2019.08.14

転職した方がいい?しない方がいい?失敗しない成功のカギを伝授!

「転職してもいいのかな?」と、転職をしたいけれどなかなか踏み切れず、不安に思う人は少なくありません。

今回は転職をした方が良い人・しない方が良い人の特徴を紹介していきます。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職しても良い人としない方が良い人の特徴

転職をしても良い人としない方が良い人には、共通した特徴があります。

まずは、転職をして良い人の特徴を詳しく解説します。

転職しても良い人の特徴

転職目的が明確である

転職の目的を明確にし、しっかりと理由を言語化できることが大切です。

現職を辞めて、別の会社に環境を変えるのでリスクが伴います。

「なんとなく」というフワッとした感覚で転職するのではなく「なぜ転職をしたいと思ったのか?」を深掘っていきましょう。

転職先に求める条件が明確である

転職先に求める条件は、自分自身の中でしっかりと明確にしておきましょう

まず、全ての希望を満たした求人は、ほとんどないと思ってください。

「絶対に譲れない」というポイントと「最低限超えていれば良いかな?」という足切りラインが重要です。

企業目線で転職ができる

転職を考えるときは、企業目線で転職をするようにしましょう。

「現職での不満を解消したい」「次の会社ではこんなことがやりたい」など、自分目線で転職を考えてしまう人が多いです。

「自分はどのように企業の利益に貢献できるのか?」という点を考えると良いです。

自分の欠点を反省して改善できる

自分の足りない部分に向き合って、しっかりと改善していくスタンスを大切にしましょう

書類選考や面接で落とされてしまったとき「あの企業は見る目がない」と思ってしまう人がいます。

落とされるということは、自分に何かしらの原因があるということです。

自分には何が足りないのか、何が課題なのか、という点をしっかりと考えましょう。

改善する努力ができる人は、面接での対応力が上がったり、求人選びの目線が深まったり、短期間で成長します。

短期間で成長できる人は、転職後も即戦力として成長できます。

転職しない方が良い人の特徴

年収などの待遇だけを重要視している

年収が低いよりも高い方が良いのはもちろんですが、待遇だけを重要視しないようにしましょう。

年収の高さに釣られてしまい、せっかくまとめた転職理由や求める求める条件がブレてしまいます。

転職する目的や中途半端な選択をしてしまう前に、客観的に自分を見つめ直すと良いです。

新卒と同じ気持ちのまま企業選びをしている

新卒が企業選びをするように「安定した企業がいい!」というだけで、会社を選んでしまう人が多いです。

「転職するならい良い企業に転職しなくちゃ!」と、周りの目を気にして転職をしてしまうケースは結構あります。

ですが、周りの目を気にして転職すると、また同じような課題や不満が出て、転職を繰り返すことになってしまいます。

安定した企業が良いのはもちろんですが、どういう理由で企業を選んだのかという理由を振り返ってみましょう。

しっかりと反省をし、反省を生かして違った視点で会社選びをすることを意識した方が良いです。

辞めたいという勢いだけで転職しようとする

現職を辞めてから転職活動をする人がいますが、結構リスクがあるのでおすすめしません。

離職期間のブランクが長くなればなるほど、企業側から懸念されるというデメリットがあります。

楽観的に「どっかしら受かるだろう」と思っている人がいますが、就活以上に転職は厳しいです。

なかなか結果が出ず、離職期間がどんどん長くなり、収入が減って気持ちが焦ることになります。

すると「どこでもいいから受かればいいや」という気持ちになってしまい、企業とのミスマッチへと繋がります。

忙しくて大変だとは思いますが、現職を続けながら合間で転職活動をすることをおすすめします。

大量の企業を受けようとしている

1度に20〜30件など、大量の求人にエントリーをしてしまう人がいますが、失敗するケースが多いです。

ちなみに、大手のエージェントからプッシュを受けて、感覚がわからないまま一括エントリーをしてしまう場合も失敗する人が多いです。

現職を続けながら、たくさんの面接を受けると事前準備ができていなかったり、企業に対する思い入れが薄くなってしまいます。

その場しのぎで面接を受けていることが採用担当者に伝わってしまい、せっかく受かる可能性があった企業からお見送りにされてしまうといったことが起こりかねません。

対策としては、3〜5社ほどのエントリーが負担なく転職活動を進められるのでおすすめです。

1社に企業を絞って転職しようとしてしまう

上記のように大量にエントリーしてしまうケースとは逆に、1社に絞ってエントリーをしてしまうこともおすすめしません。

1社だけに絞って内定をもらった転職者のほとんどが「本当にこの会社でいいのかな?」と迷います。

なぜなら比較対象がないからです。

「もしかしたら他にもっといい会社があるかも」と、せっかくご縁のあった企業の内定を辞退してしまうと、それまでの時間や労力がもったいないです。

上記でも解説しましたが、相対比較できる3〜5社にエントリーするのがおすすめです。

比べることで、企業の良いところや悪いところが見えてきます。

35歳以上なら転職はしない方が良いかも

35歳以上なら転職はしない方が良いかも

基本的に、転職は20代の方が有利で、30代を超えると転職難易度が格段に上がります

転職は即戦力を求められるので、自分自身のスキルや経験に自信のある人はチャレンジしてみても良いと思います。

自己分析が難しく、自分のスキルや経験を客観的に見てみたい場合は、会社の同僚や先輩、転職エージェントに相談するのも良いです。

ちなみに、入社して2年くらい経っている第二新卒は転職しやすいです。

一体何歳までが第二新卒なのか?自分は第二新卒なのか?と疑問に思っている人が多いです。

第二新卒についてあまりよくわかっていない……という人は、以下の記事記事を参考にしてみてください。

第二新卒とは?何歳まで大丈夫?転職で失敗しない方法をプロが解説!

転職を考える前に今の職場ではダメなのかを考えよう

転職を考える前に今の職場ではダメなのかを考えよう

転職を考える前に、現職で希望が叶えられるかアクションしてから、転職を最終手段にすると良いです。

転職理由として多いのが、以下の2点になります。

  • 職場の人間関係が悪い
  • 自分のやりたい仕事ができない

上記のような環境から逃げるように転職をしても、絶対に解決はしません。

ソリの合わない上司と話し合ってみたり、やりたい仕事である部署の部長と話し合ったり、現職での解決になるアクションをしましたか?

私が相談に乗った転職者の人に同じ質問をすると、ほとんどの人が全くアクションを起こさずに転職相談をしに来ています。

まずは、現職での成果にコミットし、環境を変えられるようにアクションしてみましょう。

アクションを起こさないまま転職をしてしまうと、転職先でも同じことで悩むようになります。

とはいえ、成果を正当に評価されなかったり、部署の異動が難しいなど、自分の努力ではどうしても変えられない課題があることも事実です。

そういった場合は、転職を検討するのもありだと思います。

転職して変わることは?

転職して変わることは一体なんなのか?を、プラス面とマイナス面で紹介していきます。

転職のプラス面

  • 成長の機会やスキルなどを得るチャンスに恵まれる可能性がある
  • 自分のキャリアプランの実現に近づく可能性がある
  • 給与や待遇、労働環境などの改善につながる可能性がある

転職を志す場合「現在の仕事・職場では実現できないこと」「解消できないこと」があることが多いです。

転職を通じて、状況の打開や解決につながり、より充実した仕事生活を送ることができる可能性が高まります。

転職のマイナス面

  • 転職のきっかけとなった問題が、転職先でも同様に起こる可能性がある
  • 人間関係や仕事の進め方など、転職先で一から始めることが多くある
  • 在籍年数を問われる退職金は減ってしまう
  • 転職後しばらくはローン審査が通りづらくなる

まず、転職だけで問題が解決するとは限らないということは理解しておくべきです。

また、転職後は新しくやり直すことも多く、自分自身に負荷がかかる可能性があります。

さらに、退職金やローンの問題などの経済的な問題も関わるので、慎重に転職を検討しましょう。

おすすめできないブラックになりやすい業界

ブラック企業になりがちな業界・業態・ビジネスモデルをピックアップして紹介します。

とはいえ、あくまで業界やビジネスモデルとしての傾向であり、以下の業界の中には優良企業もあります。

  • 賃貸不動産業界
  • 飲食業界
  • アパレル業界
  • 塾・教育業界
  • 旅行代理店業界
  • ウェディングプランナー業界
  • 生命保険業界
  • 投資用マンション販売業界
  • ノンバンク・先物取引業界
  • 通信機器・インターネット電話回線販売業界
  • オフィス什器・備品販売業界
  • 証券業界
  • 芸能事務所
  • SP・販売促進・イベント業界
  • 古くからある中小オーナー企界
  • 大手財閥系のグループ子会社

もっと詳しくブラック企業について知りたい人は、以下の記事を読んでみて読んでみてください!

ブラック企業の見分け方!16つの業界を転職のプロが暴露

転職したほうが良いのか客観的に判断したいのなら

転職したほうが良いのか、それとも転職しないほうが良いのか、客観的に判断をしたいのなら転職エージェントを利用するべきです。

なぜなら、転職エージェントでは百戦錬磨のキャリアアドバイザーが、自己分析や将来のキャリアプランをヒアリングしてくれ、それに基づいて転職のアドバイスをしてくれます。

現職に残るべきなのか、転職するべきなのか悩んだら、キャリア相談も兼ねて転職エージェントを頼ってみましょう。

相談して、やっぱり転職しよう!となれば、希望に合った求人の提案や応募書類の添削、面接対策など、転職に関わるあらゆることをサポートしてくれるので、登録して損はないです。

そこで、筆者がおすすめする転職エージェントをいくつかご紹介します。大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型転職エージェントの中から1社程度、複数登録して、直接会ってみて1番相性があるキャリアアドバイザーと一緒に転職を進めて行くと、満足のいく転職がしやすいですよ!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。