Webディレクターとして独立するにはどうしたら良いのか

Web業界では「Webディレクター」を志望する方も増加しています。

Webディレクターという仕事は、Web制作に関わる総指揮として第一線で活躍することができる魅力的な仕事のひとつです。

また、最近は会社員としてではなくフリーランスとして働く人も増えています。

今回は、Webディレクターとして独立するにはどうしたらよいか、押さえておきたいポイントをまとめてみました。

そもそも、フリーランスの働き方とは

昨今、フリーランス、つまり、個人事業主や個人で仕事を得ていく働き方の注目が高まっていますよね。

自分のペースで自分のやりたい仕事をしたいと考えて、フリーランスという働き方を選ぶ人が増えてきています。

フリーランスの働き方は会社員の常識にとらわれない自由さが魅力です。

フリーランスのメリットは「取引先や受注する仕事を自らの意思で選択しやすい」という点かと思います。

ただし、営業活動を自らの責任でおこなうため、給料が固定になりません。

やればやった分だけ収入になるので、働き方によっては会社勤めのときの倍以上の収入を得られることも少なくありません。

︎[完全無料]10年後、20年後の姿まで踏み込んだキャリアプランの提案が強み!弊社への相談はこちらから

Webディレクターとは

Webディレクターはクライアントの要望と制作スタッフ(デザイナー、ライター、プログラマーなど)をまとめて進行管理、品質管理などをする仕事です。

コンセプトから仕様検討、デザイン、設計、プロジェクトマネジメント、マーケティングなど広範囲な業務に携わります。

※WebディレクターについてやWebディレクターに求められるスキルなどの詳細はこちらにも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

︎︎[完全無料]10時間以上の選考対策で納得のできる転職を実現。転職サポート申し込みはこちらから

Webディレクターの転職市場動向

昨今、Webディレクターは需給バランスが崩れ、人手不足の状況です。この状況下でも、ほとんどの求人が30代半ばまでが多い傾向です。

業界ごと、企業ごと、プロジェクトごとによってはWebディレクターの役割は多種多様であります。企画や設計の時点から携わることもあれば、サイト構築後の運用のみをおこなうこともあります。

Webディレクターは役割が広範囲にわたって難易度も高いにも関わらず、求人のターゲット年齢が若いので供給バランスが崩れているわけです。

また、Webディレクターの年収は以下の記事で解説しています。

関連記事Webディレクターの年収はいくら?必要なスキルや能力を徹底解説!
[完全無料]20代での転職で年収700万円を超える。10年後、20年後を見据えた転職をサポート

Webディレクターの独立とは

フリーランスでは、Webディレクターの役割も変わってきます。

フリーランスではどうしても請け負える案件規模は限定されてしまいます。

ディレクションの幅も限定的で組織としての動き方・取り組み方を習得しにくいかと思います。

Webディレクターとして独立するのに最低限必要なこととは

ここでは、未経験ではなく、Webディレクター経験がある人が独立するために必要なことをレクチャーします。

実際に、ディレクター職に就くまでには長い道のりがある人がほとんどです。

一般的にはWebディレクターとは、Web制作業務にある程度関わり、ユーザビリティやCRM能力があって初めて抜擢される職種でもあります。

1.Webサービスの設計・インフラの知識

デザインやコーディングに関する最低限の知識は必要です。

ドキュメント(設計図、仕様書など)をわかりやすく書く技術は必須になります。

HTMLやCSSといったの知識は当然のこと、ある程度のプログラミング知識があるほうが良いでしょう。

というのも、プログラミングの知識があるとクライアントとの折衝が格段におこないやすくなります。

プログラムを書けなくてもいいですが、システムが絡むプロジェクトでエンジニアと話す際に、大まかな動きやデータベース構造のイメージを共有しながら詰めていくと、やり直しの工数を低く抑えることができます。

2.絶対に抑えておくべきソフト

Photoshop、Illustrator等は最低限知っていて、使用出来る必要はあります。

JavaScript、PHP、CGI、XML、Flash(ActionScript)などの知識もあったほうが良いでしょう。

3.最新の技術や新しいWebの知識など、どんなことにも貪欲に取り入れていく姿勢

日進月歩で変化している、Webの世界。

自分なりに最新の情報をキャッチできる環境を整えることはとても基本となります。

クライアントからの信頼を得るためにも、アンテナは常に立てるようにしましょう。

また、SEO(SEM)、リスティング、アクセス解析、LPOなどWebマーケティングの知識が高いディレクターは関わるチームやクライアントからの信頼を得ることができます。

クライアントは「デザインより、Webで集客できるノウハウを欲している」ことが多いものです。とくに独立しているからこそ、プロとして求められるでしょう。

4.コピーライティングの知識

コピーライティングも重要になります。

キャッチコピー、タイトル、サブタイトルの付け方は慣れておく必要があります。

5. 人に好かれる、誰とでも良好な関係を築くことができる

Webディレクターは、折衝がメイン業務なので、どんな人とでも良好な関係を築くことが出来るという素質はポイントになるかと思います。

関わるデザイナー、エンジニアをはじめ、クライアントとの関係構築など会話の組み立て方など、プロジェクトを前進させるための伝え方、話し方などコミュニケーションスキルが高いディレクターのプロジェクトはスムーズに進行することができます。

6.コミュニケーションスキル

上記の5のとおり、Webディレクターは多種多様な職種の人間と、密接なコミュニケーションを取らなければなりません。

Webデザイナー、フロントエンド・バックエンドのエンジニア、場合によっては企業の経営者とのやり取りが発生するケースも。

それぞれの職種の専門用語や基礎知識を知っているだけで、指示やスケジューリングが的確におこなえるようになります。

また、相手のバックグラウンドを知り、相手の立場で会話ができるようになれば、コミュニケーションが飛躍的にスムーズになります。

7.取引先があること

会社勤めのWebディレクターは営業部などがとってきた仕事内容をそのままこなせば良いわけですが、フリーランスとしてWebディレクターをする場合は、自分で仕事をとっていく必要が出てきます。

つまり、コネクション・人脈がある、または作れることがフリーランスにとっては肝になります。

取引先があるということは、これまでのご自身のWebディレクターとしての実績やコネクションの結果によって得ることも多いものです。

現在転職のことでお悩みの人、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

Webディレクターで独立するために、転職を考えているへ

「将来は会社に依存せずに生きていきたい」
「自立していたい」
「自分の力で食べていけるようになりたい」

このように思っている人は多いのではないでしょうか?

また、上記のことを頭では分かっているが、どのように実行に移せば良いのかわからない、もしくは自分の視点のみでキャリアの選択を判断することはリスクが高いと捉える人もいると思います。

そんな時転職エージェントのご利用をおすすめします。

数多ある転職エージェントの中でも、弊社アクシスは独自の、そしてもっとも大事にする価値観の一つとして、「自立型人材の育成」を挙げています。

自立型人材とは、会社や時代など外部環境に左右されず、いつでもどこからでも引き合いを得られたり、食べていけるキャリア(経験やスキル)を持った人材のことです。

20代~30代前半で営業スキルをはじめ専門スキルを保有しており、かつこれからマネジメント経験を積もうと考えている人は市場価値を伸ばせるチャンスであり、自立型人材を目指せます。

弊社アクシスの強みについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

本気で今の経験やスキルを活かして、会社に依存しない人キャリアを歩みたい人はぜひ弊社へ相談してみてください。

キャリアを高めたい20~30代前半に向けた転職エージェント

ポイント

  1. 会社に依存せず自立を目指す人に向けた転職支援!
  2. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人で質の高いサポートをします
  3. あなたのキャリアに有利な企業・求人のみご紹介!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A