20代で転職を検討されている方へ


転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由って?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

「なんとなく転職したいかも・・・。」という漠然とした状態で転職活動をスタートし、つまずく方は非常に多い傾向にあります。また、なんとなく転職活動を始めて内定をもらい、入社まで至ったとしても「こんなはずじゃなかった!」という転職失敗の結末につながってしまうことも少なくありません。

こうした状況は、「転職軸」を持つことで多くの場合解決されます。

今回はこの「転職軸」の重要性、具体的にどのように形成すればいいのか、面接で聞かれる「転職軸」などについて詳しく解説していきます!

まずそもそも転職軸とは?

そもそも今回ご紹介する「転職軸」とは、「転職を志す際のコアとなる理由・動機」と言い換えるのがわかりやすいかもしれません。

《転職軸の例》

働き方の軸

  • 今まで以上にハードな環境で仕事に打ち込みたい
  • 海外で活躍するキャリアを目指したい
  • ワークライフバランスを保って仕事をしたい
  • これまでの経験を活かしてキャリアアップしたい
  • より専門的なスキルを身につけてスペシャリストとして活躍したい
  • 新しい職種に挑戦して働き方を変えたい

待遇の軸

  • 給与アップを目指したい
  • 残業時間を減らしたい
  • 産後のことを考えて時短勤務のできる企業で仕事をしたい

環境の軸

  • スタートアップ企業で社員一丸となって仕事に取り組みたい
  • 社会貢献性の高い商品・サービスに携わりたい
  • 若手からどんどん難易度の高い仕事を任せてくれる環境で仕事をしたい
  • マネジメントに挑戦するチャンスに恵まれた環境で仕事をしたい

これらはあくまで一例ですが転職軸を持つためには「自分がどのように働きたいのか」という考えを持つことが前提として必要です。ですので、「漠然と転職をしたい」というような場合には、一度立ち止まってあなたのキャリアの棚卸しを必ずしましょう。

▶転職軸でお悩みなら、転職者の8割が登録しているリクルートエージェントにまずは登録をしましょう!

転職軸がないという人も多いのでは?

現時点で「転職軸がない」という人も決して少なくないでしょう。特に新卒で仕事を始めてしばらく経つと、仕事とはどのようなものなのか実感を持ち、改めて仕事への向き合い方を考え直すようになります。そのようなタイミングで転職を考え出すと「何を転職の軸にすべきなのだろう?」と悩みがちです。

この部分を曖昧にせず、転職活動を実行に移す前に必ず考えを整理しましょう。

《転職の軸を考える際に、整理すべきポイントとは?》

 これまでの経験や現在の環境に対する考えを整理

  • どのような業務に取り組んできたか
  • どのようなスキル・強みを培ってきたか
  • 今後このまま社内で仕事を続けるとしたらどのようなキャリアが想定できるか。
  • 現在の環境や働き方において、変えたい部分は具体的にどこか

もし転職するとしたらどうしたいのかを整理

  •  これまでの経験をどのような環境で、どのように活かせそうか
  • 「変えたい」と望んでいる内容は、現在の社内では本当に実現できないことなのか
  • 今後望んでいるキャリアを実現するためには、どのような環境で仕事をすることが必要なのか

このような内容を一通り考えて整理し、最終的に「転職するときに大切にしたいことは何か」=「転職の軸」へと落とし込んでいくことが重要です。

▶︎20代・第二新卒の方の初めての転職なら、若手に強いマイナビエージェントに相談してみましょう!

会社選びでは転職の軸が大事です。

実際に転職活動を始めてみると、転職軸の重要性を実感することが多くなるはずです。特に、会社選びをする際には軸を持っているか、持っていないかによって判断のしやすさが変わってきます。

前述した「働き方の軸」「待遇の軸」「環境の軸」に加え、その他にも自分が大切にしたいことがあればその軸を持って、転職先候補を絞りましょう。

この時に、軸を持っていないと、「こんなはずじゃなかった!」という事態になりかねません。

《こんなはずじゃなかった!の例》

  • これまでの経験が全然活かせない環境だった
  • 業務負荷が高すぎて、残業が全然減らせなかった
  • 入社してみたらトップダウンすぎて自分の意見を聞いてもらえなかった

また、社内の待遇や環境についてはなかなか入社前に自分だけで判断するのが難しいと感じる方も多いことと思います。そうした場合には、転職エージェントの利用がおすすめです。企業と長い間取引をしていて既に紹介した転職者がいる場合などは実情もよく理解していますし、時に聞きにくい内容についてあなたに変わって企業へ確認をしてくれることもあります。

▶ハイレイヤー層で転職軸でお悩みなら、JACリクルートメントに転職相談をしてみましょう。

面接で突っ込まれる転職の軸って?

最後に気になるのが、面接のことです。転職の軸は、面接の際にも持っていると役立ちます。

《転職軸が関連する面接での質問例》

  • なぜ転職したいのか
  • なぜうちの会社(・業界・職種 など)を選んだのか
  • 入社後どのような仕事に挑戦したいか
  • 10年後どのようなキャリアを積んでいたいと考えているか
  • これまでの経験をどのように活かしたいと考えているか

基本的には「なぜ●●なのか」という現在のことに関する内容と、今後のキャリアビジョンに関する質問は転職軸が直接的に関係する質問です。

回答する際には現在勤める企業への不満など、マイナスな印象になる内容は避け、前向きにこれまでの経験を活かしたい旨や転職によって挑戦したいことを伝えるように心がけるとよいでしょう。

〈まとめ〉

いかがでしたか?今回ご紹介した通り、「転職軸」を持つことは、転職活動全体を通じて常に重要なことなのです。

転職活動を本格的にスタートさせる前に、是非一度立ち止まって考えを整理してみてください。

また、自分だけで整理するのが不安!という場合には、転職エージェントに相談してみるのも手です。
無料でサービスの利用ができますし、壁打ちをしてもらうことで思考が整理され、進むべき方向性がクリアになります。

転職エージェントを利用する

  • 「初めての転職で色々不安……相談に乗って欲しい」
  • 「仕事をしながらだと転職活動をする時間がなくて、全然動けていない!」
  • 「面接上手くいかないなぁ。何が悪いんだろう?」

そんなときに頼りになるのが、転職エージェントです!

転職エージェントは、日々様々な求職者と向き合い続けている「転職のプロ」です。専属のキャリアドバイザーが、上記のような様々な不安に対して無料で相談に乗ってくれます。

相談やアドバイスはもちろんのこと、履歴書・職務経歴書の添削面接対策など、転職活動に関わることをサポートしてくれます。

また、志望大手企業への推薦や年収・勤務条件の交渉なども代行してくれるので、少しでも転職の成功確率を高めたい!という人は、ぜひ1度登録してみてください。

ただ、担当するキャリアアドバイザーによって、サポートの質が変わってくる部分があるので、複数の転職エージェントに登録して、自分に合うものを使っていくのがおすすめです。

リクルートエージェント

<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方

マイナビエージェント

<メリット>

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます

<デメリット>

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

リクルートエージェントやdodaと平行して登録しておくと良いかと思います。

doda

<メリット>

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます

<デメリット>

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

リクルートエージェントやマイナビエージェントと平行して登録しておくと良いかと思います。

“JACリクルートメント”

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです!

<メリット>

  1. 年収500~600万円以上のミドル~ハイレイヤー層の転職者層が対象
  2. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  3. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  4. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、DODAに次いで国内3位)
  5. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、DODA、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)

<デメリット>

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

<こんな方にオススメ>

  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方