「転職した方がいいのかな?」そう悩む方が見るべき5つのポイント。

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

「転職したいけど、本当に自分はしても大丈夫だろうか?」と不安に思う人は少なくありません。

実際のところ、現在の状況や考え方によって「転職をした方がいい人」と「転職をしない方がいい人」にわかれます。自分はどちらに当てはまるのかを理解して、最善の選択を行うことが大切です。

そこで今回は前提となる転職のもたらす価値、転職をした方がいい人の特徴、転職をしない方がいい人の特徴を紹介していきます。

転職したほうがいいか迷っている方へ

「転職しようか迷うけど、前の仕事の方がよかったなんて言う人もいるし、どうしようかなあ…。」

「転職には色々な準備がいるし、なんだかんだこのままの方が良いよな…でも…。」

転職しようか迷うけど、どちらに振り切ることが出来ずにもんもんとしている方、いると思います。実際にネットで調べてみると「失敗した」や「どこの職場でも結局変わらなかった」なんて経験談がたくさん出てきて、ますます不安になってしまいますよね。

すべらない転職では、どのような方が「転職した方がいい人」なのか、この記事を通して分かっていただけたらと思います。

まず、転職をすると何が変わる?

転職しようか悩む理由の一つとして、「転職したらなにか今抱えてる悩みが解決するかもしれないかも…。」と思うからですよね。

転職するとどのようなことが変わり得るのでしょうか?

 転職すると変わりうること

プラス面

  • 今までの環境では得られなかった成長機会、スキルなどを得るチャンスに恵まれる可能性がある
  • 自分のキャリアプランの実現に近づく可能性がある
  • 給与や待遇、労働環境などの改善につながる可能性がある

一般的には、このような点が挙げられるでしょう。転職を志す場合、「現在の仕事、職場では実現できないこと」、「解消できないこと」があることが多いです。

転職を通じて、そうした状況の打開や解決につながり、より充実した仕事生活を送ることができる可能性が高まります。

マイナス面

  • 転職のきっかけとなった問題が、転職先でも同様に起こる可能性がある
  • 人間関係や仕事の進め方など、転職先で一から始めることが多くある
  • 在籍年数を問われる退職金は減ってしまう
  • 転職後しばらくはローン審査が通りづらくなる

まず、転職だけで問題が解決するとは限らないということは誰しも理解しておくべきです。また、転職後は新しくやり直すことも多く、高い負荷がかかる可能性があります。

加えて、退職金やローンの問題など経済的な問題も関わってきますので慎重に転職を検討しましょう。

転職をした方がいい人とは?

「転職したほうがいい人って結局どういう人?」について具体的にお話ししていきましょう。

業界・職種等の慣例や体質など改善の難しい内容に不満を持っている人

また、業界・職種等の慣例や体質などのように、自分ではなかなか変えることのできない内容に不満がある場合も転職という手段が有効になるケースが多いと言えます。

以上のように、概ね「ポジティブな理由」を持っている場合は転職でのメリットが得られやすいです。採用を行う企業側としても、前向きな理由で転職し、積極的に仕事を行ってくれる人を採用したいと考えるので、その点を理解してアピールすると良いでしょう。

現職場で成長出来ないと感じる人

現職場に不満を感じており、それが自分の力ではどうにもない状況にいる方は「転職したほうがいい人」だと言えそうです。

むしろ、転職するべき人とは?

「転職したほうがいい人」がいる反面、「転職をするべき人」もいらっしゃいます。

明確に挑戦したい仕事を持っている人

  • 未経験の業界や職種に挑戦してみたい
  • マネジメント経験を積みたいが現在の会社では昇進の可能性が少ない
  • 具体的に携わりたいサービスや製品がある など

まず挙げられるのは「明確に挑戦したい仕事を持っている人」です。現在の会社ではその挑戦機会がない、もしくは非常に限られているという状況の場合には転職でそれを実現するというのが現実的でしょう。

専門的なスキルを身につけるために転職が必要な人

現在就いている職業では、自分の描くキャリアを達成するためのスキルが得られない人が転職をするべきでしょう。

「転職をしたら給料も下がっちゃうよな…」転職を悩む人につきまとう悩みではあると思います。しかし、転職することで新たなスキルを活かし、今より高い給料を得ることは十分に可能です。

向上心から転職を考えられる方は、その志を折ってしまうことはありません。

特定分野でスペシャリストとして働きたい人

資格を取り、決まった分野で成果を出したい人は転職をするべきです。向上心を持ち、何か特価した分野の深い知識を得たいと思う方に多いので、今いる会社でそれを達成出来ずにギャップを感じる方も多いのではないでしょうか?

「転職をするべき人」は、マイナスな理由ではなく「こうなりたい!」や「これをしたい!」など「したい」という転職を考える根底にある方です。

転職すべきかどうか客観的な判断が欲しい人へ

今回ご紹介した通り、現職に残るべき人・転職すべき人が存在するので、転職するかどうか悩んでいる方は、自分自身と向き合う時間を作って考えるのが良いでしょう。

もしくは、転職エージェントを活用すれば、あなたが現職で悩んでいる原因の言語化の手伝いだけでなく、あなたのその悩みをもとに、本当にあなたに合った企業を厳選して提案してくれます。

転職をしない場合でも、「現職でスキルや経験を積めば、将来的にこんな業界・職種に就ける可能性がありますよ」など将来のキャリア設計についてアドバイスが貰えますよ。

ですので、転職について漠然としたイメージを持っている方は、相談だけでも行ってみるといいでしょう。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人