営業職の離職率は高い?転職のプロが解説する業界別ランキング!

The following two tabs change content below.
末永 雄大

末永 雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

一般的に営業職の離職率は高いと言われています。離職率が高いということは、キツくて大変っていうこと?とか、やっぱり営業ってブラックなのかな…?と不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

ブラックの可能性があるなら、営業職への転職はやめようかな…と悩んでいる方も中にはいると思います。

そこで今回は、営業職の離職率がどうなっているのかということをはじめ、離職率が高い業界・低い業界、営業職を選ぶときのポイントまで、ご紹介していきます。

営業職の離職率の高さは業界による

営業職の離職率の高さは、業界によります。

不動産・生命保険業界は離職率が高くなっていますが、営業職の中でも退職者が多いのは新規営業です。

新しい顧客を得るためにテレアポを1日に何百件もおこない、ノルマも高く設定されているケースが多いです。離職理由の中でも1番多いのは、毎月のノルマが厳しくなかなか達成できないというものです。

一方、メーカー系業界の営業職の離職率は低い傾向にあります。なぜなら、メーカー系は深耕営業やルート営業がメインだからです。

すでに取引先が固定されているので、業務の負担も新規に比べて低くなっています。

次で詳しく説明しますね。

営業職の離職率が高い理由

営業職の中でもっとも離職率が高いのは、新規営業です。新規営業は、新しく開拓していく必要があるため、それだけテレアポをおこなわなければなりません。また、信頼ゼロでスタートするため、難易度が高いです。

毎月のノルマが厳しく、個人営業の場合は土日休みが取りにくいことに加え、対人関係によるストレスが大きいことが理由で、営業職を辞めてしまう方が多いんです。

ちなみに、営業職は上記の新規営業以外に「深耕営業」「ルート営業」があります。

「深耕営業」は、すでにある顧客に対して、ニーズを汲み取って、さらなる提案をしていくのが仕事です。顧客とのコミュニケーションをとりながら、どれくらい引き出せるのかを戦略的に考える必要があります。

「ルート営業」は、すでに取引をおこなっている顧客の現状やニーズをヒアリングし、その上で商品や戦略の提案をしていくのが仕事です。営業職の中でも比較、業務の負担が少ないですね。

離職率が高い業界ベスト5!

営業職の中でも離職率が高い業界がどこなのか、やはり気になるところですよね。

離職率が高い業界・企業は、「厳しいノルマ設定や目標管理がある」「激務の割に給与が低い」「長時間の残業が常態化している」という3パターンのどれかに該当していることが多いです。

では、離職率の高い業界がどこなのか、ランキングにして見ていきましょう。

【1位】不動産業界

1位は不動産業界です。離職率が高い理由は、営業がキツイからです。「住宅販売」「投資用マンション販売」の場合、1日200件以上のテレアポをおこなうこともあります。

不動産は消費者にとって非常に大きな買い物になるため、1件の契約を取るのに半年以上かかることが多いです。休日返上で営業をかける必要もあるので、それだけ過酷だと言えますね。

ただ、不動産業界の中でも「賃貸・仲介」の場合は、離職率が低い傾向にあります。賃貸は来店したお客様に対し賃貸物件の提案をするので、テレアポもほとんどありません。ワーク・ライフ・バランスを保ちながら働けるのが魅力的ですね。

【2位】卸売・小売業界

2位は卸売・小売業界です。卸売・小売業界は、コンビニやデパート、スーパーなど様々な企業が含まれます。

卸売・小売業界の営業離職率が高い理由は、今後おこなう業務が大きく変わらないため、キャリアアップが見込めないからです。また、労働時間が長く給料が安いことも挙げられます。

特に小売の現場に配属された営業の場合、激務になる傾向が見られるので、離職率も高くなります。

【3位】生命保険業界

3位は生命保険業界です。BtoCという個人向け営業のため、なかなか契約につながらないストレスだけでなく、プレッシャーに耐えられず辞めてしまう方が多いので、離職率が高めです。

ノルマ達成のために、家族や親戚、友人に加入を勧めたり、顧客の取り合いになったりするケースもあります。また、同じ業務の繰り返しになるため、スキルアップが見込めないという理由で辞める方も多く見られますね。

他にも、2年目までは固定給だったけれど3年目からは完全歩合制になり、収入が不安定になって退職するという方も多いです。

【4位以下】金融業界など

4位以下は金融業界や医療業界です。金融業界の中でも、証券会社業界は営業が厳しい業界として知られています。

個人向け営業のアプローチ方法が「飛び込みやテレアポ中心」になるため、当たって砕けろという精神を持っていないとキツイでしょう。

対象となる顧客は多方面からすでに多くの提案をされているので、契約になかなか至りません。また、叱責が多くなりがちな業界でもあるため離職者が高いです。

医療業界の中でも離職率が高いのは「医療機器営業」です。特に外資系医療機器営業の場合は、非常にハードルが高いノルマが課せられる場合があります。

もちろん、すべての外資系医療機器営業が同じというわけではありませんので、その点は安心して大丈夫ですよ。

離職率が低い業界ベスト2!


一方、営業の離職率が低い業界がどこなのか、それも気になりますよね。

離職率が低い業界・企業では、離職率を低くするために、様々な取り組みや工夫をしている傾向が見られます。もちろん、営業の種類から低いという場合もあります。

では、離職率が低い業界もランキングでご紹介します。

【1位】メーカー系

1位はメーカー系です。具体的には、食品メーカーや化学メーカー、機械・部品メーカー、自動車メーカー業界などですね。

メーカー系の営業で離職率が低いのは、深耕営業やルート営業が多く、穏やかな働き方になることが多いからです。カルチャーの面で昭和気質の人が多く、人材の流動性が高くないことも理由の1つですね。

年功序列の給与体系が文化として残っているので、離職率が低くなる傾向にあります。

【2位】電力・ガス業界

2位は電力・ガス業界です。電力と都市ガスの小売自由化の影響はありますが、福利厚生が充実しており、労働時間も削減している傾向にあるため、離職率も低めです。

業界全体の安定感が影響していることもありますし、近年ではオール電化も増えていますので、燃料電池事業などに注力する会社も増加しています。

定年まで働き続けることができるのはもちろんのこと、業績が安定している点や競争が少ない点も離職率の低さにつながっていると考えられますね。

構造上新規参入も難しい業界なので、利益も企業により確保されているのもポイントだと言えるでしょう。

営業職を選ぶ時のポイント


離職率が高い業界だと、ブラックな傾向が見られる場合もあるので気をつけたほうが良いです。そこで、営業職を選ぶときのポイントをお教えしたいと思います。

1つ目は、「営業の求人広告を頻繁に出しているかどうか」です。慢性的な人手不足の可能性が高く、仕事もキツくなりがちです。なので、退職者も出やすく、それを補うために求人を常に掲載していると考えられます。

ただ、中には業務拡大のため、頻繁に求人を掲載しているケースもあるため、見極めが難しいかもしれません。

2つ目は「待遇面に疑問があるかどうか」です。離職率が高い企業は、福利厚生や有給休暇制度が曖昧になっている傾向があります。

きちんと明記されていないと給与や配属先の問題、待遇面での問題といったトラブルのもとになるため、入社しても再び離職する可能性もあります。解決策としては、ネットで評判や口コミを調べてみることをおすすめします。

3つ目は女性の場合、「子育てや産休制度をチェックする」ことです。女性は妊娠や出産といったライフイベントがありますので、産休・育休制度があるかどうかのチェックが必要です。

中には、産休・育休制度が導入されていても、取得率が低い場合もあります。実際に、妊娠していることを上司に相談したところ、風当たりがきつくなったという女性もいました。

制度が導入されていても、実際には妊娠や結婚をしたら退職が当たり前、となっているケースもあるようなので、評判や口コミは確認しておいたほうが良いですね。

営業職を選ぼうか悩んでいる方へ

現職と異なる業界や業種に転職する際に、多くの方が陥りやすい失敗は「イメージや憧れで転職したけれど、やってみたら実際は全然違った」というケースです。

せっかくの転職ですから、失敗したくないですよね?

転職エージェントを上手く使うと、転職の成功率を劇的にアップさせることができます。

転職エージェントでは、業界の人でないと知らないような業界の構造や将来性、具体的な仕事内容、メインとなるプレイヤーの関係図などの基礎的な情報を提供してくれます。

さらに、転職のプロが、あなたのこれまでのキャリアや志向性をヒアリングした上で、希望に近い企業を紹介してもらえるというメリットもあります。

転職エージェントでは、企業や配属チームの詳細な情報を持っているので、「上司はどんな人なの?」「昇給タイミングは?」「部署の雰囲気は?」といった、自分が働く姿をイメージできる具体的な情報を事前に収集することができ、転職後のミスマッチが少なくなります。

いざ転職エージェントに登録してみたけれど、担当キャリアアドバイザーと相性が合わない、サポートに満足できないというケースもあるので、まずは2~3社、自分に合いそうな転職エージェントに登録して、実際にキャリアアドバイザーに会った上でサポートを依頼するエージェントを比較・検討するのがオススメです。

※以下に求人数やサポート面、得意領域などから、オススメのエージェントをピックアップしました。

リンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。そういった方は、幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

大手の転職エージェントでは、正社員経験のある人が優先的にサポートされ、既卒の方や正社員経験が少ない方は対応もらえないケースもあります。ですので、既卒・フリーターの就職支援に強い『UZUZ(ウズウズ)』も登録しておくのがオススメです!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?