大手企業からの転職ちょっと待って!!!

  • !

大手から転職

    「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです」

    経団連の中西会長の発言には、かなり驚きましたよね。ただ、そこで安易に大手企業から転職してしまうと、「給与」や「福利厚生」への不満、「社風」のミスマッチなどで「こんなはずではなかった…」と後悔する可能性もあります。

    そこで今回は、大手企業からの転職を検討している際に事前に考えておきたいポイントを紹介します。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

大手企業から中小企業に転職をしたい理由

せっかく大手企業に入社したけれど、中小企業に転職したい!という人は、実は少なくありません。

私自身、数多くの大手企業出身の人の転職活動をサポートしてきました。

大手企業から中小企業に転職する背景には、大手企業は中小企業と比較した際、昇進や昇格のチャンスが巡ってきづらい傾向にあることや、裁量権を委ねられない立場に止まってしまうこともあり、多くの人の転職の動機となっている様子がうかがえます。

また、自身の仕事の成果への評価やそれに伴う報酬の変化、昇進の見込みの有無による生涯年収の違いなど、給与にも関わることについても転職理由として多く見られます。

さらに「手を挙げて何かに取り組みたいと思っても、社内調整に手間が掛かり実際に行動できるまで、時間がかかり過ぎてしまう」と考えて転職活動を始める人も少なくありません。

上記のような理由で「会社の看板がなくても自分はやっていけるのだろうか」とキャリアに悩みを抱えている人が増えています。

就活を頑張って大手に行ったけれども、現状に満足できていないみなさんにとって、この記事がいち手助けになれば幸いです。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

大手企業から中小企業への転職って有利?

大手企業から中小企業への転職は有利であることが多いです。

一般的に大手企業は人気度や選考ハードルが高いことが多く、大手企業出身者の学習能力や職務遂行能力が中小企業の採用担当者に評価される傾向にあるためです。

一方で、中小企業やベンチャー企業と仕事の進め方が大きく違うので、適応できないのではないかという懸念を持たれることも少なからずあります。

大手企業と中小企業、ベンチャー企業の仕事の進め方の違い

  • 大手企業
    =それぞれ決められた役割を遂行し、組織の判断で動くことが求められる
  • 中小企業・ベンチャー企業
    =1人で複数の役割を兼任し、個人の判断で動くことが求められることも多い

大手企業から中小企業に転職するメリット・デメリット

これまで転職エージェントとしてサポートしてきたプロの目線で、大手企業から中小・ベンチャー企業に転職するメリット・デメリットを紹介します。

大手企業から中小企業・ベンチャーに転職した際のメリット

メリット

  • 配属や職種などの希望が通りやすい
  • 個人に任される業務の幅が広い
  • 形式的な会議や稟議が減る
  • 転勤の可能性が減る

大手企業の環境と比べて、多くの場合、中小企業やベンチャー企業は「手を動かしてナンボ!」という環境なので、自らのアイデアや思いも歓迎されるチャンスが増えるでしょう。

また、形式的な会議など「組織のルールだから」という不文律なども少なくなり、効率的に仕事を進められるようになる可能性も増えます。

大手企業から中小企業・ベンチャーに転職した際のデメリット

デメリット

  • 待遇面で見劣りする
  • 教育制度が整っていない
  • 業務効率化の仕組みやツールが整っていない
  • 組織の規模的に人間関係が固定される

中小企業やベンチャー企業では、福利厚生、給与、教育制度で大手企業と同じ水準の内容を享受できる可能性は低い傾向があります。

また、組織の規模が小さいことで、大手のように共通した仕事の進め方が決まっておらず、自分で方法を考えなければいけなかったり、人間関係のリセットが難しかったりという問題も発生しやすいです。

転職エージェント 末永

大手企業からの転職で最大の懸念は、給与や福利厚生面でしょう。

転職してからも、いままでの生活水準を保つのは難易度が高いです。そんな方におすすめなのはスカウトサービスのビズリーチです。

会社の外で「どんな企業からどんな役職や年収を提示されるのか」をチェックし、自分の市場価値をしっかり把握することから、転職活動をはじめるのがおすすめです。

大手企業の転職に強い転職エージェント

大手企業から中小企業に転職する際の後悔

大手企業から中小企業、ベンチャー企業に転職する人のなかには、残念ながら一定数転職を後悔する人もいるのが実態です。

大手からの転職で後悔した例

  • 待遇面の不満(給与・福利厚生・退職金)
  • 一緒に働く人のレベルが見劣りする
  • 仕事の規模感が小さい
  • ネームバリューがない

先ほどのデメリットを理解せずに、大企業から転職したせいで「こんなはずではなかった」と後悔するケースですね。

以下は、実際に大手企業から中小企業・ベンチャーに転職した人の体験談です。

失敗 大手メーカーからITベンチャーに転職
年収400万円 → 年収350万円
男性

転職理由:
若手でも裁量のある職場で働きたいため

転職した結果:
任される仕事の幅は広がったが、そのぶん労働時間がハードになり、給与・福利厚生面でも不満

成功 大手不動産会社から人材紹介会社に転職
年収380万円 → 年収380万円
女性

転職理由:
役職が詰まっていて昇進の見込みがないため

転職した結果:
早い段階からマネージャーを任され、マネジメントも経験するなかで仕事に対する姿勢が変わった

大手企業からの転職で後悔しないために

大手企業からの転職で後悔しないために、中小企業やベンチャー企業に転職する際には下記の2点を必ず事前に確認、そして熟考しておきましょう。

1. 給与、福利厚生、退職金など待遇の優先順位をつける

大手企業では当たり前だった待遇は、中小企業やベンチャー企業では整っていないことが多く、入社してから「こんなはずじゃなかった」となってしまうケースは多いです。

ですので、実態を把握した上で、何を優先して転職先を決めるかを考える必要があります。もし待遇を高い優先順位とするのであれば、中小企業やベンチャー企業への転職は難しいでしょうし、一方で仕事内容を優先するのであればもちろん判断は異なるはずです。

2. 具体的な仕事内容と、転職先の社員の雰囲気を確認する

仕事内容や環境のギャップによる後悔を防ぐためには、仕事内容や、一緒に働くチームなどの雰囲気を具体的に把握しておくことが大切です。

とくに仕事の進め方や担当業務の範囲などは大手企業と異なることが多いので、転職エージェントから確認したり、面接の際に面接官に質問したりすることで理解を深めると良いでしょう。

大手企業からの転職は転職エージェントがおすすめ

今の職場の不満から、「とにかく転職したい!」と勢いで転職してしまうのは危険です。

「ベンチャーなら裁量権を持って自由に働けそう」とイメージで飛び込んだものの、社風などが合わずに後悔してしまうという失敗も意外に多いものです。

転職エージェント 末永

新天地での転職を成功に導くためには、処遇面の変化や、企業が重視しているカルチャーに自身がフィットするかどうかをしっかりと見極めておくことがポイントです。


その企業の内部情報に精通していたり、あなたにあった企業を見極めたりしてくれるのが転職エージェントです。


まずは気になるエージェントに2〜3社登録してみて、実際に担当のアドバイザーに会ってみた上で比較検討してみるのがオススメです。

転職するべきか迷っている人は、ビズリーチに登録して興味のある企業からのスカウトを待つのも手段の1つです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

エンジニア・デザイナーの転職におすすめの転職エージェント

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

ポイント

  1. 転職者の約8割が利用するエージェント
  2. 求人数は業界No.1!全ての職種を網羅
  3. プログラマー・Webエンジニア、社内SEなど人気の求人も多数保有

リクルートエージェント
に相談する

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリア
に相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

人気の転職エージェント