不動産業界から未経験業界の営業職に転職するには?

The following two tabs change content below.
アクシス(株)代表  末永雄大

アクシス(株)代表  末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

このサイトを通じて不動産業界の方から、転職相談を頂くことが増えてきましたので、実際に不動産業界から未経験業界へ転職された方の特徴も踏まえた上でお話します。

不動産業界からの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へご相談ください!

不動産営業は辛い?他業界へ転職する理由

一般的に給与も高めで人気のある不動産業界ですが、
そんな業界から転職を希望する方からの相談を頂くことが多くなってきています。

相談理由で多いものを説明していきます。

非効率な営業スタイル

不動産の営業スタイルは大きく「電話」、「ポスティング」、「展示会」の3つに分けられます。

インターネットが普及した現在でも、「電話」や「ポスティング」など、アナログな宣伝手法を強要されることも多く、仕事の進め方に不満を持っている人も多いです。

自分で提案できる余地が少ない

「家が売れるかどうか」は立地や設備など、その物件自体のスペックに依存する部分が大きく、自分の介在価値があるのか疑問に感じる方もいます。

「顧客のニーズを引き出し、自分の頭で考え出した解決策を提案したい」と思う人からご相談を受けることもあります。

ノルマが厳しい

不動産業界の中でも営業職の人には厳しいノルマが課されます。

ノルマが達成できないと、上司から叱責されたり、厳しく詰められるため、プレッシャーに耐えきれず、体調を崩すこともあるようです。

歩合制を採用している会社が多く、営業成績によって給料が大きく変動するため、「給与を安定させて、人生設計を立てやすくしたい」と考える人も多いです。

長時間労働

非効率な営業スタイルや厳しいノルマを強いられるため、労働時間は必然的に長くなりがちです。

日中は物件確認や飛び込み営業、テレアポをこなし、夜遅くまでポスティングやチラシ作成を行う、という労働スタイルに耐えられず転職を検討する人もいます。

給料は営業成績に依存するため、労働時間の長さの割に給料が安いと不満を持つ人も多いです。

休みが平日・少ない・不規則

休みが平日のため、「友人や家族と過ごす時間が取れない」という理由から、土日休みの仕事に転職したいと考える人は多いです。給与体系よりも勤務スタイルを重視される方も少なくありません。

上記のような理由から、弊社にご相談に来る方は、不動産業界には転職したくないという方が大多数です。

不動産業界からの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へご相談ください!

不動産営業マンの転職の際のアピールポイント

転職を検討している時は自分の強みがどこにあるのか、気になりますよね。不動産業界の営業職経験者は、転職市場では以下のような観点で高く評価されることが多いです。

営業力

コミュニケーション能力やプレゼンテーションスキルを指します。

物件情報や、顧客メリットなど、顧客に納得していただくために内容を説明出来る能力が自然と身についていると考えられます。

顧客と信頼関係を築く力

例えば、不動産売買においては、「何千万円という高額商品をこの人からなら買っても良い」と顧客に思ってもらえなければ不動産は売れないため、顧客の懐に入り込み、信頼関係を築くことに長けていると考えられます。

タフな精神力

不動産業界に3年ほど勤務していれば、長時間労働や泥臭い営業スタイルに耐えられるだけの体力や精神力を持っているという証になると考えれます。

実は不動産業界で勤務されている方は、知らないうちに他業界と比較した場合、相対的な「強み」が身についているのです!

営業職からの転職を成功させるコツは、こちらの記事もぜひご参照ください↓

よくある転職先

個人を相手にした営業職が比較的、転職がしやすいです。例えば車のディーラーや保険の営業などが代表的です。

とはいえ個人相手の営業職ですと、結局土日は出社する仕事が多いのが現状です。

また、「不動産に関わり続けたい」という人は異業種の遊休不動産を活用する企業・部署へ転職するケースも多いです。(例えば、鉄道会社の不動産管理を行う子会社での事業企画職など)

不動産業界からの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へご相談ください!

オススメなのは無形商材の法人営業職

業界を問わず、個人向けの営業は不動産営業経験者にとっては転職しやすい仕事ですが、結局土日出勤しなければならない羽目になりがちです。

そこで、アクシスでは「無形商材の法人営業職」をオススメしていいます。

理由は以下の6つです。

・未経験でも積極的に採用している。

・専門性を身につけやすい。

・他社からの引き合い・選択肢を増やしやすい。

・やりがいを感じやすい。

・中長期的に給与?年収を上げていきやすいです。

・物売り的な要素が少ない。

中途採用の場合は、法人営業の経験は2年以上あることが求められる場合が多いのですが、人物によっては、法人営業の経験が無くても不動産営業で培った営業力を基に、推薦させていただくことがあります。

無形商材の営業職については以下の記事で詳しく説明していますので、ぜひお読みください。

もう少し突っ込んでお話しますと、
不動産業界出身の人には無形商材を扱う業界の中でも特に

人材業界」「広告業界をオススメしています。

「人材業界」がオススメな理由

例えば転職エージェントは、求職者と企業のミスマッチをなくすことが仕事となります。

利他的な性格が強いため、以下の3点のいずれかに当てはまる方にオススメです。

厳しいノルマに嫌気がさした

顧客のことを大切にした仕事をしたい

家と同じように、他人の人生に大きな影響を与えられるような仕事をしたい

 

また、人材業界への転職に関しては、こちらの記事(人材業界の営業職へ転職するには?)で解説しています。

「広告業界」がオススメな理由

広告代理店では企業から何千万円という予算を預かり、もっともパフォーマンスの良い宣伝方法を考え、実行することが仕事となります。不動産と同様に、高額商品を扱うビジネスに携わりたい」という人にオススメだと言えます。

広告業界への転職は、こちらの記事(未経験で広告業界へ転職するには?)でも解説しているのでぜひ参考にしてください。

転職するか迷った時はどうすればいい?

異業種に転職する決意がつかない…という時は以下の3つの観点から考えてみることをオススメしています。

今感じているやりがいは他の仕事では得られないのか

例えば、「他者の人生を左右するような仕事ができる」という理由であれば、キャリアコンサルタントやセレモニーホールのスタッフでもやりがいを感じられるかもしれません。

他にも、「お客様のニーズを聞いて、それを満たすような企画を考えるのが好き」という理由であれば、無形商材の営業職でもやりがいを感じられるかもしれません。

このような自分が感じるやりがいの部分を書き出してみて、「自分の転職はウェディングプランナーです!」と言い切れるような理由が自分の中にあるのか、考えてみると良いと思います。

10年後の自分の姿は想像できるか

良く言われる話ですが、今の職場で働き続けた場合、10年後の自分の姿は見えていますか?目標とする先輩や上司はいますか?

このように一度立ち止まって将来の自分のキャリアを考えてみてください。もしあなたのなりたい人間像から遠いのであれば、転職することがあなたにとっての正解になるかもしれません。

抱えている不満は自分で解決できるのか

人間関係が問題であれば人事異動や業界内転職で解決することもあるかもしれません。

でも、「よくある転職理由」であげたような点が挙げられる場合については、これは業界の特徴とも言えますので自力での解決や業界内転職での解決は難しいと考えられます。

この点は重要ですので、キャリアコンサルタントに相談してみるのが良いかもしれません。

不動産業界からの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へご相談ください!

どんな人が未経験業界の法人営業職の転職に成功しているか?

不動産業界から実際、未経験業界の法人営業職に転職している方の特徴として、以下の点がポイントになります。

・年齢は20代前半から後半の方 ※30代の方は非常に厳しいです

・転職回数が1回以内の方 ※転職を繰り返している方は厳しいです

・年収が多少下がっても気にしない方

・一定のコミュニケーション能力がある方

・賃貸仲介よりも売買の営業をしていた方

上記に当てはまる方は、お気軽にご相談下さい。

不動産業界からの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へご相談ください!

【アクシス株式会社のご紹介】

弊社では、東京都内のIT・インターネット業界、人材業界、広告業界など若手が早くから活躍しやすい無形商材の業界や、ベンチャー・スタートアップ企業に強みを持っています。

職種は主に無形商材の法人営業職及びエンジニア、デザイナー、企画職が中心となります。

アクシス株式会社で紹介できる求人一覧

求人紹介の希望、詳しい話を聞いてみたい方は、お気軽にお問い合わせください。