起業・独立・開業しやすい職種をまとめました!共通点もご紹介!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

「社長になりたい!自分の会社をつくってみたい!」と誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

起業する際はビジネスモデルが非常に重要です。実はビジネスには収益を安定させやすいものとそうでないものがあります。

今回は起業・独立・開業(以下、総じて「起業」とします)について、起業しやすい仕事の共通点や職種などをお伝えしたいと思います。

→起業を見据えた転職なら、起業経験のあるエージェントに相談しませんか?

起業・独立・開業しやすい仕事の共通点

あなたは開業後、絶対にビジネスを軌道に乗せられると思いますか?

「私のスキルをもってすれば、絶対に成功する!」と確信を持っている人もいるかもしれませんが、ビジネスに絶対という言葉はないように思います。

リスクを少しでも抑えるのが無難ではないでしょうか。

実は起業しやすい仕事(軌道に乗りやすい仕事)には以下のような共通点があります。

初期費用が低い

とにかく低予算で始められ、回すことのできるビジネスがポイントとなってきます。なぜならお金がある限り、潰れないからです。
起業後、なんといってもキャッシュが必要になります。

ビジネスが軌道に乗るまでにはある程度時間がかかります。起業する際は、その間の生活費もあらかじめ用意しておかなければなりません。

500〜1000万円ほど貯金しても1〜2年分の生活費にしかなりませんから、初期費用はなるべく抑えることが肝です。

初期費用で抑えられる項目
  • 物件取得費
  • 改装費
  • 装飾費
  • 設備費
  • 商品在庫
  • オフィス事務用品費
  • 広告宣伝費 など

このあたりは、ビジネスが軌道に乗ってからでも十分間に合うことが多々ありますので、どの初期費用は絶対に必要か、どの項目は削っても大丈夫か、しっかりチェックをしましょう。

利益率が高い

利益率が高いビジネスの方が軌道に乗せやすいです。
なぜなら、利益率が高い方が同じ金額を稼ぐにしても単価が高いため、生産効率が良いからです。
利益率が低いと「薄利多売」のビジネスとなり、たくさん取引がないと利益を出せなくないため、黒字化する難易度は高くなります。

利益率は

  • 単価(1回あたりの取引高)
  • コスト

の2つで決まります。
単価が高く、コストが低いほど利益率は高くなります。

一般的には

  • 単価は個人向けよりも法人向けの方が大きい。
  • 利益率は有形商材よりも無形商材の方が高い。(なぜなら無形商材は材料費がかからず、コストを抑えやすいからです。)

同じ人がリピートしてくれる

いわゆる「リピート商材」を取り扱うビジネスが起業しやすいです。

例えば、家は一度買ったら、そう何回も買い換えないですよね。逆に、日販品(マヨネーズ、ティッシュペーパーなど)はリピート商材の究極的な存在です。

話が極端ですが、用は「同じ人が、何度も買ってくれるような商品、またはサービス」をなるべく取り扱いましょう。

「1回買って終わり」の商材はたくさんの人と取引しないといけないため、より多くの人に商品・サービスや会社を知ってもらう必要があり、集客が難しいのです。

場所を必要としない

なるべく場所を必要としない仕事も成功しています。これは賃料を必要としないからですね。

繰り返しとなりますが、初期費用が抑えられるビジネスほど成功させやすいのです。

もし、あなたのビジネスが場所を必要とする、店舗ビジネスの場合でも、なるべく賃料が安いところにするのが無難です。

経営が軌道に乗らなければ賃料はただの赤字にしかなりませんので、注意が必要です。

→起業を見据えた転職なら、起業経験のあるエージェントに相談しませんか?

起業・独立・開業しやすい仕事&職種

次に、起業しやすいビジネスを紹介してみたいと思います。

どれも

  • 利益率が高い
  • 同じ人がリピートしてくれる
  • 場所を必要としない

という特徴をもったビジネスです。

コンサルタント(相談)系

弁護士、会計士、税理士、司法書士、行政書士、コーチ、セラピスト 等

他にも、特定分野で精通している人であれば、業務知識を生かしたコンサルタントも良いと思います。例えば、経営コンサルタント、農業コンサルタント、ITコンサルタント、業務改善コンサルタントなどです。

難易度が高く、資格取得が必要な職種もありますが、だからこそ起業しやすいとも言えます。また、初期費用や、運転資金もかからず、利益率も高いです。

スクール系

調理教室、登山インストラクター、ビーズ教室、学習塾、プログラミング教室、英会話教室 等

あなたは何かの専門的な知識があり、人に教えられる技術はありますか?

少しでもありそうなら、考えてみるのも良いかもしれません。

必ずしも店舗が必要というわけではありませんので、店舗が必要なものに比べると初期費用を低く抑えやすいという点でも挑戦しやすいビジネスです。

技術職系

プログラマーやシステムエンジニア、デザイナー、整体師、ネイリスト、アロマセラピスト、マッサージ師 等

あなたがこれまでの職種で得たスキルや、経験などの技術を武器とし、起業するビジネスです。スクール系との相性も良いので、展開方法も広く考えることが出来ると思います。

販売支援系

保険代理店、広告代理業、販売代理店、コピーライター、プロデューサー 等

代理や代行して仕事ができるビジネスも起業しやすいです。顧客にソリューションを提案する仕事のため、収支を安定させるには、提案力(問題解決能力や発想力、プレゼン力、ヒアリング能力)の高さが重要となってきます。
ビジネスとしてすでに成り立っているものを取り扱うので、成功率も高くなります。

起業を見据えたキャリア設計ならアクシスに相談しませんか?

起業しやすいビジネスの共通点と起業しやすい職種について書いてきました。「将来自分の会社を立ち上げたいけど、明確なビジョンがない…」という方は上にまとめた職業をヒントにしてみてはいかがでしょうか?

「起業してみたいけど、どういうキャリア(経験)を積んだらいいかわからない」という方は、ぜひ弊社エージェントサービスのご利用をご検討ください。

僕自身、学生時代から2回の起業を経験しているため、その経験を踏まえたアドバイスが可能です。なりたい自分像・達成したい目標から逆算したキャリアコンサルティングをさせていただきます。

下記リンクより無料相談をお申込みいただけます↓↓↓

→起業を見据えた転職なら、起業経験のあるエージェントに相談しませんか?