ニトリへ転職するには?評判や中途採用されるコツをご紹介!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは。自立型人材の転職・キャリア支援を行うアクシス・代表コンサルタントの末永雄大(すえながゆうた)です。

近年は、都市部への進出にチカラをいれているニトリ。マーケティング戦略の結果として、既存の売上も前年比よりも向上したということを確認いたしました。

今回は、インテリア小売業大手の「ニトリ」に転職を検討されている方向けに、どうすれば転職できるの?という疑問を解決すべく、「ニトリ」への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

ニトリが現在中途採用で募集している職種は?

ニトリが現在募集している職種は、大きく分けるとこの4種類です。

商品部

商品の企画・開発・プロデュースまで幅広く行います。

Web広告宣伝

Web上での広告運用や、企画等の効果検証などを行います。

技術系職種

インフラ・社内SE・IT企画・PM・PL・アプリ開発など、多岐にわたるエンジニア職種の人材を募集しています。

財務経理・法務などの専門職

決算や企業法務など、企業になくてはならない職種です。

※いずれの職種も、経験者採用(同じ職種での一定の実務経験が必要)になるため、ご自身の経歴と照らし合わせながらご検討ください。

ニトリへの転職は難しい?

結論として、ニトリへの転職難易度はやや高いです。

ニトリのようなメーカーではホワイトな企業風土から社内外から人気で、他の転職者からの人気も高く、また、社内の空き枠も出にくいのです。

そのため、応募する条件を満たしていても、選考で当たり前のように落とされてしまう可能性があるのです。

転職エージェントは、書類や面接などの選考対策を企業採用担当の目線から見てくれます。そして、あなたの経歴や受ける企業に合わせて、あなただけの選考対策を行ってくれるため、内定を獲得できるレベルに引き上げてくれます。
また、キャリアコンサルタントが企業側にあなたの経歴だけではなく、人柄を含めてプッシュしてくれますし、選考通過率を高めるよう働きかけてくれます。

ですので、ニトリへの転職なら、まずは下記で紹介する転職エージェントに登録することをオススメします!

必ず1社は登録しておくべき!総合型大手エージェント

末永

どの職種で転職するとしても、まず鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

ニトリを目指す上で、専門職の方は、あとで紹介する特化型エージェントに登録するのが一番です。しかし、大手エージェントは他の特化型エージェントが持っていない非公開求人を持っている可能性があります。

これはニトリに限った話ではなく、特に日系大手メーカーなどはその傾向が強く、企業が特定の大手エージェント1社のみに求人を依頼していることがあります!

つまりいくら選考対策をしたとしても、大手エージェントに登録をしていないと紹介を受けられない求人が存在するんです!

その求人を見逃さないためにも、最低でも大手エージェントのどこか一つには登録しておくべきでしょう。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

エンジニアに特化した転職エージェント

末永

ニトリの中でも特にエンジニアでの転職をお考えの方は、上記3社に加えて、レバテックキャリアマイナビITマイナビメーカーエンジニアを合わせてオススメします。

これらのエージェントはエンジニアの転職に関して、専門性の高さにおいてはエージェント界隈ではトップレベルと言えます。

もちろん、他のエージェントでもエンジニアの求人の取り扱いはもちろんありますが、技術に関する詳しいやり取りが出来ないという可能性が高いです。

特化型のエージェントならば、実際に実務経験のあるコンサルタントからの転職アドバイスを受けられる、最新の業界の転職事情など、濃い情報が得られます!

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

ニトリって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

ニトリは家具の製造から販売まで行っている「製造物流小売業」を掲げている会社です。

家具業界では珍しく、製造小売業のノウハウを取り入れて、海外の原材料を仕入れ現地で生産。

そして輸出入し、小売店で販売するというグループ直営で行うシステムで動いています。

本来、家具業界は物流を商社に任せることが通例でしたが、ニトリは自社で扱っています。

船のブッキングまで自社でしています。札幌、関東、関西、九州に物流センターを持っています。

札幌には自動立体倉庫があります。

ニトリの直近の業績や今後の事業課題

増収増益となっており好調が続いています。自社オリジナル製品の開発が功を奏し利益を伸ばしました。

そして都市部への出店攻勢が成功しています。新規客層を開拓出来たとしており、都市部でのシェアを伸ばしました。

自社オリジナル製品の開発に注力しており、季節に合わせて販売しています。

そして物流の効率化も促進していることで、物流コストを下げています。現状好調な業績が続いており課題は見つけることが難しい状況です。

ニトリの仕事内容・職種

仕事内容は多岐に渡ります。まずは情報システム部門。流通部門で使われるシステムの最適化をするのが仕事内容です。

そして小売部門は店長やエリアマネージャーが仕事です。店頭で販売をしながら店舗の運営を行います。

エリアマネージャーになると自分の担当エリアの店をマネジメントして経営コンサルを行うのが仕事内容です。

貿易実務の仕事もあります。ニトリは自社で商船のブッキングをすることから、輸出入にかかる書類の作成や税関とのやりとりが仕事内容です。

ニトリの仕事のやりがい

店舗で仕事をすることが多いため、そこでお客様から感謝の言葉をいただく時にやりがいを感じるようです。

ニトリは店長が店の方針を決めるので、カラーが違います。接客に力を入れている店舗ではお客様との距離が近くなります。

そこに魅力を感じるようです。

また物流に強いこともニトリの特徴の一つです。自分の仕事が物流の効率化に役立ち、利益となることもやりがいになっています。

ニトリの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

ニトリがどのような社風・カルチャーがあるのか知っておきたいですよね。
その詳細についてご紹介していきたいと思います。

どういう社風・文化があるのか

ニトリは社員・アルバイト・パート皆が仲良く、風通しが良い社風だそうです。

パートの中でもベテランスタッフが多いため、社員には質問しにくいことも気軽に質問できる環境になっているみたいですよ。

困難な時こそ、皆で協力しようというような雰囲気があります。
愛社精神が強く、アットホームな職場環境のようです。

常に努力を惜しまずに新しいアイデアを生み出し続けている、という企業文化があるそうですよ。

有給も取りやすいため、プライベートとの両立もしやすいのだとか。

ワークライフバランスにも配慮しており、サービス残業は禁止。

15分単位の残業代の支給など、働いた人にはきちんと報酬を与えるという姿勢が徹底されています。

ただ、まだ年功序列が強いようです。

ニトリの面接・SPIなど選考難易度


ニトリの面接やSPI難易度がどうなっているのか、事前に知っておきたいですよね。
面接の流れや難易度について、ご紹介していきます。

選考フロー

ニトリの選考フローは以下の通りです。

STEP1.エントリー

STEP2.書類選考

STEP3.企業説明会

STEP4.1次面接

STEP5.2次面接

STEP6.最終面接

STEP7.内定

上記が選考フローとなっています。

エントリーシートでは、「20年後ニトリでどのように活躍していたいのか」・「入社後10年間のキャリアプランを具体的に記載」するようです。

文字数制限がないので、キャリアプランについては、できるだけ詳しく具体的に記入するのが良いと思います。

面接は全て個人面接となっているみたいですよ。
ちなみに、面接時間は大体20分です。

面接での質問例

ニトリの面接では、一体どんな質問がされているのでしょうか?
その質問内容について、ご紹介していきます。

1.転職理由

2.志望動機

3.思い描くキャリアプランは?

4.自己PRを教えてください

上記が実際に質問されている内容です。

「なぜニトリでなければならないのか」ということも質問されるようです。

当然のことだとは思いますが、この部分についてきちんと答えられないと内定をもらうことは厳しいでしょう。

綺麗な言葉でまとめるのも大切ですが、それよりも説得するように自身の考えていることをアピールするのが良いです。

どれくらい志望動機に説得力があるのか、本当に第一志望なのか面接官はチェックしているみたいです。

SPI難易度

ニトリのSPI難易度はそこそこ高いと言えます。

ただ、採用者数が非常に多いため、本来難易度が高いはずが、そんなに高くないという表現しづらいのです。

現在は中途採用の窓口がオープンしていますし、職種も多種多様です。

ニトリは採用倍率を公表していないため、その詳細については残念ながらわかりません。

だからこそ、難易度は高いと思っておくのが良いかもしれません。

ニトリの年収相場(正社員給与)は?

ニトリの年収相場についてご存知でしょうか?
今回は年齢別・職種別の平均年収についてご紹介していきたいと思います。

年齢別の平均年収

ニトリの平均年収って気になりますよね?
まずは、年齢別の平均年収についてご紹介します。

1.20~24歳
→平均年収・・・350.8~380.8万円

2.25~29歳
→平均年収・・・585.0~635.0万円

3.30~34歳
→平均年収・・・628.1~728.1万円

4.35~39歳
→平均年収・・・649.5~753.5万円

5.40~44歳
→平均年収・・・725.7~846.7万円

6.45~49歳
→平均年収・・・826.3~948.3万円

7.50~54歳
→平均年収・・・906.0~1,016.0万円

8.55~59歳
→平均年収・・・897.5~1,007.5万円

9.60~65歳
→平均年収・・・585.8~1,007.5万円

上記が、年齢別の平均年収です。
やはり最も高くなっているのは、50~54歳となっています。

職種別の平均年収

続いて、職種別の平均年収をご紹介したいと思います。

1.営業系
→平均年収・・・438万円

2.企画・事務・管理系
→平均年収・・・590万円

3.販売・サービス系
→平均年収・・・426万円

4.専門サービス系
→平均年収・・・383万円

5.IT系エンジニア
→平均年収・・・450万円

6.医薬・化学・素材・食品系専門職
→平均年収・・・550万円

7.運輸・物流・設備系
→平均年収・・・650万円

8.その他
→平均年収・・・530万円

上記が職種別の平均年収です。
最も高いのは運輸・物流・設備系、次いで高いのは企画・事務・管理系です。

賞与・給与(評価)制度

ニトリの給与水準は、比較的に高い方だと言えるでしょう。

努力をすれば努力をした分だけ、給与に反映されるそうです。

評価制度は平等に評価されるようになっており、半年に一度昇給するチャンスがあるのだとか。

自分のやる気次第でボーナスを上げることもできるみたいです。

ただ、その配属される部署によっては多少ばらつきがあるようです。

残業時間

残業は承認制になっているみたいです。

上司によって、月何時間までは残業オッケーと承認が出ることもあるため、残業代をあらかじめ確保できることも。

配属先により、大きく変わってくるようですが、グレーになっているところも多いのだとか。

もちろん、残業代は必ず支給されるので安心して大丈夫です。

勤務時間は基本的に全て打刻制です。
警備員も厳しく、下手に残業することはできないそうですよ。

ニトリへ転職するには?

記事の冒頭でも述べましたが、結論として、社内外から人気の高いニトリへの転職には、転職エージェントの利用が不可欠です。

どんなにトップセールスで営業力のある方でも、いざ面接で自分個人を売り込むとなると、途端に下手な対応になってしまう方は多いものです。

せっかく志望企業に見合ったスキルや経験、マインドを持っているのに、面接で自分を上手くアピールすることができずに内定を得られないのは大変もったいないことです。

転職エージェントを活用すれば、事前に、面接官・採用側の目線で、面接で引っかかってしまいそうなポイントを見て指摘してくれますので、面接に自信がある方もそうでない方も、活用して損になる事はないと思います。

とはいえ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです。

定番の大手エージェントから2~3社、特化型のエージェントを1社程度、まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

ニトリへの転職を考えるなら必ず登録すべき!大手エージェント

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

エンジニアの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント
  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

ニトリの管理職・マネージャークラスへの転職を目指す方向け

記事中では紹介しませんでしたが、主に30代前後の、中間管理職ポジションでの転職を狙うなら、以下の2社を合わせて確認してみるべきです。
※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

一般的な転職エージェントの流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを入力し、申し込み・登録を完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。

申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

※なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、あなたに合った求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。

※日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

求人紹介

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。

お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介がされています。

求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人なのでいままで見つけることのできなかった求人に出会える可能性があります。

書類添削

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方のアドバイスをしてくれます。

面接対策

模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような各企業に合わせた面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが企業に推薦状と共に推薦します。

また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポートします。

入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。