Webデザイナーの年収を徹底比較!収入UPの秘訣をプロが解説

Webデザイナーの平均年収を正社員、フリーランス、海外のWebデザイナーで徹底比較しました。

また、1000万円を稼ぐことはできるのか、年収をあげるためにはどうすれば良いのかなどについても解説しています。

Webデザイナーの平均年収は357万円

dodaが発表している「職種別平均年収ランキング(2018年版)」によると、Webデザイナーの平均年収は357万円です。

国税庁が公表した「平成30年度 民間給与実態統計調査」では、全国の平均年収は441万円となっています。Webデザイナーの平均年収と比較すると、84万円もの差があります。

正社員として働くWebデザイナーの年収について、より詳細なデータを以下でご紹介しますね。

平均年収:357万円
生涯賃金:1億6915万円
男女別平均年収 男性 396万円
女性 334万円
年代別平均年収 20代 319万円
30代 378万円
40代 425万円

正社員として働くWebデザイナーは、高度なスキルを身につけた40代で年収が400万円を超える人が多いようです。

フリーランスの年収は案件に左右される

独立したフリーランスのWebデザイナーであった場合、年収がどうなるのかをレバテッククリエイターで調べてみました。

様々な単価の案件がありますが、フリーランスの場合は月額55万円が相場になっているようです。ちなみに単価の幅は85万円〜25万と広く、経験やスキルによって左右されることがわかります。

フリーランスの年収については上限の85万円、相場の55万円、下限の25万円の3つに分けて、ご紹介しますね。

年収
85万円の案件 1020万円
55万円の案件 660万円
25万円の案件 300万円

とても優秀なWebデザイナーで、常に85万円の案件を受注し続けることができれば、年収1000万円以上も夢ではないことが分かります。

フリーランスの相場55万円であったとしても、年収は660万円にもなるので、正社員の357万円よりも高いことが分かります。

経験やスキルによっていくらで案件を受注できるかも変わってきますが、Webデザイナーの場合は独立してフリーランスになったほうが稼げます

海外のWebデザイナーとの年収比較

海外で活躍するWebデザイナーは、高いWebデザインスキルはもちろんのこと、CSSやJavaScript、PHP、Ruby、グラフィックデザイン、SEOなど、デザイン以外の知識とスキルを持ち合わせています。

そのため、Webデザイナーを超えた活躍ができるため、日本よりも給料が高い傾向にあります。

HONGKIATを参考に、2019年12月31日時点の各国平均年収をまとめてみました。

ちなみに為替レートはこの記事を書いている2020年1月21日時点のものを使っているため、参考程度に見てください。

年収(ドル) 年収(円)
日本 - 357万円
スイス 73269ドル 805万円
アメリカ 49636ドル 546万円
ドイツ 39410ドル 433万円
オーストラリア 38403ドル 422万円
ニュージランド 34402ドル 378万円
イギリス 30320ドル 333万円
香港 28853ドル 317万円
ロシア 10192ドル 112万円

海外でもっともWebデザイナーの平均年収が高いのは、スイスの805万円です。日本は357万円なので、ニュージランドの次にランクインしています。

国によって物価が違うので、一概に給料の高さや低さを論じられませんが、主要国の中で比較すると日本は低いほうだと言えます。

Webデザイナーで年収1000万は可能

Webデザイナーで年収1000万円を目指すことは可能です。しかし、それ相応の努力が求められることは覚悟しましょう。

大手ゲーム会社のアートディレクターまでキャリアアップすれば、年収800万円〜1000万円は目指せます。

しかし、アートディレクターまでなれる人はほんの一握りの人たちです。ぶっちゃけWebデザイナーは、独立してフリーランスになったほうがより早く1000万円を稼げるようになります。

1000万円を稼ぐのに必要なスキル

Webデザイナーとして必要なスキルについて、大きく5つに分けてご紹介します。

  1. JavaScriptをCSSでコーディングできる
  2. Illustrator・Photoshopを使って画像の加工ができる
  3. UI/UXを設計できる
  4. ディレクションができる
  5. マーケ視点で数字を改善できる

前提として1番と2番ができないとWebデザイナーとは言えません。JavaScriptに関しては、エンジニア並みに身につけていると評価されるポイントです。

UI/UXの設計はできないWebデザイナーが多いので、色々なサイトを見て、実際に自分でECサイトやメディアといったパターンを作って経験を積むと良いでしょう。

Illustrator・Photoshopを使った画像の加工はセンスの問題になってくるため、センスをいかに磨けるかが大切になってきます。日頃からセンスを磨くために、色々なアートに触れ、あらゆるバナー広告を見て真似ると良いですね。

年収1000万円を目指す場合、4番と5番が重要になってきます。単にデザインを作って終わりではなく、プロダクトが円滑に進むようにディレクションをしたり、デザインを変えたことで集客にどのような影響を与えたのかマーケ視点も必要になってきます。

稼げるWebデザイナーになるために共通して言えることは、綺麗にデザインするだけでなく、上記のような他のスキルも高めていくことが重要になってきます。

未経験からWebデザイナーになる場合の年収は252万円

求人サイトのリクナビNEXTに掲載されているWebデザイナーの求人で、未経験歓迎の求人票を調べ、年収を算出してみました。

Webデザイナーで未経験歓迎の求人は、月収18万円のものが多く、この18万円×12ヶ月分と賞与2回分を単純に計算したところ、252万円となりました。

まったくの未経験の場合は給料が18万円のところが多いのですが、実務未経験の場合は24万円以上のところが多く、こちらだと336万円になります。

未経験からWebデザイナーを目指す場合は、独学でも良いのでWebデザインを学び、実際に自分でいくつか作ってみると良いかもしれませんね。

Webデザイナーは在宅や副業でも稼げる

Webデザイナーがクラウドワークスといったクラウドソーシングサービスを使って、在宅ワークや副業をした場合、会社員よりも稼げます。

実際にクラウドワークスに出されているWebデザインの単価を見てみたところ、10万〜30万円が相場という感じでした。

もちろん、案件もピンキリで単価が5000円のものもあれば、50万円のものもあります。単価が上がれば上がるだけ、求められる難易度も高くなるので、それだけ時間もかかることは覚えておいてください。

在宅で稼ぎたいと考えている場合は、クラウドソーシングサービスで案件を受注するのではなく、企業から直接業務委託で案件をもらったほうが効率よく稼ぐことができます。

とはいえ、この方法は直接案件をもらうまでのハードルが高く、いかに人脈を作り、一緒に仕事をしたい!と思ってもらえるように立ち回れることが大切になってきます。

Webデザイナーが転職して年収をあげる方法

ここでは独立してフリーランスになるのではなく、正社員としてWebデザイナーが年収をあげる方法についてご紹介します。

まず、Webデザイナーの主な転職先には以下の3つがあります。

この中で、年収をあげられるのは広告代理店とプロダクトを作っている会社の2つです。

その理由について、以下で詳しく説明します。

1.Web制作会社

Web制作会社は安く作れれば良いので、どうしても年収は低くなってしまいます。

経験が浅い人が修行として入社する分には良いのですが、給料をあげたいと考えている人にはおすすめできません。

2.広告代理店

広告代理店はWebデザインを通して、クライアントの集客を最大化したり、マーケティングの手伝いもできると年収が上がります。

Webデザイナーだけでなく、Webディレクターやアートディレクターの役割も求められるので、その分給料も高くなりますね。

3.プロダクトを作っている会社

プロダクトを作っている会社は、自社のECサイトやメディアのデザインが主な仕事です。年収がものすごく上がるわけではないのですが、働き方が改善されるため、結果として生産性が上がります。

また、自社でプロダクトを作っているので、規模の大きい会社が多く、その分給料レンジが良いです。

Webデザイナーの転職や将来性、需要について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事Webデザイナーへの転職は厳しい?求められるスキルや経験を紹介!
関連記事Webデザイナーに将来性はある?需要と求められるスキルを解説!

Webデザイナーとして転職したいのなら

Webデザイナーの求人は数が少ないので、正直なところライバルが非常に多いです。

しっかりと選考対策をしないと、あっさりお見送りになってしまうケースがよくあります。そんなときに役立つのは応募書類の添削、面接対策などをサポートしてくれる転職エージェントです

とくにWeb業界・IT業界に特化した転職エージェントは専門的な知識を持っているだけでなく、面接官の視点も理解しているので、どのようにアピールすれば良いのかを熟知しています。そのノウハウを活かしてサポートをしてくれるため、自分で応募するよりも書類選考通過率、内定獲得率が高い傾向にあります。

ちなみに転職エージェントを利用するコツとしては、Web業界・IT業界に特化したエージェント以外に、求人が多い大手エージェントも一緒に利用すると少ない求人を把握することができ、希望する求人を見つけやすいです。

理想としてはWeb・ITに特化した転職エージェントの中から2社程度、大手転職エージェントの中から2社程度、複数登録し、それぞれのサポートや求人の質を比較しながら、最終的に1社に絞り込むと納得のいく転職ができます

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

未経験からWebデザイナーを目指すなら

まったくの未経験からWebデザイナーを目指す人には、デザイナー養成スクールがおすすめです。

とくにTECH CAMPは、600時間の超実践型カリキュラムを用意しており、企画・設計・デザイン・コーディングの全工程を学ぶことができます。

また、受講中に生じた疑問はすぐに講師へ質問できる体制が整えられているので、わからないことを後回しにせず、その場で解決することが可能です。

しっかりとしたデザイナー養成スクールなので、未経験から10週間でプロWebデザイナーの仲間入りを果たすことができます。

TECH CAMP はエンジニア向けの養成クラスもあるので、カウンセリング申し込みをする際には「Webデザイナー希望」と伝えると、スムーズです!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント