス数、起動時間によって料金が変わる従量課金制のサービスのため、費用も必要分で済みます。また、htmlファイル、jsファイル、画像ファイルをwebサーバ側から利用できたり、分析、IoT、モバイル開発なども行うことが可能です。

これらのOSやミドルウェアのメンテナンスや、バックアップはAWS側で行うため、保守の負担も軽減できます。

クラウドサービスを提供している企業はAWSのほか、MicrosoftGoogleIBMなどがありますが、上記のようにサービスの多さや、初期費用の安さ、セキュリティレベルが高いことから、AWSを選ぶ企業が多いです。

AWSエンジニアの現状

先ほども述べた通り、企業のクラウド導入は増えており、中でもAWSを選ぶ企業は多いです。AWSを導入すれば、必然的にAWSエンジニアの需要は増えていきます。

AWSエンジニアの業務はAWS上のサーバの運用、構築、設計から、AWSソリューションを用いたサービスの開発と多岐にわたります。求められるスキルもクラウド型のサービス管理、運用技術といった、よりAWSに特化した技術も必要となっていくと思われます。

特にAWSを含むクラウドサービスを構築するためには、あらゆる技術に精通している必要があり、クラウドサービスとオンプレミスをつなぐネットワーク技術や仮想化技術、IDフェデレーションを可能にする認証認可サービス技術、事業継続のためのクラウドマイグレーションなど様々な技術が必要といえます。

これらの技術を習得するためにはそれなりの時間が必要なため、現在AWSエンジニアの数は不足していると言えます。

AWSエンジニアの仕事内容

AWSエンジニアの仕事はAWSシステムの開発やAWS基盤構築、AWSシステムの運用などです。具体的には以下のような業務になります。

開発

AWSを開発基盤として、アプリケーションを開発します。使用言語はJavascriptやPHP、Pythonなど様々ですが、開発環境はAWS基盤での開発となります。

設計

AWSインフラ設計を行います。AWSを用いたWEBサーバやLDAP、DB、FTP、DevOps基盤などを設計します。また、必要に応じてパラメータシートの作成や負荷試験などのテスト計画もここで作成します。

構築

設計書を元にAWSインフラを構築します。また、運用自動化のためにansibleなど構成管理ツールの構築も行うこともあります。パラメータシートを作成しておくと、構築を自動化させることも可能です。

運用

AWSインフラの運用、監視を行います。インスタンスの監視や障害時の対応、OS、ミドルウェアのチューニングや設定変更など、幅広く運用を行います。障害に備えて運用設計も行います。

AWSエンジニアの将来性は?

AWSを利用する企業は今後も増加しており、AWSエンジニアの需要は増えています。しかし、現状AWSエンジニアの数は少なく、AWSを扱えるエンジニアは重宝される傾向にあり、将来性のある職種と言えます。

ただ、AWSエンジニアに求められる要件は今後もさらに変わっていくことが予想されます。

AWSエンジニアとして長く活躍していくためには、設計や構築の経験をたくさん積むと共に、できるだけ多くのAWS機能を扱えるよう努力し、技術やトレンドの動向には常にアンテナをはり、最新の情報を常にキャッチアップすることを重ねることが大切です。

AWSエンジニアの年収はどれくらい?

AWSエンジニアの年収はどれぐらいでしょうか。AWSはインフラ系エンジニアが中心になっており、インフラエンジニアの年収平均に近く、400万〜500万円が相場ですが、スキル次第では、年収1000万円という方もいるようで、高収入を目指せる職種でもあります。

インフラエンジニアにプラスしてAWSが使えるという考え方を持っている企業が多く、ネットワーク、仮想化、認証認可など幅広く業務対応が可能であれば収入もアップも望めます。また、ビッグデータの発展により分析基盤も需要が増えているため、Elastic Searchといった技術領域もカバーしておくとよいでしょう。

未経験でもAWSエンジニアになれるのか

現状、未経験可の求人も少なからずあります。ただ、年収は相場からだいぶ下がってしまうものがほとんどのようです。

AWSは知っているだけでは仕事に結びつきません。オンプレミスからAWSの移行や、従来のサービスをマイクロサービス化するには、既存の環境やシステムの分析、AWSのどのサービスで実現できるかを把握しておく必要もあります。

未経験からAWSエンジニアを目指すのであれば、早いうちからインフラエンジニアとしての経験を積み、AWSエンジニアにステップアップした方が良いでしょう。

AWSエンジニアに必要なスキルは?

AWSエンジニアには以下のようなスキル、知識が必要です。

インフラ

サーバネットワークなどのITインフラの設計や構築、運用のスキル、知識が必要です。サブネットマスクやIPアドレス、サーバのセキュリティ、冗長化や負荷分散を考慮した設計など、インフラ技術に幅広く精通する必要があります。

ミドルウェア

LinuxやRDBMSの知識やWebシステムの構築、運用スキル、知識などが必要です。サーバのOSや、Apacheなどのミドルウェアのインストールと設定方法の知識、スキルもあった方がよいです。

アプリ

APIに関する知識。DevOpsツールに関する運用スキル、知識やシェルスクリプトの知識、LL言語の知識、スキルもあればよいでしょう。またコンテナをすばやく構築可能なDockerの知識もあった方がよいです。

サービス

OSやネットワーク、ストレージ、データベースや管理ツール、開発ツールの知識IoT、AIのスキル、知識といったAWSのサービス全般。日々新しいサービスが誕生しているため常に情報をキャッチアップする必要があります。

また、上記に加えセキュリティ関連の知識や経験、プログラミングの知識、コードによるインフラ構成などのスキルや、AWSアソシエイト等の資格があると年収アップが期待できます。

まとめ

今回はAWSエンジニアについてご紹介いたしました。

自社でサーバを抱え、システムを管理する時代から、クラウド上で自社システムを管理する時代になり、エンジニアにとってクラウドを扱えるスキルは今後、さらに重要になっていくことと思います。

AWSに興味のある方は、インフラ技術をはじめ、AWSサービスの知識、経験を蓄積していくことを心がけましょう。また、自分のスキルに合ったAWS案件からチャレンジしてみましょう。

転職エージェントを活用しましょう

IT業界を得意とする転職エージェントを活用して、転職成功を掴みましょう!

マイナビIT

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという

レバテックキャリア

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

<こんな方にオススメ>

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

リクルートエージェント

<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方