人材業界の営業職へ転職するには?転職のプロが解説【未経験必見】

  • !

人材業界の営業職へ転職するには?転職のプロが解説【未経験必見】

    こんにちは!すべらない転職の末永です。

    人材業界の営業職への転職を考えている人向けに、プロのキャリアエージェントが転職難易度について徹底解説します。また、気になる中途採用情報や年収、面接の傾向・対策も分かりやすく説明します。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

人材業界は未経験でもチャレンジできる

人材業界は、未経験歓迎の求人が多いので、未経験の人でもチャレンジできます。

色々な業態がある人材業界ですが、弊社では20代の若手で業界未経験の人は、正社員領域の人材紹介か求人広告の営業職をおすすめしています。

ここで言う人材業界とは、人材紹介の法人営業やキャリアアドバイザー職種、もしくは求人広告の営業職のことを前提としておすすめします。

人材業界を未経験の人におススメする理由として、以下の6点が挙げられます。

  • 未経験者を採用してくれる
  • キャリアステップが広がる
  • 仕事をしていく中で学べることが多い
  • 身近なテーマを扱うのでリアリティを持てる
  • 自分がこれまでにいた業界経験や知識が活かせる可能性がある
  • 世の中に対して広い視点を持てたり、様々な業界やビジネスモデルを理解できる

無形商材の法人向け営業の中では、未経験者を広く採用してくれる点が大きいです。未経験の人へのおすすめなので、そもそも内定可能性が高いことは大事ですよね。

中小よりも、大手企業のほうが未経験者を積極採用してくれるケースが多く、業界大手企業へ転職できる可能性があります。

法人営業について気になる方は以下の記事も参考にしてみてください。

人材業界で働く上での注意点

人材業界で働く上での注意点として、以下の2点があります。

  • 一般論的な甘い考えだとギャップが大きくツラくなってしまう
  • 疲弊したり人間不信になってしまう

「人材業界=社会性が高い」と思い込み、人の役に立ちたいといった一般論的な甘い考えだと、ギャップが大きくツラくなってしまうかもしれません。

あくまで、ビジネス視点として捉えられる人のほうが向いているかもしれません。

また、企業側の営業であれば良いですが、個人側は割と感情や気まぐれに振り回されてしまいがちで、疲弊したり人間不信になってしまう人もいます。

そもそも無形商材の法人営業をおすすめするのか?

転職者末永さん、なぜ無形商材の法人営業をおすすめしているのですか?

転職エージェント末永 末永

まずは、キャリアアップの認識を合わせるところから始めましょう!

キャリアアップとは、そこに転職することで、職種や業界の選択肢が広がったり、年収アップできることです。

転職者なるほど!キャリアの選択肢が広がることがキャリアアップなのですね!

転職エージェント末永 転職エージェント 末永

そうなんです!キャリアアップは、ただ年収が上がるだけではないんです。

その上で、なぜ無形商材の法人営業が良いのかというと、お客様の課題に入り込んで提案することを、法人相手に行うからです。

転職エージェント末永 転職エージェント 末永

商品の形がある場合、価格や機能差によって購入の判断が変わるのに対して、無形の商品だと、商品の差ではなく、営業力・提案力の差で購入の判断が変わります。

さらに、法人の場合は、見込める効果に対するコストを稟議で通す必要があり、多くの人の認証が必要であるため、単純に難易度が高いです。

転職者なるほど、無形商材の法人営業の難しさは分かりましたが、なぜキャリアの選択肢を広げられるのでしょうか?

転職エージェント末永 転職エージェント 末永

いい質問ですね。これは、ソリューション営業と呼ばれる無形商材の法人営業の思考法はビジネス一般的に必要なものだからです。

例えば、マーケティングへの転職の場合は、なぜ相手に認知されていないのか、その商品を買ってもらうためにはどんな媒体で、どんな提案をするのかを考える職種です。

まさに無形商材の法人営業の業務内容なのです。

転職エージェント末永 末永

人材紹介か求人広告の無形商材の法人営業に転職しようと考えているならすべらないキャリアエージェントに相談することをおすすめします。

弊社のエージェントは、企業と転職者の両面とやりとりを行なっているため、企業の情報に深く精通しています。

ホワイトさや、インセンティブが多いなど、働く実態としての情報を把握しているため、ミスマッチもかなり抑えられます。

営業への転職なら

人材業界の種類

人材業界と言っても、いろいろな業態やビジネスモデルがあります。具体的には、以下のような業態・ビジネスモデルに分かれます。

人材業界の業態・ビジネスモデル

よく人材紹介業と人材派遣業は混同して勘違いされがちですが、まったく異なる業界です(大手企業では両方おこなっている会社もあり、ややこしいので注意が必要です)。

以下の記事では、営業の種類をもっと詳しく解説していますので、興味のある人は参考にしてください。

人材業界の業態・ビジネスモデルについて詳しく説明しますね。

人材紹介業とは

人材紹介業とは、新卒か中途かのいずれかで、正社員または契約社員を企業に紹介し、入社した際に成果報酬として企業から手数料30〜35%程度をいただくビジネスモデルです。

厚生労働省の有料職業紹介免許を取得して、事業をおこなう必要があります。

一般論的には転職市場では、同じ人材業界の営業の中でも、人材紹介の法人営業は難易度が高めだとされています。

人材紹介の法人営業の難易度が高い理由として、以下の2つがあります。

人材紹介の法人営業の難易度が高い理由

  • 提案先が社長や役員、人事責任者以上のケースが多い
  • ビジネスモデルや組織、職種について広く深い知識が求められる

ただ、難易度が高い反面、実務経験を積み一定の実績さえ出せば転職市場での価値や評価を高めることが可能です。

弊社がおこなっている転職エージェントのサービスが、ズバリ人材紹介業に該当しますね。転職エージェント、人材紹介業に興味がある場合は、ぜひ弊社へご相談ください。

人材紹介業の仕事が気になる人は、以下の記事を参考にしてください。

人材派遣業とは

人材派遣業とは、派遣会社に登録または雇用されたスタッフをクライアント企業に派遣社員として派遣し、クライアント企業から派遣手数料をいただくビジネスモデルになっています。

厚生労働省からの許認可が必要ですが、有料職業紹介とは別の派遣免許を取得して事業をおこなっています。

人材派遣業について興味のある人は、以下の記事を参考にしてください。

求人広告業(求人媒体・メディア)とは

求人広告業界は、主に「メディア・媒体社」と「代理店」の2つに分かれます。2つの違いについて、以下でご紹介しますね。

  • メディア・媒体社
    自社で求人媒体を運営し、企業や店舗に営業して自社の求人広告枠に掲載いただくことで、掲載費用を前金でいただくモデル。

  • 代理店
    自社の媒体ではなく媒体社の営業代行業務として、代わりにクライアント企業に営業し、広告掲載依頼をいただくモデル。営業職であれば、仕事の内容はそこまで変わりはありません。

また、求人メディア・媒体特性として「対象層」と「課金モデル」の違いがあります。

  • 対象層の違い
    正社員(新卒媒体か中途媒体)・アルバイト・派遣社員・医療系職種特化など、扱う雇用形態や業界・職種特化の媒体などで分類される。

  • 課金モデルの違い
    これまでは掲載費用をいただき、採用に成功してもしなくても費用が発生するのが一般的でしたが、最近では採用数に応じて費用が発生する成果報酬型(採用課金型)の求人広告も増えてきている。

成果報酬型(採用課金型)求人サイトで有名なところでは、株式会社リブセンスが運営するマッハバイト(旧ジョブセンス)というメディアですね。

資格や許認可が不要な求人メディア。最近の求人媒体の動向は、ネットの発展により参入障壁が下がり、色々な業界からの新規参入が増えて業界の変革期にあると感じます。

2010年以降に国内で台頭してきた求人媒体としてIndeed(インディード)、Green(グリーン)、Wantedly(ウォンテッドリー)、求人ボックスが挙げられます。

領域をかなり絞り込んだニッチな求人メディアや、新しい課金モデル、低額なモデルも増えています。求人広告業について気になる人は、以下の記事を参考にしてください。

営業への転職なら

SES(システムエンジニアリングサービス・業務委託の営業支援)とは

エンジニアの業務委託支援サービス(SES/システムエンジニアリングサービス)とは、フリーランスと言われる個人事業主のエンジニアや、Webデザイナーの人たちの業務委託案件の営業を代行する事業です。

企業のウェブやシステムの開発受託業務を集めてきて、フリーランスエンジニアなどに案件情報を提供しています。

業務委託契約がクライアント企業とフリーランスエンジニアの間でマッチングした場合、稼働に応じて、手数料をマージンとしてもらうモデルです。

SES(システムエンジニアリングサービス・業務委託の営業支援)について気になる人は、以下の記事を参考にしてください。

人材業界のやりがい・大変なところ

人材業界のやりがいですが、企業の採用を支援することで、クライアント企業の事業や組織が成長したり、課題が抜本的に解決するといったシーンを体感できる面白味があります。

また、社長や役員などの経営陣や現場の事業責任者など、色々な業界や職種や役職者に出会える点もやりがいに感じる人が多いです。

個人の人生に大きな影響を与える分、責任も大きいですが、感謝していただける機会は多く、やりがいも感じやすいです。

逆に人材業界での仕事の大変さですが、企業と個人の間に入り調整役のような仕事となるため、双方の思惑に振り回されることが多く、あまり物事に期待しなくなる可能性があります。

ですが、物事に動じないという意味では、ストレス耐性が高まり、ビジネスパーソンとしては鍛えられるとも言えるでしょう。

人材業界でおすすめする企業

人材業界でおすすめな企業は、以下の企業です。

おススメの理由として、成長率が高い、高い利益体質、独自の強みがある、採用人数が多い、中途採用も積極的などの理由です。

ただし、上記企業の中であなたとの相性によってオススメ企業が変わってきます。あなたに合う企業について確認したければ、ぜひ弊社にご相談ください。

人材業界の営業へ転職をお考えの人へ

転職をお考えでしたら、すべらないキャリアエージェントをぜひご活用ください。

弊社は、人材業界の営業職への転職支援を得意としており、転職成功実績が多数ございます!

これまでの実績により蓄積された独自のノウハウから、転職者様の支援をおこないます。

すべらないキャリアエージェントは、以下のような他の転職エージェントに負けない強みがあります!

  • 転職サイトに載っていない優良求人を保有
  • 志望する企業向けにカスタマイズされた面接練習の実施
  • 転職支援のプロによる転職者様の長期的なキャリア設計のコンサルティング

すべらないキャリアエージェントは、無料でご利用いただけます!

キャリアにお悩みでしたら、まずはお問い合わせください。

リクルートをはじめとする人材業界に特化した転職エージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. リクルートのような大手から・レバレジーズのようなベンチャーまで転職実績多数!

【無料】転職サポート申し込み

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A