Web業界への転職難易度は高い?現役のプロが業界や職種を徹底解説

この記事では、未経験でWeb業界へ転職したい人に向けて、転職が可能かどうか、主な職種や仕事内容、志望動機・退職理由の伝え方について解説しています。

Web業界への転職難易度

Web業界未経験者は、難易度が高い

未経験でもWeb業界へ転職できますが、難易度は高いです。Web業界は大まかに「営業」と「技術職」に分けられます。

どちらも経験者を求める傾向があるため、難易度が高くなっています。「営業」なら無形商材の法人営業の経験を積んでおくと、応募できる企業が増えます。

一方「技術職」の場合は、直接Webマーケティングなどを経験しておかないと厳しいです。経験者なら、数字分析を用いて戦略立案できると良いですね。

また、年齢についてですがWeb業界は若い業界なので、30歳を越えるとハードルが高くなります。そのため、何かしらの営業経験、できれば無形商材の法人営業を積むと良いでしょう。

関連記事無形商材の法人営業に転職するべき2つの理由【キャリアUPに繋がる】

Web業界から同業種・同職種へ転職は、難易度が下がる

前職・現職がWeb業界で同業種・同職種への転職は、難易度が下がります。それは経験者を優遇する傾向が強いからなんです。

専門職になるので、経験者は即戦力として企業から期待されます。

ただし、どんなに優れたスキルや経験があっても、短期離職を繰り返す人は、内定をもらうのが難しいです。「すぐに退職してしまうのでは?」と企業が懸念するため、注意が必要です。

[完全無料]IT/Web系企業の採用事情について知る転職のプロが作成した想定質問集と蓄積された転職ノウハウで選考通過率UP!

自分にあったWeb業界の企業へ転職する方法

Web業界に転職することや転職したい職種は明確になっているけど、どこの企業に転職するか迷っている人は多いかと思います。

そういった場合は、Web業界の求人を見る機会を増やすのが良いです。転職エージェントを利用すると、メディアで公開されていない非公開求人を紹介してもらうことができます。

弊社アクシスは、Web業界の求人を有しております。弊社の強みについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

︎[完全無料]転職エージェントは企業の採用担当と繋がりがあるので、ネットには出ていない独自の求人を多数保有しています。転職相談はこちらから。

Web業界の主な職種・仕事内容

Web業界には様々な職種があり、仕事内容も大きく異なってきます。以下に具体的な職種を挙げてみました。

上記の職種についての仕事内容や必要なスキル・経験、平均年収について、解説していきます!

Webデザイナー

Webサイトやアプリ・ホームページなどのレイアウトや配色を決めるのが仕事です。Photoshop・Illustratorというソフトを用いて、サイトの様々なパーツのデザインも手がけます。

必要なスキル・経験は以下の通りです。

必要なスキル・経験

  • Photoshop・Illustratorの経験
  • Web系ソフトを用いた画面設計の経験
  • プログラミングの知識

上記のスキル・経験が必要なのは、専門知識がないと仕事ができないからです。企業は即戦力を求めていますので、スキル・経験の有無が懸念されます。

年収は年齢やスキルにより変わってきますが、平均は400万円〜600万円くらいですね。

Webプログラマー

Webサイト・アプリ・ホームページなどを支えるシステムの構築や開発をするのが仕事です。

ブラウザ上で求められるプログラムの他に、サーバーやデータベース、セキュリティなどの関連分野が幅広いのが特徴ですね。

また、専門により活躍できるフィールドが変化する点も特徴の1つだと言えます。

必要なスキル・経験は以下の通りです。

必要なスキル・経験

  • プログラミング経験
  • 言語の知識

上記のスキル・経験が必要になるのは、難易度の高い知識が必要になるからです。よほど自分で自己学習していかないと、キャッチアップが難しいですね。

年収は年齢・スキルにより変わりますが、平均400万円〜600万円くらいですね。

プログラマーに転職したい人は、未経験から転職する方法や面接で内定を獲得できるポイントを紹介している、こちらの記事もご覧になってみてください!

関連記事プログラマーに転職するには?未経験者・経験者などケース別に解説!

Webマーケター

Webサイト・Web広告への集客に関する業務をおこないます。どうすれば効率よく集客に導けるのか、策を考えるのも仕事です。PV数や流入経路などを分析し、自社サービスの利用率を高めるための改善をおこないます。

必要なスキル・経験は以下の通りです。

必要なスキル・経験

  • Web広告の仕組み・ルールに対する理解力
  • Webでの営業経験

上記のスキル・経験が必要なのは、専門知識が求められるからです。プログラマーと比較してキャッチアップしやすいので、挑戦しやすいですね。

ただ、新卒で優秀な人が入社している傾向があるため、ある程度知識がない未経験だと、新卒入社と比較されて落とされることがあります。

年収は年齢・スキルによって変わってきますが、400万円〜600万円くらいです。

Webマーケティングに転職したい人は、以下の記事も参考にしてみてください。未経験から転職できるのか、失敗しない企業選びのポイントなどについて解説しています!

関連記事【未経験必見】Webマーケティング業界へ転職する方法を徹底解説!
関連記事Webマーケティングの転職を現役エージェントが徹底解説!

Webプランナー

Webサイト制作のプランニングをおこなうのが仕事です。どのような情報をどのような構成で発信するのか、クライアントとすり合わせて、Webコンテンツ制作の基本的な設計をおこないます。

必要なスキル・経験は以下の通りです。

必要なスキル・経験

  • コミュニケーション能力
  • デザインに関する知識・経験
  • デザインの発想力

上記のスキル・経験が必要なのは、チームとの情報共有ができないとクライアントの意向にそぐわないWebサイトに仕上がってしまうからです。

年収は年齢やスキルによりけりですが、平均400万円〜600万円くらいですね。

Webディレクター

デザイナーやプログラマーと連携し、Webサイトを構築するためのディレクションをおこなうのが仕事です。制作していく上でのスケジュール管理・品質管理を担う実務責任者ですね。

必要なスキル・経験は以下の通りです。

必要なスキル・経験

  • Webサイト・Webシステムの制作経験
  • ディレクション経験
  • 制作の進行管理の経験

上記のスキル・経験が必要なのは、人を動かしていくポジションだからです。より具体的にどんな施策をするのか、サービスの方向性を決める必要があるため、このスキル・経験が求められます。

年収は年齢・スキルにより変わりますが、平均500万円〜700万円くらいですね。

Webディレクターに転職したい人は、求められるスキルや未経験から挑戦するにはどうしたら良いのか、以下の記事で解説していますので、合わせてご覧になってみてくださいね!

関連記事未経験からWebディレクターに転職するにはどうしたらよいの?

Webプロデューサー

ディレクターの仕事に加えて、さらに市場分析や予算計画、協業企業との折衝などの上流工程の部分をおこなうのが仕事です。

Webサイトの企画や制作に必要なコスト・資金調達、マーケティングなどの計画的側面から統括的なマネジメントまで、プロジェクトに関連する全体を把握するのも大事な仕事です。

必要なスキル・経験は以下の通りです。

必要なスキル・経験

  • プロジェクトマネジメント能力
  • 交渉力・提案力
  • 企画・発想力
  • Web制作の知識
  • マーケティングの知識

上記のスキル・経験が必要なのは、業務を効率よくスムーズに進むように管理する必要があるためです。制作に関する知識が求められるのは、クライアントに何ができるのか、何ができないのか説明できないと困るからです。

年収は年齢・スキルにもよりますが、平均400万円〜600万円くらいです。

営業

Web業界の営業職は、アカウントプランナーと呼ばれる事が多いです。新規対応もありますが既存対応のほうが多い傾向にありますね。

具体的には、マーケターとか営業の統括です。この予算でこの率を上げましょうと話し合いをして自社に持ち帰り、広告の流入を増やすとか企画・提案をおこないます。

必要なスキル・経験は以下の通りです。

必要なスキル・経験

  • 営業のスキル
  • Webに関する知識・経験
  • 数字分析力
  • ヒアリング能力

上記のスキル・経験が必要なのは、専門的な職種だからです。営業のスキルですが、この職種は営業経験が必須とされているケースがほとんどなんです。20代半ばまでなら、無形商材の法人営業経験があると有利に働きます。

年収は年齢やスキルのよって変化しますが、未経験の場合は平均400万円台、経験者の場合なら平均600万円〜800万円くらいですね。

以下の記事では、営業職に転職したい人に向けて営業職種の業界一覧や、転職理由の考え方などをご紹介しています。こちらも合わせて読んでみてください!

関連記事未経験でも営業職に転職できる?プロがぴったりな業界を大公開!
[完全無料]IT/Web系企業への転職に強いエージェントです!年間相談実績3000人のアクシスに相談してみませんか?

Web業界へ転職する際の志望動機・転職理由

Web業界へ転職する際に重要なのが「志望動機」と「転職理由」の2つです。応募書類や面接でこの2つを伝える際に、触れておきたいポイントが3つあります。

上記3つのポイントについて、次でそれぞれ詳しく解説していきたいと思います。

Web業界へ関心を持ったきっかけ

まず簡単に、Web業界へ関心を持ったきっかけを伝えるのがベストです。具体的には、以下の例文のように触れるのが良いでしょう。

具体例

  • 学生時代から関心があり、プログラミングを勉強していた
  • 日常的にWebアプリを利用する機会が増え、今後ますます需要が高まると実感するになったため

なぜその企業なのかという具体的な理由

この2つ目のポイントはとても重要です。実際にその企業のサービスを利用した実体験から感じたことを伝えましょう。他にもその企業理念や他の企業では言えない志望理由にするのが大きなポイントですね。

具体的に挙げるとすれば、以下のようなことですね。

具体例

  • 実際にこれまでの仕事で御社のサービスを使った経験があり、そのおかげで××という成果につながった
  • 御社の××というサービスは社会貢献性が高いと感じており、自分も携わりたいと考えている

以下の記事では、基本的な志望動機の考え方や回答例などについて解説しています。しっかり対策しておきたい人は、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事【回答例付】プロが教える転職面接で面接官に響く志望動機の考えかた!

職務内容に対してこれまでのあなたの経験から活かせる強み

何か具体的に活かせるスキルがある場合には、そのスキルをアピールするのが望ましいです。

未経験の場合は、例えば独学でプログラミングにチャレンジした、デザインスクールで勉強したなど、挑戦する姿勢を示す事でカバーできるケースもあります。

大事なのは、「自分が入社する事で、その企業にとってどんなメリットがあるのか?」という点をしっかり伝えることです。

具体例

今回、御社のWebプランナー職を志望しています。現職では広告営業をしておりますので、扱う商材は異なります。


ですが、広告を手がける際にもヒヤリングからターゲットの設定、具体的な内容の編集など、業務にも共通点が多く、これまでの経験が活かせると考えております。

この時の注意点は、「教育体制が整っているから」「手に職をつけたいから」と伝えないことです。この2点は具体性や主体性に欠ける内容なのでNGです。

以下の記事で、転職理由で面接官がどこをチェックしているのか、ケース別に面接官を納得させる伝え方について解説しています。こちらも合わせて読んでみてください!

関連記事転職理由を面接で上手く伝える方法!面接官にハマる回答例付き!
︎[完全無料]転職は面接ですべてが決まります!転職のプロたちと面接は練習を重ね、自信を持って進めたい人はぜひ弊社までご相談ください!

Web業界での働き方

会社に所属して働くのではなくフリーランスとして働きたい人もいると思います。エンジニア系なのかマーケター系なのか、それで変わってきます。

業務委託で契約する場合は、前提として一定のスキルが必要となります。それから委託ができるツテがあるのか、という点も重要です。サイトなどで企業を探せばフリーランスとして活躍できます。

ただ、会社に所属していないので、仕事がいつなくなるのか分からないのがデメリットですね。スキルや柔軟性も必要になってきます。

[完全無料]20代での転職で年収700万円を超える。10年後、20年後を見据えた転職をサポート

Web業界に転職をお考えの人へ

「将来は会社に依存せずに生きていきたい」
「自立していたい」
「自分の力で食べていけるようになりたい」

このように思っている人は多いのではないでしょうか?

また、上記のことを頭では分かっているが、どのように実行に移せば良いのかわからない、もしくは自分の視点のみでキャリアの選択を判断することはリスクが高いと捉える人もいると思います。

そんな時転職エージェントのご利用をおすすめします。

数多ある転職エージェントの中でも、弊社アクシスは独自の、そしてもっとも大事にする価値観の一つとして、「自立型人材の育成」を挙げています。

自立型人材とは、会社や時代など外部環境に左右されず、いつでもどこからでも引き合いを得られたり、食べていけるキャリア(経験やスキル)を持った人材のことです。

20代~30代前半で営業スキルをはじめ専門スキルを保有しており、かつこれからマネジメント経験を積もうと考えている人は市場価値を伸ばせるチャンスであり、自立型人材を目指せます。

弊社アクシスの強みについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

本気で今の経験やスキルを活かして、会社に依存しない人キャリアを歩みたい人はぜひ弊社へ相談してみてください。

キャリアを高めたい20~30代前半に向けた転職エージェント

ポイント

  1. 会社に依存せず自立を目指す人に向けた転職支援!
  2. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人で質の高いサポートをします
  3. あなたのキャリアに有利な企業・求人のみご紹介!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。