【テンプレあり】 退職届の便箋、文面の上手な書き方

この記事では、退職届の便箋や文面の書き方について、手本つきで詳しく解説します。

この記事を読めば、退職届を書くための情報を網羅でき、すぐに退職届を書くことができます。

勘違いしがちな退職届と退職願の違いって?

間違えやすい退職「届」と退職「願」。会社によっては明確な区別をつけていないところもありますが、実は退職届と退職願は大きく性質が異なります。

退職届は、一方的に会社に退職を「通告」するための書類ですが、退職願は企業に対して退職を「願い出る」ためのものです。

退職を通告するとはどういうことかというと、会社側と交渉することなく、従業員が一方的に「退職します!」と伝えることです。

会社の許可を得ないと退職できないと多くの人が思いがちですが、実は民法には「労働者が意思表示することによって、一定期間後に会社を退職できる」と示されています。ですから、法律上では労働者は退職届を出すだけで勝手に会社を辞めることも可能なのです。

しかし現実的に一方的な通告で退職してしまうと、会社とトラブルになりかねません。ですから、退職願の形で会社に届け出て退職の意思を示すことが一般的です。

会社によっては、事前に退職願を提出させることなく退職交渉し、最終的に「退職届」という形で提出させるところもあります。

書類を提出する段階では、退職希望者はある程度会社側と交渉を行っているはず。上司にどういった形で提出するのが適切か確認しましょう。

どんな便箋、用紙を使えばいいの?

会社によっては、退職届のテンプレートを用意しているところもありますが、もしない場合は、自分で退職届を用意する必要があります。

また、パソコンで作成した退職届でも受け付けてくれるどうかは、事前に会社側に確認しましょう。

手書きの退職届の提出を求められた場合は、便箋を自分で用意する必要があります。

退職届は縦書きで提出するため、縦書きの便箋を選びます。サイズはA4またはB5サイズが一般的です。

罫線入りのものであれば字をまっすぐ書けるため便利ですが、無地のものでも構いません。できるだけ絵が入ってない、シンプルなものを選びましょう。

退職届のお手本

退職届けのお手本(テンプレート)を載せておくので是非参考にしてください。

退職届を書くポイントは以下のとおりです。

1.一行目の中央に「退職届」と書く。

2.2行目の最下部に「私事、」と記入。「、」を忘れないようにしましょう。ちなみに「私事」とは、個人的な事柄という意味です。

3.3行目に本文を書く。

4.「一身上の都合により、勝手ながら平成○○年〇月〇日をもって退職致します。」
〇月〇日は、退職交渉して決めた退職日を記入します。もし退職交渉前であれば、希望日を書きましょう。

5.一行開けて「届出年月日・所属部署・氏名」を一行ずつ記載します。
届出年月日は退職届を提出する日を記入します。

6.氏名の最下部に認印を押します。シャチハタは使用できませんのでご注意下さい。

7.宛名を書きます「株式会社○○ 代表取締役社長 ○○ ○○殿」とします。

会社名と、社長の名前は行を分けましょう。また、社長の名前が自分の名前の上部に記載されるよう、位置を調整しましょう。株式会社は(株)と略さずに書くこともポイントです。

最後に、便箋を三つ折りにします。最初に上面が開くように折りたたみましょう。

退職の理由は、どんな理由があっても「一身上の都合」として大丈夫です。会社都合の退職でない限り、明確な理由を記載する必要はありません。

なお、手書きで記入する場合は、黒のボールペンか万年筆を使って記入しますのでご注意ください。摩擦熱で文字が消えるボールペンなどは使えません。

封筒のお手本

退職届を入れる封筒の書き方のポイントは以下のとおりです。

封筒の表面の中央に「退職届」と大きく書きます。

裏面の左下に、自分の所属部署と名前を書きます。

なお、封筒のサイズは中に入れる用紙サイズに合わせて選びましょう。

A4サイズの便箋であれば長形3号、B5サイズであれば長形4号となります。封筒も便箋と同じく、白色・無地のものを選びましょう。

封筒に便箋を入れるとき、便箋の右上の角が封筒の上部にくるようにしましょう。ノリを使って封をし、〆を書きます。

退職届を出す際は、直接上司に手渡しすることがマナーです。決して上司の机の上に置いておく、といったことはしないようにしましょう。

まとめ

ここまで退職届の便箋、封筒の書き方について記載しました。

退職届は一方的に会社側に退職を通告するもの、退職願は会社側に退職を願い出るものといった違いがあります。

退職届の便箋サイズはA4かB5サイズ、色は白色か罫線入りのものを選びましょう。封筒サイズはA4サイズであれば長形3号、B5サイズであれば長形4号です。封筒も白色・無地のものを選択します。

退職届を出すことは人生において頻繁にあることではありません。おかしな書き方をして不興を買わないようしっかりと確認して提出することが大切です。

転職先は決まっていますか?

記事を最後までご覧いただきありがとうございます。

もし、現在退職を検討されている方は、次の転職先を決めてからの退職をオススメします。

もちろん、「退職してから転職活動を始めたい」という気持ちもわかります。

しかし、現在の職場を辞めてから、転職活動をすると「そんなに行きたい企業ではないけど仕事がないから」と焦って目先の意思決定を行ってしまう傾向があり、結局ミスマッチが起きてしまうケースを多く見てきました。

また「自分の進みたい業界や職種が明確でない」という方や、「そもそも現職を辞めるかどうかを迷っている」という方もいるかと思います。

末永

転職エージェントを活用する事で、自分の市場価値やキャリアプランを「客観的に」判断してもらうことが可能です。

また自分に合っている業界や企業を「転職のプロ」の目線からアドバイスしてもらえます。

サービス自体は無料で利用できますし、登録したからといって、必ずそのエージェントで転職先を決めなくてはいけないということはないので、安心してください。

「自分のキャリアやどんな会社が合っているのか相談したい・・・」「転職の不安や悩みを相談したい・・・」という気持ちでも大丈夫ですので、積極的に利用してみることをオススメします。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18