2019.08.14

転職目的を明確にしないと失敗する?その理由をプロが徹底解説!

転職する目的を明確にしないと失敗する…と言われても、実際どういうところがダメなのか分からない人が多いと思います。

そこで目的を明確にするにはどうすればいいのかなど、現役のキャリアアドバイザーが転職を成功へ導く方法を解説します。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

目的が明確にならないと転職に失敗する

なぜ転職をするのか、その目的を明確にしないと、転職に失敗してしまいます。何故なら、目的がはっきりしていないと、転職後に「やっぱり違った!」といったミスマッチが起きてしまうからです。

具体的にどういう部分で失敗してしまうことが多いのか、以下にまとめてみました。

上記3つについて、次で詳しく解説していきたいと思います。

業界・職種選びに失敗する

業界・職種選びに失敗する理由は「業界・職種の調査不足」「自分自身に関する調査不足」の2つです。

業界・職種の調査をするというのは、具体的にその会社が昔からある会社なのか、何を売っているのかという部分に注目することです。

会社が古ければ体制も古い可能性がありますし、新しい会社であれば風通しが良くても、退職金が出ないなど充実していない場合もあります。

一方、自分自身の調査は「自分は何をしたいのか」という部分を明確にすることです。適性や得意分野はもちろんこと、スキル的に一足跳びではキャリアチェンジができないなど、逆算するのが大事です。

これがしっかりできていないと、転職後のミスマッチにつながってしまいます。

履歴書・職務経歴書が上手く書けない

転職する目的が明確になっていないから、履歴書・職務経歴書が上手く書けないんです。

よくありがちなのは、人事や面接官の目線を忘れて、熱意だけを伝えてしまうことですね。思いや具体例がなく、ただ「頑張ります!」と言いがちなので、結果お見送りにされてしまうんです。

人事や面接官は戦力になるかどうかをジャッジしているので、これまでの経験を定量的に入れて履歴書・職務経歴書を書く必要があります。

まず、「書類の目的は何なのか?」を意識し、「自分という人間は御社でこんな活躍ができる!」ということを、論理的に理解してもらえるように書くのがベストですね。

書類選考に通過しやすくなる履歴書の書き方、人事の目に留まる職務経歴書の書き方についてご紹介している関連記事があります。不安な方はこちらも合わせて参考にしてみてくださいね!

転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための完全マニュアル!
人事の目に留まる転職の職務経歴書の書き方完全ガイド

的確な面接対策ができない

まず前提として、面接という場を勘違いしている方が多いです。面接は自分からお願いをして、自分をアピールして売り込む場なんです。

そして、人事や面接官はあなたが戦力になるかどうか、しっかりチェックしています。自分にできることではなく、なぜ自分がその会社で役立つのか紐づけて話すのが大きなカギなんです。

しかし、転職の目的が明確になっていないと、答えられませんよね。人事や面接官が聞きたいのは、質問通りのことではないんです。

例えば、苦労した経験を質問された時、その苦労をどう乗り越えてきたのか、どんな工夫をしたのかという点が聞きたいんです。

だからこそ、転職目的を明確にして、相手の質問の裏に隠された本質を知ることが重要なんです。

面接でよく聞かれる質問について、詳しく解説している関連記事があります。ぜひ、こちらもご覧になってみてください!

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

転職する目的は内定を得ることではない

転職の目的は内定じゃないと吠える犬

内定を得ることを目的にしてしまうと、転職後に思ったのと違った…というミスマッチが起きて、再び短期離職を繰り返してしまう恐れがあります。

内定を得て入社することがゴールだと考えている方もいますが、むしろスタートなんです。転職先でその目的をどうやって叶えるのかが大切で、そこで新たな目的・目標を持つことが長期的なキャリア形成へ繋がります。

転職のプロからのアドバイス

ほとんどの方が業界・職種を変えていますし、同業界・同職種だとしても人間関係はイチからスタートします。だからこそ、「この人に入ってもらって良かったな」と思ってもらえる人材になるのが大事です。


「ゼロベースで学ばせてください」という形で入社すれば、多くの人からより話が聞けますし、愛される人材になるでしょう。


「自分がどんな人間になりたいのか?」「どんなことをしていたいのか?」という、この2点をきちんと考え、明確な目標設定をしてから会社を選ぶと良いですよ。

採用する企業にも目的がある

採用する企業にも、もちろん目的があります。それは以下の2つです。

  1. 応募者の見極め
  2. 応募者を自社に惹きつける

次で2つの目的についてご紹介します。

応募者の見極め

採用の入口段階から、即戦力となる人材の見極めが求められるようになってきています。そのため、応募者の熱意、経歴やスキルなど、面接の段階ではっきり見極めなければなりません。

理由としては、終身雇用が前提の時代は終わり、「会社で長く育てて一人前に」という常識も今では薄れつつあるからなんです。

応募者を自社に惹きつける

自社に面接に来てくれる人材、特に優秀な人材であればあるほど、入社してほしいと思うのは当然のことです。

その際、他社との引き合いになった時、その応募者が自社を選んでくれるように、会社について色々と情報提供をする役割があります。

裏を返せば、応募者であるあなたも面接で、会社側から見定められると同時に、自分に合っているか会社側をしっかりと見定めることが必要になります。

転職する目的を実現するためには

転職において転職先を見誤ることは、さらなる転職の要因となってしまいます。また、せっかく大事な時間を使って転職活動をするわけですから、転職先が自分に合ってほしいと思うのも当然です。

転職に失敗しないために、転職エージェントの利用を強くおすすめします。転職エージェントでは、転職の悩み相談もできますし、キャリア相談や面接対策もバッチリサポートしてもらえます。

ただ、キャリアアドバイザーの質・得意分野が異なるので、大手転職エージェント2〜3社、特化型転職エージェント1社への複数登録をおすすめしています。

そこで、転職のプロである筆者がおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介します。気になるものがあれば、ぜひ登録してみてください!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

転職に役立つ関連記事

転職に役立つ記事をまとめてみました。こちらの記事もぜひ、合わせて参考にしてみてくださいね!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。