営業を辞めたい人必見!転職を考えている人にプロが解決法を伝授!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

「営業を続けるのがツラい、もう辞めたい」という悩みを抱えている人は非常に多いです。

そんな気持ちを抱えたまま、日々の仕事をこなすのはとても苦痛が伴いますよね。

この記事を通して、今「ツラい、辞めたい」「営業したくない」という気持ちの原因がどこにあるのかを整理し、原因別の対処法についてアドバイスしていきます。

営業を辞めたい=営業に向いてないとは限らない

悩んでいる女性
営業は売上が設定されていて、その売上を達成するために、日々頑張る職種です。それで思ったように契約が取れず、売上が伸びない…うまくいかない、営業職が合ってないのではないか、辞めるべきなのではないか…とこの記事を読んでいる人は思っていると思いますが、そんなことはありません!

今、「営業はもういやだ!辞めたい!」「もう営業したくない!」と思っていたとしても、なぜそう思うのか、その原因について1度冷静になって整理したほうが良いです。

営業という仕事は、実は業界や企業によって大きく異なっています。自分がやっている営業の仕事が、世の中にある営業のすべてという訳ではないのを理解するようにしましょう。

辞めたい理由を分析することが大切

営業から他の職種へ転職したいという人に、よく私が話す例え話についてお伝えしますね。「僕は営業という仕事自体が大好きですが、正直、あなたが在籍している会社や商材、カルチャーでの営業は絶対にやりたくないです」とお話しています。

ちょっと分かりにくいので、もっと簡単に言うと「営業職という職種に問題があるのではなく、扱う商材、顧客層、カルチャーなどが課題や問題になっているケースがほとんど」だということです。

つまり、営業を辞めたいと思っている理由が本当に営業という職種が嫌なのか、もしくはそのほかに要因が合ったり、要因が複合的に混ざり合って「もういやだ!転職したい!」になっている可能性があります。そう思う原因がなんなのか、まずは冷静に判断したほうが良いでしょう。

よくある営業を辞めたくなる8つの理由

文章がたくさん書かれているノート
転職の相談に乗っていると、よく営業職のここが嫌だから辞めたい!と聞きます。実際に、どんな理由があるのか、とくに多い8つの理由をご紹介します。

  • ノルマがきつい
  • 人に頭を下げたくない
  • 売りたいと思う商品がない
  • 断られるのがつらい
  • セールストークが苦手
  • 残業が多く、長時間労働が嫌
  • 人間関係を築くのに疲れる
  • 結果だけで評価されるのが嫌

現役の転職エージェントとして、営業職から転職したい人の話をお聞きしていると以上のことをよく耳にします。

これらの不満の原因をよくよく紐解いてみると、次のようなことが多いです。

  • 自分自身の仕事に対する向き合い方がよくない
  • 営業スタイルや商品に問題がある
  • 営業という仕事自体が合わない

これらの原因を解決せずに、転職をしても上手くいかない可能性が高いです。違う職種へ転職しても、また同じような理由で転職を繰り返してしまうのは、実はよくあることなのです。

それぞれの解決方法ですが、営業を辞めたい理由が1つ目であれば「そもそも仕事のやり方を変えてみる」のが1番良いと思います。

2つ目なら「営業スタイルや扱う商品が合っていないので、そこを変えてみる」のが良いでしょう。それでも営業が嫌だと感じたら、営業職そのものが合っていない可能性があります。

3つ目はそもそも営業職が合っていないので「営業職以外に合う職種へ転職する」のが最も良い解決策だと言えます。

とはいえ、これだけだと正直よく分からないと思うので、以下でそれぞれの解決方法について、より詳しく解説していきますね。

そもそも仕事のやり方を変えてみる

契約が決まって握手をしているビジネスマン
自分自身の仕事に対する向き合い方がよくない場合は、今の仕事のやり方がよくないだけなので、自分に合ったやり方に変えるだけで営業という仕事にやりがいを感じられるようになります。

そこで実際に筆者が営業をやっている時に実践していた工夫するポイントや成果を出すコツ、仕事を効率化するポイントをご紹介します。

  1. 目標やノルマを達成するコツ
  2. 受注をもらうコツ
  3. 顧客と信頼関係の築くポイント

営業という仕事をおこなう上で、とくに大切な3つについて、筆者が実際におこなっていたことをご紹介しますね。

1.目標やノルマを達成するコツ

1つ目ですが、営業は目標やノルマが既に立てられており、それを達成するのにはどうすれば良いのかを考える必要があります。与えられた目標やノルマをただ消化するのでは、ルーチンワークになってしまい仕事に対するやりがいが感じられなくなります。

そうならないため、与えられた目標から逆算し、その過程で行動と目標を1つずつ細かく分解して精密な行動計画を立てると良いです。

精密な行動計画を立てることで、どうして達成できなかったのかを細かく分析して、達成するためにはどうすれば良かったのかといった改善策を考えられるようになります。

考えるクセをつけることで、より業務を効率的に回せるようになるので、仕事がさらに面白く感じられるようになりますね。

2.受注をもらうコツ

2つ目の「受注をもらうコツ」ですが、多数の顧客を抱えているので、まずは顧客を区分するようにしましょう。区分することで、その顧客のことだけに集中できるようになりますね。

その顧客のニーズが何なのか、今どのような問題を抱えているのか、その問題を解決するために何ができるのか、これらの順でしっかり考えることで、その顧客のためだけの提案ができるようになります。

例えばですが、「もっと業務を効率化したい」と顧客が思っていたとします。その顧客のニーズを日々のコミュニケーションから汲み取り、効率化への障壁をどのようにして取り除くのか、そこまで提案されたら「ここまで考えてくれるのか!任せてみるか!」となりますよね。

顧客に対して真摯に向き合えるのか、これが受注をもらうコツだと筆者は考えています。

3.顧客と信頼関係の築くポイント

個人的に1番重要なのは、顧客との信頼関係だと思います。信頼できない人と一緒に仕事をできるのか、と言われるとぶっちゃけ無理ですよね。

なので、顧客と信頼関係をしっかり築くのが、ビジネスにおいては大切なことです。

顧客と信頼関係を築くのには、何よりも「顧客のアクションに対して、素早く対応することを心がける」ことです。進捗がどうなっているのか、細かく連絡することで、この人はしっかりしているなと思ってもらえるようになります。

何も報告しない人よりも、逐一報告してくれる人、どちらが信頼して仕事を任せられるかといえば、もちろん後者ですよね。

顧客と信頼関係を築くポイントですが、ホウレンソウを細かくすることを心がけましょう。

営業スタイルや商材を変えてみる

笑顔を浮かべている2人の女性
営業スタイルには大きく分けて「新規営業」「深耕営業」「ルート営業」の3つがあります。扱う商材や顧客対象でいえば「有形商材個人営業」「有形商材法人営業」「無形商材個人営業」「無形商材法人営業」の4つに分かれています。

どれも同じように見えますが、それぞれの業務内容や営業のやり方は異なります。扱う商材や対象となる顧客が違うだけで、提案の方法も変わってくるので、営業の仕事が合わない…辞めようと思う前に、営業スタイルや商材を変えてみるのも手です。

人とコミュニケーションを取りながら仕事がしたい、だけど営業はしたくない…という人ほど、今の営業スタイルや商材が合っていない可能性があります。

具体的に以下のような理由で、営業をしたくない・営業を辞めたいと考えているのなら、1回冷静になって考えてみて欲しいです。

  • 新規営業がツライ、一日に何百件も電話をかけてアポをとる営業スタイルがツライ
  • 売っている商材や営業している顧客層が合わない、好きになれない
  • 日次でKPIの達成度を激ヅメされる社風・マネジメントスタイルがツライ
  • ルート営業に飽きた
  • 激務がツライ

営業の仕事について、以下の記事で詳しく解説しています。営業には何があるのか、気になる人は読んでみてください。

営業の仕事ってどうなの?具体的な業務内容と必要なスキルをご紹介!

2019.04.10

実際にどの営業へ変えれば良いのかご紹介

なぜ営業をしたくないのか、辞めたいのかは、その原因をきちんと分析してみないと簡単に「この営業へ転職したら良い!」とは言えないのですが、転職先を考える目安になると思うので、一応ご紹介しますね。

新規営業がツライ場合は、食品や雑貨メーカーの小売店向けのルート営業か、全国規模で販促・宣伝をする広告代理店やシステム開発の法人営業へ転職してみるのも良いかもしれません。

扱っている商材が合わなかったり、好きになれない場合は思い切って商材を変えてみることをおすすめします。例えば、家電製品の有形商材営業が合わないのなら、人材や広告を扱う無形商材営業へ転職するのも良いと思います。無形商材営業なら不動産営業やMRなどの有形商材へ転職するのもありですね。

社風やマネジメントが合わない場合は、そもそもその会社が合わないので、他の働きやすい会社へ転職するのが1番です。社風や上司は会社によって違うので、自分が働きたいと思える会社へ転職すれば、営業をしたくないという気持ちがなくなるかもしれませんね。

ルート営業に飽きた場合は、自分で顧客を新規開拓する「新規営業」へ転職するのがおすすめですね。マーケティングやコンサル業界のコンサルタントへ転職するのも選択肢になると思います。

このように営業といっても、業界や会社で違ってきます。今の業務が合わないからといって、必ずしも営業職が向いていないわけではないのです。実際にこのような悩みを抱えている転職者と面談し、まったく違う営業スタイルを提案させていただくことがあるのですが、最終的に原因が「営業職」ではなく「そのときの働き方や会社に問題があった」というケースが非常に多いです。

営業をしたくない・営業を辞めたいと思っているときは、視野が狭くなっていて気づかないことが多いです。こういうときは、転職エージェントに相談することで、問題を解決できますよ。

営業職以外に合う職種へ転職する

デスクワークをする女性
3つ目であれば「営業以外に合う職種へ転職する」もしくは「営業の経験を活かせる職種、おすすめの職種へ転職する」ことで問題を解決できます。

とはいえ、営業職といっても色々とあるので、業界や会社、商材を変えてみた上で検討することをおすすめします。

それでも無理であれば他職種への転職を考えるようにしてください。

具体的にどのような人が営業に合わないのか、その特徴をいくつかご紹介しますね。

  • 否定的な人
  • ネガティブな人
  • なかなか適応できない人

営業は自社の商材を顧客に売り込むのが仕事です。そのため、自社商材に対して否定的だったり、ネガティブだとそもそも営業は向いていないです。

よく営業職はコミュニケーション能力や明るくないと無理だと言われていますが、そんなことはありません。それよりも否定的でネガティブ、周囲になかなか適応できないと商材を上手く売り込めず、仕事そのものが嫌になってしまいます。

そういう人は、思い切って他職種へ転職すると、ストレスを感じることなく仕事ができるかもしれませんね。

営業以外でおすすめの職種

営業のスキルはビジネスの基本と言われるほど、実は大切なものです。

そのため、営業職を何年やっていたのかによって、次に選べる職種が大きく変わってきます。もちろん、営業で1番難しい新規営業を1年半やっていたのであれば、ぶっちゃけどこへでも転職できます。

問題はそれ以外の人ですよね。スキルが定着して、成果を出せるようになるまで2年はかかります。なので、営業を最低2年やっていれば、選択できる職種は増えます。

具体的には、人材業界の営業をやっていれば人事へ、広告業界の営業をやっていればマーケティングへ転職できるようになります。現在の業界や商材によって、選択できる職種が変わってくるので、注意するようにしてくださいね。

なぜなら人材業界の営業をやっている人が、次はマーケティングをやりたいと思っていても転職できる可能性は非常に低いです。

営業経験が1年〜1年未満の場合は、正直な話、選べる職種が限られてしまいます。このような人は、未経験でも受け入れてくれる事務職へ転職するのが1番良いと思います。

ただ、事務職は将来のキャリアが限られてしまうので、ずっと事務を続けていくつもりなら良い選択かもしれませんが、その次の転職が厳しくなってしまいます。事務職以外の選択肢がなくなってしまうリスクは理解しておきましょう。

事務職への転職はこちらの記事(営業から事務への転職を成功させるコツ)で詳しく解説しています。

また、事務職以外であれば、カスタマーサクセスがおすすめです。カスタマーサクセスの業務ですが、主に顧客の支援をします。具体的には、あるサービスを利用する上で顧客が感じる疑問や問題点を先に解決することです。他にもこうすれば良いという提案を開発チームにおこない、もっと良いサービスにして顧客単価アップを目指したりもします。

事務職よりもやりがいを感じやすいので、カスタマーサクセスもおすすめですね。

まずはなぜ営業を辞めたいのかを知ることが大切

正直な話、営業職ほど将来のキャリアアップを目指せる職種はないので、ただ営業をしたくない・営業を辞めたいという気持ちだけで、営業職を見限らないで欲しいと思っています。

とはいえ、本当に営業が合わない人もいるので、一概に営業を頑張り続けなさいとは言えません。

営業を辞めたいと思っている人はまず「なぜ営業を辞めたい」のか、その理由をしっかり考えるようにしてください。先ほども説明しましたが、単に業界や会社が合っていない可能性もありますし、営業スタイルが合っていない場合もあります。

思い悩んでいるときは辞めたい!という気持ちに支配されているので、1度第三者に相談してみると良いかもしれません。上司や友達でも良いのですが、筆者としては転職エージェントをおすすめします。

転職エージェントは転職の専門家なので、深く考えずに相談ベースで3社ぐらいに登録して、話を聞いてみてもらってください。

このときに注意したいのが「どういう目的で転職エージェントに登録したのか」を担当キャリアアドバイザーに伝えることです。そうしないと望んでいない求人を提案されてしまいます。

まずは転職ありきで考えるのではなく、本当に営業を辞めるべきなのか、営業を辞めたらどうなるのか、そういう気持ちで転職エージェントを使ってみてください。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。そういった方は、幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

大手の転職エージェントでは、正社員経験のある人が優先的にサポートされ、既卒の方や正社員経験が少ない方は対応もらえないケースもあります。ですので、既卒・フリーターの就職支援に強い『UZUZ(ウズウズ)』も登録しておくのがオススメです!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25