未経験者必見!Webディレクターへの転職ノウハウ

  • !

未経験者必見!Webディレクターへの転職ノウハウ

    未経験からWebディレクターに転職できる難易度をはじめ、具体的な仕事内容や求められるスキルについて解説します。未経験転職でWebディレクターを目指す方法や面接対策も合わせてお伝えしていきます!

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

未経験からWebディレクターへの転職難易度

結論から申しますと、未経験からWebディレクターへ転職するのは容易ではありません。なぜなら、そもそも未経験で中途採用をおこなっている企業が少ないからなんです。

Webディレクターという職種のニーズは高いものの、未経験は少ないのが現状です。というのも、中途採用では基本的に即戦力採用をメインにしていることが挙げられます。

そのため、未経験から転職する際は一足跳びでキャリアチェンジするのは難しいと言えますね。逆を言えば、逆算型のキャリア設計をおこない、ステップを踏めば未経験スタートでもWebディレクターになることも不可能ではありません。

末永

では、次からWebディレクターの仕事内容やキャリア戦略について解説していきますね。

Webディレクターの仕事とは?

Webディレクターは、クライアントの要望とデザイナーやライター、プログラマーといった制作スタッフをまとめて、進行管理・品質管理などを担うのが仕事です。

さらに具体的な仕事内容については、以下にまとめた通りとなっています。

  • プロジェクトメンバーの人選
  • 制作スケジュールの設計・進行管理
  • コンテンツの品質管理 など

現在どこまで進んでいるのか把握し、今後必要な工程にどれだけの時間を要するのか見定めなければならないため、全体のスケジュール設計と管理ができる能力が求められます。

また、品質の高いWebサイトを作るためには、プランニングやデザイン・コンテンツ制作・プログラミングなど、幅広い知識が求められますね。

もちろん、会社の規模や業界によって仕事内容に差異はあると思いますので、あくまでも参考までに見ていただけますと幸いです。

以下の記事では、Webディレクターの年収相場や必要なスキル・能力などについて、さらに詳しく解説しています。興味がある人は、こちらもぜひ読んでみてくださいね。

webマーケティングとの違い

WebマーケティングはWebディレクターと似た職種だと思っている人も多いと思いますが、実は全く異なる職種なんです。

  • Webマーケティング
  • →Webサービス全体の売上向上のために戦略を策定する仕事
  • Webディレクター
  • →サイト制作のトップとしてプロジェクトの実行に責任を負う仕事

また、Webディレクターは自社サイトがメインの事業会社、もしくはクライアントワークがメインの制作会社なのかによって、役割が大きく異なってきます。ざっくり分けると、自社サイトは実働の比重が大きく、クライアントワークは調整の比重が大きくなっていますね。

さらに、自社制作の場合は納期やクオリティ、コストの他に事業的な数値も必須で、KPIを進捗させていくという目的を達成させなければなりません。

以下の記事では、未経験からWebマーケティングへ転職可能かどうか、仕事内容や年収などについて詳細にご紹介しています。こちらも合わせてご覧になってみてください。

未経験でWebディレクターに転職する方法

冒頭でもお伝えした通り、中途採用は基本的に即戦力採用なので、未経験からWebディレクターに転職する難易度は高いと言えます。

とはいえ、不可能というわけではなく、ゴールから逆算してキャリアステップを踏めば可能性を高められます。

以上を踏まえて、未経験からWebディレクターになる方法を以下に2つ挙げてみました。

上記に挙げた2通りの方法について、次で詳しくお伝えしていきたいと思います。

⒈デザイナーやエンジニアで現場を経験した後にディレクションの立場となるケース

1つ目は、デザイナーやエンジニアなど現場を経験した後にWebディレクターのポジションへいくケースです。

ただし、いきなりWebディレクターに転職するのは経験・スキル的にも難しいため、段階的に目指すのがベストだと言えますね。ですので、まずは制作現場で実務経験を積むことが大事になってきます。

例えば、デザイナーやエンジニアなどの経験をWeb業界でしっかりと積んでから、Webディレクターの求人に応募するという流れがおすすめです。

上記のような現場経験済みのケースだと、アプリケーションやWebサイトなどの開発フローを理解しており、制作者のスタンスを把握しているのでディレクションがしやすいですね。

もちろん、そのままその会社でWebディレクターとして活躍するという選択肢もアリですよ。

⒉未経験からWebディレクターになるケース

2つ目は、未経験からWebディレクターになるケースです。現状、中途採用で未経験採用をおこなっている企業・求人はとても少ないですね。

未経験者可能の求人だったとしても、はじめは数値集計などのオペレーション業務から任されることが多いです。ベンチャーやスタートアップ企業であれば、可能性はあります。

もしくは、本当に稀なことではありますが、OJTの体制が万全でスキルサポートをしてくれる会社であれば、未経験からでもWebディレクターになれる可能性がありますね。

上記でもお伝えした通り、いきなりWebディレクターになるのではなく、まずはデザイナーやエンジニアとして経験を積んでからステップアップしていく方法がおすすめです。

その際におすすめなのが、Web業界の転職に強みを持つ転職エージェントのマイナビIT AGENTレバテックキャリアなんです。

ただ、レバテックキャリアは経験者向きのエージェントなので、デザイナー・エンジニア経験者の人におすすめだと言えますね。

おすすめの転職エージェント

  • マイナビIT AGENT
    マイナビのコネクションを生かした、人気企業求人や社内SEなどの求人が多数
  • レバテックキャリア
    ITエンジニア経験者向けのハイクラスIT求人が多数!キャリアUPを狙うエンジニア定番のエージェント

未経験転職でWebディレクターを目指す人に求められるもの

未経験からWebディレクターへの転職を目指す人は、以下に挙げた3つを満たせるようにすると良いでしょう。

  • 相手が必要なことを理解し、自分の役割もきちんと理解している
  • 相手に上手く伝えるコミュニケーション能力
  • 独学でもプログラミングやWebの基本的な知識や技術を学ぼうとする姿勢やその行動力

プロジェクトリーダーとしてのポータブルスキル(汎用性)だけではなく、デザイナーやエンジニアの実務理解といったテクニカルスキル(専門性)も同等に重要になってきます。

また、キャッチアップの姿勢はもちろんのこと、コミュニケーションが必須の職種でもありますね。

未経験転職でWebディレクターに挑む面接対策

未経験からWebディレクターに転職する際には、面接対策が重要です。その面接対策の中でもとくに大事なのは、転職理由と志望動機ですね。

転職理由は、現職に不満を抱いて転職する人がほとんどのため、どうしてもネガティブなものになりがちです。ただし、そのまま伝えてしまうと採用側の印象が悪くなってしまいます。

逆にポジティブ過ぎても疑われてしまうため、現職の不満をどのように解決しようと行動を起こしたのか、この点を伝えるのが大事なポイントです。

また、その結果どうして転職という手段に至ったのか、しっかりと向き合ったことを語れるのがベストですね。

一方、志望動機では「興味があること」を原体験に紐づけて話すのが良いでしょう。未経験転職の志望動機に多く見られるのが、一般論で語ってしまうケースです。

一般論では納得感を与えることが難しいので、いかに自分の原体験と紐づけて語れるかが大切なポイントとなりますね。

未経験転職に強い転職エージェント

未経験からWebディレクターへ転職したいと考えている人は、転職エージェントの利用がおすすめです。なぜなら、上記でもお伝えした通り、プロの視点で面接対策をしてもらえるからなんです。

あなたが希望する企業に合わせた面接対策をしてもらえるのはもちろんのこと、志望動機や転職理由も一緒に考えてくれます。

即戦力が求められるWebディレクターの中途採用において、未経験者でも内定をもらえる戦略を一緒に考えて練ってくれる強い味方になってもらえます。

ただ、キャリアアドバイザーによってサポート力や保有している求人も変わってくるので、まずは2社〜3社複数登録をした上で、自分にあったところを利用するのがおすすめです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリア
に相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント