【2018年版】転職を考えるきっかけや理由を事例別にご紹介!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

転職をしようかなと意識し始めているものの、転職するかどうかの決断ができないという人は多いです。決断に迷っているとき「僕と似たようなケースの人がいるのかなあ」「他の人はどういう感じで転転職してるんだろう」と、他人のケースが気になりますよね。

そこで、どのようなきっかけで転職を決意する人が多いのかを、まとめてみました。

今回、弊社アクシス株式会社が運営するQ&Aサービスコーリングッドより転職を考えるきっかけを引用しました。
リンク先のページには各質問に対してプロの転職エージェントの回答がありますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね!

【無料】2分で簡単登録!ご相談はこちらから

転職理由ランキングTop10(2018ver)

他の転職者がどんな理由で転職しているのか、ということはとても気になるところだと思います。

大手転職エージェントのDODAが発表した『転職理由ランキング2018(年代別)』を参考にさせていただきました。

『転職理由ランキング2018(年代別)』

(出典:『転職理由ランキング2018(年代別)』

よくある転職を考えるきっかけ(理由)とは?

年代や男女関係なく、転職を考えるきっかけとしてありがちなものから、紹介します。給料や待遇だけが理由ではなく、人によって様々な理由で転職をしているようです。「こんな理由でいいのかな?」と思っても、案外同じような理由で転職をする人は多いですよ。

給料や待遇がきっかけ

給料や評価、その他の待遇に関する不満から転職を考える方はとても多いですよ。待遇面の不満はそのままモチベーション低下にも繋がりますから、重大な問題なんです。実際、このような方々が給料・待遇がきっかけに不満があると語っています。

・給与に関する不満の例

20 飲食・サービス業のodvishi421さん。

私は現在、国内の大手レストランチェーンの人事をしています。仕事は非常に充実しています。多くの人に会うことができ、この仕事をこの先も続けていきたいと考えていました。

しかし、待遇面、特に給与面に満足することができません。

将来的に家庭を持つことを考えると、非常に不安です。人事の仕事は続けていきたいと思っているので、転職先は人材業界にしようと考えています。

転職先として筆頭候補に挙がっているのはリクルートです。やはり大手人材企業ということで、転職したいと考えています。しかし、現職のように給与面で不満を持ちたくありません。

質問なのですが、リクルートの給与はどの程度の水準なのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

(出典:コーリングッド )

・待遇に関する不満の例

20 メーカー勤務のhishisvvさん

国内メーカーに就職し、マーケティング部門で四年間働いています。

大学時代にはマーケティングをやっていたので、仕事内容には非常に満足しています。ただ、少し不満があります。

それは待遇面です。全く給料が上がらず、仕事だけが増えていきます。仕事が多いのは構わないのですが、それに見合った給料が欲しいです。そこで就職活動の時に候補だった、金融業会への転職を考えるようになりました。

知識面ではあまり不安はないのですが、現職が金融ではなく、経験の面から転職できるのか不安です。

そこで質問なのですが、異業界から金融業界への転職は可能なのでしょうか。

回答、宜しくお願いいたします。

(出典:コーリングッド)

勤務時間がきっかけ

仕事の忙しさや勤務時間と給料の高さは引け合いに出されることが多いです。給料と同じくらい、残業時間の長さや休日の少なさなどの不満が、転職を決意する理由となりがち。そんな勤務時間関係がきっかけで転職を決意した人の話を、紹介します。

・勤務時間に対する不満の例

20 警備・メンテナンス・清掃/サービス系 ranさん。

私は転職1回入社1年のシングルファザー31歳です。

離婚したのを機に今の会社に転職しました。入社した理由は諸事情による希望条件を踏まえたうえで内定をいただいたためです。

希望条件とはざっくり言いますと、就業時間、残業手当に関してです。

子供が小学生の為、なるべく就業時間内での勤務、また残業しなければならない場合はしっかりと残業手当をいただける、という内容です。面接時、事前説明でももし就業時間を越えたら事後申請をすれば良いとのことでした。

ですが残業時間を申請出来る上限も決まっており、ほぼ毎日のように残業をしているため上限を猶に超えてかなりの時間サービス残業になっております。そもそも勤務時間内で帰れる事はほとんどなく、小学生とは言えど娘には寂しい思いをさせていると思います。

せめて残業をするからには(お金を寂しさの代わりにとは言いたくはないですが…)しっかりと残業代をいただきたいです。サービス残業ばかりで収入は納得いっていません。

サービス残業が当たり前と言う会社が多いということは承知ですが、面接時にも事前説明時にも希望していたことですし、そのことを上司に言っても「仕方が無い」の一転張りです。

やはりサービス残業は当たり前なのでしょうか? それともブラック企業だけですか?

私事の諸事情でわがままかと思いますが、転職を視野に考えています。

(出典:コーリングッド)

残業が多いだけでも大変なのに、それがサービス残業とあっては転職を考えて当然でしょう。「サービス残業が当たり前」ということ自体が、おかしい話ですからね。黙認している会社が多いですが、だからといって自分がそれに合わせる必要はありません。

案外、人間関係がきっかけのことも?

同僚や上司との人間関係にストレスを感じたり、職場の雰囲気が自分自身の性格と合わず苦労する人が多いです。人間関係をきっかけに転職を考えるという人は案外多いので、「こんな理由でいいのかな」と思わなくても良いですよ。

・人間関係がきっかけで転職を考えた例

20代自動車・輸送機器(メーカー)/メーカー系(電気・電子・機械系)aldkjlkjwefgさん

入社1年で転職は、早すぎますか?

現在自動車メーカーで機械設計の仕事についています。引率で入社してまだ一年ちょっとしか経たないのですが、職場の人間関係に辟易しており、毎日会社に行くのが憂鬱で仕方ありません

直接の教育担当者が業務の説明をきちんとしてくれません。説明もほとんどないですし、不明点も教えてもらえないので自分の能力も上がっているのかどうか正直不安です。それなのに間違いがあると厳しく批判されます。

もっとちゃんと教育体制の整っている会社に転職したいと思っているのですが、いかんせん就職してまだ一年と少し。相手企業の心象も悪いでしょうし、何より自分の技術力にまだまだ自信もありません。

こんな短い在籍期間で、転職は可能なのでしょうか?

(出典:コーリングッド)

職場環境もよくある理由

異動や転勤になって職場環境が大きく変わってしまった、最初から合わなかったなどの理由で転職を志す人も多いです。職場環境が合わないと、仕事が多い・少ないに関わらず出社すること事態が苦行になりますからね。特に海外転勤を言い渡されると、大変です。

・職場環境に不満を持っている人の例

20 総合商社/商社系(総合商社・素材・医薬品他)netnetさん

製造工場で品質管理の仕事をしている新卒2年目24歳です。会社の人事異動で中国への転勤を通達されました。会社には海外転勤は辞めてほしい、と言っていたのですが若手で独身の私に決まったようです。

転勤したら最低でも3年間だそうで転職の道も考えています。品質管理職での転職を考えているのですが製造工場は海外が多く、他の会社へ就職しても海外へ配属になるのではと考えています。

海外勤務NGだと転職に不利になりますか?

(出典:コーリングッド)

そもそも仕事内容自体に原因が?

・仕事内容に不満がある人の例(ポジティブ要因)

20 プラント・設備(メーカー)/メーカー系(電気・電子・機械系) yellowmagicさん

現在28歳です。大学院を卒業後、プラントの制御設計の仕事をしています。去年くらいから精密機器の開発設計への転職を考えています。

そうしますと、今の仕事ではやりたいこととの技術の差が開いていく一方ですので、できるだけ早く希望の業界へ転職したいなと考えているのですが、理系の異業界への転職の話を、身の回りでもあまり聞くこともなく、可能なのかどうかも含め情報が無いので質問させて頂きました。

専門的な技術職での、異業種の転職というのは可能なのでしょうか?

お返事お待ちしております。

(出典:コーリングッド)

この人は働いていくうち、他にやりたいことができて転職したいということですね。「この仕事が嫌」という人もいますが、こうして「他にやりたいことがある」というポジティブな理由で転職をする人も多いです。

ただ、「今の仕事にやりがいを感じない」などのネガティブ要因も転職を考えるきっかけになります。

・仕事内容に不満がある人の例(ネガティブ要因)

食料品(メーカー)/メーカー系(素材・医薬品他) haisaiさん

営業職を8年間続けている者です。転職を1回しましたが業種は違えど成績は常に上位を納めていました。給与もそこそこありますし、雇用環境も悪くはないのですが、ただ一つ不満に思ってる事があります。それはやりがいです。

前職、現職ともに友人の紹介で入社したのでさほどやりたいという仕事内容ではありませんでした。内容としては、自分のサプリメントのルート営業や、某メディア関係の個人営業です。人と接するからには、相手に喜んでもらいたい、感謝されたい、この人に頼んで良かった、と思われるような人に役立つ仕事をしたいのです。

やりがいさえあれば、寝る間も惜しみませんし、休みなどいらないと思っています。そんなやりがいのある仕事はありますか?いくつか参考にさせていただければ大変助かりますのでご意見お聞かせください。

(出典:コーリングッド)

事業方針と合わない

・会社の方針と自分のキャリアプランにズレを感じる場合

20代 食料品(メーカー)/メーカー系(素材・医薬品他)nrqqb845さん

私は現在、飲料メーカーで医薬品開発の仕事に取り組んでおります。

入社以来6年間、高いモチベーションを維持しながら働いてきたのですが、会社の方針と自分のキャリアプランとの間に大きなズレを感じるようになってしまったので、転職を意識し始めました。

しかし、転職のリスクや人脈を再構築する難しさを考えると、中々転職に踏み切ることができません。こういった内容の相談をする相手もおりません。

私が転職すべきかどうかについてのアドバイスや、この悩みを相談すべき相手についてのアドバイスがあれば、ぜひよろしくお願いいたします。

(出典:コーリングッド)

仕事内容自体に不満を持つこと以外に、会社の事業方針自体が合わないとして転職を考える人も多いです。業務経験を重ねる中で自分の考え方が変わっていくことはよくあることですし、異動や上司が変わることで、事業方針が変わることはよくあることです。

営業で売上至上主義を打ち出されると、短期的な数字を追いかけることに集中してしまい、極端な例で言うと、顧客ニーズに反した営業活動や不正に走ることにつながってしまいます。

ヘッドハンティングを受けた

・未経験の職種でヘッドハンティングされた場合

20代 インターネット関連 / IT・通信系 ニックさん

webディレクターとしてヘッドハンティングされました。
給料は1.5倍になるので魅力的なのですが、現在までずっと営業をしており、未経験でやっていけるか不安なので転職に悩んでおります。

相手側としてはwebディレクターとして未経験でも、プレゼンやコミュニケーションをしている姿をみて興味を持っていただいたようです。そこでインターネット業界の転職支援を専門で仕事をしている方に質問があります。

全くの他業種・職種への転職では、将来性、離職率が不安ですが転職を選んで成功するものなのでしょうか?

他の転職者の平均としてはどのような傾向にありますか?
教えていただけたら助かります。よろしくお願いします。

(出典:コーリングッド)

他の転職とは異なり、ヘッドハンティングは年収アップが期待できる分、転職の動機として積極的に考える人も多いです。今回のケースのように未経験職種でのヘッドハンティングの経緯は不明ですが、ヘッドハンターは、様々な情報をもとに対象者に対するアプローチを行います。

選考がない、または形式程度であることも多く、転職者の負担が少ないのも特徴です。何れにせよ、不満からというより、主に管理職が自分の価値を再評価される形で具体的条件提示があるヘッドハンティングは立場上悩む人も多いです。

体調不良や結婚、介護などの理由も

条件が合わないからや、仕事に不満があるからという理由ではなく、やむを得ず転職を考える人も多いです。体調不良や結婚・介護など、理由は人によって様々ですが、「この仕事は続けていけない」と転職を意識するケースもあります。

・体調不良の場合

20 自動車・輸送機器(メーカー)/メーカー系(電気・電子・機械系)tujigirl_boyさん

私は新卒として、自動車メーカーの営業職に配属されました。営業に興味はなかったのですが、実際にやってみると面白く、時間を忘れて没頭してしまうほどでした。

しかし無理したせいか、体調を崩してしまい、退職をせざるを得ない状況になってしましました。
私は数年間休養し、再び就職しようと考えています。熱意はあるのですが、体調不良によるブランクがあるうえに、体力がないと思われる可能性があり、転職活動がうまくいくか不安です。

そこで質問なのですが、私は転職活動する際に、体調不良で休んでいた事実を言うでしょうか。
言わないとしたら、どのような理由で休職していたと言うべきでしょうか。

よろしくお願い致します。

(出典:コーリングッド)

・結婚の場合

30 不動産/不動産・建設系 ts_0830さん

現在、不動産会社で働く30歳男性です。

つい先月結婚したばかりですが、商社への転職を検討しています。結婚という人生の転機にあたり、今後自分がどのような人生を歩んでいくのか、自分がやりたいことはなんなのかを改めて考えたところ、もっと幅広く人に関わり、人との関わりの中で新たな価値を生み出す仕事をしたいという結論に至りました。

ところが、妻は猛反対。結婚したばかりであること、異業種への転職であることなど理由は様々ありますが、とにかく断固反対されています。今後のこと(とくに出産や育児の経済的な問題や妻の精神的な負担)を考えると妻の心配も勿論だと思います。

このような場合、皆さんは自分の気持ちと家族の思いどちらを優先しますか?
既に転職された方は、転職活動を始めるにあたりご家族をどう説得されましたか?

(出典:コーリングッド)

・介護の場合

30 ソフトウェア・情報処理/IT・通信係 r0c9n6ollさん

28歳女性からの質問です。

私は現在東京のIT企業(社員数800人程度)で営業の仕事をしています。最初は慣れない仕事で大変でしたが、やりがいを持ちながら仕事をしていました。

しかし突然、父が倒れてしまい、入院生活が始まりました。私は一人っ子で母は昔に亡くなっているため、私しか父の面倒を見る人がいません。仕事を退職し、在宅で勤務できる企業に転職を希望しています。しばらく休職するという考えもありますが、できれば仕事は続けていきたいと思っています。

アドバイスをお伺い出来ますと嬉しいです。宜しくお願いします。

(出典:コーリングッド)

→転職についてお悩みなら転職エージェントのアクシスに相談をしてみませんか?

女性が転職を考えるきっかけ(理由)とは?

女性が転職を考えるきっかけとしてありがちなのは、次の二つです。

  • 「キャリアアップをしたいから」
  • 「結婚や出産のため」

それぞれの例を、ひとつずつ紹介します。

キャリアアップのため

キャリアアップを理由とする人の例

20 食料品(メーカー)/メーカー系(素材・医薬品他)えいぎょういちばんさん

こんにちは、私は26歳女です。現在食品メーカーの営業を行っています。

営業という仕事が好きで、自分の営業としての力をもっともっと高めたいと思うようになりました。
いまの会社ももう4年、実力をもっと試せる会社に転職を考えています。

ネットで調べると、リクルートの営業が強い、というのを良く目にします。私も仕事でも取引先様からリクルートの噂を聞きます。

なぜ、リクルートの営業が強いといわれるのでしょうか?また、女性でも営業でバリバリ働ける環境なのでしょうか?(産休育休などの福利厚生などの面と、会社内の雰囲気どちらも知りたいです。)

このサイトに質問するのが合ってるのかわからないのですが、ご存知の方いらっしゃいましたらお返事いただけますと幸いです。

(出典:コーリングッド)

自分の仕事が好きだからこそ、自分の力を高めたい・試したいと考える人は多いです。そう考えた際、今の会社ではダメだと思い転職をしたいということですね。とても向上心がある理由で、良いと思います。こういった理由は、面接時の受けも良いですよ。

結婚や出産のため

結婚や出産を考えて、転職を決意した人の例

30 家電・AV機器・ゲーム機器(メーカー)/メーカー系(電気・電子・機械系)

制御系システムの設計開発の仕事をしています。この業界では珍しく、女です。

今の会社や仕事は、特別不満は無いのですが、正直なれ合いの多い現場で、自分の能力を高めるには転職を選ぶべきかと考えています。

とはいえ、今後結婚や出産のことを考えると、産休制度や福利厚生なども含め、女性の働きやすい環境が整っているところがいいかなぁと思っています。

しかし、業界的にも男性が多いため(現在の部署では女性は私のみです)そのような切り口での情報も入ってこず、ネットの文字情報だけではわからない部分も多いので、企業の選定に非常に苦労しています。

どなたか、制御システム設計の仕事ができる会社で、女性の働きやすい会社をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けませんでしょうか。

よろしくお願い致します。

(出典:コーリングッド)

現在結婚している、していないに関わらず、これから結婚や出産をしたいと考える女性は多いでしょう。その際「今の職場で、結婚・出産できるか」と考え、結果「無理だ」という結論に至った場合、それが転職を決断する最大の理由となり得ます。

転職をする際には「育児休暇の取得率」や「その他女性に優しい制度が整っているか」などを基準として、求人探しと企業の実態調査を行うようにしましょう。

→転職についてお悩みなら転職エージェントのアクシスに相談をしてみませんか?

20代が転職を考えるきっかけ(理由)は?

転職市場は20代が年齢の相場だと言われているほど、20代の転職希望者は多いです。第二新卒や20代後半の彼らが、どのような理由で転職をしているのか、その中でもありがちなものを集めてみました。

入社後のギャップで辞める人が多い

第二新卒にありがちなのが、入社後のギャップで辞めるということです。新卒で入社する前は社会人経験も無く、夢と希望がいっぱい。ただ、入社して実際に働いてみるうちに夢が砕かれ、実際は考えていたような場所ではなかったと失望・絶望する人は少なくありません。

理想と現実のギャップほど、人を苦しめるものも無いでしょう。

・実際はブラック企業だった場合

20 広告・デザイン・イベント/マスコミ系 なかじさん

新卒2年目の男です。現在某広告代理店で働いています。

この業界に憧れて入社しましたが、うちの会社は業界では有名なブラック企業でノルマがキツく残業ばかりで、同期は次々と辞め、私自身も今後続けていけるか不安です。いずれは今の会社を離れたいと思っているのですが、タイミングについて悩んでいます。

フレッシュなうちに(精神的にも病まないうちに)第二新卒として受けるか、数年我慢し少しでも経験を積んでから転職するか、どちらが再就職に有利でしょか。職種としては営業職です。

(出典:コーリングッド)

実際、このように働いてみたらブラック企業だったということは多いです。選考時に応募者が自分自身を取り繕うように、会社もまた取り繕います。実際はブラック企業なのに、ホワイト企業かのような雰囲気を漂わせていることはとても多いです。

社会人経験の無い新卒だと、騙されやすいのでしょうね。

キャリアアップなど、前向きな理由も多い

「キャリアアップしたい!」「やりたいことが出来る職場に転職したい!」という前向きな理由で転職をする人が、第二新卒以降の人に多いです。

・スキルアップが理由の場合

不動産/不動産・建設系 katuyamaさん

私は28歳不動産業界の営業職をしている男なのですが、給与の不満とスキルアップのため転職を考えております。

退職を逆算して仕事を片付けて転職活動を進めて行きたいと思っているので活動期間の目安が知りたいです。次の希望職種はIT業界の営業職です。他業界・同業職の転職の活動期間というのは平均どのくらいと考えた方がよろしいでしょうか?

どなたか参考にさせてください。
よろしくお願いします。

(出典:コーリングッド)

上記の例のように、20代後半になると給与・評価や人間関係などの職場への不満の他に、キャリアアップやスキルアップを目指して転職を志す人が多くなります。「あと数年したら30歳」と考えた際、キャリアプランを見つめなおす人が多いんです。

「このままでいいのか?」と自問自答をしていくうち、他にやりたいことを見つけたり、もっと上を目指したいと思うようになるんでしょうね。

【無料】2分で簡単登録!ご相談はこちらから

30代が転職を考えるきっかけ(理由)は?

一般的には「転職市場の年齢の相場は20代」だと言われています。実際30代以降の転職が難しいかどうかは置いておいて、世間一般ではそのように言われているわけです。ただ、そんな中でも自分自身の市場価値やキャリアプランを照らし合わせ、転職しようかと悩み始める方は多いですよ。

30代で転職を考えた人の例

30 インターネット関連/IT・通信系 suiljhglasd8763さん

私は新卒で大手メーカー系のweb開発会社に入社し、webコンテンツの企画、開発部門の開発マネージャーを担当している、32歳です。

忙しくすごす日々の中で、自分のキャリアプランややりたい業務を考えた際に現在の職業は違うのではないかと疑問を持ち始めました。しかし、年齢的に簡単に転職ができるとは考えていません。

自分の能力が転職市場においてどれほどの価値があるのかが知りたいです。具体的には、webコンテンツ開発チームでのマネジメント経験は、どのように評価されるでしょうか?

この経験を活かす職種や業界はなにがありますか?教えてください。

(出典:コーリングッド)

この人のように30代になって、ある程度仕事の経験や人生経験を積んでいくと、自分自身の能力や職場環境や待遇に関して客観的に考えられるようになります。そのため、不満も次々と明らかになってきて、転職を視野に入れる人が多いんです。

転職市場の年齢相場は20代かもしれませんが、むしろ30代こそ転職をすべきなのかもしれませんね。

転職についてお悩みなら転職エージェントのアクシスに相談をしてみませんか?

迷ったときはどうやって決めればいい?

これまで、様々な「転職を考えるきっかけ」を紹介してきました。

自分と似たような理由で転職を検討している人がいるとわかると、ちょっと安心しますよね。でも「本当に転職するかどうか、なかなか決意できない…」という方も多いのではないでしょうか?

そんな時は、次の2つの視点で考えてみることをお勧めします。自分なりに考えてみてください。

Q今の会社で働き続けた場合、10年後の自分はどんな人間になっている?

今の会社で働き続けて、10年経った時の状況を想像してみましょう。10年後の自分にどのようなイメージを持っていますか?それが現在の会社で働き続けて実現可能なんでしょうか?ただし、考える時に大切なのは「会社が自分に対して提供してくれること」を中心に考えるのではなく、「自分はこの会社でどのような人間になれるのか。その可能性をどのような方法で実現するのか」を最初に考えることです。

人は何か壁にあたった時、つい今の職場から転職という形で逃げることで問題を解決しようと考えがちです。でも、そのような考え方は面接官に「同じ問題が起きたら、この人はまた辞めてしまうのではないか」と疑念を持たれてしまいますし、同じことを繰り返すことで、自分自身も後悔することにならないでしょうか?

10年後に「なりたい自分」から逆算して今の職場にとどまることが自分にとって正解かどうか考えてみましょう。

Q抱えている不満は自分で解決できる?解決に必要な時間はどのくらい?

自分が何に不満を持っているのか、問題は何かを一度紙に書いて客観的にそれを考えてみましょう。「あの上司とうまくいかない。上司はいつも責任を部下に転嫁する。」「評価に不満がある。会社は自分を必要としてくれていないのではないか。」「どうしても取引先に受注してもらえない。そのための企画力が自分にはない。」これらの不満や壁としての問題は本当に自分の行動で解決することはできないものか。問題を頭の中だけで考えるのではなく、紙に書くことで新しい視点が発見できたり、思わぬ解決策が見えてきたりするものです。

たしかに会社の方針を個人の力で変えることは難しい。しかし、主体的に不満や問題を解決することが可能かどうかを考えることなく、転職をするのはこれまでの経験を簡単に捨てることにならないでしょうか?もし今の職場で自分の不満を解決するには、どの程度時間が必要か。その時間が、将来自分や家族に及ぼす影響も考えて、今の会社にとどまるのか転職した方がよいかを考えましょう。「どうしても自分で解決するのは難しい」、「解決するには長期間かかる」という場合は転職によって解決するのもひとつの手段です。

まとめ

給料や待遇、残業時間の長さや休日の少なさ、人間関係や職場環境、結婚や出産などの止むを得ない理由などなど……。転職を考えるきっかけは、本当に人それぞれです。それら全てが尊重されるべきであり、「こんな理由で転職するなんてダメ」ということは決してありません。

大事なのは理由自体ではなくて、職場とのミスマッチを解消するためにどういう行動を起こすのかです。自分自身と、今置かれている職場環境を客観的に評価し、長期的な視点で自分のキャリアを考えた上で転職するかどうか決めましょう。

「どうしても自分にとって転職することが正解かどうかわからない」という方は周りの方や転職エージェントに相談してみてください。第3者の視点が入ることで、自分のキャリアも職場環境も客観的に評価できるようになるでしょう。

弊社ではキャリア相談・自己分析のお手伝いに力を入れておりますので、お悩みの方のお役に立てると思います。下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。お待ちしております!

転職についてお悩みなら転職エージェントのアクシスに相談をしてみませんか?