20代で転職を検討されている方へ


UI/UXデザイナーとは?仕事内容や年収をまとめてみた!

UIUXデザイナーとは

UIUXUIとは、何でしょうか?

UIとは、(User  Interface)の略で、「人とモノが接触する部分」を意味します。

例えばWebサイトでは、ブラウザ上に表示される、フォント、画像、ボタンなど、ユーザの目に触れる外観をUIといいます。

UXは何でしょうか?

UXは、(User Experience)の略で、「人がモノやサービスを通して得られる体験」をさします。

例えば、「読みやすいフォント」、「サイト回遊がしやすい」「ECサイトで購入が簡単」といったサービス全てがUXに当たります。

つまり、Webサイトやアプリにとどまらず、ユーザが「丁寧な対応」と感じる点全てがUXなのです。

 

UIデザイナーとしての仕事は、ユーザにとって分かりやすく、操作しやすいUIを考えることです。

どのようなUIがユーザにとって分かりやすいのか、商品の購入や会員登録等の目標を果たすためにどのようにコンテンツを配置するかのアイディアを考えるのが仕事となります。

まず、どういうデザインにするのかを調査分析して定義します。
その後、どういう手順で、どういうデザインを作るのかを設計します。
そして、デザインを作り修正を行います。

UXデザイナーの仕事内容は、ユーザの行動分析やユーザビリティテストを行うことです。
実際にユーザがどのような動きをしているのか、ユーザ目線から見てUIに問題がないかを確認します。

また、調査結果を元に企画の提案をし、サイトデザインの基礎となるワイヤーフレームやプロトタイプの作成をするのもUXデザイナーの仕事です。

UXの場合は、ユーザーのニーズをリサーチしたり流行の調査、分析を行います。
そして、基本設計、詳細設計にあたるプロトタイプを作成します。

UXデザイナーもインターフェースのデザインを行うことも多く、デザイン作成も行います。
その後、テストの変わりにデザインをプレゼンテーションして、本当にユーザーのニーズに合うかを話し合います。

UIはデザイン製作がメイン、UXは企画会議がメインの場合が多いと言えます。

UIUXデザイナーに必要なスキル

UIUXデザイナーには下記のようなスキルが必要と言えます。

ビジュアルコミュニケーション

デザイナーにとって最も貴重なスキルは、ビジュアルコミュニケーション(視覚コミュニケーション)と言えます。
ビジュアルコミュニケーションとは図や写真、映像等を中心にした視覚伝達です。

デザイナーであれば、自分のアイデアやデザインをマネージャーやエンジニア、デザイナー、営業といった、様々な人達に説明する場面があります。
言葉だけでなく、視覚プレゼンで相手に自分のデザインを伝える力が必要です。

デザインソフトウェア

デザイナー業務ではデザインソフトウェアを使うことが必須です。
特にAdobeのPhotoshop、Illustratorは、ツール機能や仕上がったデザインの完成度、社内や社外のシステムやファイルとの互換性の問題などから、ほとんどの企業で使われています。

また最近では、Webデザイン、UIデザインに特化したツールであるSketchも導入する企業が増えてきています。

共感力・クリティカルシンキング

デザインを作成する上で、ユーザーの立場に立って考えることが必要になります。

ユーザー側に立つだけでなく、ユーザーの思考つまりユーザーに共感することができれば、ユーザーがインターフェースを利用する時に起きる問題や、不満を解消することが可能です。

実際にWEBサイトを利用してみて、デザインやプログラムの問題点や、どのようにしたら改善できるかを考える力が重要です。

UIUXデザイナーの年収

UIUXデザイナーの年収は幾らになるのでしょうか?

求人を出している企業の大半は、「能力給」となっています。

能力に応じて支払われていることが多いようです。

年収を出している企業を見ると、350万円から最高800万円を条件に募集している企業が中心となります。

年収は海外企業の方が高い傾向にあります。

 

優秀な高給デザイナーになるためには、1:問題解決力が高く、2:技術面でのスキルが高い、3:デザインセンスがよく、4:コミュニケーション能力が高い、の4点が要求されます。

ロジカルに思考できる人コードを読める人は重宝されますし、実際にクライアントと調整するためのコミュニケーション能力も必要となります。

UIUXデザイナーの需要・将来性

UIデザイナーの需要は高まっています。

WEBだけでなく、アプリでも需要が高まっているからです。

UIデザイナーは今後、単に美しいサイトを作るだけでなく、一般ユーザの立場に立ったより使いやすいサービスの提案も要求されます。

そのニーズにこたえることにより、今後の需要拡大に備えることができるのです。

UXデザイナーの需要もUXという言葉が広まるにつれて高まっています。

既存のサービスを、UXの観点からグロースしたいという案件が増えると見込まれています。

またITのみならず家電といった分野までUXが広まりを見せているので、IT以外でも活躍の場は増えるでしょう。

特に最近では、WebサービスやiOSの普及によりUI/UXデザイナーの求人数は増加しており、売り手市場と言えます。

UIUXデザイナーの将来性

IT業界は成長業界なので、Webデザインや関連の仕事が無くなることはないと思われます。

デザイナー業務は専門性が問われる仕事で、誰でもできる仕事ではないため将来性はあります。

ただ、テクノロジーは日々進化しており、ユーザーが求めるものも日々変化していきます。
特にデザインは流行廃りが激しいため、ユーザーの流行をキャッチアップして、最先端の技術やユーザーが求めるデザインを把握しておかないと、UIUXデザイナーとして生き抜いていくのは厳しいかもしれません。

近年普及しているVRなどの3Dデザインや3Dインタラクションなど今後需要が増えそうなスキルを磨いておくのもおすすめです。

未経験からUIUXデザイナーになるには


未経験からUIUXデザイナーを目指すには下記のような勉強、資格がオススメです。

UIを作る知識を学ぶ

Material Designやhuman interface GuidelinesといったUIに必要な最低限の知識やiOSとAndroidの基本的な違い、画面解像度の理解を勉強しておくとよいです。

自身で勉強するには大変そうという方はUI/UX専門のスクールに通うのも方法の一つです。

デザインツール

IllustratorやPhotoshopといったグラフィックツールは業務で使用しますので、使えるようにしましょう。

実際にWebサイトのプロダクトの構築も行うため、HTMLやCSSなどWebサイトを構築するために必要な知識を身につけましょう。

資格取得

WEBデザイン技能検定やCGエンジニア検定、CGクリエイター検定などの資格を取得しておくと、デザイナー転職に有利です。

また、色彩の動きや効果、組み合わせを学ぶことができる色彩検定やアドビアプリケーションの基礎を理解できるアドビ認定試験なども取得しておくとよいです。

転職するなら転職エージェントを積極的に

Web系を目指す方は、Web系を得意とする転職エージェントに頼りましょう。
しっかりサポートしてもらいながら転職活動が行えるので、転職初心者の方にもおすすめです。

マイナビIT

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという

レバテックキャリア

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

<こんな方にオススメ>

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

リクルートエージェント

<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方