2019.08.14

【2019年版】転職を考えるきっかけや理由を事例別にご紹介!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職する時に他の人がどんなきっかけで転職しているのか気になりますし、この理由で転職していいのかな、なんて悩んでいる方も今では多いですよね。

この記事では、転職するきっかけを分類してご紹介していき、転職理由をどうやって考えてうまく伝えれば良いのか、その方法まで解説していきます!

転職を考えるきっかけランキング

転職を考えるきっかけって気になりますよね。dodaが発表している「転職理由ランキング」によると、以下のような転職理由が多いようです。

1位:ほかにやりたい仕事がある


2位:会社の将来性が不安


3位:給与に不満がある


4位:残業が多い・休日が少ない


5位:専門知識・技術力を習得したい


6位:幅広い経験・知識を積みたい


7位:U・Iターンしたい


8位:土日祝日に休みたい


9位:市場価値を上げたい


10位:会社の評価方法に不満がある

参考:dodaの転職理由ランキング

このように、転職を決意するきっかけはネガティブなものが多いです。そのネガティブなきっかけをうまく変換できるかどうか、これが転職を成功させる秘訣になります。

次できっかけ別に詳細をご紹介していきますね!

転職を考えるきっかけ〜キャリアアップ編〜

キャリアアップをきっかけに転職する男性のイラストが描かれたメモ帳

現職に慣れてきてさらに経験を積みたい、実力を試したい、またはもっと成長したいと感じて転職を決意する方も多いです。

具体的には以下のようなきっかけが多いですね。

上記について、次で詳しく解説していきますね。

他にやりたいことがある

これは働いていくうち、他にやりたいことができた、またはやりたい仕事ではなかったから転職したい、ということですよね。

その時は「やりたいことを現職で本当にできないのか」「社内で努力をした上での転職なのか」を考えてみましょう。

会社の方針と自分のキャリアプランにズレを感じる

会社の事業方針が見直され、それに伴い望まない部署や役職に就いてしまった際に転職したいと考える人も多いですね。

その時は「やりたいことを現職で本当にできないのか」「社内で努力をした上での転職なのか」を考えてみましょう。

ヘッドハンティングされた

ヘッドハンティングされたから転職しようかどうか、悩んでいる方もいるでしょう。年収アップが期待できるので転職のきっかけとして、積極的に検討するのもアリです。

ただ、「高給=激務」と考える必要があります。高収入・高年収が確約されるのは数年で、それ以降は成果が上がらないと減額される可能性もありますので、注意が必要ですね。

ヘッドハンティングとはそもそも何なのか、ヘッドハンティングで年収は上がるのかについてご紹介している記事があるので、ぜひご覧になってみてください!

ヘッドハンターってなに?突然ヘッドハンティングされたけど大丈夫?

転職を考えるきっかけ〜待遇・労働環境編〜

待遇をきっかけに転職を検討した結果成功したビジネスマンが握手をしている

会社で働いていると給与や評価、勤務時間や人間関係など、様々な部分で不満を感じて、それをきっかけに転職を考える方も多いですよね。

具体的にどのようなきっかけで転職を検討する場合が多いのでしょうか。多いきっかけを以下にまとめてみました。

上記について、次で詳しく解説していきますね。

給与に不満がある

実績に見合った給与が支給されない、自分の働きぶりが正当に評価されず給与に不満を抱き、転職しようと考える方も多いでしょう。

ただ、転職市場から見て低くない場合もありますし、転職することで年収を今より下げてしまう可能性もあります。だからこそ、「何と相対比較して低いと思っているのか」を考えることが大事なんです。

給与に不満を感じて転職検討している方は、転職により年収が上がるケース・下がるケースについて解説している記事がありますので、ぜひご覧になってみてください!

転職で年収が上がる?下がる?失敗しないためのポイントを伝授!

待遇に不満がある

仕事内容や仕事量には不満はないけど、それに見合った待遇であって欲しいというきっかけで転職を考える方も多いですね。

この場合には、1度人事に相談してみるのが良いでしょう。相談をしてみてそれでも改善が難しいようであれば、転職するのもアリですね。

勤務時間に対する不満

残業時間の長さや休日の少なさという不満から、転職を決意する方も非常に多く見られます。

適度な残業なら良いですが、それが増えてしまえば大きな負担になりますし、サービス残業とあれば転職を考えて当然です。

労働時間が長い場合は現状を上長に相談する、それでも改善できなかった時には、労働基準監督署に1度相談してみるということをオススメします。

勤務時間をきっかけに転職を考えている方は、年間休日の平均日数がどのくらいなのか、休日の多い会社に転職するための方法などを紹介している記事も、目を通してみてください!

年間休日110日未満はブラック?会社に搾取されないために

職場環境に不満を持っている

最初から職場環境が合わなかった、または異動や転勤に伴い職場環境が大きく変わってしまったから転職、という方もいますよね。

職場環境に不満を持ってしまうと、出社するのも苦しくなってしまう気持ちはわかります。ただ、転職先でも同じ問題に直面しやすいので、きちんと転職先の職場について調べる必要がありますね。

転職を考えるきっかけ〜人間関係・業務内容編〜

人間関係がきっかけで転職する女性が集まっている

人間関係や業務内容がきっかけで転職を検討している方も現状多く見られます。ただ、人間関係だけはどの会社でも避けて通れない部分です。

実際に人間関係や業務内容への不満がきっかけで転職検討している方は、具体的にどのような不満を抱えているのでしょうか。以下にそのきっかけをまとめてみました。

上記について、次で詳しく解説していきますね。

上司との関係が悪い

上司との関係が悪いと感じた時は、転職することが人間関係を解決する良い方法であるのか、冷静になって考えてみることが大切です。

どうしても我慢できない場合は、人事へ相談する、異動希望を出してみるという方法もありますよ。

人間関係が原因で転職を考えている人がどのくらいいるのか、転職する際に気をつけたいことを解説している記事があります。

人間関係をきっかけに転職を検討している方は、ぜひこちらもご覧になってみてください!

人間関係が理由で転職をするなら絶対に読むべき6つのポイント

仕事内容に不満がある

自分の思うように仕事が進められない、毎日同じことの繰り返しで働いている気がしないなど、仕事内容に不満を感じて転職を考える方もいますよね。

転職する際に考えていただきたいのは、「専門性を高めたいのか」「キャリアチェンジをしたいのか」という部分ですね。ここが明確になっていないと、転職先でも同じ不満を持つ可能性が高くなります。

やりがいのある仕事がしたい

やりがいのある仕事がしたい、という理由で転職する方も増えてきています。ですが、「なぜ前職・現職の仕事にやりがいを感じないのか」を明確に言語化する必要があります。

言語化の方法としては、現職の漠然とした悩みに対して「なんで?なんで?」と自問自答していくことが有効ですが、多くの方はこの問いの立て方が分からず、苦戦してしまいます。

末永

転職エージェントを活用すれば、言語化の手伝いだけでなく、あなたの言語化された悩みをもとに、本当にあなたに合った企業を厳選して提案してくれます。


転職をしない場合でも、「現職でスキルや経験を積めば、将来的にこんな業界・職種に就ける可能性がありますよ」など将来のキャリア設計についてアドバイスが貰えますよ。


【転職を検討中の方全員にオススメのエージェント】


  • リクルートエージェント(業界No1の求人数・紹介実績)
  • マイナビエージェント(第二新卒や20代の転職サポートに強み)
  • doda(転職者満足度No1)
  • 転職を考えるきっかけ〜プライベート編〜

    プライベートな理由をきっかけに転職する人の机に置かれたパソコンとメガネ

    自己都合による転職は、転職理由ランキングの上位にランクインしているほど多いです。

    具体的には以下のようなきっかけですね。

    上記について、次で詳しく解説していきますね。

    体調不良の場合

    体調不良・病気による転職という選択肢を取る方も今では多いですね。もちろん体が1番大事なので無理をせず、自分の働きやすい会社へ転職して良いでしょう。

    結婚の場合

    結婚がきっかけで家庭と両立できる会社に転職したい、と考える方も多く見られます。その際に注意したいのは、夫婦で働き続けられるように産休・育休制度、時短勤務などに対応しているかどうか調べることですね。

    特に女性の場合は、結婚1年前に転職するのがベストでしょう。それは転職1年以内だと育休の取得ができない可能性があるからなんです。

    結婚や出産による転職でベストな時期、気をつけるポイントなどを解説している記事がありますので、こちらにも目を通してみてくださいね!

    結婚を機に転職って不利?男女別でベストタイミングを徹底分析!

    介護の場合

    親の介護を自分がすることになった、ということで転職を決める方も多く見られます。もちろん、この理由自体はNGではありません。

    家庭環境が変動することによって、仕事を変えなければならないという事態なので仕方のないことです。

    女性が転職を考えるきっかけ

    スーツを着た女性が転職のきっかけを考えている

    女性は男性よりも結婚や妊娠、出産といったライフイベントに影響を受け、転職のきっかけになるケースが多いです。

    女性が転職するのに多いきっかけは、やはり結婚や出産といったライフイベント関係です。

    結婚や出産を考えて転職を決意

    結婚・出産を考えて転職を決意される方も多いです。仕事と家庭を両立させるために転職せざるを得ない、というケースももちろんあるでしょう。

    近年では、産休・育休制度が整っている会社も増えてきていますが、残念ながらそうではない会社も多いので、下調べをしっかりするのが重要ですね。

    女性に多い転職理由やライフイベントなどについて解説している記事がありますので、こちらにも目を通してみてくださいね!

    【必読】女性に多い転職理由って?印象の良い伝え方を伝授!

    20代・30代が転職を考えるきっかけ

    スーツを着た20代の男女が転職できっかけを話すため面接を受けている

    20代・30代の転職で多いきっかけは以下の3つです。

    若手層ほど、入社後のギャップを感じて転職してしまう傾向にあります。

    上記について、次で詳しく解説していきますね。

    ミスマッチで転職を決意

    ミスマッチで転職をする、これも実際に多いです。自分が思い描いていたものと実際は違った、というミスマッチは第二新卒に多く見られます。

    ミスマッチを防ぐためには自己分析をしっかりおこなう必要があります。「何が原因でミスマッチが起きたのか」という点をよく考えてみましょう。

    これができないと同じミスマッチを繰り返すことになってしまいますよ。

    ミスマッチをしてしまった方は自己分析をしっかりおこなうために、こちらの記事にも目を通してみてください。

    自己分析のやり方や注意点、自己分析の重要性などについて、詳しく解説しています!

    転職では自己分析が決め手!面接で活かすコツを伝授!

    実はブラック企業だった

    働いてみたらブラック企業だった…というケースは多いです。実際はブラックなのにホワイト企業かのような雰囲気を漂わせていることも多いんですよね。

    またブラック企業に入社しないためにも、きちんと見極めることが重要です。例えば、転職したいと考えている会社の口コミをチェックする、就職四季報に目を通すというのが良いですね。

    ブラック企業の見分け方や特徴などについて、詳しくご紹介している記事がありますので、こちらもご覧になってみてください!

    ブラック企業の見分け方!16つの業界を転職のプロが暴露

    会社の将来が不安…

    会社の将来が不安だから転職しようか考えているという方もいますよね。このきっかけ自体は問題ありませんが、漠然としすぎているので、「具体的な業績状況」「業績悪化は自分の努力では改善されないのか」を考えましょう。

    20代の方で転職を検討している方は、どんな業界に挑戦できるのか、成功させるポイントなどを紹介しているこちらの記事も、参考にしてみてくださいね!

    20代の転職で失敗しない方法!内定獲得をUPさせるポイント大公開

    また、転職するのに少々厳しいと言われている30代・35歳の方に向けて、何が求められているのか、多い悩みなどについて解説している記事もあります。

    こちらもぜひ、ご覧ください!

    30代の転職って不利!?成功を掴むコツを転職のプロが解説します!

    面接での転職を決意したきっかけの伝え方

    転職を考えるきっかけは十人十色ですし、きちんと尊重されるべきです。ですから「こんな理由で転職するなんてダメ」ということは決してありません。

    ただ、面接で転職したきっかけを伝える際には「何よりもポジティブに表現すること」が大切です。

    なぜなら、面接官は「客観的に見て妥当性があるか」「他責性が強くないか」「変えられないことなのか、努力をした結果なのか」「自社でも同じ理由で早期離職しないか」の4つをチェックしているからです。

    この4つを意識しながら、転職しようと思ったきっかけを上手く伝えられるようにしましょう。

    転職のきっかけ、いわゆる転職理由・退職理由の考え方や伝え方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください!

    転職理由を面接で上手く伝える方法!面接官にハマる回答例付き!
    面接での退職理由の上手い伝え方!刺さる回答例を転職のプロが解説!

    何かのきっかけで転職を考えている方は、本当にこの理由で転職してもいいのかな…なんて不安ですよね。そこでオススメしたいのが、弊社が運営している転職のQ&Aサイト「コーリングッド」です。

    こちらでは、転職者が抱える不安や悩みに対して転職のプロが丁寧にアドバイスをしています。もしかしたら、あなたと同じ悩みを抱えている方もいるかもしれないので、ぜひ、ご覧になってみてくださいね!

    もちろん、まずはご相談だけでも大丈夫ですし、悩みや不安を抱えている方はご遠慮なくお気軽にお問い合わせください!

    転職したいのなら転職エージェントがおすすめ!

    転職エージェントを活用することで、一人で転職活動を行うより選考通過率をグッと上げることが出来ます。

    履歴書・職務経歴書の添削や自己分析、面接対策、さらには採用担当者への推薦など、全てのサービスを無料で利用できるので利用しない手はないですよね! (無料で利用できる理由が知りたい人は「転職エージェントの費用はタダ!」をご覧ください。)

    ただ、サービスの質は担当のキャリアアドバイザーのスキル・経験に左右されます。

    そこで、まずは複数社のエージェントに登録し、アドバイザーとの面談を済ました後に、自分に合ったアドバイザーを選び、その方と転職活動を進めていくことをオススメします。

    大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

    大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
    幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

    CMでおなじみ!転職者満足度No1!
    豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

    ポイント

    1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
    2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
    3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

    dodaに
    相談する

    業界No.1!転職者の8割が利用している
    国内最大の定番エージェント

    ポイント

    1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
    2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
    3. たくさんの求人の中から比較検討できる

    リクルートエージェントに
    相談する

    20代の登録者数No.1!
    20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

    ポイント

    1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
    2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
    3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

    マイナビエージェントに
    相談する

    年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

    ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

    国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
    外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

    ポイント

    1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
    2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
    3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

    JACリクルートメントに
    相談する

    年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

    登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

    ポイント

    1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
    2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
    3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

    ビズリーチ(転職サイト)に
    相談する

    既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

    未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
    大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

    未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
    人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

    ※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

    ポイント

    1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
    2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
    3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

    ハタラクティブに
    相談する

    急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
    第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

    ポイント

    1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
    2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

    ウズキャリに
    相談する

    女性におすすめの転職エージェント

    女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

    ※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
    それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

    ポイント

    1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
    2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

    Type女性の転職エージェントに
    相談する

    エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

    エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
    IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

    ※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

    ポイント

    1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
    2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
    3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

    レバテックキャリアに
    相談する

    大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
    エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

    ポイント

    1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
    2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
    3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

    マイナビITに
    相談する

    この記事とあわせて読まれている記事 Related

    おすすめ人気記事 Popular

    運営会社

    Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。