2019.08.14

営業を辞めたい。そう思っていた時に僕がやった3つのこと

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。 弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

営業を辞めたい。そう言って筆者に相談をしてきた人は結構いました。その大半が「ノルマがきつい」「セールストークが上手くできない」「向いてない」など、あまりポジティブな理由ではありません。

とは言いつつも、別に筆者としては営業職を辞めること自体に反対をしているわけではありません。ただ、「本当にそれで良いの?」とは思うので、営業は営業でも他の種類の営業を提案させていただき、それで解決したことが何度もありました。

今回は、営業を辞めたいと思っている人に向け、なぜ営業を辞めたくなるのか、また違う営業職の提案など、営業を辞めたいと思っている人に少しでも参考になれるような情報を書いていこうと思います。

営業を辞めたくても早期離職はNG

早期離職はダメ

営業を辞めたいと思っても、入社して1年未満の場合は、基本的に最低1年は我慢した方が良いです。
なぜなら、入社して1年未満での離職は、転職活動に悪い影響をもたらすからです。

入社してから1年未満で離職し、転職活動をしてしまうと、応募した企業の面接官から「また同じような不満ができて早く辞めてしまうのでは?」と思われてしまう可能性があり、転職に不利になってしまうはずです。

もちろん、上司からのパワハラがひどく、精神的に病んでしまうなど、自分の精神状態に異常をきたしてしまう場合はむしろやめるべきです。

そういう訳でもなく、ただ営業が向いていないなどの理由で離職を悩んでいる場合は、最低でも1年は我慢しましょう。

現代では勤続年数よりも自分がやってきた営業職に対してどう向き合ってきたかが重要になってきています。とはいえ、長く同じ会社で働く必要がないとは言いませんが、短くても、今の仕事に真剣に取り組んでみてください。

その結果として、数年働いてから転職した方が、より良い企業に採用される可能性が高くなります。

営業を辞めたくなる8つの理由

営業を辞めたい人

筆者が今まで営業を辞めたい人の相談を受けてきた感じとしては、以下の8つのような理由が多い印象です。

  • ノルマがきつい
  • 成績が上がらない
  • 人に頭を下げたくない
  • 売りたいと思う商品がない
  • 断られるのがつらい
  • セールストークが苦手
  • 残業が多く、長時間労働が嫌
  • 人間関係を築くのに疲れる
  • 結果だけで評価されるのが嫌

次に、こういった不満を持つ人は、原因を紐解いてみると、意外と以下のような事が多いんです。

  1. 自分自身の仕事に対する向き合い方がよくない
  2. 営業スタイルや商品に問題がある
  3. 営業という仕事自体が合わない

これらの原因を解決しないまま転職しても、実は上手くいかない確率が非常に高いです。なぜかというと、違う職種に転職したところで、また同じような不満が募ってしまい、転職を繰り返してしまうことが、かなり多いからです。

まず、転職を考える前に、上記のような点で問題があるなら、1度考え直してみると良いです。営業を辞めたい理由が1つ目であるなら、そもそも「仕事のやり方を変えてみる」のが一番良いと思います。

2つ目なら職種は営業職のままで、「営業スタイルや扱う商品が合っていないので、そこが合う企業に転職する」のが良いでしょう。

3つ目に関しては、そもそも営業職が合っていないので「営業以外の職種に転職する」のが良いと思います。

そもそも仕事のやり方を変えてみる

仕事のやり方について考える人

営業を辞めたいと思ったときに、実は今の仕事のやり方がよくない可能性があります。自分にあった仕事のやり方に変えるだけで、仕事にやりがいを感じられるかもしれません。

実際に筆者が営業職だった時におこなっていた、以下の工夫するポイントや成果を出すコツ、仕事を効率化するポイントをご紹介します。

  1. 目標やノルマを達成するコツ
  2. 受注をもらうコツ
  3. 顧客と信頼関係の築くポイント

1つ1つ詳しく説明していきます。

1.目標やノルマを達成するコツ

1つ目については、与えられた目標から逆算して今後の精密な行動計画を作成すると良いです。

営業は、基本的に目標やノルマが決められていることが多いですよね。それを達成するためには、どうすれば良いのかを考える必要があります。

与えられた目標やノルマに追われていると、ルーチンワークになってしまい、仕事に対してのやりがいが感じるのが難しくなります。そうならないためにも、精密な行動計画を立てることが重要になってきます。

行動計画を立てることで、目標やノルマを達成できなかった時のことを思い出し、なぜ達成できなかったのかを細かく分析し、達成するためにはどうすれば良かったのかといった明確な改善策を考えられるようになります。

考えるクセをつけると、それがきっかけで業務を効率的に回せるようになるので、仕事がさらに面白く感じられるようになりますよ。

2.受注をもらうコツ

営業職は多数の顧客を抱えていると思うので、まずは顧客を区別するようにしましょう。区別することで、1つの顧客の対してしっかりと向き合えるようになります。

顧客のニーズが何なのか、現状どのような問題を抱えているのか、その問題を解決するために何ができるのか、これらの順でしっかり考えることで、顧客ごとの提案がしやすくなります。

例えばですが、「もっと業務を効率化したい」と顧客が思っていたとします。その顧客のニーズを日々のコミュニケーションから汲み取り、効率化への障壁をどのようにして取り除くのか、そこまで提案されたら「ここまで考えてくれるのか!任せてみるか!」となりますよね。

顧客に対して真摯に向き合えるのか、これが受注をもらうコツだと筆者は考えています。 「商品が売れない。。」と悩んでいる方は、ぜひ意識して頑張ってみてください。

3.顧客と信頼関係の築くポイント

筆者が思う、営業職で大切なことは顧客との信頼関係だと思います。信頼できない人と一緒に仕事をできるのか、と言われるとぶっちゃけ無理ですよね。なので、顧客と信頼関係をしっかり築くのが、ビジネスにおいては大切なことです。

信頼を築くポイントとしては、ホウレンソウを細かくすることを心がけると良いです。

顧客と信頼関係を築くには、「顧客のアクションに対して、素早く対応する」ことです。進捗がどうなっているのか、細かく言うことで、この人はしっかりしているなと思ってもらえるようになります。

何も報告しない人よりも、逐一報告してくれる人、どちらが信頼して仕事を任せられるかといえば、もちろん後者ですよね。

上記の3つのように仕事のやり方を変えるだけで、営業に対してやりがいを感じられるようになります。とはいえ、営業という仕事は非常に奥深く、簡単に紹介することはできません。以下の記事で、営業の種類別にそれぞれのやりがいについて紹介します。気になる人は、ぜひ読んでみてください。

営業のやりがいって?大変なのに頑張れる魅力を転職のプロが教えます!

営業スタイルや商材を変えてみる

商談が成立した瞬間

営業スタイルには大きく分けて「新規営業」「深耕営業」「ルート営業」の3つがあります。扱う商材や顧客対象でいえば「有形商材個人営業」「有形商材法人営業」「無形商材個人営業」「無形商材法人営業」の4つに分かれています。

同じ営業職でも、扱う商材や取引する顧客が違うだけで、それぞれの業務内容や営業のやり方が異なります。「もう営業を辞めよう」と思う前に、営業スタイルや商材を変えてみるのも手です。

具体的に以下のような理由で、営業をしたくない・営業を辞めたいと考えているのなら、1回冷静になって考えてみて欲しいです。

  1. 新規営業がツライ、一日に何百件も電話をかけてアポをとる営業スタイルがしんどい
  2. 売っている商材や営業している顧客層が合わない、好きになれない
  3. 日次でKPIの達成度を激ヅメされる社風・マネジメントスタイルがツライ
  4. ルート営業に飽きた
  5. 激務がツライ

営業の仕事について、以下の記事で詳しく解説しています。営業には何があるのか、気になる人は読んでみてください。

営業の仕事ってどうなの?具体的な業務内容と必要なスキルをご紹介!

実際にどの営業へ変えれば良いのかご紹介

営業を辞めたい理由も人それぞれなので、一概にどのスタイルの人はこういう営業が良いかは、正直言えません。ただ、あくまでも参考としてならお伝えすることはできますので、一応紹介していきますね。

  • 新規営業がツライなら →食品や雑貨メーカーの小売店向けのルート営業か、全国規模で販促・宣伝をする広告代理店やシステム開発の法人営業
  • 有形商材営業が合わないのなら →人材や広告を扱う無形商材営業
  • ルート営業に飽きた場合は →自分で顧客を新規開拓する新規営業
  • 社風やマネジメントが合わない場合 →そもそもその会社が合わないので、他の働きやすい会社へ転職するのが1番

このように、現在の業務が合わない=営業職が合っていないと考えるのではなく、今の営業スタイルが自分にあっていないという可能性も存分にあります。

実際、筆者が今まで相談を受けてきた人の中でも、「営業職」ではなく「そのときの働き方や会社に問題があった」というケースが非常に多く、全く違う営業スタイルを提案させていただき、解決したことがあります。

営業に向いていない人の5つの特徴

営業で悩んでる女性

営業職に不向きな人の特徴を紹介します。正直、営業には性格的な向き不向きが一定はありますので、当てはまるものが多いほど、営業を続けるかどうかを改めて考えてみても良いかもしれません。

  • コミュニケーションが苦手
  • スケジュールを管理できない
  • 自分で考えて仕事ができない
  • 目標などの数字にストレスを感じやすい
  • 断るのが苦手

以下から解説していきます。

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションは営業の命と言っても良いと個人的には思っています。営業職は毎日顧客とコミュニケーションと取らないといけません。この能力が乏しいと、営業ではかなり不利になってしまいます。

顧客に対しての気配り、質問に対しての的確な回答が必要になってくるので、相手の気持ちを察する能力も非常に重要になってきます。

スケジュールを管理できない

スケジュール管理といっても、筆者が思うスケジュール管理は2通りあると思っています。

まず先ほども紹介した、会社が立てた目標やノルマに対して、逆算して行動する自分用のスケジュールです。これをできるかできないかで、目標やノルマの達成率が大きく変わってきます。

次に、社内や顧客との打ち合わせなど、他人が関わっているスケジュールです。要は、社会人の常識として他人との打ち合わせに遅刻しがちな人は、まず営業はできないということです。

特に、顧客が関わっている打ち合わせに遅刻するようなことは、あってはいけません。営業は会社の看板を背負って顧客と打ち合わせしていることを忘れてはいけません。

営業マンが打ち合わせに遅刻するだけで、下手をすると会社全体の信用度が落ちてしまいます。

自分で仕事を探せない

営業は、自分から率先して行動し、顧客との信頼関係を築いていかなくてはいけません。今までの仕事は基本的に指示を待ってやってきたという人には、営業は向いていません。

お客さんや顧客のことを自ら考え、ただ商品を売るだけではなく、欲しがっているものを提供する能力など、営業には自分で考えて行動する力が不可欠です。

目標などの数字にストレスを感じやすい

営業は常に数字と向き合って仕事をしないといけません。ノルマが厳しいこともあり、数字に対してストレスを感じやすい人が営業をやると、大変な思いをするかもしれません。

また、ノルマを達成するためには、顧客とのコミュニケーションが非常に大切になってくるので、ストレスが溜まりやすい仕事です。ストレスの解消方法は人によりますが、それが苦手な人も営業には向いていません。

断るのが苦手

営業はイエスマンでは成り立ちません。顧客からの無理な要望など、時には断る勇気も必要な仕事です。仮に無理な要望を受け入れてしまい、それを達成できなかったときは、会社としての信用を失ってしまいます。

断ることが、逆に会社の信用にも繋がることがあります。断る勇気がないと、大事な顧客との取引でもミスを招くことになりかねません。

営業から転職可能な5つの職種

未経験OK

まず、前提としてwebディレクターや企画職、広告業界などに行きたいなら、その業界の営業をやっていたかどうかで変わります。

同じ業界内なら比較的転職もしやすいですが、全く異なる業界だと転職は難しくなります。

どうしても違う業界の職種をやりたいなら、行きたい業界の営業職についてから転職するなど、ワンステップ踏むのが無難です。

また、職種を変更するのに部署を異動できるのであれば、それが一番良い選択だと思います。

営業を経験していれば、少なからず業界を変えても転職できる職種があります。以下から、その職種について解説していきます。

未経験でも転職可能な職種

まず、未経験でも受かるかもしれない職種の一覧を紹介します。以下をご確認ください。

  • 経理
  • エンジニア(SE)
  • 総務
  • 人事
  • 事務

注意点としては、未経験で違う業界に行く場合は、20代であることが非常に重要です。30代になってくると、全く未経験の業界に転職するのは難しいと思ってください。

以下から、各職種について、簡単に解説していきます。

経理

営業は、顧客との関係を作ったり技術者の調整役などがメインな業務なのに比べ、経理はお金の動きを数値化し、見えるようにするのが主な業務内容になります。

経理に転職したいなら、今のうちに経理に必要な資格「簿記(最低でも2級)」「MOS」「給与計算実務能力検定」を習得しておくと、転職が有利になりやすいです。

営業から経理への転職について、下記の記事に詳しく記載しています。興味がある人は是非見てみてください。

営業から経理への転職は可能?成功させるコツまとめました!

エンジニア(SE)

前提として伝えておくと、エンジニアの未経験採用は基本的に新卒者を採用することが多いで、中途でエンジニアになるのは難しいです。

とはいえ、受託開発をおこなっている人手不足の企業なら、中途の未経験者でもエンジニアになれる可能性はあります。ただし、実務をこなしながらプログラミングの勉強をしないといけないので、かなりハードだということは覚悟しておいてください。

営業からエンジニア(SE)への転職について、下記の記事に詳しく記載しています。興味がある人は是非見てみてください。

営業からエンジニア(SE)への転職って可能?注意点や成功するポイント

総務

営業から総務への転職は、会社を選ばなければ可能です。それというのも、総務で採用される人の特徴として、基本的に人事や経理の経験がある人が有利だからです。

営業と違い、総務は会社の利益に直接関わってくる仕事ではありません。人手が足りていないなどの理由がないとなかなか求人を出さないのもあり、基本的に即戦力が採用されるというのがあります。

営業から総務への転職について、下記の記事に詳しく記載しています。興味がある人は是非見てみてください。

営業から総務へ転職ってできる?必要な適性や転職する注意点を解説!

人事

筆者としては、営業を経験している人がキャリアチェンジするなら、人事をおすすめしています。その理由としては、まず営業の経験は人事の業務にも活かせるというのがあります。

また、人事は経営目線を養うこともできる職種です。人材の採用担当になれば、会社全体の状況を把握した上で、経営方針に照らし合わせ、必要な人材を考えなければいけません。

「会社全体の成長」という目線を持てる人材は少ないですから、人事を経験することで、市場価値の高い人材になることができるのです。

営業からへの転職について、下記の記事に詳しく記載しています。興味がある人は是非見てみてください。

営業から人事に転職できる?必要なスキルや成功へのカギを徹底解説!

事務

営業から事務になるのも簡単ではありませんが、不可能ではありません。ただ、事務職の求人自体は非常に少ないので、そもそも転職したい時期にちょうど良い求人があるかどうかはわかりません。

また、事務はどうしても女性の仕事という印象が強いです。営業をやっていたというと、体育会系のイメージを勝手に持たれてしまい、合わないと判断されお見送りされてしまうこともあるかもしれません。

営業からへの転職について、下記の記事に詳しく記載しています。興味がある人は是非見てみてください。

営業から事務への転職は可能?転職のプロが成功させるコツを大公開!

営業をなぜ辞めたいのかを知ることが大切

正直な話、営業職ほど将来のキャリアアップを目指せる職種はないので、ただ営業をしたくない・営業を辞めたいという気持ちだけで、営業職を見限らないで欲しいと思っています。

とはいえ、本当に営業が合わない人もいるので、一概に営業を頑張り続けなさいとは言えません。

営業を辞めたいと思っている人はまず「なぜ営業を辞めたい」のか、その理由をしっかり考えるようにしてください。

先ほども説明しましたが、単に業界や会社の環境が合っていない可能性もありますし、営業スタイルが合っていない場合もあります。

思い悩んでいるときは「辞めたい!」という気持ちに支配されているので、第三者に一度相談してみると良いかもしれません。先輩や友達でも良いと思っていますが、筆者としては転職エージェントをおすすめします。

転職エージェントは転職の専門家なので、深く考えずに相談ベースで3社ぐらいに登録して、キャリアアドバイザーを比較しつつ、話を聞いてみてもらってください。

このときに注意したいのが「どういう目的で転職エージェントに登録したのか」を担当キャリアアドバイザーに伝えることです。そうしないと望んでいない求人を提案されてしまいます。

まずは転職ありきで考えるのではなく、本当に営業を辞めるべきなのか、営業を辞めたらどうなるのか、新しい道へのチャレンジを始める覚悟・決意を持てるか、そういう気持ちで転職エージェントを使ってみてください。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。そういった方は、幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

大手の転職エージェントでは、正社員経験のある人が優先的にサポートされ、既卒の方や正社員経験が少ない方は対応もらえないケースもあります。不安な方は、既卒・フリーターの就職支援に強い以下のエージェントにも合わせて相談をしてみましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント

  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイックに
相談する

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。