転職活動の面接の目的って考えた事ありますか?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

【無料】1分で簡単登録!ご相談はこちらから

転職活動における面接について

今回は面接対策について、お話します。

皆さんは、転職活動で選考を受ける際に、面接の目的について、考えた事はありますか?

最近、あるエンジニアさんの転職をお手伝いしていて、面接対策をSkypeで模擬面接形式で行っていたのですが、その際に、気になりご本人にもお話させていただいたお話が、他のエンジニアの方や、職種問わず、採用業務に馴染みのない業種・職種の方にとって意外とお役に立てるのでは?と思ったため、シェアさせていただきます。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

面接の目的って何?

面接の目的はなんだと思いますか?と候補者の方々に質問をすると、意外にも。大抵は「自分を知ってもらう事」とお答えになる方が多いです。

間違いではないのですが、そうした漠然とした意識だけでは、様々なタイプの方と相対する事になる面接をくぐり抜ける事は難しいかもしれません。

ありのままの自分の罠

意外に、多いパターンとして、質問に対して、ありのままの自分・色気のない事実を伝えてしまう方がいらっしゃいます。

それでは、その人の良さを判断する以前に、コミュニケーション力が低いと思われてしまったり、判断するための材料を得られずに面接が終了してしまい、お見送り・・・という事になりかねません。

決して、嘘をつきましょう、という意味ではないので、誤解なきようお願いしたいですが、

面接において、面接官が何かしら質問をしている場合は、常に必ず何かしらの意図があると思うべきでしょう。

そうした意図を理解せず、自分が伝えたい「ありのままの自分」や色気のない事実を伝えられても、面接官の意図は、少なくとも満たせていないわけです。

※面接対策についてはこちらの記事(転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説)で解説しています

実際によくあるケース

ありのままの自分や色気のない事実というのは、たとえば以下のようなやり取りです。

・面接官:「なぜそのプロジェクトに取り組もうと思ったのですか?」

・候補者:「上司にやってみなさい、と指示を受けたためです」

いかがでしょう?意外とこうした回答をしてしまっている候補者の方は多いのです。

上記、確かに実際に、そうだったのもかもしれません。

上司に指示を受けた事が、きっかけでプロジェクトに取り組んだ事は事実なのでしょう。

でも、それを面接の場において、伝える事に何の意味があるのでしょうか?

なぜ面接官は「なぜそのプロジェクトに取り組もうと思ったのですか?」と質問をしたのでしょうか?

面接官は、上記質問等を通して、今回の求人要件に、目の前の候補者がマッチするのか否か、を判断したくて、面接をしています。そのための判断材料・情報が欲しくて質問をしています。

それを考えた際に、「上司にやってみなさい、と指示を受けたためです」という回答は、面接官から見て果たして「おっ、上司に指示を受けた事をしっかりやっているな!今回の要件に合いそうだ!合格!」と思われる材料・情報と言えるでしょうか?

ありのままの自分について

こうしたお話をすると、たまに、「そんな発言・情報を操作してまで企業に内定をもらいたくはない、本当の自分を知ってもらった上で評価してほしい」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

・・・・・「本当の自分」というのは定義が非常に難しいと思います。

私も尾崎豊が好きで多感な時期に、「本当の自分って何だろう?」とモヤモヤ悩んだ事もございます。

「自分」・「人のパーソナリティ」というのは、「球体」のようなものだと思います。

色々な角度・面から、どう見るかによって、全く様相が異なるわけです。

親に見せる自分、友達に見せる自分、恋人に見せる自分、職場で見せる自分、大小程度はあれど、すべて違いませんか?

ちなみに、面接という場では、どういう面の自分を見せるべきでしょうか?

もちろん、全く経験していない事を、事実のように語り、アピールする事は虚偽であり違反です。

ただ、面接官の求める意図に沿って、自分の中にある様々な側面・個性の情報をわかりやすく噛み砕いて伝えてあげる事、判断材料を提示してあげる事は、面接云々の前に、人とコミュニケーションを取る上でのマナーであるといっても良いと思います。

新人のコピー取り

たとえば、面接以外のシチュエーションでも、よく新人教育で使われる題材として、新人のコピー取りがあります。

上司が、新人に「これコピーしておいて!」と依頼した際に、どう対応するか?これを考えてみましょう、というお題です。

もちろん、すぐにコピー機に走ってコピーをとる、というのは論外なわけです。

ただこの行動が、今回の面接官でのありのままの自分や色気のない事実を伝えてしまう事と同じと私は考えています。

上司は、どういう意図を持ってコピーを依頼したのか?
これをあらかじめ情報収集するなり、仮説を立てるなりしましょう、という話です。

依頼者の目的・意図を把握しなければ、それに沿った提案や解決策は提示できないわけです。

面接もコミュニケーション

コミュニケーションの基本ですが、こと面接となると、緊張したり雰囲気に飲まれて急に当たり前な事ができなくなってしまう場合が多いようです。

また、自分自身を評価される場だと思うと、真面目な方ほど、謙遜され、実態よりも、より低く見せるような表現をしてしまっていたりします。

面接の際は、面接官の質問の意図を都度想像した上で、適正に自分をアピールする事で、面接官の求める判断材料を提供してあげるようにしましょう。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

面接の目的は合格することだけじゃない!

面接官にも目的がある

採用側の面接の目的は、大きく分けて2つあります。

1つは、応募者の見極めです。

終身雇用が前提の時代は終わり、「会社で長く育てて一人前に」という常識も薄れつつあります。

採用の入り口段階から、即戦力となる人材を見極めることが求められる傾向が強くなってきました。そのため、応募者の熱意や経歴やスキルなどは、面接の段階ではっきり見極めなければなりません。

もう一つは、応募者を自社に惹きつけることです。

自社に面接に来てくれる人材を、特に優秀な人材であればあるほど、自社に招き入れたいと思うのは当然です。その時、他者との引き合いになった時にその応募者が自社を選んでくれるように、会社について色々と情報提供をする役割があるのです。

裏を返せば、応募者であるあなたも、面接で会社側から見定められると同時に、自分にあっているか会社側をしっかり見定めることが必要です。

このことを意識しておくと、より有意義に面接をすすめることができます。自分がふるいにかけられる側、という意識で面接にのぞむより、自分が入る会社を選んでやるんだ!という気持ちでいた方が、ガチガチに緊張する、と言うことはなくなりそうですよね。笑   少なくともいい精神状態で面接ができることでしょう。

転職において、転職先を見誤ることは、さらなる転職の要因になってしまいかねません。

また、せっかく大事な時間を使って転職活動するのだから、転職先が自分にあっているところであってほしいと思うのは当たり前のことです。面接を何社かしてみて、実際にその企業に触れてみて、第一希望の企業が変わった、なんてこともあるようです。

【無料】1分で簡単登録!ご相談はこちらから