転職したほうがいい人の特徴は?大切なポイントも詳しくご紹介します!

  • !

    転職したほうがいい人としないほうがいい人の特徴をはじめ、おすすめの診断ツールについて解説しています。

    他にも転職活動をするにあたり知っておきたい5つのポイントについてもご紹介しています。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

転職してもいい人・転職しないほうがいい人を分ける2大要素

転職をしてもいい人・しないほうがいい人を分ける要素は以下の2つが挙げられます。

・今の課題を解決するアクションをやりきったか
・転職しないと抱えている悩みが解決できないのか

不満を抱いて転職したくなる気持ちはわかりますが、その前に今の課題を解決するためのアクションを起こしたのか考えてみましょう。

例えば、やりがいを感じられないなら直属の上司や人事部に異動させてもらえないか相談してみるなど、課題を解決するための行動をしたのか振り返ってみてください。

また、あなたが抱えている悩みは本当に転職しないと解決できないことなのか、こちらについてもよく考えてみることが大事ですね。転職してもその企業でまた同じ悩みを抱えてしまわないか、今一度考えてみましょう。

転職してもいい人の特徴

転職する際に、本当にしてもいいのかな…と不安を抱える人も多いですよね。そこで、転職してもいい人の特徴を以下にまとめてみました。

上記5つの特徴について、次でさらに詳しくお話していきますね。

転職目的が明確である

1つ目の特徴は、転職する目的が明確である人です。

転職する目的が曖昧だったりふわっとした感覚だったりすると、転職後に「やっぱり違った…」といったミスマッチが起きてしまいます。

それだけではなく、業界や職種選びがうまくいきませんし、履歴書・職務経歴書もうまく書くことができなくなってしまいます。また、転職目的がしっかりしていないため、的確な面接対策をすることも難しくなりますね。

転職する目的は内定を得ることだと考えている人も見られますが、そうではありません。転職先でその目的をどうやって叶えるのかが大切なんです。

転職目的を明確にしないとどうなってしまうのか、以下の記事で詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧になってみてください。

転職先に求める条件が明確である

2つ目の特徴は、転職先に求める条件が明確である人です。

やりがいを第一優先に考えるのか、それとも給与アップを第一優先に考えるのか、譲れない条件を明確にしましょう。最低限これくらいはあるのが望ましいと、足切りラインを設けることで企業を選びやすくなります。

自分が希望する全ての条件を満たすような求人はほとんどないからこそ、これだけは譲れないというポイントをメモしていき、その中から絞ってみてくださいね。

転職時に確認しておきたい労働条件などについて、以下の記事で解説していますので、こちらも合わせて読んでみてください。

企業目線で転職ができる

3つ目の特徴は、企業目線で転職ができる人です。

例えば、自分はどのように応募先企業の利益に貢献することができるのか、どんな活躍をして業績を上げることができるのかですね。この部分は面接の際もアピールすることが可能なので、できるだけ具体的に考えるのが良いでしょう。

現職の不満を解消したい、次の企業ではこんなことをやりたいなど、どうしても自分目線で転職を考えてしまいがちだからこそ、じっくり考えてみてください。

自分の欠点を反省して改善できる

4つ目の特徴は、自分の欠点を反省して改善できる人です。

例えば、書類選考や面接でお見送りになってしまった際に「あの企業は見る目がない」と考えてしまう人もいますよね。しかし、お見送りになってしまうということは、自分に何かしら原因があるということなんです。

だからこそ、自分には何が足りていないのか、どんなことが課題になってしまっているのか、欠点を見つけ出してしっかり反省し、改善することが大切だと言えますね。

また、現職の不満を他責にせず、きちんと反省して改善できる人が評価されます。他責な人は評価されないため、しっかりと反省をした上で改善するようにしましょう。

改善する努力ができる人は、面接での対応力が上がったり求人選定の目線が深まったりと、短期間で成長することができます。また、短期間で成長できる人は転職ごも即戦力として、さらに成長していくことができるでしょう。

会社全体がパワハラ体質である

5つ目の特徴は、会社全体がパワハラ体質であることです。

会社のカルチャーや社風が、度を越したパワーハラスメントや法令違反の場合は、大きな被害に遭う前に、できるだけ早く転職を考えたほうが良いでしょう。

ただ、どの程度なら「転職しても仕方ない」と判断してもらえるのかについては、時と場合によって違ってきます。

微妙な判断が必要になってくるので、転職エージェントのキャリアアドバイザーに率直「これは転職理由になるのか」「どう伝えたらいいのか」を綿密に相談するのもおすすめです。

末永

これまでもお話ししてきましたが、転職の目的を明確にした上で行動し始めることが大切です。

しかし、転職をして年収が下がったり、自分のスキルによってどの業界に行くべきか悩んでいる方におすすめなのはスカウトサービスのビズリーチです。

会社の外で「どんな企業からどんな役職や年収を提示されるのか」をチェックし、自分の市場価値をしっかり把握することも転職活動をスムーズに進めていく上で重要です。

末永

それに加えて、豊富な求人を保有していて、あなたの転職軸の明確化や転職活動のサポートを行ってくれる転職エージェントの併用がおすすめです。

転職のプロである彼らがあなたのキャリアについて無料で相談に乗ってくれますよ。

8割の人が利用している大手エージェント

どこに相談するか悩んでいる人は、以下の記事もご覧になってみてくださいね!

転職しないほうがいい人の特徴

転職する際に、転職しないほうがいい人もいるんです。そこで、転職しないほうがいい人の特徴を以下にまとめてみました。

上記7つの特徴について、次でさらに詳しく解説していきたいと思います。

年収など待遇だけを重要視している

1つ目の特徴は、年収など待遇だけを重要視している人です。

現職の年収が低いため年収の高い企業へ転職したいという気持ちはわかりますが、待遇だけを重視してしまうと、転職理由や求める条件がブレてしまいます。

もちろん現職の待遇が良くないから転職するというのはアリですが、待遇だけに傾き過ぎてしまうと入社後に、待遇は良くても業務内容など別の部分に不満を抱いてしまう可能性もあります。

だからこそ、この理由で転職するのは妥当なのかという点を知るためにも、客観的に自分を見つめ直すのが良いと言えますね。

新卒と同じ感覚で企業選びをしている

2つ目の特徴は、新卒と同じ感覚で企業選びをしている人です。

新卒と同じ感覚で企業選びをしてしまうと、ミスマッチを起こす可能性が高くなります。

例えば、転職をするなら知名度の高い企業が良い、または安定している企業が良いなどの理由で転職したとしますよね。

しかし、そのような理由では、転職したとしても再び同じような課題や不満が出て、転職を繰り返すことになってしまいます。

安定した企業が良いのはもちろんのことですが、どのような理由で企業選びをするのか、きちんと振り返るようにしましょう。しっかりと反省をして、そしてその反省を活かして企業選びをする意識をしたほうが良いですね。

辞めたいという勢いだけで転職しようとする

3つ目の特徴は、辞めたいという勢いだけで転職しようとする人です。

現職を辞めてから退職する人も一定数いますが、ハイリスクのためおすすめはしません。離職期間のブランクが長くなればなるほど、企業側から懸念されるというデメリットがあります。

また退職した後に転職する場合、収入面などが不安定になりますから焦りも出やすくなります。
「早く転職先を決めなければ」と、内定をもらえた会社に安易に意思決定してしまい、ミスマッチにつながってしまうケースもあります。

転職前に退職しても良いケースとしては、現職が忙しく有給休暇がまともに取得できない場合や、パワハラなどの精神的苦痛を受けている場合ですね。まずは退職してリフレッシュをしてから転職活動を始めてみましょう。

退職後の転職のリスクなどについて、さらに詳しく解説している記事があります。こちらも合わせて読んでみてくださいね。

大量に応募or1社に絞った転職活動をしようとする

4つ目の特徴は、大量の企業を受けようとしている、もしくは1社の企業に絞って転職しようとする人です。

1度に20件〜30件など大量の求人にエントリーしてしまうと失敗してしまうケースが多いです。

なぜなら、現職を続けながら大量にエントリーしてしまうと、面接対策などの事前準備が十分にできず、応募先企業に対する思い入れなども浅くなってしまうからなんです。

その結果、せっかく受かる可能性があった企業から、お見送りされてしまうという事態も起こりかねません。

一方で、1社に絞ってエントリーするのもおすすめはしません。

比較対象がないからこそ、本当にこの企業でいいのかどうか迷いが出てしまいます。もしかしたら他にもっと良い企業があるのかもしれないと考えてしまい、せっかくご縁のあった企業の内定を辞退してしまうケースもありますね。

転職軸を明確にした上で、その軸に合致する企業3社〜5社ほどにエントリーするのが負担も少なく、転職活動をきちんと進めることができるのでおすすめです。

今の課題を解決するアクションをやり切っていない

5つ目の特徴は、今の課題を解決するアクションをやり切っていない人です。

不満を抱えて転職することは悪くありませんが、まずは現職で成果を出すなどコミットし、環境を変えられるようにアクションを起こしてみましょう。

何もアクションを起こさないまま転職してしまうと、転職先でも同じことで悩むようになってしまいます。

そういったことを防ぐためにも、抱えている課題を解決できないかどうか今一度考えてみて、何かしらのアクションを起こしてから転職を検討するのが望ましいと言えますね。

新卒1年目で転職しようとする

6つ目の特徴は、新卒1年目で転職しようとする人です。

新卒1年目で転職するのはおすすめしません。

なぜなら、転職難易度が高いからなんです。企業側が「またすぐに辞めてしまうのではないか」というネガティブな印象を抱きやすいため、転職が難航してしまう可能性があります。

ただ、営業職へのジョブチェンジということであれば、転職を検討するのもアリですね。営業職は第二新卒や業界未経験者の採用を積極的におこなっているので、採用してもらえる可能性が高いでしょう。

新卒一年目で転職を考えている人はUZUZハタラクティブなど第二新卒に特化した転職エージェントに相談してみるのも一つの手です。

新卒1年目にオススメの就職エージェント

  • UZUZ
    20代専門で内定率86%!ニート・第二新卒・既卒に特化した就職支援サービス
  • ハタラクティブ
    正社員成功率80%以上!未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有
  • 就職Shop
    保有求人は全て書類選考なし!リクルートが運営する就職エージェント

新卒1年目の転職について、さらに詳しく知りたい人は、こちらの記事も一緒にご覧になってみてください。

35歳以上の転職は慎重に考えるべき

35歳以上の人が転職をするときは慎重に考えるのが良いでしょう。なぜなら、30代になると転職難易度が格段に高くなるからなんです。

30代からの転職では即戦力が求められるので、自分自身のスキルや経験に自信がある人ならチャレンジしてみるのも良いです。

自己分析や自分のスキル・経験を客観的に見るのが難しいという人は、会社の同僚や先輩、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみることをおすすめします。

以下の記事では、35歳以上の人でも転職できる方法などについて解説しています。こちらもぜひ合わせて読んでみてくださいね。

おすすめの転職診断ツール

転職するかどうか悩んでいる人に向けて、診断できるツールがいくつかあります。役に立つ診断ツールを以下に挙げてみました。

上記2つの診断ツールについて、次でさらに詳しくお話していきますね。

ビズリーチ

ビズリーチ

1つ目のおすすめ診断ツールは、ビズリーチです。

ビズリーチでは、企業からスカウトを受け取れるため、実際の転職市場におけるあなたの市場価値をリアルに知ることができます。

スカウトが来ることによって、あなたの市場価値が知れるだけでなく、たくさんの業界・職種を知るきっかけにもなります。

診断ツールを使うことも大切ですが、実際に自分が転職市場からどのように評価されるかをリアルに知ることができるのがビズリーチです。

公式HPはこちら

doda「転職タイプ診断」

dodaの転職タイプ診断の画像

3つ目のおすすめの診断ツールは、dodaの「転職タイプ診断」です。

この転職タイプ診断では、あなたがどんなことを大切にしているのか、どんなときにやりがいを感じるのか、転職タイプがわかります。他にも現状、仕事のどんな部分に満足しているのか、不満を感じているのかなども一目でわかるようになっています。

自己分析を自分でおこなうのが苦手だという人や、転職したいけれど自分にあった仕事がわからないという人にはぴったりの診断ツールだと言えますね。

質問は20問用意されてあり、全て回答し終えた後にあなたが重要だと選択した項目が1位〜16位まで表示され、優先順位を決める画面が表示されます。

優先順位を決めたら、直近の仕事を振り返る質問へと移ります。この質問は40問ありますが、とてもスムーズにおこなえます。その後、基本情報を入力して進むと自分の転職タイプの結果が表示されます。

今の仕事の満足度と一緒にグラフが表示されるので、自分がどんな部分に満足して不満を持っているのか、より具体的に知ることができます。自分では見えなかった部分も見えてくるので、ぜひ活用してみてくださいね。

公式HPはこちら

転職先としておすすめしないブラック業界

転職するならやっぱりブラック企業は避けたいですよね。どういう場合がブラック企業であるのかという明確な定義はありませんが、以下のような特徴が見られます。

  • 職場で日常的に怒鳴り声が飛んでいる
  • 残業が以上に多く常態化している
  • 給与が相場よりも異常に低い
  • 世間的に非常識なルールや強要事項がある

上記のような特徴に該当する場合は転職先に選ぶのは避けたほうが良いものの、実は実力のある成長意欲が高い人だけを採用している企業だった、というケースもあります。

ただ、上記で挙げた特徴に該当する企業だとしても、転職市場価値を高められないというわけではありません。自分がありたい姿から逆算をして、キャリア形成とは切り離して考えるのが良いですね。

市場価値を高めていきたいと考えている人は、無形商材法人の営業職を経験してキャリアを積んでいくのがおすすめです。なぜなら、市場価値を上げられるだけではなく、給与レンジも上げやすく、マネジメント力も身につくからなんです。

ブラック企業の見分け方や無形商材営業について、さらに詳しく解説している記事があります。こちらも興味がある人は読んでみてくださいね。

転職活動をする際に知っておきたい4つのこと

転職活動をするにあたって、知っておきたいことは4つあります。その4つのポイントについて、以下に挙げてみました。

上記4つのポイントについて、次でさらに詳しくお話していきますね。

転職軸を明確にする

1つ目の大事なポイントは、転職軸を明確にすることです。

何を第一優先に考えて転職をするのか、将来どのようなキャリアビジョンを描いていきたいのか、この部分が明確であれば企業選びや入社後のミスマッチが避けられます。

自分はこういう業界・職種でこんなスキルを習得して経験を積み、最終的にはこういう姿でありたい、としっかり転職軸を明確にしましょう。

なんとなくという理由で転職してしまうと「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうことになるので、きちんと言語化できるレベルにしておくのが望ましいですね。

面接官が見ているポイントを把握する

2つ目の大事なポイントは、面接官が見ているポイントを把握することです。

面接官がどんな部分をチェックしているのか把握しておけば、どのように面接対策をおこなえば良いのか、きちんと考えることができます。

どのような部分が見られているのかというと、あなたが長期的に働いてくれるかどうかです。他にも会社に貢献してくれるか、活躍できるかどうかについてもチェックされていますね。

なぜなら、面接官は採用することを目的としているのではなく、あなたが利益を出してくれることを目的としているからなんです。

だからこそ、定着できることや活躍できることを面接でいかにアピールすることができるかどうか、という部分が非常に重要になってきますね。

年収が下がるケースもある

3つ目の大事なポイントは、年収が下がるケースもあることです。

転職をすると一般的に下がりやすい傾向にあります。もちろん、年齢やスキルによっても変わってきますが、やはり業界や職種を変えて転職すると、年収ダウンに繋がってしまいますね。

その理由としては、未経験業界や職種へ転職するケースが多いことや、はじめから希望通りのポジションにつけるケースが少ないことが挙げられます。例えば、マーケを希望していたのにまずは営業職から経験を積むことになってしまった、などというパターンですね。

ただ、同業界・同職種への転職であれば年収アップする可能性もあります。その場合は、3年〜5年くらい経験があると、なお年収アップする傾向が見られますね。

以下の記事では、転職で年収アップは可能なのかどうかをはじめ、年収が上がりやすい業界や職種について解説しています。こちらもぜひ目を通してみてくださいね。

客観的に見てもらう

4つ目の大事なポイントは、客観的に見てもらうことです。

例えば、転職理由が「定時で帰宅できないから」という場合、他の会社に行っても同じような状況が起こる可能性が高いですよね。採用する側としても「働く意欲がないのではないか」と捉えてしまいます。

他にも方法があったのに上記のような理由で転職してしまうということは、あなた自身が良くても客観的に見てもらうと妥当ではないと思われてしまう可能性が高いですよね。

だからこそ、面接官に納得してもらえるように転職理由を伝えるためには、具体的な数字や改善しようとしたというアクションを伝えるのがおすすめです。

個人の能力不足によるものではないことや、改善を受け入れてもらえなかったから転職を決意したという自然な流れにできれば、納得感してもらえるはずですよ。

以下の記事では、面接での退職理由・転職理由の伝え方について詳しく解説していますので、合わせてご覧になってみてください。

転職活動を始めるなら転職エージェントの利用がおすすめ

結論から言うと、少しでも転職を考えている人は一度転職エージェントに相談することをおすすめします。

あなたが転職を考えたきっかけや、今後の目標を踏まえ、これからどのようなアクションをとるべきか転職のプロがアドバイスしてくれます。

転職エージェントは無料で利用できますし、もし転職を始めると決めたなら、そのまま専任のキャリアアドバイザーが転職活動を最後までサポートしてくれますよ。

ただ、キャリアアドバイザーによってサービスの質やスキル、保有している求人が異なるので、2〜3社複数登録をして利用する転職エージェントを決めるのがベストですね。

以下におすすめの転職エージェントをご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

エンジニア・デザイナーの転職におすすめの転職エージェント

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

ポイント

  1. 転職者の約8割が利用するエージェント
  2. 求人数は業界No.1!全ての職種を網羅
  3. プログラマー・Webエンジニア、社内SEなど人気の求人も多数保有

リクルートエージェント
に相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント