年間休日110日未満はブラック?会社に搾取されないために

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

インターネットで情報を眺めていると、転職希望者は「年間休日120日以上」、という条件で転職先を探すことが多いようです。

これまで年間休日120日・130日の企業選びや、その生活スタイルについて
別の記事でご紹介をしてきましたが、今回は年間休日110日について考察していきたいと思います。

年間休日の平均日数は約110日

厚生労働省の調査によると、2017年の年間休日平均は108.3日でした。
年間休日110日は平均を上回る水準ですし、「年間休日120日」と単純に比べれば年間10日の違いです。

ただし、たった10日の違いに見えても実は大きな違いになります。
会社に搾取されないために、その違いを正確に把握していきましょう。

年間休日120日と比べると長期的には大きな差

数字だけ見てみると年間休日120日の企業との差は月に1日程度休みが少ないくらい、です。
おそらく慣れてしまえば、そこまで高い負荷にはならないでしょう。

ただし、今は65歳になっても働く時代です。
人生100年時代、超高齢化社会を迎える日本では、さらに働く期間は伸びていくでしょう。

そう考えると1カ月では1日、年間でも10日ではありますが、10年経てば100日となり
他の企業で働いている人より1年分休暇が少ない、なんてことになりえます。

長期的な観点で考えるととても大きな差になるのです。

年間休日110日はどんな生活?週休2日は可能?

少し長期の話をしましたが、1年という期間で考えるとどのような生活リズムになるのか考えてみましょう。

・2018年時点で日本の年間祝日日数は元旦に始まり、12月の天皇誕生日まで16日
・1年間は52週、週休2日だとすると土日の休みは「104日」
・104+16=120日

つまり年間休日110日の企業で週休2日も可能ではありそうですが、
その場合祝日の大半は出勤であるケースが多いでしょうし、長期休暇も取りにくそうです。
そう考えると、1年という期間でも結構な差がありそうです。

隔週週休2日制って何?

「隔週週休二日制」の画像検索結果

年間休日110日の企業で、一定の会社が「隔週週休2日制」を取っています。
今週が土日休みだったとすると、次の週は日曜休み、それでまたその翌週が土日休みと続いていくというものです。
言い方を変えると5日働いて土日休み、次の週は6日働いて日曜だけ休み、また5日働いて…

なんだか疲れが溜まりそうな形態ですね。

転職エージェントを活用して休日の多い企業に転職しよう

「一定の休日を確保して、ワークライフバランスの保てる会社に転職したい」と考えている方は、転職エージェントに相談してみることをオススメします!

転職エージェントは各業界・各企業に精通している転職のプロなので、休日が多くワークライフバランスを保つことができる求人を紹介してもらうことが可能です!

いきなり選考に進むことはありませんので、自分に合った求人を見つける為にも気軽に相談してみることをオススメします。

下記にオススメの転職エージェントをまとめましたので、自分に合った転職エージェントに登録してみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!