転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由って?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

「なんとなく転職したいかも・・・。」という漠然とした状態で転職活動をスタートし、つまずく方は非常に多い傾向にあります。

また、なんとなく転職活動を始めて内定をもらい、入社まで至ったとしても「こんなはずじゃなかった!」という転職失敗の結末につながってしまうことも少なくありません。

こうした状況は、「転職軸」を持つことで多くの場合解決されます。

今回は、「そもそも転職の軸ってなんなの?」というところから、この「転職軸」の重要性、具体的にどのように形成すればいいのか、面接で聞かれる「転職軸」などについて詳しく解説していきます!

まずそもそも転職軸とは?

そもそも今回ご紹介する「転職軸」とは、「転職を志す際のコアとなる理由・動機」と言い換えるのがわかりやすいかもしれません。

以下では、働き方・待遇・環境の3つに絞って、私がこれまでキャリアアドバイザーとして面談してきた方に多かった転職軸の一例をご紹介しますね。

《転職軸の例》

働き方の軸

  • 今まで以上にハードな環境で仕事に打ち込みたい
  • 海外で活躍するキャリアを目指したい
  • ワークライフバランスを保って仕事をしたい
  • これまでの経験を活かしてキャリアアップしたい
  • より専門的なスキルを身につけてスペシャリストとして活躍したい
  • 新しい職種に挑戦して働き方を変えたい

待遇の軸

  • 給与アップを目指したい
  • 残業時間を減らしたい
  • 産後のことを考えて時短勤務のできる企業で仕事をしたい

環境の軸

  • スタートアップ企業で社員一丸となって仕事に取り組みたい
  • 社会貢献性の高い商品・サービスに携わりたい
  • 若手からどんどん難易度の高い仕事を任せてくれる環境で仕事をしたい
  • マネジメントに挑戦するチャンスに恵まれた環境で仕事をしたい

 

これらはあくまで一例ですが転職軸を持つためには「自分がどのように働きたいのか」という考えを持つことが前提として必要です。

ですので、「漠然と転職をしたい」というような場合には、一度立ち止まってあなたのキャリアの棚卸しを必ずしましょう。キャリアの棚卸しとは、自分のこれまで行ってきた仕事を書き出し、整理することです。

とはいえ、キャリアの棚卸しは、自分一人では難しいものです。

転職エージェントを利用すれば、業界・職種・企業の情報に精通し、毎日様々な転職者の相談に乗っているキャリアアドバイザーが第三者の立場から、キャリアの壁打ちと棚卸しをしてくれます。

サービスを利用するのは無料ですし、登録したからといって必ずそのエージェントで転職先を決めなくてはならないというわけではありません。

「まずは相談だけ・・・」という形で、エージェントを使ってみるのも一つの手です。決して嫌な顔をされることはありませんので、安心してください。

末永

ここからは現役キャリアアドバイザーである筆者が、オススメの転職エージェントをご紹介します!

まず転職を考える際、全ての方が鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

というのも、大手のエージェントは、全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能だからです。

「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

転職軸がないという人も多いのでは?

現時点で「転職軸がない」という人も決して少なくないでしょう。

特に新卒で仕事を始めてしばらく経つと、仕事とはどのようなものなのか実感を持ち、改めて仕事への向き合い方を考え直すようになります。

そのようなタイミングで転職を考え出すと「何を転職の軸にすべきなのだろう?」と悩みがちです。

この部分を曖昧にせず、転職活動を実行に移す前に必ず考えを整理しましょう。

《転職の軸を考える際に、整理すべきポイントとは?》

 これまでの経験や現在の環境に対する考えを整理

  • どのような業務に取り組んできたか
  • どのようなスキル・強みを培ってきたか
  • 今後このまま社内で仕事を続けるとしたらどのようなキャリアが想定できるか。
  • 現在の環境や働き方において、変えたい部分は具体的にどこか

もし転職するとしたらどうしたいのかを整理

  •  これまでの経験をどのような環境で、どのように活かせそうか
  • 「変えたい」と望んでいる内容は、現在の社内では本当に実現できないことなのか
  • 今後望んでいるキャリアを実現するためには、どのような環境で仕事をすることが必要なのか

 

このような内容を一通り考えて整理し、最終的に「転職するときに大切にしたいことは何か」=「転職の軸」へと落とし込んでいくことが重要です。

会社選びでは転職の軸が大事です。

実際に転職活動を始めてみると、転職軸の重要性を実感することが多くなるはずです。特に、会社選びをする際には軸を持っているか、持っていないかによって判断のしやすさが変わってきます。

前述した「働き方の軸」「待遇の軸」「環境の軸」に加え、その他にも自分が大切にしたいことがあればその軸を持って、転職先候補を絞りましょう。

この時に、軸を持っていないと、「こんなはずじゃなかった!」という事態になりかねません。

《こんなはずじゃなかった!の例》

  • これまでの経験が全然活かせない環境だった
  • 業務負荷が高すぎて、残業が全然減らせなかった
  • 入社してみたらトップダウンすぎて自分の意見を聞いてもらえなかった

また、社内の待遇や環境についてはなかなか入社前に自分だけで判断するのが難しいと感じる方も多いことと思います。

そうした場合にも、転職エージェントの利用がおすすめです。

なぜなら、企業と長い間取引をしていて、既に紹介した転職者がいる場合などは、実情もよく理解していますし、時に聞きにくい内容についてあなたに変わって企業へ確認をしてくれることもあります。

面接で突っ込まれる転職の軸って?

最後に気になるのが、面接のことですよね。転職の軸は、面接の際にも持っていると役立ちます。

基本的には「なぜ●●なのか」という現在のことに関する内容と、今後のキャリアビジョンに関する質問は転職軸が直接的に関係する質問です。

以下で質問例をいくつか紹介いたします。

《転職軸が関連する面接での質問例》

  • なぜ転職したいのか
  • なぜうちの会社(・業界・職種 など)を選んだのか
  • 入社後どのような仕事に挑戦したいか
  • 10年後どのようなキャリアを積んでいたいと考えているか
  • これまでの経験をどのように活かしたいと考えているか

 

回答する際には現在勤める企業への不満など、マイナスな印象になる内容は避け、前向きにこれまでの経験を活かしたい旨や転職によって挑戦したいことを伝えるように心がけるとよいでしょう。

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

〈まとめ〉

今回ご紹介した通り、「転職軸」を持つことは、転職活動全体を通じて常に重要なことなのです。

転職活動を本格的にスタートさせる前に、是非一度立ち止まって考えを整理してみてください。

私自身、リクルートエージェントの時代からキャリアアドバイザーとして転職に携わらせて頂いてますが、相談に来る候補者様のほとんどが「自分がやりたいことがわからない」といった漠然とした悩みを抱えています。

厳しいようですが、これでは転職面接に受かるはずがありません

なぜなら、転職面接では、転職理由を明確に、はっきりと伝える必要があるからです。辞めた理由が曖昧だ、と悟られると、面接官に、意思決定能力が低い、熱意がない、などネガティブな印象を与えてしまいます。

また、現職の退職理由と志望理由には、ある程度一貫性が求められるからです。こういったことは、面接の小手先のテクニック以前の本質的な問題です。

転職面接を突破するためには、業界のことを十分に理解しているプロに相談するのが一番です

相談やアドバイスはもちろんのこと、履歴書・職務経歴書の添削面接対策、志望大手企業への推薦や年収・勤務条件の交渉など、転職活動に関わるあらゆることをサポートしてくれるので、使って損はないと思います。

さらに、エージェントと自分のキャリアについて壁打ちすることで、自分のやりたいことがはっきりしてきます!

やりたいことがはっきりした上での転職は、納得感が大きく、成功しやすいです。逆に、軸の不明瞭なままの転職は、必ずと言っていいほど失敗します。

ただ、前提として、

「転職エージェントによって、得意な領域や業界が異なる」

「担当コンサルタントは基本的に選べないため、馬が合わなかったり、納得のいくサポートを得られない可能性もある」

いったリスクが想定されるので、転職エージェントには2~3社同時登録して、比較検討してみることをオススメします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人