【IT業界】資格がない場合の転職ってどうしたらいいの?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

転職を検討するうえで、「資格があることで転職時に有利になるのではないか?」と気になる方も多いのではないでしょうか?

特に、未経験求人であればあるほど、「資格で少しでもカバーしたい、アピールしたい」という方も多いように思います。

そこで今回は、転職活動を進めるうえで、特にIT業界の転職を考えている方に、資格の有無についてポイントをご紹介いたします。

IT業界で持っておくと良い資格って!?

IT業界の場合、求人としては、エンジニア(インフラ構築や運用、アプリ開発など)やクリエイター(Webデザイナーなど)が多く、これらの職種は応募条件に資格取得を求められるケースも少なくはありません。

昨今はスマートフォンのアプリ開発などの職種が増えていますが、これらのアプリ開発の場合、資格保持よりも実務経験・作品の実績などが採用基準として優先的になる傾向です。

IT業界に効果的な資格は複数ありますが、たとえば、国家資格である、「ITストラテジスト」「ITサービスマネージャ」など様々あります。

グローバル化が加速となり、特に外資系の企業の場合、エンジニアやクリエイターであっても英語スキルが求められるケースもありますので、「TOEIC」スコアは保持していたほうがキャリアの補足説明にもなります。

また、昨今、IoT(「Internet of Things」の略)の時代になり、民間資格ではありますが、「IoTシステム技術」や「IoT検定」などは今後注目される資格になりそうです。

資格がない場合の転職ってどうしたらいいの?

求人案件の応募条件に資格が必須であれば、選考には当然、資格が必要になってきます。

もしも、応募・選考時に資格を取得していない場合の転職は下記を十分にアピールするようにしましょう。

(1)これまでの実務経験・知識のアピール

応募仕事内容に対してこれまでの実務経験をどのようにその企業に活かして貢献が出来るかをしっかりと述べ、転職理由を伝えるようにしましょう。

(2)資格取得に向けた今後のやる気・行動をアピール

これから死ぬ気で勉強して資格取得するやる気姿勢とそれを実行するために具体的にどのような行動をするのかを述べるようにしましょう。

「何のためにその資格を取得し、取得後はどのようにキャリアアップしたいのか」その点をポイントにすることで、その熱意・姿勢が求人企業側に伝わります。

採用企業の立場としては自社に貢献してくれる人材を採用したいのが当然です。

前向きに感じられる転職理由を伝えることが大切となります。

資格なし転職の年齢の限界は?

いざ資格なしの転職をしようとする際、気になることに年齢のこと。

IT業界の場合、資格なしの場合は何歳が適齢期なのでしょうか?

そもそも、中途採用(正社員)の場合は一般的には即戦力採用になりますので、基本的には経験者採用がほとんどであり、実務経験が求められます。

20代の資格なしの場合の転職するには?

20代の若手は未経験職種に応募するケースが多く、また、実務経験自体も浅いため、企業側も実務経験自体を多く求められないため、あくまでも「ポテンシャル採用」を優先にしている傾向です。

そのため、資格保持していることは、採用企業には印象が良く、転職するための説得材料の一つになるケースもあります。

資格なしの場合は、

  • 「これまでの経験をどのようにその企業に貢献出来るのか」
  • 「キャリアアップはどのように描いているのか」

など、その企業が求めている人物像に近づくことがポイントになります。

30代の資格なしの場合の転職するには?

30代の場合、大前提として実務経験が最優先となり、補足説明として資格取得があるとアピールとなります。

ほとんどの企業にとって、30代はコア人材となりますので、ある程度のキャリアが求められる点は注意です。

実際に、30代で資格がない場合は、異業種に転職することは厳しいことが現実のようです。

しかし、資格がないから採用不可ということではなく、実務経験や今後の努力次第によりますので、資格がなくても諦めずに、自分にどんな能力があり、何が出来るのか、具体的にアピール出来るように、しっかりと自己分析をしておく必要があります。

女性が資格なしで転職するには?

女性の場合であっても、資格なしの転職状況は先より述べてきましたとおりですが、資格保持は資格なしの転職よりもアピール出来ることになるので、資格がないよりもあったほうが良いです。

女性の転職にとって、ネックになるのが、「結婚」や「出産」というライフイベント。

これらのライフイベントによってキャリアが断絶されてしまいがちです。資格がない場合は、今後の資格取得に向けて努力する姿勢、ご自身のキャリアプランと志望動機がしっかりとリンクするように説得力をもってアピールすることが重要です。

女性にとっては長期的な目線での資格取得の目的やキャリアプランを述べられるようにすると、採用企業側も説得力があって好印象につながります。

まとめ〜【IT業界】資格がない場合の転職ってどうしたらいいの?

資格がないよりはあったほうが当然、転職の説得材料になり、効果的にはなります。

資格保持は20代のポテンシャル採用や未経験採用の説得材料として優位である可能性は高いですが、IT業界や職種に限らず言えることとしては、重要なのはあくまでも実務経験です。

資格を取得すること自体が目的ではなく、取得することの目的と取得後どのようにしてその企業・職種で活かすか、それが重要です。

「IT業界に転職したい!でも、自信がない・・・」という方には以下のサービスもおすすめです!

IT業界未経験・スキルのない方にオススメ

スクール受講後の就職率は98%を誇り、エンジニア未経験からの就職・転職にオススメのプログラミングスクール。 独学で挫折してしまう人が多い中、受講者の96%がカリキュラムを完了し、卒業できている。

ポイント
  1. 独学で挫折する方が多い中、TechCampの修了率は96%
  2. カリキュラムの修了後の就職率は98%という安心感
  1. 一定の費用が必要となります

こんな人がおすすめ!
  1. プログラミングを1から教えて欲しい方
  2. 未経験からエンジニアとして就職したい方
  3. プログラミング学習から就職活動まで一貫してサポートして欲しい方
【転職成功率97%】未経験からエンジニアに!TECH CAMPについて

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

また、IT業界に強い転職エージェントは、こちらの記事(IT業界に強いおすすめの転職エージェント7選)でも詳しく解説しています。