営業職からキャリアチェンジって可能?成功させるコツは?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス株式会社・代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

さて、今回は「営業職から別の職種に転職したいと考えている人」にぜひ読んで頂きたい内容となっております。

営業職から転職を考える理由や、そもそもキャリアアップは可能かどうか、また面接でのアピールポイントを説明していきます。

よくある営業からの転職理由

転職エージェントに相談される内容として営業職から別の職種に転職したいという声があります。

営業職というのは会社という営利団体の中で、最も核となり非常にやりがいのある仕事だといえますが、なぜこのように営業職を辞めて転職したいと考えるのでしょうか。

その理由としては主に3あります。

営業の仕事がつらいから

営業職の仕事は、自社の製品を購入してもらうために、テレアポ、飛び込みなどあらゆる方法を使って顧客、また潜在的顧客と接点を持つことが重要なミッションです。

それは非常にエネルギーを使う上、そのような状況の中でノルマを課されることはかなりのガッツが必要となります。

そのような状況についていけないという方、今は何とかやっていけるけど、将来的に厳しいと考える方が営業職からの転職を考えます。

提案の幅が狭い

営業職の仕事というのは、会社の製品をもって顧客の課題を解決し、お金をもらうお仕事です。

しかし、その提案は会社の製品力・サービス力が前提となります。

いくら自分が頑張ったとしても、製品・サービスの能力が発揮できないことに対して苛立ちを感じ、コンサルタントや会社の経営企画などのポジションに目を向ける方もいるようです。

ライフスタイルを変えるため

特に女性に多いのですが、結婚を意識したり、実際に結婚した場合、家庭に比重を置けるような仕事にしようとする傾向があります。

その結果、営業事務職といった事務系職種を希望する傾向にあります。

また、男性においても、家庭と仕事を両立させるために営業職から別の職種に就きたいと考える方も多くいるようです。

【無料】営業職からの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

営業を辞めたい。そう思っていた時に僕がやった3つのこと

営業からのキャリアチェンジって可能?

では、営業からキャリアチェンジすることは可能なのでしょうか。

結論からいえば、可能です。

ただし、それは20代のうちであるということが大前提です。
それに加え、以下の2点が営業から別職種にキャリアチェンジを行う上でカギとなります。

採用側に自身のポテンシャルをアピールできるかどうか

未経験職種への転職は、評価してもらえるポイントが人柄とポテンシャルという非常に曖昧な基準となっています。なぜなら、自分の知識・能力をアピールするための証拠がないからです。

また、人事やマーケティングなどの未経験ポジションについては募集に対しての応募数が増えるため、難易度は非常に高くなってしまうのです。

ただ、裏を返せばポテンシャルで評価してもらえ、転職可能であることが20代の方の強みともいえます。

そのため、上述でもお伝えした通り20代(もっと厳密にいうと26~27歳まで)のうちに転職を進めておくことが大前提となります。

あなたが転職したいと思う職種について知っておき、そこで活躍するためのポテンシャルをアピールできるよう準備しておかなければなりません。

経験者との比較になると分が悪い

未経験の職種に転職するには、その仕事を本気で好きかどうかの見極めが必要です。

例えポテンシャル採用してもらえる年齢であっても、その職種の経験を持つ人や専門家が競争相手だと、あなたの採用は非常に分が悪くなります。

また、未経験でキャリアチェンジが可能な求人数は決して多いとは言えません。
そのため、キャリアチェンジ転職は簡単ではありません。

とはいえ、経験者や専門家以上に評価されるというケースも0ではありません。
ただし、彼らに追いつくには自発的な努力が不可欠です。

そのため、本気でキャリアチェンジしたいなら「その仕事を好きになれるか」を見極め、面接の中で伝えることが大切です。

今までの仕事を丁寧に棚卸して「楽しいと思えた瞬間」「最もやりがいを感じた瞬間」から新しい仕事を選択した動機をまとめておくことが必要となります。

営業からキャリアチェンジする方法

では、営業からキャリアチェンジするにはどのような方法があるのでしょうか。具体的には4つの方法があります。

社外転職より社内転職の方が低リスク

会社という組織は、スペシャリストより、ゼネラリストを育て、会社の事業を総合的に守ってくれる人材を育成したいと考えています。

そのため社内公募や社内異動という形で同じ会社にいながら別の職種にチャレンジできる制度を構築している会社が多くあります。

そして、この形の方があなたの職歴を汚さないという観点、またあなたが一番知っている会社の仕事をできるという観点からも非常に低リスクで転職・職種転換を実現することができます。

クライアント側への転職

転職エージェントで働いている方が、どのような職種に転職するケースが一番多いかご存知でしょうか。

実は採用人事です。このようにクライアント側に転職するという方法もあります。

クライアントは、ユーザーの心理や業界の知識を持っている方を非常に欲しいと思っており、クライアントの担当者であれば、その会社が欲しい人材により近く、採用したいと思うでしょう。

実際転職エージェントでも、担当クライアントから引き抜かれてその会社の人事として活躍されている方も大勢います。

あなたが営業職として働いているメリットを十分に生かした転職で職種転換も可能となるのです。

ポータブルスキルをアピール

ポータブルスキルというのは、どのような仕事であっても生かせるスキルのことで、営業職で培った数値感覚マネジメントスキル業務設計力(目標達成のために何が必要か考え、自発的に実行する力)などのポータブルスキルは営業以外の職種でも必要となることが多いです。

特に営業経験者から人気の高い企画職は「KPI(Key Performance Indicator 。業績評価指標 )を設定し、様々な関係者を巻き込んで目標達成に向けて業務を推進していく」という役割を担う仕事です。

実務でKPIを順守して成果を出してきたという経験、スキルが非常に重要となります。

また、20代の方であればコミュニケーション力、若い方ならではのインプレッションなども重要なポータブルスキルです。

技術的、人物的なポータブルスキルを十二分に生かし、採用企業にアピールをしていくことが職種転換・転職に成功するための方法であると言えます。

ベンチャー企業に転職

創業間もないベンチャー企業はとにかく人が足りておらず、社長自身も「未経験でやっている」という意識があるため、カルチャーや志向性とマッチしていれば、実務経験がなくてもあなたの希望する職種で採用される可能性が高くなります。

また、業務の細分化も進んでいないため、職種に縛られず、幅広い経験ができます。

職種転換を伴う転職を成功させるにはベンチャー企業をターゲットにすることも1つの方法です。

面接官にはどんなアピールをしたら良い?

キャリアチェンジを成功させるには、上述のように面接官に自身のポテンシャルを認めてもらうためのアピールが必要です。

では、どんなアピールをすれば良いのでしょうか。結論から言えば現職の経験の中で、その仕事と親和性のある能力をアピールすることが最も効果的と言えます。

企画職や採用人事であれば、目標達成に関する意欲、相手を動かすためのインプレッション、経理職や営業事務職であれば短時間で正確に業務を完遂するための事務処理能力などが該当します。

ただ、それ以外にもアピールできると良い項目がありますので、以下で3点ご紹介をさせていただきます。

キャリアチェンジしたい理由が明確であること

ビジネスというのは、論理的思考で成り立っているという側面があります。

それは採用面接においても例外ではありません。その論理性というのは志望動機で確認されます。

志望動機というのはやる気や情熱を問う質問だと考えている方が多いのですが、それだけではなく論理性も見られています。

面接の中で「なぜ弊社の企画職を志望したのですか」と聞かれれば、あなたは相手が納得するようにその理由を答える必要があります。

そして次に聞かれる質問というのは「なぜ営業を続けたくないのか?」、「なぜ営業職ではだめなのか?」、「その仕事に就いてどのような人材に成長したいのか」、「なぜ営業職では自分のなりたい将来像になれないのか」ということです。

面接官はその観点に至るまで深堀し、あなたの論理矛盾がないかを確認することもあります。

そのため、上記のような重箱の隅をつつくような疑問を持つ面接官を説得できるまで転職理由を深掘りし、論理武装しておく必要があります。

成長意欲があること

未経験という不利な点を克服するためには、上述でも触れましたが熱意のアピールが不可欠です。

例えば、資格を取る、自分でWebアプリを開発しているなど自発的な努力をしていること、またその証明をアピールできると説得力が増します。

事実、未経験経理職の方で簿記取得は必須でなくとも、採用の決定ポイントが簿記2級の取得であることもよくあります。

自主性・やる気、成長意欲があり、それを形として示せる人というのは面接官から評価がされやすいということなのです。

柔軟な思考ができること

仕事が変わるということは、異なる環境でもすぐに慣れ、必要な内容をすべてキャッチアップできる柔軟性が不可欠であり、それをアピールすることもが大切です。

現職の経験など具体的なエピソードを織り交ぜられるとさらに良くなります。

柔軟性、対応力というものも長期就労という観点において評価されるのです。

ちょっと待って!キャリアチェンジって本当に必要?

ここまで営業職から他職種のキャリアチェンジについてお話をさせていただきましたが、営業職からのキャリアチェンジを考えている人は「本当に営業職では自分のやりたいことができないのか」を再度立ち止まって考えてみましょう。

あなたが今、営業職として働いているのは適性があったから配属されたという可能性もあり、せっかく企画職・マーケティング職に転職しても後悔する羽目になることもあります。

そのため、現職の経験の棚卸を丁寧に行い、「仕事に対する満足度を左右する項目のうち、どこに不満を抱いているのか?」「その項目は営業からキャリアチェンジしないと変えられないのか?」という可能性を徹底的に考えてみましょう。

例えば、ある大手一流金融系企業で営業職として働き、経営企画職に社内異動し活躍していた方は、最終的にその会社を退職し、人材系企業の営業職として就労しました。
彼は営業職として働いていますが、営業職としてフィットせず他の職種での就労を社内異動として幸運的に叶えることができました。

しかし結局彼は、資料作成・会議運営の手伝いが中心であることや、誤字・脱字を指摘され続けるという苦労、また肝心な企画も経営側からの指示を形にするだけが求められるなど、営業時代以上のストレスを感じ、最終的に人材系の営業職を選びました。

以上の事例から考えると、今の営業のストレスが職種を変えて改善されるというより、別業界の営業職として働くほうが返ってあなたの理想とする職探しが可能となることもあるのです。

ある業界の営業として働き、その仕事が合わないからと言って、営業職そのものの適性が合わないことになりません。

むしろ、厳しい転職を実現した後に、もう一度営業に転職したいと考えたとしても今度は営業職から離れたブランクで営業職への再転職が難しくなるというリスクもあります。

「営業が嫌!」という理由だけで転職をするリスクは他にもありますので、こちらの記事もぜひご参照ください↓↓

営業職から別職種を考えることも重要な判断です。しかし、大事なことはあなたがフィットする仕事で長期的に活躍することです。

今の営業職として働くのであれば、別業種の営業職として転職することも重要な選択肢であるといえるのです。

盲目的にならず、客観的にあらゆる選択肢を考えるためには、様々な観点からアドバイスできる転職エージェントに相談し、幅広い選択肢を一度考え、そこから絞り込んでいく方法をしてみてはいかがでしょうか。

【無料】営業職からの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!