Webデザイナーに将来性はある?需要と求められるスキルを解説!

デスクに座る女性

Webデザイナーの将来性と需要について、筆者なりの考察を紹介しています。

また、これから先Webデザイナーとして仕事をしていくなら必要になるスキル、平均年収、転職するならどうしたら良いのかについても解説しています。

Webデザイナーの需要や将来性

最近では、PhotoshopやIllustratorが使えなくても、画像やサイトのデザインを簡単に編集できてしまい、Webデザイナーという職種が今後どうなってくるのかについて、筆者なりの考察を紹介していきます。

まず前提として、Webデザイナーは仕事が減ったとしても職種自体がなくなることはないと思います。ただ、Webデザイナーといっても、どの程度のスキルをもっているかで、将来的に仕事があるかどうかは変わってくると思います。

Webデザイナーが持っているスキルは、主に以下の3つです。

  1. UI、UXを設計できる
  2. HTML、CSS、javascriptのコーディングができる
  3. イラレやフォトショで素材を作れる

実際は、意外と1のスキルを持っている人は少ないですが、将来的に考えると、2と3のスキルだけで仕事を淡々とこなしている人は、仕事が少なくなってくると思います。

Webデザイナーに転職するには?

Webデザイナーとして転職するには、PhotoshopとIllustratorを使い、UIや素材のデザインができるか、HTMLやCSSでのコーディングができるかが重要になります。転職なら実務経験も求められるので、未経験からの転職は難しいです。

また、Webデザイナーに向いている資格もいくつかありますが、実際はスキルと経験がものを言うので、資格を持っていたからといって、転職が有利になることはありません。

Webデザイナーとしての転職について、以下の記事で詳しく解説していますので、ご確認ください。

関連記事Webデザイナーへの転職は厳しい?求められるスキルや経験を紹介!

Webデザイナーに転職を成功させるおすすめの方法

Webデザイナーに転職するためには転職エージェントを利用することをおすすめします。

これは10年以上の間、転職エージェントとして働いた私だからこそ紹介できることです。

末永

Webデザイナーに転職することはぶっちゃけ難しいです。求人数は限られていて、Webデザイナーへの転職に必要な面接の対策をする必要があります。

しかし、転職エージェントを使うことであなたの転職成功率は高まる可能性があります。

転職エージェントは様々な転職案件を扱うことから幅広い年齢層をサポートしています。また、企業の人事とコネクションを持っていて、企業・職種ごとに異なる必要な面接対策やアドバイスをしてくれます。

実際に利用するまでも簡単です。必要な情報やあなたの転職希望を登録するだけで、あとは転職エージェントからの連絡を待つだけです。

しかし転職エージェントは種類が多くて、どれに登録すればいいのか分からないという相談を聞きます。そこで、私が厳選したおすすめ出来る転職エージェントを紹介しています。あなただけに合う転職エージェントを見つけて使ってみましょう。

おすすめの転職エージェント

将来性の高いWebデザイナーになるための必要スキル

将来性の高いWebデザイナーになるためには、先ほど紹介した「UI、UXの設計」というスキルを伸ばしていくのがおすすめです。もちろん、コーディングやIllustratorとPhotoshopで素材を作れることも前提です。

Webデザイナーの中でも、UI、UXの設計ができる人は少ないので、希少性の高いスキルとして重宝されやすいです。

また、Webディレクター的な役割で、デザインを変更したことによる数字の改善能力なども磨いていくと、さらに付加価値がつきます。

Webデザイナーは、ぶっちゃけ綺麗なデザインを作ることよりも、デザインを変更したことでどのくらい数字が改善されたのかが求めらるので、ディレクションや数字改善能力は需要が高いです。

Webデザイナーの年収は347万円

求人サイトのdodaが調査した職種別平均年収ランキングによると、Webデザイナーの平均年収は347万円でした。

以下から、男女と年齢別の平均年収を紹介します。

平均年収:347万円
生涯賃金:1億7212万円
男女別平均年収 男性 391万円
女性 327万円
年代別平均年収 20代 309万円
30代 373万円
40代 412万円

また、レバテッククリエイターで確認したところ、フリーランスのWebデザイナーの案件単価と年収は以下のようになっています。

年収
85万円の案件 1020万円
55万円の案件 660万円
25万円の案件 300万円

Webデザイナーの平均年収については、以下の記事に詳しく記載しているので、ご確認ください。

関連記事Webデザイナーの年収を徹底比較!収入UPの秘訣をプロが解説

Webデザイナーとして年収をあげる方法

Webデザイナーとして年収を上げたいなら、会社員を続けるよりもフリーランスとして独立することがおすすめです。

需要や希少性といった点でエンジニアと比較されやすく、エンジニアは頑張りに対して評価されるのに比べ、Webデザイナーは評価されにくく、年収を上げるのはかなり難しいです。

その割に、Webデザイナーはフリーランスになるとかなり報酬単価が上がります。スキルが高ければ需要も上がるので、上記で紹介したような3つのスキルを完璧にマスターしていれば、それなりに高額な報酬をもらえます。

もしくは、ガンホーのようなWebデザイナーを募集している大手ゲーム会社に転職し、アートディレクターになる方法でも年収は上げられます。

とはいえ、正直なところWebデザイナーとしていくら実績を積んでも、年収1000万円に到達するのはかなり厳しいです。大手ゲーム会社のアートディレクターになっても、実際もらえる年収は800万円ほどと思いましょう。

Webデザイナーから幅を広げられる職種

Webデザイナーから広げられる職種は、代表的なところで言えばWebディレクターかと思います。

Webディレクターになるなら、UIやUXの設計だったり、マーケティング視点でどうしたら数字を良くできるのかを考える能力などをセットでキャッチアップできると良いです。

また、WebデザイナーからバックエンドのプログラマーやWebエンジニアに転職する人もいます。Webデザイナーは、基本的にHTMLやCSSを使う仕事でもあります。

業務をやっているうちにデザインよりも、HTMLやCSSを書いてるほうに楽しみを見出した人が、バックエンドのプログラマーやWebエンジニアにまれですが転職することがあります。

とはいえ、エンジニアとして仕事をしていくなら、JavaやJavascriptなどのスキルをしっかりとキャッチアップしていく必要はあります。

ちなみに、先ほどもお伝えしたようにWebデザイナーの平均年収は347万円と安いですが、WebプログラマーやWebディレクターになれば、企業によりますが450万円〜600万円くらいが相場です。

Webデザイナーに転職を目指す人へのおすすめ

Webデザイナーとして転職の成功を目指したいなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは、転職についての悩みの相談から履歴書の添削、面接対策など転職活動のあらゆる部分を徹底的にサポートしてくれます。実際、転職エージェントを使うと、個人で転職活動をするよりも、内定獲得率が高まる傾向にあります。

また、転職エージェントには非公開求人という、一般には公開されていない求人があります。こういった求人を出す企業は、一般で応募するとかなり応募者が多くなってしまうような、大手や人気企業であることが多いです。

Webデザイナーとしての転職なら、転職エージェントを使えば大手のゲーム会社などの非公開求人と出会える可能性があります。

また、転職エージェントを選ぶときは、2〜3社同時登録しましょう。転職エージェントは、担当したキャリアアドバイザーの質によって、評価が大きく変わります。

自分に合うキャリアアドバイザーと効率良く出会うためにも、転職エージェントは複数登録することをおすすめします。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント