20代で転職を検討されている方へ


ZOZO(旧スタートトゥデイ)へ転職したい人必見!評判や年収などを紹介!

ZOZOのロゴ

The following two tabs change content below.
アクシス(株)代表  末永雄大

アクシス(株)代表  末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回、取り上げるZOZO(旧スタートトゥデイ)は、日本を代表するアパレルのECモールを中心に、業績が拡大している企業です。

オシャレなアパレルも多数取り扱っているため、私も個人的に大注目している会社なのですが、実は転職先としても非常におすすめなのです。

ZOZO(旧スタートトゥデイ)の代表でもある前澤友作氏は、福利厚生でとてもユニークな制度を取り入れています。いわゆる、「ろくじろう」では「6時間労働制」というZOZO(旧スタートトゥデイ)独自の取り組みをおこなっています。

短い時間でも生産性を落とさず、それでいて効率良く自事(仕事)をすることが重要になってくるので、仕事が終わらない人がいればみんなで手伝うという制度です。

今回は、そんな画期的な制度を取り入れ、業績を拡大し続けているZOZO(旧スタートトゥデイ)の「ZOZOの年収相場」「ZOZOの評判・口コミ」「ZOZOの転職難易度」「ZOZOに転職するコツ」などをご紹介していきます。ZOZO(旧スタートトゥデイ)に転職したい人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ちなみにZOZO(旧スタートトゥデイ)は、2018年10月1日に株式会社スタートトゥデイから株式会社ZOZOに社名を変更しました。

ZOZOってどんな会社?


「ZOZOTOWN」は全国的にも知名度が高いアパレルECショップですよね。とくに代表の前澤友作氏は、月旅行など、何かとニュースでよく名前を見かけます。

ZOZOはそんな前澤氏が先頭に立って、独特の経営スタイルで既存の常識を破壊し続けています。ZOZO(旧スタートトゥデイ)が手掛ける「ZOZOTOWN」は、若者を中心に幅広い層から支持され、高い利益率を維持しています。

ZOZOの好調な業績

ZOZO(旧スタートトゥデイ)の平成28年3月期の具体的な業績は、以下のようになっています。

売上高 54,422百万円
営業利益 17,756百万円
経常利益 17,883百万円
当期利益 11,988百万円

営業利益率は、驚異の32.62%です。でも、この数字だけ言われても、どれだけすごいのかよく分からないですよね。

そこで、日本一売上高が高いトヨタ自動車の利益率と比較してみましょう。トヨタ自動車の営業利益率は8.9%です。

もちろん、ZOZO(旧スタートトゥデイ)はIT企業なので、製造業のトヨタ自動車とは単純に比較はできないのですが、それでも利益力が非常に高いのはよくわかりますよね。

ZOZO(旧スタートトゥデイ)の利益を支えているのは、通販サイト「ZOZOTOWN」と「UNUTED ARROWS」社を始めとするアパレルメーカーのECサイトを支援する「BtoB」です。これらのサイトで販売された商品の代金と手数料が収入を占めています。

ZOZOの事業内容


ZOZO(旧スタートトゥデイ)の事業内容について、もう少し詳しく紹介していきますね。

ここでは「ZOZOTOWN」と「BtoB」の2つに絞って、説明をしていきます。

ZOZOTOWN

利用したことがある人も多い「ZOZOTOWN」ですが、使ったことがなくても名前ぐらい知っていますよね。

ZOZOTOWNは通販サイトというイメージしかないのですが、その事業内容は大きく3つの柱に支えられています。

ZOZOTOWNの3つの事業
①各ブランドのショップ運用・管理を受託しています。分かりやすくいうと各ブランドの商品の在庫を管理し販売。

②ブランドから商品を仕入れ、自社で在庫を管理し、ZOZOTOWNで販売する買取ショップの運営。

③ユーザーから商品を買い取って販売をおこなう二次流通事業であるZOZOUSED。

BtoB

BtoB」は、アパレルメーカーが独自に運用しているECサイトの開発、デザイン、流通請負など、アパレル企業のWEBに関わる部分のサービスを総合的に提供している部門です。

売り上げは契約アパレルメーカーからの手数料からになっています。2017年時点では、27サイトとの契約実績があります。

知っている人も多いと思いますが、ファッションコーディネートサービス「WEAR」に力を入れており、急激にサービスを拡大しています。

また、企業のM&Aにも積極的で、簡単にオンラインストアを作ることができるサービス「STORES.jp」の運営会社である株式会社ブラケットや、ECサイト構築サービスを展開している株式会社アラタナの買収もしています。

ZOZOに転職するには

結論から言うとZOZOへの転職は職種によって難易度が分かれます

少し説明を加えますね。

ZOZOの職種郡は大きく分けて3つあります。

・営業職やマーケティング、コーポレートスタッフなどの総合・一般職
・事業開発や商品企画などのハイレイヤー職
・エンジニアやWebデザイナーなどの技術職

まずZOZOの営業職やマーケティング、コーポレートスタッフなどの総合・一般職ですが、こちらは特別な専門的なスキルが必要なわけではありません

専門的なスキルでは無く、経験人間性が重視されるポジションですね。

次に事業開発や商品企画などのハイレイヤー職ですが、こちらは職種ごとのスキルが必要となります。

未経験だと難しいポジションですね。

最後にエンジニアやWebデザイナーなどの技術職ですが、こちらは専門的なスキルと経験が必要となります。
当然、天下のZOZOですから入社難易度は高い一方で、同様のEC業界でもAmazonほどの難易度ではないかもしれませんね。(もちろんポジションによりますが。)

では実際に、どうすればZOZOに転職できるのかを紹介しますね。

ZOZOの営業職やマーケティング、コーポレートスタッフを目指す場合には、”求人数”を多く持つ転職エージェントへの登録をおすすめします。

末永

さて、結論から申しますとZOZOへ転職するためには圧倒的求人数を誇るリクルートエージェントマイナビエージェントdodaへの相談をおすすめします。

なぜかと言うと、ZOZOの求人を最も多く持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaだからです。

もう少し説明を加えますね。

ぶっちゃけ、ZOZOへ転職するためには数多くの求人数と出会えるかが重要なポイントなんですよね。

転職というのは、転職面接を受ける時にある程度受かるかどうかの評価が決まっていて、結局自分のスキルと合う求人と出会えるかどうかの確率論を高めるのが重要なんです。

それで言うと、上記3社はまずZOZOの求人数は一番持っている、かつZOZOの企業ページで紹介されていない非公開求人も沢山持っているので、その確率をあげることができます。

ちなみに、真の網羅という意味では、3社全てに登録するのもアリです。

なぜかと言うと、担当エージェントによってはZOZOの求人を紹介してくれない可能性や担当エージェントと馬が合わないことがあります。そういったリスクを想定すると、あらかじめ3社全てに登録し、抜け漏れをなくすのが肝です。

年齢によってはイレギュラーが存在するので少し紹介しますね。
上記までの話は20代から30代前半までの話が主です。

35歳以上でZOZOへの転職を目指す方はミドルの転職に強いビズリーチJACに相談すべきです。

理由はとてもシンプルで、35歳以上の求人になるとビズリーチJACの方がマイナビエージェントリクルートエージェントdodaより多く求人を持っているからです。

さらに、もしあなたが女性だった場合には@type女性の転職エージェントにも相談すると良いでしょう。

@type女性の転職エージェントは、女性に特化した転職エージェントです。なので、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があり、求人の中にZOZOの求人がある可能性が高いです。

【20歳〜34歳でZOZOへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda

【35歳以上でZOZOへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. ビズリーチ
  2. JAC

【女性でZOZOへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. @type女性の転職エージェント

ZOZOの事業開発、商品企画への勤務を目指す場合には、”ハイクラス求人”を多く持つ転職エージェントへの登録をおすすめします。

末永

ZOZOの総合・一般職への転職はそこまで難易度が高くないと紹介しましたが、これらハイレイヤー層の場合は別です。

これらの場合には、職種ごとの専門スキルと経験が必要で、当然給料も高くハイクラス人材ということになります。

もしZOZOのハイレイヤー職種を目指す場合には、ハイクラスの求人が多いビズリーチJACへの相談をすると良いでしょう。

【ZOZOのハイレイヤー転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. ビズリーチ
  2. JAC

ZOZOのエンジニアやWebデザイナーを目指す場合には、エンジニアやWebデザイナー特化型の転職エージェントへの登録をおすすめします。

末永

エンジニアやWebデザイナーとしてZOZOへの転職を考えている場合には、マイナビITレバテックなどのIT技術者の転職に特化したエージェントの利用をおすすめします。

ZOZOは社風的に新規事業がガンガン立ち上がるイメージがあるので、新しいことに挑戦したいエンジニアにとってはZOZOへの転職は最高かもしれませんね。

【技術系専門職でZOZOへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. マイナビIT
  2. レバテック

ZOZOの年収相場


ZOZO(旧スタートトゥデイ)の給与水準ですが、平均よりも若干低いようです。

基本的には昇給制度はなく、昇給を希望する場合は面談が必須になるとか。もちろん、成果をしっかり出していないと話も聞いてくれないので、結果を出してから相談するのがいいでしょう。

賞与に関しては、年に2回用意されていますが、支給額は全社員一律になっているそうですね。

気がかりとなる残業手当は、残業した分だけちゃんと支給されるので安心です。

賞与は年2回用意されていますが、支給額は全社員一律となっているそうです。

年齢別の平均年収

ZOZO(旧スタートトゥデイ)の年齢別平均年収は、以下のようになっています。

年収
20〜24歳 約290~320万円
25〜29歳 約339~389万円
30〜34歳 約346~446万円
35〜39歳 約357~461万円
40〜44歳 約397~518万円
45〜49歳 約458~580万円
50〜54歳 約512~622万円
55〜59歳 約506~616万円
60〜64歳 約320~616万円

年齢別の平均年収で高くなっているのは、長年勤めている50~54歳のようです。

続いて高くなっているのが55~59歳となっています。

職種別の平均年収

ZOZO(旧スタートトゥデイ)の職種別平均年収についてもご紹介していきます。

年収
営業系 約483万円
企画・事務・管理系 約436万円
販売・サービス系 約400万円
クリエイティブ系 約450万円
IT系エンジニア 約450万円
運輸・物流・設備系 約350万円
その他 約350万円

職種別の平均年収の中でとくに高いのは、営業系になっています。

クリエイティブ系・IT系エンジニアが後を追うように続いています。

ZOZOの労働環境


ZOZO(旧スタートトゥデイ)への転職を考えているのなら、実際の労働環境って気になりますよね。

そこで、とくに気になる「社風・カルチャー」「残業時間」「福利厚生」の3つについて、詳しく紹介して行きます

社風・カルチャー

ZOZO(旧スタートトゥデイ)ですが、温かみのある企業で、とても自由度が高い社風と評判のようですね。

自分自身で仕事を進めることができるので、社員ものびのびと働けるとのことです。縛り付けられるよりも、のびのびとしていたほうが良いアイデアが出やすいのでしょう。

比較的、柔軟性のある企業文化が魅力で、社内の雰囲気は和気あいあいとしているのだとか。急成長を続けるIT企業なのもあって、若い社員が多く在籍しています。

残業時間

IT企業だから残業時間が多そう……と思っている人もいるかと思いますが、ほとんどないそうです。

残業がほとんどない理由としては「ろくじろう」の導入が真っ先に挙げられますね。

「6時間労働制」の導入によって、ワークライフバランスの調整がとても取りやすいと、社員の評判は非常に高いです。

たとえ、繁忙期に残業があったとしても、残業を強要されることはなく、任意でおこなうことができるのもポイントが高いですよね。

「この仕事、今日中にね」と上司や先輩に言われたら、定時退社はできないものですが、ZOZO(旧スタートトゥデイ)はそういった社風がないそうです。

とはいえ、繁忙期になると人手不足によって、急な休日出勤もあるそうです。

福利厚生

ZOZO(旧スタートトゥデイ)では、ろくじろうをはじめ、様々な福利厚生が導入されています。

とくに「ろくじろう」は、プライベートも大切にしたい人には嬉しい制度になっています。

また、女性社員が多いので、産休育休もしっかり整備されており、女性でも働きやすい環境が整えられています。

以下で、ZOZO(旧スタートトゥデイ)で整備されている福利厚生をいくつかご紹介します。

説明
ろくじろう ZOZO独自の制度。6時間労働制で、短い時間でも生産性を落とさずに、効率よく自事をする制度。
幕張手当 幕張の地域活性化を目的とした手当。
指定エリア内に住むと月5万円が支給され、社員の8割以上が利用。
FRIENDSHIP DAY 「従業員同士が親友のような関係になる」ことを目標としており、部署を越えて交流する機会を設けている。
過去にはプレゼント交換、ボウリング大会などを実施。
部活動支援制度 スポーツなど、趣味が共通している社員のコミュニティを支援するための制度。
家族時短 配偶者、子供、両親、ペットなど、家族と認識する人がサポートを必要とするときに、1日最大2時間を時短できる制度。
産業医面談 月に1回産業医と1対1で面談する時間が設けられている。

ZOZOの評判・口コミ

ZOZO(旧スタートトゥデイ)に興味がある、ZOZO(旧スタートトゥデイ)へ転職したい、と思いつつも実際の労働環境ってよく分からないですよね。

そこで元社員や現在も働いている方からの評判を集めてみました。ぜひ、転職するかどうかの参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

ZOZO(旧スタートトゥデイ)の良い評判ですが、全体的に会社の雰囲気がよく働きやすいという声が寄せられていました。

風通しがとても良いため、上司や先輩に相談しやすいそうです。

また、産休・育休、時短勤務制度が整っているので、女性でも非常に働きやすいと評判です。

管理・30歳
働きやすい雰囲気の会社ですね。

時短勤務を利用している人も多いので、子供がいる女性にとっては本当に働きやすいと思います。

私も近々結婚の予定があるのですが、制度がしっかりしているので子供が生まれても働き続けようと思ってます。

商品管理・24歳
分からないことは、丁寧に教えてくれます。先輩もみんないい人ばかりで、質問しやすい雰囲気ですね。

あとファッション業界について詳しくなかったのですが、今では流行について知るのが楽しくなりました。

システム開発・28歳
やる気があれば大きな仕事も任せてもらえる。

色々な仕事を任せてもらえるから、飛躍的に成長はできる会社だと感じている。

総務・33歳
6時間勤務制になって、時間を意識するようになりました。みんな効率よく、どう動けば6時間で仕事が終わるのか考えるようになりましたね。

働く時間が短くなった分、仕事終わりに趣味を楽しめるようになりました。

悪い評判・口コミ

ZOZO(旧スタートトゥデイ)への悪い評判ですが、給与に対するものが1番多く寄せられていました。

基本給が一生上がらない制度に対して、不安を感じている人が多いようです。

また、評価制度がしっかり機能しておらず、成果を残しても昇進・昇給ができないと感じているとか……

お金をたくさん稼ぎたい、しっかり評価してもらいたい!と思う人には向いていないかもしれないですね。

物流・27歳
給与は上がらないですね……評価は上司の好き嫌いが反映されるため、嫌われると給与がまったく上がらないです……

正直、モチベーションは上がらないです……

営業・29歳
年収アップは見込めない。全社員一律だから、役職がつかない限り、年収は上がらない仕組み。

このままこの会社にいてもいいのか…と不安になってしまう。

総務・31歳
大学生のようなノリが肌に合わないです。幕張の近くに住めば手当が出ますが、ぶっちゃけ休みの日まで会社の人に会いたくないです……

30過ぎても大学生のような人ばかり集まっているので、しっかり働きたい人には合わない環境だと思います。

スタッフ部門・28歳
やっぱり、1番の不満は給料!!基本給が一生上がらないので、将来が本当に不安です。

若いうちは良いですけど、先々のことまで考えると本当にボーナスや昇給に希望が持てないのはキツイです。

ZOZOに向いている人の特徴


ZOZO(旧スタートトゥデイ)に向いている人の特徴ですが、まずはアパレルやファッションが好きであることがあげられますね。

アパレルやファッションに関わる業務が多いので、興味がないとモチベーションを保って仕事ができなくなります。

また、社内は比較的若い人が多く、上司や先輩との関係性も良いです。フレンドリーな環境で働きたい人には、ぴったりな会社であると言えますね。

幕張付近に住んでいる社員が多く、休日に集まって遊ぶこともよくあるそうです。

ただ、評判にもありましたが、給与は非常に上がりづらいようです。お金をたくさん稼いだり、バリバリ働きたい人には向かないようです。

ZOZOの選考難易度・採用情報


ZOZO(旧スタートトゥデイ)の選考難易度は、比較的高い傾向にあります。

高い理由として、知名度の高い企業であることと、各職種の募集が5名以下程度になっているからです。

そのため、希望職種で内定を獲得するのは難しいと考えたほうが良いでしょう。

ちなみに、ZOZO(旧スタートトゥデイ)が求めているのは、「課題解決を自ら考えて実行できる人」と「その仕事に対する興味が高く、向上心を持って取り組める人」です。

狭き門ではありますが、求められている人材をしっかりと確認して、その人材に近づけるよう取り組めば転職することも不可能ではないです。

ZOZO(旧スタートトゥデイ)の選考はどうなっているのか、以下で「選考フロー」と「面接での質問例」をご紹介しますね。

選考フロー

ZOZO(旧スタートトゥデイ)の選考フローは、次のようになっています。

STEP1.応募

STEP2.Web書類選考

STEP3.面接(2〜3回)

STEP4.内定

ZOZO(旧スタートトゥデイ)では、様々な職種の募集をおこなっています。

募集はポートレートサイトからでも応募できますが、応募フォームでは「志望動機書」が必要になります。

志望動機書は、400文字〜1200文字以内で書く必要があるので、しっかりと準備しておきましょう。

面接での質問例

ZOZO(旧スタートトゥデイ)の面接では、実際にどのような質問がされているのか、以下でいくつかご紹介しますね。

紹介する質問が必ず質問されるわけではないのですが、事前に自分の考えをまとめておくと安心して面接に臨むことができますよ。

1.今まで苦労したことは?

2.学生時代に頑張ったことは?

3.志望動機

4.どれくらい服が好きか?

上記がよく質問されている内容です。

アパレルを扱うことを事業にしているため、洋服に対する質問が多く見られているようです。

自分がどんなファッションが好きなのか、どのブランドが好きなのか。具体的に、そして簡潔にお伝えできるようにしておくとベストです。

このときに気をつけたいのが、ありきたりなものではなく、少しユニークなものをプレゼンすること。転職者がみんな同じことを言えば印象に残らないですよね。少しでも印象に残るようにユニークなものを選ぶようにしましょう。

他にも、「企業理念と経営理念を答えてください」と言われた人もいるので、ちゃんと答えられるように対策をしておきましょう。

採用基準

当然ながら服が好きな人が基準となります。また、事業理念として「つながる人を増やす」というテーマのとおり人間力を重要視しています。

服の知識はもちろん必要ですが、ECサイト支援も行っているのでWEB知識があると有利に働くそうですよ!

WEBの知識は持っておいて損はないので、内定獲得率を上げるために勉強をするのも1つの手です。

ZOZOに転職するには?

ZOZOは非常に優秀な方が多く、今後のキャリアプランを考えたときにご自身の成長に繋がる企業だと思います。職場環境が充実しており、働きやすい会社でもあります。そのため転職市場でも人気を集めています。

また、代表の前澤さんの人柄にも現れているとおり、挑戦を好む人を選ぶような社風でもあります。

もしZOZOへの転職を考えているのであれば、直接企業ページから応募しても良いですが、非公開求人をはじめとする求人数を担保するためには、やはり転職エージェントや転職サイトを利用すべきでしょう。

結論から言いますと、営業職マーケティング、コーポレートでZOZOへ転職したい方は、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaへの相談をおすすめします。

そして、事業開発商品企画などのハイレイヤー職でZOZOへの転職を目指す場合には、ハイクラスの求人が多いビズリーチJACへの相談。

さらに、エンジニアWebデザイナーなどの技術系専門職でZOZOを目指すのであれば、IT業界への転職に特化したエージェントであるマイナビITレバテックなどの特化型エージェントの利用をおすすめします。

兎にも角にもどれだけ多くの求人と出会えるかが、勝負の鍵ですよ

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

ZOZO以外のECサイト運営会社への転職をお考えの方へ

末永

さて、この記事を読んでいる方の中にはZOZOへ転職したいというよりは、ECサイトを運営している会社に転職したいと思う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、ECサイト運営会社別のおすすめ転職エージェントについて紹介させて頂きます。

【Amazonやyahoo、楽天への転職を目指すなら】

結論から申しますと、ZOZOと同じ理由で、Amazonやyahoo、楽天の非専門職へ転職するためにはリクルートエージェントマイナビエージェントdodaがおすすめです。

一方で、ハイレイヤー職の場合にはビズリーチJACが良いでしょう。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda
  4. ビズリーチ
  5. JAC

どこの企業を志望しているのかが明確ではない方へ

さて、もしかすると読者様の中には「まだどこの企業に行きたいのかわからない」という悩みを抱えている人がいるかもしれません。

下記のツールは自身のステータスを入力すると、あなたにおすすめの転職エージェントをピックアップしてくれます。

ぜひ利用してみてください。

あなたにピッタリの転職エージェントを15秒で診断します

性別を教えてください♪

年齢を教えてください♪

希望年収を教えてください♪

希望職種を教えてください♪

Loading...

あなたに
ピッタリの転職エージェント

1見つかりました
(エージェントは複数登録をおすすめしています)

リクルートエージェント

あなたにオススメな理由

向けの転職に最大の強みを持つ

リクルートエージェントへの
登録はこちら

リクルートエージェントの特徴

1.国内最多の求人数を保有
2.20代で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有

こんな人にオススメ

幅広い業界・職種の求人を網羅的に紹介して欲しい

リクルートエージェントへの
登録はこちら

マイナビエージェント

あなたにオススメな理由

向け最大の求人数

マイナビエージェントへの
登録はこちら

マイナビエージェントの特徴

1.若手向けサービスマイナビジョブ20’sを展開
2.営業系転職への強み

こんな人にオススメ

20代で未経験業界・職種にチャレンジしたい人

マイナビエージェントへの
登録はこちら

doda

あなたにオススメな理由

幅広い年代や職種に対応できる
10万件以上の求人数

dodaへの
登録はこちら

dodaの特徴

1.面接・書類作成などの転職サポートが手厚い
2.マッチングへのこだわり。
キャリアアドバイザーが求人を絞ってくれる

こんな人にオススメ

自分に合った求人をプロの視点で提案して欲しい

dodaへの
登録はこちら

ジェイック

あなたにオススメな理由

フリーター・既卒・大学中退向け最大の求人数
年収円向け最大の求人数

ジェイックへの
登録はこちら

ジェイックの特徴

1.既卒者・派遣・フリーターの転職を手厚くサポート
2.未経験業界・職種への転職サポートが手厚い

こんな人にオススメ

自分のキャリアや転職市場価値に自信がない

ジェイックへの
登録はこちら

JACリクルートメント

あなたにオススメな理由

ハイクラスの転職に特化したエージェント
年収円向け最大の求人数

JACリクルートメントへの
登録はこちら

JACリクルートメントの特徴

1.年収600万円以上の転職サポートに特化
2.30代以上の転職サポートにも強い
3.企業側・転職者側の担当が同一人物

こんな人にオススメ

年収600万円以上を目指す20代後半から30代以上の方

JACリクルートメントへの
登録はこちら

ビズリーチ

あなたにオススメな理由

会員制転職サイト
ハイクラス求人は数が少ないので、網羅するため転職サイトも一緒に利用するのがオススメです!

ビズリーチへの
登録はこちら

ビズリーチの特徴

1.年収600万円以上のハイクラス転職サポートに特化
2.行きたい企業から逆オファーが届く

こんな人にオススメ

年収600万円以上のハイクラス転職を目指す方

ビズリーチへの
登録はこちら

マイナビIT

あなたにオススメな理由

向けの転職に特化したエージェント

マイナビITへの
登録はこちら

マイナビITの特徴

1.IT・WEBに特化した国内最大規模の転職エージェント
2.IT業界を専門とするキャリアアドバイザーが担当

こんな人にオススメ

エンジニアやWebデザイナーとしてキャリアアップを目指す方

マイナビITへの
登録はこちら

レバテック

あなたにオススメな理由

年収円向けIT業界最大の求人数

レバテックへの
登録はこちら

レバテックの特徴

1.エンジニアやWebデザイナーに特化した国内最大規模の転職エージェント
2.エンジニア・Webデザイナーの非公開求人を多数保有

こんな人にオススメ

エンジニアやWebデザイナーとして相談ベースで転職を目指す方

レバテックへの
登録はこちら

Type女性の転職エージェント

あなたにオススメな理由

女性に特化した転職エージェント

Type女性の転職エージェントへの
登録はこちら

Type女性の転職エージェントの特徴

1.女性のキャリアアドバイザーが転職をサポート
2.女性の転職に特化した国内最大規模の転職エージェント

こんな人にオススメ

女性ならではの悩みを相談しながら転職を目指す方

Type女性の転職エージェントへの
登録はこちら


一般的な転職エージェントの流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを入力し、申し込み・登録を完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。

申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

※なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、あなたに合った求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。

※日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

求人紹介

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。

お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介がされています。

求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人なのでいままで見つけることのできなかった求人に出会える可能性があります。

書類添削

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方のアドバイスをしてくれます。

面接対策

模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような各企業に合わせた面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが企業に推薦状と共に推薦します。

また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポートします。

入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。