退職後の転職はキケン?辞める前に確認しておくことをプロが伝授!

イラスト 人 悩む 吹き出し 疑問

    退職後の転職はキケン?在職中のほうがいい?といった疑問に、プロがお答えします。

    その他、辞める前に確認しておくべきこと、成功させるポイントについても紹介しています。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

退職後よりも在職中の転職のほうが望ましい

退職後に転職をするか、在職中に退職するか悩んでいる人がいますが、できれば在職中に転職活動をするのが望ましいです。

在職中に転職活動をするのが望ましい理由として、以下の3つがあります。

  • 収入面での不安
  • 辞めることがゴールになっていて先を考えていない
  • 空白期間が長いと不信感を抱かれる

まず、退職をしてしまうことで収入が一旦ゼロになり、お金がない焦りから自分のやりたいことをやるのではなく「受かればどこでもいい」と妥協して転職活動をしてしまいます。

また、辞めることだけを考えて、今後のことを適当に決定してしまうケースも多いです。

そういった状態で面接を受けたとしても、面接官から「転職に対して深く考えていないんじゃないか」と見抜かれてしまいます。

さらに、退職後に転職先がなかなか見つからず、仕事をしていない空白期間が長くなってしまうケースも多々あります。

空白期間があった場合、面接では「空白期間に何をしていたのか?」を聞かれるので、曖昧に答えてしまうと不信感を抱かれる原因となります。

転職前に退職しても良いケース

転職前に退職しても良いケースとして、以下の2つがあります。

  • 現職が忙しく有給休暇が取れない
  • パワハラなどの精神的苦痛を受けている

上記のようなやむを得ない場合は、退職後に転職活動をしても良いです。

また、精神的苦痛を受けている中で転職活動をしても、面接で明るさがないことが伝わってしまいます。

まずは退職して、リフレッシュしてから転職活動を始めるのもひとつの手です。

退職を検討している場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事失敗しない退職届・退職願の書き方!よくあるQ&Aも大公開!

退職する前に確認すべきこと2点

勢いで退職してしまうと元に戻れなくなってしまうので、退職前に以下の2点をよく考えてみてください。

転職する理由をもう1度見直す

退職する前にまず「なぜ転職しようと思ったのか?」といった、転職をしたい理由をもう1度見直してみましょう。

転職先の面接では、当たり前ですが前職を退職した理由を聞かれます。

勢いで辞めてしまうと、退職理由を面接で説明しづらくなってしまいます。

紙やスマホのメモなどに、退職・転職したい理由を書き出し、1度整理してみてください。

転職する理由を考える際に、以下の記事も参考になります。ぜひ読んでみてください!

関連記事【ぶっちゃけ】転職では仕事を辞める理由が1番問われます!!!
関連記事【2021年版】転職を考えるきっかけや理由を事例ごとに紹介!

転職活動の期間をプロに相談する

転職活動がどれくらいかかるのか?今の自分のスキル・経験ですぐに転職できる企業は?と疑問に思ったら、転職のプロであるエージェントに相談すると良いです。

転職エージェントは、様々な職種に強いパイプを持っていることが多く、企業に合わせた転職支援を徹底しておこなってくれます。

また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から面接対策までおこなってくれます。

まずは、以下の大手3社の転職エージェントを複数登録してみることをおすすめします。

オススメの大手転職エージェント

退職後の転職活動を成功させるポイント

退職してから転職活動をする場合、以下の2つが成功のポイントとなります。

  • 希望する企業の面接対策をじっくりやる
  • 希望する職種や業種に関しての知識を習得する

退職後は、希望する企業への面接対策など、転職への下準備がしっかりできることが強みとなります。

また、希望する職種や業種に関する書籍を読んだり、資格を取得することは面接でのアピールポイントとなります。

前職を辞めた理由や、空白期間は何をしていたのか?については面接で聞かれるので、きちんと言語化できるように対策が必須となります。

とはいえ、退職してから空白期間が長くなってしまうと転職が難しくなるので、できるだけ早く転職ができるように行動をしてください。

以下の記事を参考にして、面接対策の参考にしてください。

関連記事空白期間(ブランク)があっても転職を成功させる方法!ケース別回答例付き!
関連記事面接での退職理由の上手い伝え方!刺さる回答例を転職のプロが解説!

退職後に転職するか悩むなら転職エージェント

できれば在職中に転職活動をすることをおすすめしますが、退職後に転職しようかと悩んでいる人は転職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントを活用することで、自分の市場価値やキャリアプランを客観的に判断してもらうことが可能です。

また、自分に合っている業界や企業を転職のプロ目線からアドバイスしてもらえます。

とはいえ、担当のキャリアアドバイザーによって経験やスキルに差があったり、偏った求人の提案をされたりというケースもあるので、見極めが必要となります。

優秀なキャリアアドバイザーに出会うために、まずは2〜3社複数登録してみて、どのエージェントを継続して利用するか比較・検討することをおすすめします。

筆者がおすすめする転職エージェントを、いくつか紹介します。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 利用者の71%が年収アップ!産休・育休後も活躍できる企業多数
  2. ワークライフバランスへの配慮がされた企業も豊富
  3. 女性目線でのキャリア相談ができる

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニア経験者向け専門エージェント
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに定評アリ

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※未経験からエンジニアを目指す方は、プログラミング講座と転職サポートがセットになった「侍エンジニア」や「Tech Academy」の利用を検討ください。

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向け求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカー AGENTへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカー AGENTに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント