【異業種】人材派遣業界の営業職から転職するには?コツをご紹介!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

人材派遣業界の営業職は、残業時間が長く、週末も業務に追われる厳しい環境に身を置いています。

というのも、扱う商品が人である以上、他社との差別化が困難です。それに加えて、昨今の人不足の傾向から、業界も新規参入が多く競争が厳しいこともあり、営業目標の達成も難易度が高いと言えます。

しかし、だからこそ様々な営業手法を身に付けており、コミュニケーション力や提案力の高さ、そして、派遣先と派遣スタッフとの調整を通じたトラブル解決力や調整力・交渉力が転職市場に高く評価されています。

今回はそんな人材派遣業界の営業職によくある転職動機と、オススメの転職先についてご紹介します。

人材派遣業界の営業職の方によくある転職理由

人材派遣業界では、残業時間の長さや営業ノルマの厳しさが原因で、転職を検討する方が少なくありません。

そのほかには、給与が低く不安定で、派遣先や派遣スタッフのフォローが大変なことや、営業先に気に入られるための努力がイヤになったりするケースが多いようです。

下記で詳細にその悩み・課題を紹介していますが、その前に人材派遣の営業職にオススメの転職先をお伝えします。

人材派遣の営業の方が抱える悩みについては、いったんオススメの転職先をお伝えした後に

人材派遣業界の営業経験者にオススメの転職先は?

人材派遣業界の営業担当は、派遣先と派遣スタッフのニーズを満たすことで、派遣先の業績確保や向上、派遣スタッフの働き甲斐に貢献できるやりがいのある仕事です。

しかし一方で、労働環境に見合った報酬が確保できているとは言えないケースも多く、転職を決意する人が多い職場と言えます。

では、もし人材派遣業界の営業経験を持つ人が転職を考えるとしたら、どのような仕事が向いているのか。ここでは、人材派遣業界で営業のキャリアを持つ人にオススメの転職先をご紹介します。

人材派遣業界の営業経験者のアピールポイント

人材派遣業界の営業担当は、先ほどお伝えした通り、高い営業スキルが要求されることから、様々な営業手法を身に付けており、コミュニケーション力や提案力が高いこと。

そして、派遣先と派遣スタッフとの調整を通じて、トラブル解決力や調整力・交渉力があることが転職市場に高く評価されています。

人材派遣業界の営業経験者にオススメの転職先!

上記のような能力を持ち、「キャリアチェンジしたい!」「年収アップしたい!」「仕事の幅を広げたい!」という人にITサービスの営業職人材紹介会社の営業職をオススメします。

というのも、どちらも未経験でも積極的に採用しており、かつ専門性を身につけやすいです。さらに、やりがいを感じる人も多く、中長期的に給与・年収を上げやすいのが魅力です。

ITサービスの営業職は、webITを通じて不特定多数の人に影響を与えることができ、尚且つ、その成果が個人のやりがいなどに結びつきます。

顧客のニーズに対して、データを元に論理的に解決策を提案しなければならないため、「派遣スタッフではなく、自分の成果を認めて欲しい」「御用聞き的な営業にやりがいを感じない」という方には非常に相性の良い業界と言えます。

人材紹介会社の営業職をオススメする理由

この記事を読んでる方の中には、「人材ビジネスだけはもう嫌だ」「営業職以外をやりたい」とお思いの方もいるでしょう。ですが、そういった方にこそ、人材紹介会社の営業職をオススメしたいのです。

人材派遣と人材紹介の違いは、ずばり扱うターゲットにあります。

相手の未来を提案することができる

派遣業だと、どうしても企業に頼まれて、求職者に「誰でもできる仕事」を紹介する形になりますが、紹介業は、求職者には「個々人に合った仕事」を、企業には「企業の成長に必要な人材」を提案するのです。

企業の単なる穴埋めとは違い、求職者と企業の双方の未来に携わることができる、将来を提案することができるのが何よりの魅力です。

給与をあげることができる

人材紹介ビジネスは、企業に転職者を送ることができると、成果報酬として、その転職者の給与の35%をフィーとしてもらうことができます。

転職者一人あたりの単価が高いため、派遣ビジネスよりは安定した給与を得ることができます。

ただ、同じく「人」を扱うビジネスのため、労働時間は長めになることは避けれません。しかし、その拘束時間も派遣営業よりは短いものにはなるでしょう。

人材派遣業の営業から転職するなら転職エージェントを活用しましょう

先ほどは、転職先としてITサービスの営業職と人材紹介業の営業職の2つを紹介しました。

とはいっても、「この2つが自分に合っているのかわからない」「他にどんな業界・職種があるのか知りたい」という方もおられるでしょう。

そういった方は、一度転職エージェントに相談することをオススメします。

エージェントは、転職市場の相場や何百人もの求職者と面談してきた経験をもとに、あなたの中長期的なキャリアプランも考慮した上で転職先を紹介してくれます。

特に、先の文章で人材紹介に興味を持った方には、人材紹介業の魅力・課題点などの「生の声」を聞く絶好の機会ではないでしょうか。

ここでは、全業界・職種の求人を網羅しており、幅広いキャリアの提案が可能な大手の転職エージェントをご紹介します。

「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。

必ず1社は登録しておくべき!総合型大手エージェント

末永

まず転職を考える際、全ての方が鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

エージェントを利用するメリットは、キャリアについての相談やあなたに合った求人を出してくれるだけではありません。

日程調整や給与交渉など、転職における面倒な手続きを代行してくれたり、面接対策や企業への推薦など、一人で転職活動するより、あなたの選考通過率をグッと高めてくれます。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

A.ノルマが厳しい

人材派遣業界の営業ノルマは達成も困難ですが、達成できない場合の会社や上司からの詰めでストレスが溜まります。

人材派遣業は、新規参入が多く、人材派遣や営業に関するノウハウを持っていない経営者も相当数見受けられます。

「売上や新規顧客の獲得件数といった目標の立て方自体が曖昧で、営業社員の気合と根性をあてにし、根拠のない数字が目標となっている」、「商品自体が人である以上、安定的にその質が担保されているわけではない」といった理由が、ノルマの達成を困難にしています。

ノルマが未達になった際の追及も、行動を量として管理する会社が大半なので、一日あたりのアポ件数やフォロースタッフ数など、細かいKPIが設定されています。

そのKPIやノルマを達成するまで休日・深夜の勤務を強要することもお構いなしです。

B.労働時間の長さ

人材派遣業界は会社の規模によって長時間労働が蔓延し、休日出勤も頻繁にあります。

中・小規模の会社を中心に長時間労働が蔓延している原因としては

「派遣スタッフ登録希望者への連絡時間が18時以降になることが多いことから、研修や会議などの予定も遅くなってしまうこと」「営業担当が派遣先と人材コーディネートも請け負うなど、業務範囲が明確に切り分けられていないこと」

などが挙げられます。

通常の営業業務に加えて、当然事務作業や会議はありますし、派遣スタッフの悩み相談にのることもあることから、業務上カバーしなければならない範囲は広いと言えます。

また、休日であっても派遣先からのクレーム対応に追われることもありますし、平日できなかった業務を週末にすること、派遣法といった法律の勉強や「派遣元責任者」資格の取得などの対応で土曜日や日曜日に休みが取れない営業担当は多いです。

C.給与の低さ

人材派遣業界の平均給与は500万円弱。入社時の年収は300万円~400万円が一般的ですが、この業界に限らず営業担当の給与はインセンティブをもとにしていることが多いため不安定です。

営業成績が振るわないと手取りは圧倒的に少なくなりますし、ボーナスにも影響します。

また、派遣に伴うマージン率は平均すると30.6%であることから、基本給自体は低く抑えられています。

何れにせよ、長時間労働や休日返上でもらえる給与としては割に合わないと考える人が多いのがこの業界の営業担当の特徴です。

D.派遣スタッフのフォローが大変

派遣スタッフと派遣先との調整は営業担当の大切な仕事です。

営業担当は派遣スタッフにとって身近な相談役なので、「仕事の内容が思っていたものと違う」「労働条件が提示されていたものと違う」「職場の人間関係が悪い」など様々な相談が持ち込まれます。

そのような相談に乗ることは大切な派遣スタッフを確保する上でも必要です。

更に、その相談に基づいて派遣先と調整を行っていかなければなりません。調整の対応としては以下のようなものがあります。

  • 無断欠勤時のフォロー
  • 勤務時のトラブル対応
  • 契約期間の満了を待たずにスタッフから辞職の申入れをされた場合の対応

このような対応は、営業担当の相当な精神的負担になり、ストレスを溜める人が多いです。

E.派遣先への対応が大変

営業担当が派遣先と派遣スタッフのコーディネーターを行っている場合、「派遣スタッフの能力が低い」「派遣スタッフの遅刻が多い」といったクレームや調整等の依頼が営業担当に直接持ち込まれます。

営業担当は、自分自身の問題でないにも関わらず対応しなければならないことがかなりの頻度で起こります。

また、派遣スタッフは簡単に派遣先を辞めてしまいます。

「派遣先が暑い(寒い)」「管理職の指示の仕方が気に食わない」など、正社員や何の後ろ盾も持たないパートタイマーであれば、我慢するような理由で簡単に辞めてしまうことがあります。

その度に、派遣スタッフを改めて選定して、事務手続きを経て派遣することを繰り返さなければなりません。

逆に派遣先から契約期間の満了を待たずに契約期間の終了を告げられた場合、残りの期間分の給料を派遣会社はスタッフに支払わなければいけません。

そのため、その期間分の給料を負担してもらえるように派遣先に交渉しなければならないこともあります。

このように、この業界の営業担当は、派遣先と派遣スタッフとの板挟みで神経をすり減らしてしまう人が多いです。

F.「御用聞き」的な営業にやりがいを感じない

人材派遣の営業は、競争が激しいことと、商品の差別化が困難であることから、派遣先にいかに気に入られるかを重視する営業担当が多くいます。

本来は、派遣先のニーズにあった派遣スタッフを、スタッフの生活環境や希望を考慮した上で選定、派遣したいところですが、派遣先に気に入られたい一心で派遣先の希望を最優先した結果、人材とのミスマッチが生じることも多くあります。

そのような「御用聞き」的な営業にやりがいを感じないことが転職を後押しすることもあります。

転職するか迷った時はどうすればいい?

人材派遣業界の営業から異業種に転職する決意がつかない…という時は以下の3つの観点から考えてみましょう。

今感じているやりがいは他の仕事では得られないのか

人材派遣業界の営業の仕事は派遣先と派遣スタッフ双方のニーズを満たす必要があることから、激務につながっています。

派遣スタッフの生活や働き方が業務に直接影響するため、長時間労働になり、休みも少なく不規則。更に、収入も営業成績が左右するため不安定です。

でも、人が好きだからできる仕事でもあり、関わる人の幸せに関わることの満足感や達成感は、人材派遣業界の営業担当にしか経験できないものです。

また、営業として様々な能力が自分の知らない内に身に付くのも、この職種の特徴です。

このようなやりがいや、能力が他の仕事で得られるのかを考えてみましょう。やりがいとしての部分は、キャリアコンサルタントなど人材業界の他の職種でも感じることができるかもしれません。

「お客様のニーズを聞いて、それを満たすような提案を考えたい」なら、無形商材の営業でもやりがいを感じることができるかもしれません。

自分のやりがいや能力を伸ばしていくには、人材派遣業界の営業でなければならないのでしょうか?

10年後の自分は想像できるか

皆さんは10年後の自分にどのようなイメージを持っているでしょうか?

派遣先と派遣スタッフの調整とノルマに耐えながら、そうはいっても仕事を軌道に乗せて成績を伸ばしている姿でしょうか?それとも、疲れて仕事に後ろ向きな姿でしょうか?

今いる職場が、「自分は10年後に絶対こうなる!」という明確なビジョンが描ける職場か、「今の職場で働き続けた10年後の自分の姿がなりたい人間像か」を想像して、転職を判断するのもひとつの方法です。

抱えている不満は自分で解決できるのか

仕事をする上で、誰もがそれぞれの立場で不安や不満を抱えています。それらの不満が転職で解決できるのか考えてみましょう。

不満の原因が会社の制度や考え方、方針に基づくもので、個人ではどうしても解決できないと判断した場合は転職で解決する方法もあります。

人材派遣業界の営業であれば、派遣先のニーズや派遣スタッフの体調、私生活や仕事に対する意識はどうしようもありませんし、会社が定めるノルマを自分がコントロールできるわけではありません。

給料は会社が定めるマージン率や自分の営業成績に依るため、安定的に高収入を確保することは困難です。

そのような不満につながる状況が自分の価値観に対してどの程度のウェイトを持つ問題なのかを考えて、我慢できないようであれば転職を考えてみてはいかがでしょうか?

「それでも決意できない」「自分にあった業界がわからない」という時は

ここまで、人材業界の営業職について、仕事のマイナス面とオススメの転職先、転職するか迷った時にどのように判断するのかを説明してきました。

それでも、「今後どうしたらよいのか決められない」「転職先を上手く見つけられるか不安」という時は、転職エージェントのサポートを受けることをオススメします。

転職エージェントを利用すれば、公開されていない求人が見つかることも多いですし、転職活動についてあらゆる面からサポートが受けられます。

ただ、担当するキャリアアドバイザーによって、サポートの質が変わってくる部分があるので、複数の転職エージェントに登録して、自分に合うものを使っていくのがおすすめです。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25