20代で転職を検討されている方へ

かんたん60秒!無料の相談申し込みはこちら

2019.10.23

【必見】社内転職の成功法を伝授!退職するよりも安心!

「挑戦してみたい仕事があるけどどうしよう」という悩みを解決するための選択肢として気になるのが「社内転職」です。

今回の記事では「社内転職」のメリット・デメリット、準備すべきことなどをご紹介します。実態を理解し、キャリア選択の1つとして検討してみましょう。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

まず、社内転職って?

「え、そもそも社内転職って?」と思う人もいるのではないでしょうか。

社内転職とは、会社を辞めて新しいところで働くのではなく、同一の会社内で職場環境を変えることを意味します。

転職をしたいと思っても会社を辞めるのは抵抗があるなと思っている人にはオススメの制度となっています。従来の人事異動では、定期的に人事と評価から会社側の通達で社内変更がきていました。

一方、社内転職の場合は、社内公募として掲載された求人をもとに自分から応募をして職場を変える制度としてここ最近増えてきており、あれが社内転職かとご存知の人もいるのではないでしょうか。

[無料]社内転職について社外から意見が聞きたい方、まずは弊社にキャリア相談してみませんか?

社内転職のメリットやデメリット

まずは社内転職を検討するにあたって、そのメリットとデメリット両面を理解しておきましょう。

社内転職のメリット

会社を変えずに仕事を変えることができる

転職となると給与の変化や勤務地、会社の雰囲気など様々な点が変化することとなりますが、社内転職の場合はそうした事柄を変えることなく仕事の内容を変えられる可能性があります。

もちろん、会社の規模や仕事内容によっては給与や勤務地が変わる可能性はあるかもしれませんが、通常の転職よりも変化の想定がしやすいので、それを前提に検討すれば問題ないでしょう。

︎働く環境を事前に把握しやすい

社内転職であればどのような環境で仕事に取り組むことになるのか、事前に状況を把握しやすいのもメリットです。

異動を希望する部署における「これからの事業や仕事の方向性」、「どのようなリソースが活用できるのか」といった具体的な仕事に関わる内容から「人間関係」まで、転職に比べて情報が入手しやすいでしょう。

社内転職のデメリット

前の部署での評価・評判はついてくる

人間関係が悪いので働く環境を変えたい、成果がなかなか上がらないので仕事内容を変えたいなどの「リセット思考」での社内転職を希望する場合は注意が必要です。

前の部署における評価や評判は、異動先にも必ずついてきますので0からスタートというわけにはいきません。

︎公募とは名ばかりで、合格者が決定しているケースがある

社内公募に多いパターンですが、合格者が決まっているものの形式的に募集を行うケースがあります。

その場合、応募しても無駄な時間を使ってしまうことになるので、事前にそうした可能性がないか探りを入れることも大切です。

以上のように、メリットもデメリットもそれぞれあるので、よく検討した上で行動に移しましょう。

[無料]社外での自分の市場価値を知りたくありませんか?ご相談はこちらから

社内転職の方法とは?

では次に、具体的にどのように社内転職をすれば良いのかについてご紹介しましょう。

社内公募制度を利用する

社内転職の方法として代表的なのは「社内公募制度」を利用することです。

「社内公募制度」とは、一般的に社内の増員・欠員補充などの場合に外部から人を採用するのではなく、既存の社員が手を上げて異動する制度を指します。

採用的な意味合いだけでなく、横断的に仕事を取り組む機会を創出することで社員のさらなる成長を目的としているケースも多いでしょう。

実態は企業によっても異なりますが、未経験の部署や職種への異動が実現出来るケースも少なくありません。

人事面談などを通じて異動希望を出す

また、社内公募制度がない場合には異動希望を出すことが必要です。人事面談などが定期的にある場合にはその機会に今後のキャリアビジョンを伝え、検討の可否を探りましょう。

[無料]社外への転職も同時に検討されている方、まずは弊社にキャリア相談してみませんか?

社内転職の面接で聞かれること

次に、実際に社内転職活動をする上で知っておきたい面接で尋ねられる質問について触れておきましょう。

  • 現在の部署での仕事内容、実績
  • どのような点で部署や会社へ貢献してきたか
  • なぜ異動を希望しているのか
  • 今後取り組みたい仕事内容
  • 今後のキャリアプラン など

質問される内容は多くの場合上記のようなオーソドックスなものです。しかし、社内だからこそ誤魔化しも効きません。

これまでの人事評価などを参照された上で面接を受けることになりますので、客観的に評価されている点を考えてアピールをしましょう。

また当然ですが、合格でも不合格でも社内に残ることに変わりありませんので、現在の部署への不満など、マイナスな印象を与える言動をしないよう気をつけて下さい。

社内転職の志望動機は?

最後に、社内転職における志望動機はどのような内容が良いのかご紹介します。

盛り込むべきポイントは以下3点です。

  • なぜ応募したのか
  • どのような仕事に挑戦したいかや、今後のキャリアプランについて
  • これまで経験をどのように活かしたいか

《例》

「営業として●●(商品)に携わるなかで、改めて自社製品の××(特徴)という点や販売後のバックアップ体制を多くの方にご評価いただいていることを実感しています。


一方で業界最大手の△△社に比べるとまだまだ知名度は低く、より多くの方に手に取っていただけるチャンスを増やすために、広報職としてその存在を伝えていきたいた思い今回の社内公募へ応募しました。


既存の広報の仕事をまずはしっかりと行い成果を出した上で、ゆくゆくは営業経験で感じてきた顧客の方々の声やノウハウを活かして、自社の商品をどのように活用できるかを紹介するメディアを立ち上げたいと考えています。」

これまでの経験や培ってきた考え方などを、ポジティブに今後のキャリアにも活かしていく姿勢が社内転職では重要です。

未経験職種であってもこの点を忘れずに志望動機を考えてみましょう。

[無料]今後のキャリアに漠然と不安を抱えている方、まずは弊社にキャリア相談してみませんか?

社内転職以外も同時に検討されている方へ

社内転職は新しい仕事に挑戦したいと考えたときに非常に有効な選択肢の1つですが、社内だからこそ慎重になるべき部分も一部存在します。

よく考えた上で、ポジティブな姿勢で手を上げられるように準備していきましょう。

ちなみに弊社では平均10時間ほど面談や電話で、悩みや将来の夢について、転職者の方が自分の考えに自信が持てるまでお付き合いしています。

その結果、大手転職エージェントよりも、転職決定率が5倍と大きな結果を残すことができています。

現職や今後のキャリアに悩んでおり、転職を検討している方は、お気軽にご相談ください。

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。

10時間以上に及ぶ選考対策で転職決定率が大手転職エージェントの5倍!

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。