Webディレクターの年収相場を徹底解剖!年収を上げるために必要なスキルとは

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

Webディレクターの年収相場はどれくらいなのか、年収を上げるためには何をすれば良いのか、気になっている方は多いですよね。

今回は、現役の転職エージェントの目線から、Webディレクターの年収相場と年収を上げるために必要なスキルについて解説します。

Webディレクターの年収相場【年代別】

まず、年代別にWebディレクターの年収相場をご紹介しますね。

参考:doda平均年収ランキング 最新版

実際の年収は会社によってバラバラですが、平均すると上記のような年収相場になっています。

Webディレクターは、Web系の職種の中ではエンジニアに次いで年収が高く、人気の高い職種なんですよね。

エンジニア経験があるWebディレクター、ページ数が膨大にある大規模サイトの運用経験があるWebディレクターは特に評価が高く、年収が高い傾向があります。

 

Webディレクターが年収を上げるために必要なこと

Webディレクターの基本的な役割は「Web制作の進捗管理」ですが、これが出来るだけでは年収を上げることは難しいです。

Webディレクションと親和性の高い分野のスキル・経験を身につけることが、Webディレクターの年収アップに繋がります。

Webディレクターが年収を上げる具体的な方法は、以下の2つです。

  1. Webマーケティングを学習して自社サービスを持っている会社に転職する
  2. プログラミング・デザインを学習して自社サービスを持っている会社に転職する

 

それぞれの方法について説明していきますね。

 

Webマーケティングを学習して自社サービスを持っている会社に転職する

1つ目が、Webマーケティングを学習して自社サービスを持っている会社のWebマーケターに転職する方法。

「Webマーケティング × ディレクション」のスキルの掛け合わせで、年収をアップさせることができます。

マーケティングは集客コストを最小化する手段であり、企業の売上への貢献度が高いため、Webディレクターよりも年収が高い傾向があります。

Webマーケティングの中でも、特にSEOやリスティング広告を身につけるのがオススメです。

なぜなら、これらはかなり巨大な市場であり、転職市場での需要も大きいからです。

広告は他にも色々とありますが、リスティング広告に比べると市場が小さいため採用ニーズも小さく、年収を上げるという観点からもあまりオススメはできません。

現職でマーケティングスキルを身につけることが場合は、自分でドメインを作成し、サーバーを借りて、メディアを運用する経験をしておくと転職活動でアピールできる材料になりますよ。

 

プログラミング・デザインを学習して自社サービスを持っている会社に転職する

2つ目が、プログラミング・デザインを学習して自社サービスを持っている会社のWebマーケターに転職する方法。

Web開発に詳しいWebディレクターは非常に少なく、企業からの需要が大きいので年収が上がる可能性が高いです。

エンジニアやデザイナーと同じレベルで会話できるWebディレクターは一握りしかいないので、希少性が高いんですよね。エンジニア・デザイナーと同等に会話できるレベルになれれば、独自のポジションを築くことができますよ。

ただ、現職でプログラミングやデザインを身につける機会が無い場合、ハードルはかなり高いでしょう。

そんな時は、プログラミングやデザインを勉強できるテックキャンプ(Tech::Camp)を利用して、スキルを身につけることをオススメします。

 

Webディレクターのフリーランスは稼げるのか

Webディレクターとしてフリーランスになった時の年収ですが、Webマーケティングのスキルを身につけているかによって大きく変動します。

進捗管理などのディレクションしかできない方の場合、年収を上げるのは正直厳しいです。

企業から需要があるのは、WebディレクターよりもWebマーケターなので、フリーランスとして稼ぎたい方はWebマーケティングのスキルを身につけるのが良いですね。

Webマーケティングのスキルが高ければ、企業から案件をもらえたりするので、会社員よりも稼ぐことは全然可能です。

Webディレクターの独立については、こちらの記事(フリーランスのWEBディレクターとして独立するには?)で解説しています。

Webディレクターの今後の需要

Webディレクターの今後の需要ですが、Webディレクターの需要が伸びていくことはないと考えています。

ですが、Web開発に詳しいWebディレクターのように専門知識を持ち合わせたWebディレクターは少ないので、スキルを掛け算して独自のポジションをとっていくことで市場価値を高めることができ、年収を上げることができます。

年収を上げるための戦略として、何のスキルを身につけるのかを考え、積極的に行動するようにしてくださいね。

 

Webディレクターのキャリアについて転職エージェントに相談してみる

転職エージェントとして多くの方と面談を重ねる中で、自分の市場価値や今後のキャリア形成について不安を持っているWebディレクターの方が非常に多いと感じています。

自分自身の価値を上げていくにはどうしたら良いのか、年収を上げていくための戦略をより詳細に知りたい方は、転職エージェントに相談してみるのもオススメです。

私がオススメする転職エージェントを下記にまとめましたので、自分に会うと感じた転職エージェントに相談してみましょう。

ただ、担当のキャリアアドバイザーがWebディレクターについて詳しくないことも懸念されるので、最低でも2~3社に相談してみることをオススメします。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。


業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント
  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有