2019.08.13

営業のやりがいって?大変なのに頑張れる魅力を転職のプロが教えます!

大変な仕事であればあるほど、やりがいがあるのかないのかによって、モチベーションが大きく変わってきます。

今回は、営業職にはどんな魅力とやりがいがあるのか、一方で何が大変なのかについて説明していきます。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

営業はとてもやりがいのある仕事

営業って実はとてもやりがいのある職種なんです。

そう言われても、営業マンって大変でキツそうだし、なんかいつも残業をしているブラックなイメージが…転職するのはちょっと嫌だなって思っている人も多いですよね。

大学を卒業してからずっと営業をしている私に言わせてもらえば、営業ほどやりがいのある仕事はないですよ。と言われてもよく分からないと思うので、私の経験と転職の専門家としての視点でやりがいについてご紹介していきます。

営業は顧客と直接対面して話せるので、直接「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えられてやりがいに繋がりやすいのですよね。

これ以外のやりがいですが、簡単に説明できません。なぜなら、やりがいは営業の種類によって異なるからです。

営業はざっくり「新規営業」「既存営業」「深耕営業」の3つに分かれています。ちなみに、営業でよく思い浮かべるひたすら電話をかけて、アポイントメントを取っているのは新規営業になりますね。

3つの営業職について以下で解説していますので、もう少し詳しく知りたい人はぜひ読んでみてください。

営業の仕事ってどうなの?具体的な業務内容と必要なスキルをご紹介!

それぞれのやりがいについては、次でもっと詳しくご紹介します。

新規営業のやりがい

目標に対して、どこまで達成できているのか考えているビジネスマン

3つの営業の中で、1番大変だと言われていますが、一方で最もやりがいを感じられるのも新規営業の特徴です。

営業という職種柄、目標となる数字は必ず持たされているのですけど、新規営業は自分から能動的に考えて動かなければ、目標を達成できません。なぜなら、何もないゼロのところから信頼関係を築き、契約や受注に結びつけるからです。

新規営業のどういう部分がやりがいに感じるのか、以下で詳しく紹介していきますね。

1、ゼロから初めて契約・受注を獲得できたとき

新規営業は取引のない企業や個人に対して、電話でアポイントメントを取ったり、飛び込みで営業をかけます。

1日100件以上の電話をかけても、誰も話を聞いてくれないなんてことはザラです。

やっと話を聞いてもらえたとしても詰められることも多く、しょっちゅう心が折れそうになります。最初はキツイことばかり言われて、それでもめげずに何度も会社を訪ね、少しずつ関係を築き上げていきます。

用事がなくても用事を作り、資料を持って立ち寄ることを続けて、やっと一緒に仕事をしても良いかなという信頼関係を築いていくのです。

まったくの他人だったところから関係性を作り、契約や受注が取れたときほど嬉しいことはなく、やりがいに感じられますね。

2、自分がどれぐらい稼げる人間なのか分かる

営業は商材を売ることで利益を稼ぐ職種です。売れれば売れただけ、自分の成果になるのでやりがいに変換されやすいです。

目標を達成するか、しないかのシビアな世界というだけあって、目標に到達したときの達成感はひとしおです。

また、営業という職種は成果がインセンティブとして還元されます。頑張っただけ、年収に繋がるので、年収を増やそうと頑張る人は多いですね。

3、商品の価値に共感してくれたとき

先ほど、紹介したように新規営業は1日に100件以上電話をかけたり、飛び込みで営業をします。

開口一番で「必要ないです。もう電話をかけてこないでください」と言われることもあります。そういうのが何百件と続いたところで、「その商品良いですね。もう少し詳しく教えてください」と言われたら嬉しいですよね。

営業は自分の扱っている商材を好きにならないと仕事になりません。自分が良いと思っていないものを買ってくれる人はいませんよね。それと一緒です。

「私も良い商品だと思っているんですよ。とくにこういう点は、御社の業務に役立つと思うのですよね」と、自分の扱っている商材の良さをわかってくれた時にやりがいを感じる人が多いです。

4、会社ではなく自分を指名してもらえたとき

取引のない会社から自分に指名が入ったときに、嬉しさとやりがいを感じる人も多いですね。

なぜ、自分が指名されたのか、その理由を聞いてみれば「○社の▲さんから、□さんに任せておけば大丈夫と紹介されたから」というケースがよくあります。

紹介した会社との信頼関係はもちろんのこと、自分の仕事に対して満足しているから、他の会社にも紹介してもらえたということです。

例えばですが、信頼できない人に大切な友人を紹介できないですよね。ビジネスはもっとシビアで、1つのミスで紹介した会社の信用も地に落ちてしまいます。

そういうリスクがあるのに、それでも他の会社を紹介するのは「□さんに任せておけば絶対にやってくれる!」という信頼があるからです。自分でゼロからコツコツと積み重ねた結果なので、指名をもらえたときにやりがいを感じる人は多いです。

既存営業のやりがい

引き継ぎが終了して握手をしているビジネスマン

既存営業はすでにいる顧客と良好な関係を築いていき、必要であれば新たな商材を売り込むのが仕事です。

例えば、先輩Aが退職することになって、そのAさんが担当していた顧客を引き継いで担当する場合が既存営業にあたりますね。

新規営業が能動的な営業なのに対し、既存営業は顧客ありきなので受動的な営業になります。

次で、既存営業で感じやすいやりがいについてご紹介します。

1、人との関わりにやりがいを感じる

既存営業はすでに取引のある会社を定期的に周るのが仕事です。

最初はただ挨拶だけをしていた関係が何度も顔を合わせることで、世間話をする関係に発展することがあります。 人間関係がただ商品を届けてくれる人から、一歩進んだ関係になれたことでやりがいを感じる人も多いです。

「今日もありがとうございます」「とても助かってます」の一言をかけてもらえるだけで、また頑張ろうって思えますよね。

2、扱っている商材の課題に気づける

既存営業はただ商材を届けるだけではなく、顧客との会話の中から欠点や新しい課題に気づける位置にいます。

顧客とのちょっとした雑談のような会話の中から、本当に何が望まれているのか、どうしたらもっと商材を良くできるのか、どうしたらもっと顧客に喜んでもらえるのかを考えることができます。

自分が収集した情報を開発部門に伝えることで、取り扱っている商材をさらに良くできることにやりがいを感じている人もいます。

深耕営業のやりがい

新たに契約が決まって握手をしているビジネスマンたち

深耕営業は既存の顧客との関係性を深めつつ、新たなニーズをヒアリングし、取引を増やしていく営業ですね。

すでに取引のある会社に対して、他にもニーズはあるのか、ニーズに合わせて自社ではどういう商材を提案できるのかを考えます。自分から顧客に働きかけるので、既存営業よりも能動的だと言えますね。

深耕営業のやりがいについては、以下でさらに詳しく説明していきます。

顧客に合わせた提案ができる

既存営業と同じように、すでにいる顧客の新たなニーズに向けての営業をするのが仕事です。

顧客の状況を会話から分析し、今抱えている課題がこれだから、うちの商材を使えば解決しますよと提案していきます。
顧客の喜んでくれる顔を想像しながら、その顧客に合わせた提案をしていくためやりがいを感じやすいです。

深耕営業と既存営業の違いを分かりやすく言うと、既存営業は解くべき課題が決まっており、深耕営業は何を解くべきなのかその課題を自分で考えます。

自分で課題を見つけ、それを解決するためにはどうすれば良いのか、その提案ができるのが深耕営業のやりがいだと言えますね。

営業で大変なこと

頭を抱えている男性

営業で大変なことですが、顧客が第一なので、自分のペースで動けないところですね。

顧客から連絡がくれば夜でも、プライベートで予定があったとしても、トラブルが発生すれば最優先で動かなければなりません。

営業全体を通して言えることですが、顧客と直接対面するので、仕事で褒められるのも自分ですが、怒られるのも自分になります。つまり、やりがいの裏返しが大変なことになるわけです。

自信を持って提案をしたのにも関わらず結果に結びつかなければ当然怒られますよね。
怒られるだけで済めば良いのですが、中には取引が終了してしまうこともあります。それだけ、営業マンはいかに顧客のニーズを正確に把握し、そのニーズが満たせる提案をする必要があるのです。

このように大変なことも多い営業ですが、顧客の「ありがとう」という一言で今までの苦労が吹き飛んで、また頑張ろう!と思えるのですよね。

やりがいが感じられる営業に転職するには

これまで営業のやりがいについてお話しさせていただきました。プライベートより顧客を優先しなければいけないところが、人によっては、辛いところかもしれませんね。

しかし、そのぶん仕事に対する満足度や結果に応じた給与を得られるので、現職で思い悩んでいる方にはオススメの職種です。

とはいったものの、企業によって同じ職種でもその仕事内容は異なり、「転職したけど思ってた内容と違う」という事態が発生する可能性があります。

転職エージェントを活用すれば、あなたとの面談を通して、あなたに合った企業を紹介してくれます。

さらに、職務経歴書や志望動機・自己PRなどの面接対策、企業への推薦など転職に関わるあらゆることをサポートしてくれるので、自分で転職活動するよりも納得感のある転職ができるだけでなく、選考通過率をグッと高めることができます。

弊社でもエージェントサービスを行なっており、未経験から営業職への転職支援に実績があります。

というのも、弊社では、営業職に特化した転職サポートを行なっており、年間1500人以上の転職者からご相談頂いております

営業職としてキャリアを積みたい、または営業職としてさらなるキャリアアップをしたい、という方は営業職に特化した弊社アクシスに気軽にご相談ください!

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。
転職者のキャリア形成や自己実現を応援する上で、たとえ短期的にはしゃがんだとしても、その後にきちんとリターンを獲得できるキャリアプランを提案いたします。

企業ではなく徹底的に個人を向いたキャリアエージェント

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

すべらない転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。