20代で転職を検討されている方へ

かんたん60秒!無料の相談申し込みはこちら

2019.11.19

営業のやりがいって?大変なのに頑張れる魅力を転職のプロが教えます!

この記事では、営業のやりがいについて解説しています。業界別の営業職に分けて、どんなやりがいがあるのか、大変なことはどのようなことなのか、詳しくご紹介していきます。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

営業はとてもやりがいのある仕事

営業のやりがいは、顧客から「ありがとう」と直接感謝の気持ちを伝えてもらえることですね。その言葉が嬉しくてやりがいにつながっていきます。

もちろん、やりがいは営業の種類によって変わってきます。営業職は「新規営業」「既存営業」「深耕営業」の3つに分かれます。

以下の記事で、営業の仕事や種類、必要なスキルなどについて解説しています。こちらも合わせてご覧になってみてくださいね!

営業の仕事ってどうなの?具体的な業務内容と必要なスキルをご紹介!

では、次で3つの営業職のやりがいについて、詳しく解説していきたいと思います。

営業職が気になる人は、年間相談実績2000人以上のアクシスにご相談ください!

新規営業のやりがい

3つの営業の中で1番大変だと言われているのが、この新規営業です。ただ、大変だからこそ最もやりがいを感じられるのが特徴だと言えますね。

営業という職種柄、目標となる数字は必ず持たされます。ですから、自分から能動的に考えて行動しなければ、目標達成することが難しいんです。

なぜなら、何もないゼロからスタートして信頼関係を築いていき、契約や受注に結びつけなければならないからなんです。

そんな新規営業のやりがいは4つあります。

上記4つのやりがいについて、次で詳しく解説していきたいと思います!

1、ゼロから初めて契約・受注を獲得できたとき

ゼロからスタートして信頼関係を築き、契約や受注が取れた時ほど嬉しいことはなく、やりがいにつながります。

新規営業は取引のない企業や個人に対して、電話でアポイントメントを取ったり、飛び込みで営業をかけたりします。1日100件以上の電話をかけても話を聞いてもらえない、ということも非常に多いんです。

やっと話を聞いてもらえても詰められることも多く、最初はきついことばかり言われることも多いです。それでもめげずに何度も会社を訪ねて、少しずつ信頼関係を築き上げていきます。

用事がなくても用事を作り、資料を持って立ち寄ることを続けていき、やっと一緒に仕事をしてもいいかな、という信頼関係を築いていきます。

だからこそ、契約・受注を獲得できた時の嬉しさ・やりがいも一入なんですよね。

2、自分がどれぐらい稼げる人間なのか分かる

営業は商材を売ることで利益を稼ぐ職種です。売れれば売れただけ自分の成果になるため、やりがいにつながりやすいです。

目標を達成できるかできないか、シビアな世界なので、目標に到達した時の達成感が非常に大きいです。

また、営業職は成果がインセンティブとして還元されます。頑張った分だけ年収につながるので、年収を増やそうと頑張る人が多いですね。

3、商品の価値に共感してくれたとき

新規営業は1日に100件以上電話をかけたり、飛び込み営業をかけたりします。その際、開口1番で「必要ないので、もう電話をかけてこないでください」と言われることがあります。

そのようなやりとりが何百件と続いたところで、「その商品良いですね。もう少し詳しく教えてください」と言われたら嬉しいですよね。

営業は自分が扱う商材を好きにならないと仕事になりません。自分が良いと思っていないものを買ってくれる人はいませんよね?

「私も良い商品だと思っているんですよ。特にこういう点は、御社の業務に役立つと思うんです」と、自分が扱う商材の良さを分かってくれた時、やりがいを感じる人が多いです。

4、会社ではなく自分を指名してもらえたとき

取引のない会社から自分に指名が入った時、嬉しさとやりがいを感じる人も多くいます。よくあるケースは「××社の▲▲さんから、●●さんに任せておけば大丈夫と紹介されたから」という理由での指名ですね。

これは、紹介した会社との信頼関係はもちろんのこと、自分の仕事に対して満足しているから、他の会社にも紹介してもらえたということなんです。

例えば、信用できない人に大切な友人は紹介できませんよね?ビジネスはもっとシビアで、1つのミスで紹介した会社の信用も地に落ちてしまいます。

そういったリスクがあるのに、それでも他の会社を紹介するのは「●●さんに任せておけば、絶対にやってくれる!」という信頼があるからなんです。

自分でゼロからコツコツと積み重ねた結果なので、指名をもらえた時にやりがいを感じる人は多いんですよ。

営業職が気になる人は、年間相談実績2000人以上のアクシスにご相談ください!

既存営業のやりがい

既存営業は、すでに取引している顧客と良好な関係を築いていき、必要であれば新たな商材を売り込むのが仕事です。

例えば、先輩Aが退職することになり、その先輩Aが担当していた顧客を引き継いで担当する、というのが既存営業ですね。新規営業が能動的な営業をおこなうことに対し、既存営業は顧客ありきのため受動的な営業になります。

そんな既存営業のやりがいは2つあります。

上記2つのやりがいについて、次で詳しく解説していきたいと思います!

1、人との関わりにやりがいを感じる

既存営業は、すでに取引のある会社を定期的に回るのが仕事です。最初はただ挨拶だけをしていた関係でも、何度も顔を合わせることで世間話をする関係に発展することがあります。

商品を届ける・受け取るという関係から、さらに一歩進んだ関係になれたことで、やりがいを感じる人も多いんです。

例えば「今日もありがとうございます」「とても助かっています」という言葉をかけてもらえるだけで嬉しいですし、また頑張ろうって思えますよね。

2、扱っている商材の課題に気づける

自分が収集した情報を開発部門に伝えることで、取り扱っている商材をさらに良くできることに、やりがいを感じている人もいます。

既存営業はただ商材を届けるだけではなく、顧客との会話の中から欠点や新しい課題に気づける位置にいます。

顧客とのちょっとした雑談のような会話の中から、何が本当に望まれているのか、どうしたらもっと商材を良くできるのか。他にもどうしたらもっと顧客に喜んでもらえるのか、考えることができます。

営業職が気になる人は、年間相談実績2000人以上のアクシスにご相談ください!

深耕営業のやりがい

深耕営業は、既存の顧客との関係性を深めつつ、新たなニーズをヒヤリングして取引を増やしていく営業です。

すでに取引のある会社に対して、他にもニーズはあるのか、ニーズに合わせて自社ではどういう商材を提案できるのかを考えます。自分から顧客に働きかけるので、既存営業よりも能動的だと言えます。

そんな深耕営業のやりがいは、「顧客に合わせた提案ができる」ことなんです。次で詳しく解説していきますね。

顧客に合わせた提案ができる

既存営業と同じく、すでにいる顧客の新たなニーズに向けた営業をおこなうのが仕事です。

顧客の状況を会話から分析し、「今抱えている課題がこれだから、うちの商材を使えば解決しますよ」と提案をしていきます。顧客が喜んでくれる顔を想像しながら、その顧客に合わせた提案をしていくため、やりがいを感じる人が多く見られます。

自分で課題を見つけて、その課題を解決するためにはどうすれば良いのか、その提案ができるという点が深耕営業のやりがいだと言えますね。

営業職が気になる人は、年間相談実績2000人以上のアクシスにご相談ください!

【業界別】営業職のやりがい

営業職といっても、業界によってやりがいが大きく変わってきます。業界別に営業職のやりがいについて、次で詳しくご紹介していきたいと思います。

メーカー

メーカーは、重厚長大と言われる重たくて大きなものを扱うケースが多いです。扱うその商品自体がお客さんに届くことによって、その人の生活が豊かになりますよね。その仕事に携われることがやりがいにつながっていきます。

食品メーカーは数あるメーカーの中でも人気があるので、関連記事をご紹介させて頂きます。以下の記事では、食品メーカーへ転職するメリット、求められることなどについて解説しています。こちらもぜひご覧になってみてください!

食品メーカーへ転職するのって難しい?職種別に成功するコツを解説!

人材派遣

人材紹介とは違って、派遣に送り出す人のメンターとしてミーティングをするのが仕事です。派遣に送り出す人達に頼られるので、やりがいに感じる人が多いようです。

また、仕事を通して会社側・派遣の人の成長していく姿を見られることもやりがいにつながっていきやすいですね。派遣を入れることにより、会社は利益を増やすことができますからね。

派遣の人と企業をつないだり人材を埋めていったりすることで、お互いの成長を促せるのがやりがいにつながっていきます。

以下の記事では、人材派遣営業の離職率や仕事内容、メリットなどについて解説しています。こちらも合わせてご覧になってみてくださいね!

人材派遣営業へ転職したい人は見るべし!離職率や激務の事情を解説!

不動産

仲介・戸建売りの場合は、お客さんのために何ができるのかを考えて提案していくのがやりがいにつながります。特に戸建やマンションをイチから造る場合、お客さんの要望を細かく擦り合わせながら進めていきますよね。お客さんから任せてもらえますし、絶大な信頼を寄せてもらえるので、大きなやりがいを感じられるでしょう。

土地活用の営業職の場合は、財産問題や土地をどうしたら良いのか困っているお客さんに、最適な提案をして喜んでもらえるのが、やりがいになります。

以下の記事では、未経験でも不動産業界に挑戦できるのか、向いている人の特徴について解説しています。こちらもぜひ参考にしてみてください!

未経験でも不動産業界に転職できる?高収入を狙う方法も大公開!

生命保険

生命保険は人が生きていく上でなくてはならないものですよね。家族や自分を守るためのプランを考えていきますので、人の人生に寄り添って貢献できる良さがあります。その貢献できる良さがやりがいにつながっていきます。

また、フルコミッション型は非常に厳しい世界ですが、やったらやった分だけ収入に反映されます。中には年収1,000万円を超える人も多数見られます。この収入が増えていくことで、やりがいを感じる人も多いんです。

生命保険は年収にやりがいを感じている人が多いので、以下の記事をご紹介します。保険営業の平均年収や雇用形態による給与制度の違いなどについて解説していますので、こちらも読んでみてくださいね!

保険の営業って年収いくら?男女・年齢別で平均年収を大調査!

広告

自分が携わった広告が世の中に出て、実際にその広告を見て「これは自分たちが関わって作った!」と思えるのがやりがいにつながります。広告物の反響が大きかったり、営業の範囲が大きかったりすると、それだけ大きなやりがいが感じられます。

以下の記事で、未経験から広告業界に転職できるのか、そのポイントや志望動機の考え方について解説しています。合わせて参考にしてみてくださいね!

未経験で広告業界へ転職するには?内定獲得のポイントを大公開!

商社

身近なものを仕入れている商社の場合は、新しいものを国内・国外の人に知ってもらい、それをつないでいくのがやりがいにつながっていきます。

大掛かりな原料を仕入れているような商社の場合は、日本のインフラを支えるような原料の輸出・輸入をおこないます。産業を支えているという部分がやりがいに感じられます。

以下の記事で、総合商社へ転職する方法や求められるスキル、志望動機の考え方について解説しています。こちらもぜひ読んでみてください!

総合商社へ転職したい人必読!成功するポイントを徹底解説!

自動車

自動車産業は売る方でも造る方でも、日本を支えている大きな産業の1つです。テクノロジーが著しく進んでいるので、そのおかげで事故が少なくなり、より人の生活が豊かになっていきます。人の生活を支えるものを造っている、売っているという部分がやりがいになります。

また、自動車が好きな人が自動車産業に携わっているため、最新の情報・状態が間近で見られるのが喜びになり、その喜びがやりがいにつながります。

自動車業界はトヨタが人気なので、以下の記事をご紹介します。トヨタ自動車の募集職種や転職するためのポイント、選考難易度について詳しく解説していまスノで、こちらも目を通してみてくださいね!

トヨタ自動車に転職するには?気になる評判や年収などを大公開!

銀行

銀行には「法人営業」と「個人営業」があります。どちらも保険の営業職と似た部分が見られますね。

「個人営業」の場合は、そのお客さんの悩み事や心配事を解決するような金融商材を紹介するのが仕事です。とても生活に密着しているので、その紹介によってお客さんから感謝されることがやりがいにつながります。

一方「法人営業」の場合は、大手企業との取引が多いですが、中小企業との取引も多いんです。融資をすることでその企業の財務状況が改善されるとか、景気が良くなることにつながった時にやりがいを感じられます。

金融業界といえばゴールドマンサックスが有名なので、以下の記事をご紹介します。何をしている会社なのか、仕事内容や職種、やりがいなどについて解説しています。

ゴールドマンサックスへ転職するには?世界金融の中心で働きたい人必見
営業職が気になる人は、年間相談実績2000人以上のアクシスにご相談ください!

営業で大変なこと

営業で大変なのは、顧客第一なので自分のペースで動けないことですね。顧客から連絡が来れば、夜でもプライベートで予定があったとしても、最優先で動かなければなりません。

これは営業全体を通して言えることですが、顧客と直接対面するので、仕事で褒められるのも自分ですが、怒られるのも自分になります。つなり、やりがいの裏返しが大変なことになるんですよね。

自信を持って提案をしたにもかかわらず、結果に結びつかなければ当然怒られてしまいます。怒られるだけで済めば良いですが、中には取引が終了してしまうこともあります。

それだけ営業職は、いかに顧客のニーズを正確に把握し、そのニーズが満たせる提案をする必要があるんです。

大変なことも営業職には多いですが、顧客の「ありがとう」という一言で、今までの苦労が吹き飛んで、また頑張ろうって思えるんですよね。

営業職が気になる人は、年間相談実績2000人以上のアクシスにご相談ください!

やりがいが感じられる営業に転職するには

営業職と言っても、そのやりがい・業務内容は細かく分かれてきます。営業職への転職を望んでいても、自分がどんな営業職に向いているのか、どの営業職なら挑戦できるのか、その判断はとても難しいと思います。

弊社では、営業職に特化した転職サポートを行なっており、年間2000人以上の転職者からご相談頂いております。まずはあなたの要望や悩みをヒヤリングし、そこからスキルやキャリアの棚卸しをおこなっていきます。

その後、履歴書・職務経歴書の作成と添削をして書類選考率をアップさせ、面接本番で失敗することがないよう、質問想定集を用いた面接対策を壁打ちしながらおこないます。

もちろん、未経験から営業職への転職支援に実績がありますので、「未経験でも大丈夫かどうか話を聞いてみたい」という人も、お気軽にご相談ください!

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。

10時間以上に及ぶ選考対策で転職決定率が大手転職エージェントの5倍!

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。