フリーランスのWEBディレクターとして独立するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

Web業界では、「Webディレクター」を志望する方も増加しています。Webディレクターという仕事は、Web制作に関わる総指揮として第一線で活躍することができる魅力的な仕事のひとつです。

また、最近は会社員としてではなくフリーランスとして働く人も増えています。

今回は、Webディレクターとして独立するにはどうしたらよいか、押さえておきたいポイントをまとめてみました。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

そもそも、フリーランスの働き方とは

昨今、フリーランス、つまり、個人事業主や個人で仕事を得ていく働き方の注目が高まっていますよね。

自分のペースで自分のやりたい仕事をしたいと考えて、フリーランスという働き方を選ぶ方が増えてきています。

フリーランスの働き方は会社員の常識にとらわれない自由さが魅力です。フリーランスのメリットは、「取引先や受注する仕事を自らの意思で選択しやすい」という点かと思います。

ただし、営業活動を自らの責任で行うため、給料が固定になりません。

やればやった分だけ収入になるので、働き方によっては会社勤めのときの倍以上の収入を得られることも少なくありません。

Webディレクターとは

Webディレクターはクライアントの要望と制作スタッフ(デザイナー、ライター、プログラマーなど)をまとめて進行管理、品質管理などをする仕事です。

コンセプトから仕様検討、デザイン、設計、プロジェクトマネジメント、マーケティングなど広範囲な業務に携わります。

※WebディレクターについてやWebディレクターに求められるスキルなどの詳細はこちらにも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

Webディレクターの転職市場動向

昨今、Webディレクターは需給バランスが崩れ、人手不足の状況です。この状況下でも、殆どの求人が30代半ばまでが多い傾向です。

業界ごと、企業ごと、プロジェクトごとによってはWebディレクターの役割は多種多様であります。企画や設計の時点から携わることもあれば、サイト構築後の運用のみを行うこともあります。

Webディレクターは役割が広範囲にわたって難易度も高いにも関わらず、求人のターゲット年齢が若いので供給バランスが崩れているわけです。

また、Webディレクターの年収はこちらの記事(Webディレクターの年収相場を徹底解剖!年収を上げるために必要なスキルとは)で解説しています。

Webディレクターの独立とは

フリーランスでは、Webディレクターの役割も変わってきます。フリーランスではどうしても請け負える案件規模は限定されてしまいます。

ディレクションの幅も限定的で組織としての動き方・取り組み方を習得しにくいかと思います。

Webディレクターとして独立するのに最低限必要なこととは

ここでは、未経験ではなく、webディレクター経験がある方が独立するために必要なことをレクチャーします。

(実際に、ディレクター職に就くまでには長い道のりがある方が殆どです。一般的にはWebディレクターとは、Web制作業務にある程度関わり、ユーザビリティやCRM能力があって初めて抜擢される職種でもあります。)

1.Webサービスの設計・インフラの知識

デザインやコーディングに関する最低限の知識は必要です。ドキュメント(設計図、仕様書など)をわかりやすく書く技術は必須になります。

HTMLやCSSといったの知識は当然のこと、ある程度のプログラミング知識があるほうが良いでしょう。

というのも、プログラミングの知識があるとクライアントとの折衝が格段に行いやすくなります。

プログラムを書けなくてもいいですが、システムが絡むプロジェクトでエンジニアと話す際に、大まかな動きやデータベース構造のイメージを共有しながら詰めていくと、やり直しの工数を低く抑えることができます。

2.絶対に抑えておくべきソフト

Photoshop、Illustrator等は最低限知っていて、使用出来る必要はあります。

JavaScript、PHP、CGI、XML、Flash(ActionScript)などの知識もあったほうが良いでしょう。

3.最新の技術や新しいWebの知識など、どんなことにも貪欲に取り入れていく姿勢

日進月歩で変化している、Webの世界。自分なりに最新の情報をキャッチできる環境を整えることはとても基本となります。

クライアントからの信頼を得るためにも、アンテナは常に立てるようにしましょう。

また、SEO(SEM)、リスティング、アクセス解析、LPOなどWEBマーケティングの知識が高いディレクターは関わるチームやクライアントからの信頼を得ることが出来ます。

クライアントは「デザインより、Webで集客できるノウハウを欲している」ことが多いものです。特に独立しているからこそ、プロとして求められるでしょう。

4.コピーライティングの知識

コピーライティングも重要になります。キャッチコピー、タイトル、サブタイトルの付け方は慣れておく必要があります。

5. 人に好かれる、誰とでも良好な関係を築くことが出来る

Webディレクターは、折衝がメイン業務なので、どんな人とでも良好な関係を築くことが出来るという素質はポイントになるかと思います。

関わるデザイナー、エンジニアをはじめ、クライアントとの関係構築など会話の組み立て方など、プロジェクトを前進させるための伝え方、話し方などコミュニケーションスキルが高いディレクターのプロジェクトはスムーズに進行することが出来ます。

6.コミュニケーションスキル

上記の5のとおり、Webディレクターは多種多様な職種の人間と、密接なコミュニケーションを取らなければなりません。

Webデザイナー、フロントエンド・バックエンドのエンジニア、場合によっては企業の経営者とのやり取りが発生するケースも。

それぞれの職種の専門用語や基礎知識を知っているだけで、指示やスケジューリングが的確に行えるようになります。

また、相手のバックグラウンドを知り、相手の立場で会話ができるようになれば、コミュニケーションが飛躍的にスムーズになります。

7.取引先があること

会社勤めのWebディレクターは営業部などがとってきた仕事内容をそのままこなせば良いわけですが、フリーランスとしてWebディレクターをする場合は、自分で仕事をとっていく必要が出てきます。

つまり、コネクション・人脈がある、または作れることがフリーランスにとっては肝になります。

取引先があるということは、これまでのご自身のWebディレクターとしての実績やコネクションの結果によって得ることも多いものです。

まとめ〜WEBディレクターとして独立するにはどうしたらよいか?

フリーランスでWebディレクターとして働く上で必要となるのは、スキルや実績、人脈やコネクション、コミュニケーション能力がとても大切だと言えるでしょう。

このように、Webディレクターの職種自体が難易度が高いため、独立も視野に入れてキャリアをお考えなのであれば、転職エージェントを活用していただき、ご自身のスキルの市場価値やフリーランスとなった場合のリスクなどを具体的に把握して、「現職」でキャリアアップする、または他の企業に「転職」、「独立」のいずれかを検討されてみるのはいかがでしょうか。

リクルート出身の転職エージェントを使うとこんなメリットがあります!

書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、求職者様の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率を高くなる場合が御座います。

担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

企業との交渉は代行して行います!

面接日時の調整や、年収交渉、入社時期の調整など在職中に転職活動を行う場合、平日昼間は仕事をしているための自分では交渉しにくいことも代行して行わせて頂きますので、在職中のお仕事に支障をきたすことなく転職活動が行えます。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

エンジニアとしての転職をお考えの方はレバテックキャリアなどの転職エージェントがおすすめです!

弊社のような中小エージェントを利用するメリットは数多くありますが、大手エージェント様を利用された方が良い場合もございます。

特に、「より多くの案件の中から検討したい。」と思われる方は、大手エージェントさんをおすすめします。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!