JCBの転職難易度ってどれぐらい?中途採用情報や評判も紹介!

JCBへ転職したい人向けに、転職難易度や中途採用情報、面接の傾向・対策について現役のプロが徹底解説します。

また、気になる平均年収や評判・口コミなどについても紹介します。

JCBの転職難易度

JCBの転職難易度ですが、基本的にどの職種も高いです。

JCBは日本で生まれた海外でも使えるクレジットカードです。そのため、中途採用は希望する職種に該当する実務経験が求められます。

また、大学もしくは大学院卒が対象となるので、高卒や専門卒は応募することができません。

さらに海外事業と関わる部署は高い語学力も必要です。TOEICの点数は職種によって異なりますが、700〜850点以上必要で、実際に英語を使った折衝経験も求められるので、転職難易度は非常に高いと考えて良いでしょう。

一方でSA職に分類される事務職や電話職は、学歴不問・業界未経験も歓迎しています。応募資格は会社勤務1年以上と基本的なPCスキルのみなので、即戦力となる実務経験があれば採用してもらえる可能性は高いです。ただ、SA職は雇用形態が契約社員なので、注意が必要です。

JCBの内定を獲得するためには

転職難易度が高いJCBの内定を獲得するためには、転職エージェントの力を頼るのもありです。

とくに大手転職エージェントは、JCBといった大企業の転職支援実績を豊富に持っています。これまでの支援で培われたノウハウで転職のサポートをおこなってくれるので、自分で直接応募するよりも転職エージェント経由のほうが内定獲得率が高い傾向にあります。

またJCBのような大企業になると、非公開求人というものが存在します。つまり、JCBの企業ページでは公開していない求人が沢山あるのです。そのような非公開求人も含めて、多くの企業の非公開求人を持っている転職エージェントを利用すると良いです。

大手企業への転職に強い転職エージェント

転職エージェントの他に、スカウト型の転職支援サービスに登録するのもおすすめです。

なぜなら、JCBだけでなく、同業他社の人事やヘッドハンターからオファーが届く可能性があるからです。

転職はしたいけど、希望する求人がない人は以下で紹介するビズリーチに登録し、オファーが届くのを待つのも1つの方法です。

スカウト型の転職支援サービス

  • ビズリーチ
    人事やヘッドハンターから直接オファーが届く!

JCBの中途採用情報【求人情報】

JCBの中途採用向けの採用は「キャリア採用」と「SA職採用」の2つがあります。

即戦力として活躍できる経験・スキルがあり、さらに大学・大学院卒以上であればキャリア採用で応募することができます。

しかし、応募条件を満たしていない場合は諦めるのではなく、SA職採用から応募するのも1つの方法です。SA職は契約社員での雇用になりますが、正社員登用制度があるので、優秀な人材であれば将来的に正社員としての雇用も狙えます。

そこで、実際にどのような職種の求人があるのか、2020年4月時点の求人情報について以下で紹介します。

キャリア採用

2020年4月時点でdodaに、JCBの求人は下記のものが掲載されていました。今回はこの中で「データ分析」と「会計・税務ライン担当」の求人情報について紹介します。

募集のある職種は時期によって異なるので、JCBへの転職を考えている人は最新の情報を確認するようにしてください。


  • データ分析
  • 会計・税務ライン担当
  • 全社IT戦略の企画・統制
  • 決済プロダクトの企画・開発担当
  • システムリスク管理
  • 国際展開におけるオーソリ・精算のアプリケーション企画担当
  • 海外提携先とのシステム接続・変更案件推進担当
  • 社内SE

SA職採用

SA職採用では、事務職と電話職の2職種の募集があります。応募資格もキャリア採用よりもゆるく設定されている反面、契約社員での雇用になります。

契約は6ヶ月毎の更新で、2年以上勤務しており、かつ希望する場合は無期雇用契約の選択ができます。



勤務地や時給などは時期によって異なるので、最新の情報はSA採用ページで確認するようにしてください。

データ分析

決済に留まらない加盟店側のビジネス支援強化に向け、出店計画・売上予測・集客・立地周辺のデータ分析を担当します。

具体的には以下の職務内容の中で、いずれか1つ以上の業務を担当することになります。

職務内容

  • 加盟店の目標達成に役立つ仮説立て、会員・加盟店データを統合・分析
  • Webサイトやアプリの新規構築・機能開発・ABテスト・SNS運用
  • データ分析結果に基づき、加盟店向けの新たなサービスを企画・開発

必須条件

  • 大学院、大学卒以上

いずれかの経験を3年以上

  • サービス企画・開発経験
  • Webサイトやアプリ構築に係る要件定義や開発、効果検証、最適化経験
  • デジタル技術を活用した統合的なマーケティング戦略の企画・実行経験
  • 購買データやWebサイト・アプリへのアクセスデータなどの大量データを分析して、 売上UPなどの経営改善につなげる提案や業務をおこなった経験

勤務地・勤務時間

  • 勤務地
    高田馬場オフィス

  • 勤務時間
    9:00~17:15(所定労働時間:7時間15分)

給与

  • 253,000円~

会計・税務ライン担当

社内や海外拠点を含む子会社、関連会社で展開する新しいビジネスを税務・会計の立場から支えます。

会計・税務ライン担当は幅広い国内外の主計業務を担当します。

職務内容

  • 税務業務
  • 本部内での会計・税務相談
  • 決算業務
  • 海外拠点を含む子会社・関連会社の経理業務に関する助言・指導など
  • その他、会計・税務面でのグループ統制高度化などの施策推進

必須条件

  • 大学院、大学卒以上
  • 事業会社での税務業務経験
  • 法人税・消費税を中心とした税法の知識
  • 会社法、企業会計原則、会計基準など会計に関する基本的な知識
  • 海外拠点などとのコミュニケーション等を想定し、英語力や海外企業との折衝経験
  • TOEIC(R)テスト700点以上、かつ実務で英語使用経験

推奨資格

  • 米国公認会計士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • EA(米国税理士)

勤務地・勤務時間

  • 勤務地
    青山本社

  • 勤務時間
    9:00~17:15(所定労働時間:7時間15分)

給与

  • 276,000円~

事務職

事務職はパソコンでデータ作成、社内専用端末を使用した照会、登録業務、各種書類作成などの付随業務、発注発送関連業務、媒体に関する校正・制作進行・管理業務を担当します。

応募資格

  • 学歴不問(業界未経験・第二新卒歓迎)
  • 一般企業で1年以上のオフィスワーク経験がある人
  • チームワークを大切にして仕事ができる人
  • Word、Excelで書類作成ができる人

電話職(コールセンター)

カード会員からの問い合わせ対応や諸変更受付対応などを担当します。

応募資格

  • PCの基本的な操作ができる人
  • 人と話すのが好きな人

JCBの面接の傾向・対策

JCBの中途採用面接では、以下の質問をされる傾向にあります。

  • 志望動機
  • 転職理由
  • JCBでどのような活躍ができるのか
  • あなたにとって仕事とは?

JCBでは志望動機や転職理由といった基本的な質問の他に、入社後に即戦力として活躍できるスキル・経験はあるのかを確認される傾向にあります。

中途採用は即戦力になるかどうかが大事なので、自分の持つスキル・経験を明確にし、どういう点で会社に貢献できるのかを伝えられるようにすると良いでしょう。

また、「あなたにとって仕事とは?」といった想定していなかった質問をされる場合もあります。どのような質問をされても良いように、自分のことだけでなくクレジットカード業界についての知識を深めておくと良いですね。

JCBの面接対策

上記のような質問をする傾向にあるJCBの中途採用面接では、自己分析が何よりも大切です。

自分にはどのようなスキル・経験があるのか、そのスキル・経験をどのように活かせるのか、そもそも数ある会社の中でなぜJCBを志望したのかなど、1つずつ明確にしていきましょう。

志望動機を考える際には、自己分析で明らかになった理由に自分ならではの原体験も一緒に話せるようにすると、他の転職者にはない志望動機になるのでおすすめです。

自己分析のやり方や志望動機・転職理由の考え方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

関連記事自己分析なしの転職は失敗します。転職のプロが正しいやり方をご紹介!
関連記事【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】
関連記事転職理由を面接で上手く伝える方法!面接官にハマる回答例付き!

JCBの企業情報

精度の高い面接対策をおこなうためには、JCBの詳細な企業情報を得る必要があります。

JCBがどのような事業をおこない、将来的にはどの分野に注力していくのか、また会社の経営状況はどうなっているのかなど、しっかり把握していれば面接で活用することができます。

さらにJCBについて調べていれば、入社後に「想像と違った!」というミスマッチも防げます。

そこでJCBの企業情報について「事業内容」「年収」「社風」「福利厚生」の4つに分けて紹介します。

事業内容

JCBは日本で唯一の国際カードブランドを運営しており、それに伴って国内外で様々な事業を展開しています。

2020年4月時点で展開している事業は以下の5つです。

ブランド事業 日本唯一の国際カードブランドとして、世界中でJCBカードを利用できる加盟店ネットワークを展開。

国内外のパートナーとJCBカード発行の拡大を目指す。
加盟店事業 国内すべての加盟店との契約を自社で担う「シングルアクワイアリング」の強みを活かし、国内最大級の加盟店ネットワークを構築・維持している。
カード事業 自社での個人・法人カード発行のほか、金融機関およびその関連会社とフランチャイズ契約を締結し、JCBカードの発行拡大を図っている。
プロセシング事業 クレジットカード事業者などから業務を受託するプロセシング事業を展開。

デビットカードやプリペイドカードなどを含む決済スキーム全般の業務も担当。
システム・業務基盤 ブランド事業・加盟店事業・カード事業・プロセシング事業を先進的なシステム基板および高品質な業務基盤で支えている。

JCBが展開している事業について、さらに詳しく知りたい人はコーポレートサイトも確認してみてください。

年収

JCBは非上場企業のため、会社が発表する平均年収が記載されている有価証券報告書は提出されていません。

そこで現役社員・元社員が口コミを投稿する「openwork」に寄せられていた平均年収を紹介します。

2020年4月時点ではJCBの平均年収は727万円となっていました。

国税庁が発表している2018年の民間給与実態調査では、全国の平均年収は441万円です。JCBと全国の平均年収では、JCBのほうが高いことがわかります。

社風

JCBは優しい人が多く、話しかけやすく相談しやすい雰囲気という声が多かったです。

コミュニケーションを大切にしているため、社員同士が交流できるようにクリスマスパーティーといった社内イベントが定期的に開催されています。

定期的に仕事以外のコミュニケーションを取ることで、社内の風通しが良くなり、上司に対して自分の意見を話しやすい雰囲気が作られています。

福利厚生

JCBでは社員が安心して働けるように様々な制度を導入し、また多様化する福利厚生へのニーズにも積極的に対応しています。

本当に求められている福利厚生の整備はもちろんのこと、社員の自助努力をサポートする制度もあります。

実際にどのような福利厚生があるのか、以下でいくつか紹介します。

  • カフェテリアプラン「J-Cafe」
  • 社宅・独身寮
  • 別居手当
  • 帰省旅費
  • 転勤・帰任時保育支援制度
  • 一時的転勤免除制度
  • 自己実現休業制度
  • 休暇制度
  • 褒章休暇
  • 産前産後休暇
  • 生理休暇……など

とくにJCB独自のカフェテリアプラン「J-Cafe」は、すべての社員に一定のポイントが付与され、5つのメニューの中から自分に必要な補助を選ぶことができます。

JCBの福利厚生について、さらに詳しく知りたい人はコーポレートサイトにも目を通してみてください。

JCBの評判・口コミ

JCBで実際に働いていた・働いている社員の評判・口コミをいくつか紹介します。

JCBへ転職しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

JCBの良い評判・口コミ

JCBの良い評判・口コミを紹介します。

20代・営業

パソコンやデータの持ち帰りは原則禁止になっているので、休みの日はきちんと休めます。

また、21時以降の残業は禁止になっています。残業はかなり厳しく制限されています。

30代・管理

職種領域によって年収に差はありますが、総合職は年収が良いです。

部署の実績と自分の頑張りがボーナスに反映されるので、努力しただけ年収で返ってきます。やりがいはありますね。

20代・企画

正社員、契約社員問わず、産休・育休を取得することができます。実際に女性の社員は多く、率先して取得している雰囲気はありますね。

取得後は時短勤務も可能です。有給も時間単位で取得でき、働きやすい環境だと思います。

JCBの悪い評判・口コミ

JCBの悪い評判・口コミを紹介します。

30代・営業

現金を使わない決済という意味では、今後の将来性は期待できると思います。

しかし、クレジットカード領域でいうと、頭打ちの印象が強く、大きな伸びは期待できないと考えています。クレジットカード以外のサービス展開もおこなっていく必要はあるのですが、経営陣の動きが遅いです。

同業他社を追い抜かすためにも、スピーディーな判断・決定をして欲しいところです。

20代・事務

契約社員の給料が低い……正社員と比べると、報われないことが多いと感じる。

契約社員でも正社員以上に頑張っている人も一定数おり、その人たちの努力に報いるような制度も必要。契約社員の定着率が低いのもそれが理由かな…と。

20代・企画

女性社員の割合が大きい会社ですが、女性の管理職はまだまだ少ないのが実情です。

昔ながらの体質が残っているので……そこも少しずつ変わっていくことを願っています。

JCBへの転職を成功させる方法

JCBへの転職を考えているのなら、転職エージェントを利用しましょう

なぜなら、登録しないと閲覧できない非公開求人を保有しているからです。管理職や新規プロジェクトに関する求人は、転職エージェントに依頼されるケースが多く、JCBの求人も取り扱っている可能性があります。

また、転職難易度の高いJCBは選考対策を徹底的におこなう必要があります。転職のプロである転職エージェントなら自己分析、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策などを無料でサポートしてくれるので、内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

ちなみに自分に合う転職エージェントと出会いためには、大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型転職エージェントの中から1社程度複数登録すると良いでしょう。そして、最終的に1番良いと思った1社に絞り込むと納得のいく転職ができます。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント