20代で転職を検討されている方へ


ITパスポートを持つと転職に有利なのか

ITパスポートという資格をご存知でしょうか。

今やインターネットテクノロジーが発達した現代には、ビジネスにおいてITを使うことは当然のようになっています。PCを使うことはもろんのこと、どうやったら、ビジネスに生かせるか、効率よく便利に使うことができるかが必要になっています。

そんなIT社会において、ITパスポートはどんな役割を果しているのか、ご説明したいと思います。

ITパスポートとは

ITパスポート試験とは経済産業省が認定する国家試験です。

IT技術の発達によって、日常生活でもごく当たり前にPCやインターネットを使うようになりました。さらにビジネスにおいては、インターネットを上手に活用したり、業務を効率化する上でも

ITの知識は重要不可欠といえます。ITパスポート試験は、ITを利活用するすべての社会人、学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識を証明する国家試験です。

そのため試験では、ITの基本的な知識だけではなく、ネットワークやセキュリティなどのIT知識の他、経営戦略、マーケティング、財務、法務などIT以外の知識も問われます。

ITパスポートは2009年の開始から、社会人を始め学生まで多くの方が受験しています。

企業では、就職活動の際、エントリーシートへの記入を求めるところが増えており、多くの企業で活用されています。また、大学などではITパスポート試験の対策講座を行うところも増えており、様々なところで広がりを見せています。

ITパスポート試験が開設される前は、初級システムアドミニストレーター試験、いわゆるシスアド試験がありましたが、初級シスアドは廃止され、ITパスポート試験に整理統合されました。そのため、試験の内容としては初級シスアドと似ていますが、ITの発達に合わせ、問われる内容は最新のテクノロジー技術が問われます。

資格の持つことの優位性とは

ITパスポートは現代の社会で働く上で必要となるIT基礎知識を習得していることの証明になります。

ITに関する知識だけではなく、ビジネスにおいて重要な経営戦略や会計などの幅広い知識を習得できるからです。ただ、ITパスポートを持っているからといって収入アップは難しいです。しかしステップアップには役立ちます。

ITパスポートで学ぶ知識は、社会人なら誰でも身につけておきたい基礎知識です。そのため、この資格を持っているというだけでは、基本給など給与がアップすることはまずないでしょう。

しかし「それでは取得する意味がない」と考えるのは正しくありません。ITパスポート試験の受験勉強をし、合格することは、ITの基礎部分をしっかりと体系的に理解することに繋がります。

ITパスポートで基礎部分を習得できたならば、基本情報処理技術者や応用情報技術者試験といった、ITの上位試験への足がかりにできます。

基本情報処理技術者や応用情報技術者は資格手当てなどが支給される企業もあるため、収入アップも期待できます。

ITパスポートの難易度は

試験はCBT方式で行われます。CBTとはComputer Based Testingの略で、PCを利用するテストのことです。

試験時間は120分となっており、出題形式は四肢択一式(4つの選択肢の中から1つ選ぶ方法)です。全部で小問が100問あり、以下のような構成になっております。

  • ストラテジ系(経営全般):35問程度
  • マネジメント系(IT管理):20問程度
  • テクノロジ系(IT技術):45問程度

全部で1000点満点で採点され、総合得点が600点以上、各分野別得点がそれぞれ30%以上で合格となります。試験の合格率は48.4%(平成30年3月)で、2人に1人は合格する割合です。ITに慣れ親しんでいる方であれば、2ヶ月程度の勉強で合格できるでしょう。

勉強方法としては、参考書で出題範囲の用語を覚え、過去問をといて、解放パターンを覚えていくような方法がお勧めです。また、新しいテクノロジー技術が出題されることがあるので、参考書は比較的新しいものを使う方がよいです。

ITパスポートは転職に有利なのか

ITパスポートはITの入門資格のようなもので、転職に関して取得していても、さほど役には立たないだろうとお考えの方もいらっしゃると思います。

しかし、現在はITパスポートが含まれた求人も増えてきており、基本的なPCスキルの証明として、注目されているようです。特に、IT系企業のほか、一般事務職などではITスキルを持った方が重宝される傾向にあるため、事務職の方は転職に有利といえます。

まとめ

今回はITパスポートについてご紹介しました。ITを生業にしている方には、これからIT資格を受験していく入門として、ITが専門でない方にもITスキルの証明として、これからも注目は高まっていく資格であるといえます。難易度も高くないため、キャリアアップや転職をお考えの方はまず、ITパスポートを取得されてみてはいかがでしょう。

転職エージェントという大きな存在

IT業界に強い転職エージェントに頼れば、情報や面接対策などもサポートしてもらえます。
それぞれ比較しながら、自分に適した転職エージェントを探してみてくださいね!

マイナビIT

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという

レバテックキャリア

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

<こんな方にオススメ>

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

リクルートエージェント

<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方