ブロックチェーン技術者(エンジニア)になるには?

 あなたは「ブロックチェーン」という言葉を聞くとどのような印象を持ちますか?仮想通貨などで利用されている技術のため、難しい技術と考えている人がほとんどだと思います。しかし、その仕組みの概要は実はシンプルで、実装に利用される言語も簡単で学習しやすいものが多いです。そして何よりブロックチェーンは今後様々な分野に応用されていく技術であり、そのエンジニアには非常に高い市場価値があります。システムエンジニアやプログラマーとして働いていくのであれば、キャッチアップしない手はありません。

ブロックチェーンエンジニアの現状・将来性

現在、ブロックチェーン技術を扱える人材は非常に少なく、AIやIotのエンジニアと並んで希少価値が高くなっています。また、ブロックチェーン自体は現在仮想通貨など主に金融業界でしか実績がありませんが、どのような分野にも応用できる技術です。著作権の証明、食品の流通経路の証明、アプリ利用時の個人の特定、など多くのサービスに利用されることが期待されています。

ブロックチェーン技術者(エンジニア)の年収

ブロックチェーン技術者は少ないためかなり高年収になることを予想していましたが、調べてみるとかなり幅があるようです。400万~2000万ぐらいの年収で雇用されています。年収が高くないことがある理由としては、あまり予算をとれないスタートアップ企業の求人が多いことが理由のようです。

ブロックチェーン技術者の用いる言語

Javascript

Javascriptは現在ブロックチェーン用のライブラリが多く用意されていて、最も利用実績のある言語の一つです。ネットにも実装サンプルソースが多く掲載されていて、初心者の方がブロックチェーンを学ぶ言語としておすすめです。

Solidity

Ethereum(イーサリアム。分散アプリケーションのためのプラットフォーム)上で動作するプログラミング言語です。Solidityはそれほど有名ではなく他の人気言語と比べると書籍もネットのサンプルソースも多くありませんが、Javascriptと文法が似ているため、Javascriptの経験者であれば容易にキャッチアップできるところが魅力です。

ブロックチェーン技術者(エンジニア)になるために

ブロックチェーンエンジニアに必要な知識

ブロックチェーンエンジニアはフルスタックエンジニアの一種のようなもので幅広い知識が必要になります。「Webの知識」、「DBの知識」、「セキュリティ関連の知識(ハッシュ関数、暗号など)」、「分散アプリケーションの知識」などに加え、当然ブロックチェーンの仕組みを理解していることが求められます。なお、セキュリティ関連の知識はハッシュ値を利用するため必要ですが、ハッシュ関数は基本的にオープンソースなどで用意されているものを利用するため、概要を理解するだけでも問題ありません。

ブロックチェーンの学習方法

ブロックチェーンは様々な方法で情報を集めることができるため、学習には苦労しません。主に書籍、インターネットサイト、プログラミングスクールで学ぶことがおすすめです。現在IT業界で最も注目度の高い技術の一つとなっているため、出版されている本は非常に多く、ネット上のIT関連のサイトでも度々ブロックチェーンを取り上げた記事が掲載されています。プログラミングスクールでも取り上げられていて、中にはブロックチェーンを学ぶための学習コースを用意している教室もあります。

ブロックチェーンエンジニアの募集企業

ブロックチェーンエンジニアの募集は、現在日本ではスタートアップの企業のものが多いです。まだそこまで実績のある技術とは言えず、現在求人もそこまで多くはありません。ただ、ブロックチェーン技術は可用性やセキュリティ面に対して非常にメリットがあるもので、どのような分野でも応用可能なものなので、今後求人も増えていくというのが大方の予想になっています。

オススメの転職エージェント

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?