【未経験必見】人材業界の営業職へ転職するには?おすすめの職種って?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

ここ数年、求人数がものすごく増加し、売手市場になっていますね。

その影響もあって、大手人材サービス企業各社(人材紹介・斡旋、求人広告、人材派遣、エンジニアの業務委託)の業績は好調のようです。

結果、採用のニーズも非常に高まっており、現在人材業界の求人はとても増えており、それに比例して人気も高まっている印象です。

今回は未経験者が、人材業界を志望する際に知っておきたいポイントをまとめてみました。

リクルートキャリアで人材系の営業の経験がある弊社に相談してみませんか?

そもそも人材業界とは?

人材業界と言っても、いろいろな業態やビジネスモデルがあります。

具体的には、以下のような業態・ビジネスモデルに分かれます。

  • 人材紹介業(正社員斡旋業・転職エージェント業)
  • 人材派遣業
  • 求人広告(媒体・メディア)
  • エンジニア業務委託(SES・システムエンジニアリング派遣)

よく人材紹介業と人材派遣業は混同して勘違いされがちですが、全く異なる業界です。

 

人材紹介業とは

人材紹介業は、新卒か中途かのいずれかで、正社員、または契約社員を企業に紹介し、入社した際に成果報酬として企業から採用フィーを30~35%程度いただくモデルです。

厚生労働省の有料職業紹介免許を取得して事業を行う必要があります。

リクルートでの人材紹介業の経験のある弊社末永と一度お話ししてみませんか?

人材派遣業とは

人材派遣業は、派遣会社に登録、または雇用されたスタッフを、クライアント企業に派遣社員として派遣し、クライアント企業から派遣手数料をマージンとして得るモデルです。

こちらも厚生労働省からの許認可が必要ですが、有料職業紹介とは別の派遣免許を取得して事業を行っています。

求人広告業(求人媒体・メディア)とは

求人広告業界は、主に、メディア・媒体社と、代理店の2つに分かれます。

前者は、自社で求人媒体を運営し、採用企業に営業して、自社の求人広告枠に掲載いただく事で、掲載費用を前金でいただくモデルです。

後者は代理店なので、自社の媒体ではなく、媒体社の営業代行業務として、代わりにクライアント企業に営業し、広告掲載依頼をいただく形ですが、営業職であれば、仕事の内容はそこまで変わりありません。

また、求人メディア・媒体特性として、対象層と、課金モデルの違いがあります。

対象層については、正社員(新卒媒体か中途媒体)、アルバイト、派遣社員、医療系職種特化など、扱う雇用形態や業界・職種特化の媒体などで分類されます。

課金モデルについては、これまでは基本的に掲載費用を前課金でいただき、採用に至っても至らなくても、費用が発生していましたが、最近では分野によっては、成果報酬型の求人広告も増えてきています。

有名なところでは、リブセンスが運営するジョブセンスというメディアですね。

このように、求人媒体の最近の動向として、ネットの発展により、参入障壁が下がり、いろいろな業界からの新規参入が増えて、業界の変革期にあると感じます。

領域をかなり絞り込んだニッチ求人メディアや新しい課金モデルや低額なモデルなども増えており、玉石混交となっている感じがありますね。

→求人広告業界への転職なら、転職エージェントの弊社に無料相談しませんか?

SES(システムエンジニアリングサービス・業務委託の営業支援)とは

エンジニアの業務委託支援サービス(SES/システムエンジニアリングサービス)は、フリーランスと言われる個人事業主のエンジニアやWebデザイナーの人たちの業務委託案件の営業を代行する事業です。企業のウェブやシステムの開発受託業務を集めてきて、フリーランスエンジニアなどに、案件情報を提供し、業務委託契約がクライアント企業とフリーランスエンジニアの間でマッチングした場合、稼働に応じて、手数料をマージンとしてもらうモデルです。

人材業界は人材紹介か求人広告業界がオススメ!?

いかがでしょうか。人材サービスと言っても、たくさんの業態があるのですね。

逆に、ややこしく感じた方もいるかもしれませんね・・

いろいろな業態がある人材業界企業ですが、人材派遣業などを否定しているわけでは全くありませんが、結論としては、弊社では、20代若手で業界未経験の方へは、正社員領域の人材紹介か求人広告の営業職をお勧めしています。

その理由としては、いくつかありますが、結論としては、法人営業としての難易度や、キャリアパスの強さの2点があります。

おすすめポイント1:法人営業としての難易度

職業に貴賎はありませんが、一般論的には転職市場では、同じ人材業界の営業の中でも、人材紹介の法人営業は難易度が高めだとされています。

難易度が高いという事は、その実務経験を積み、一定の実績さえ出せば、転職市場での価値や評価は高まります。

正社員の採用の決裁権は、採用コストが高いためという点と、長期雇用のため、カルチャーに大きな影響を与えがちである点、また、中途については事業の成功を決める専門性が高い職種を扱う場合が多いために、社長や役員、人事責任者以上の上位者が採用担当として出てくるケースが多いです。

また、前述の、中途には事業の成功を決める専門性が高い職種を扱う場合が多いために、多くの業界・事業のビジネスモデル理解や、それにひもづく組織図、職種についての広く、深い知識が求められます。

それと比例して、営業としての提案の幅も広がりやすいです。

例えばですが、派遣スタッフとしては、扱う職種は、事務職が多かったりします。

事務職の派遣スタッフを依頼された際に、人柄などの要望には一定の多様性はありますが、それ以外は、事務スキルはそこまで業界や会社で変わりがなく、営業としての提案の幅が限られてしまい、競合との差別化も、時給など給与面が中心になってしまいます。

一方、人材紹介でも、求人媒体でも、中途の正社員領域の営業スタイルは、事業展開のヒアリングや提案から入り、その事業展開に最もマッチしそうな経験やスキルなども定義・提案して、実際に候補者を選定していきます。

実際に自分が紹介した候補者が入社後に、クライアント企業の大きなプロジェクトを成功させ、会社が一気に拡大したり、新聞などを賑わせるなど、間接的に、自分の介在の成果を確かめる事ができます。

(もちろん、人材紹介や正社員の媒体営業が、誰もがそう言った提案や営業ができているわけではありませんが、あくまで物理的な余地があるという意図です)

 

おすすめポイント2:キャリアパスの魅力

2点目のおすすめ理由ですが、キャリアパスが魅力的である点です。

正社員領域の採用支援の営業を経験していると、次のキャリアパスとして、事業会社の人事・採用担当としての引き合いが増えます。

派遣の営業や、アルバイト領域の求人広告営業などの経験でも、人事へのキャリアパスが開ける可能性はありますが、比較すると正社員領域の採用支援経験の方が、可能性は高まりやすいです。

事業会社が、人材紹介や求人広告の営業経験者を採用する理由としては、他社や異業界を含めた企業の正社員の採用支援の経験が豊富で、転職者のニーズなどの相場情報やノウハウを持っているためです。

そうした経験は、正社員領域の採用支援の実務経験をしていないと得られないのです。

ただし、飲食店や小売業などアルバイト中心に採用をする業界の事業会社であれば、話は変わってくるとは思います。

リクルートキャリアで人材系の営業の経験がある弊社に相談してみませんか?

 

人材業界の職種は?(リクルーティングアドバイザー・キャリアアドバイザー)

それでは、人材業界、特に人材紹介事業と求人広告事業の職種はどう言った職種があるのでしょうか。

人材紹介業では、リクルーティングアドバイザー(RA)という法人営業職と、キャリアアドバイザー(CA)という個人転職者向け担当の2つの職種があります。

前者は、企業に対して、求人の獲得や該当求人の採用決定を支援する仕事内容です。

後者は、転職希望者である個人と面談し、転職活動のサポートや、求人の紹介、面接などの選考の日程調整などを行う仕事内容です。

人材紹介ののキャリアステップ

前述しましたので、こちらでは簡単に触れますが、人材業界の営業職種やキャリアコンサルタントのキャリアパスにはどう言った方向性があるでしょうか。

  • 無形法人営業として、近しい業界の営業系のキャリア(営業・営業企画・営業マネージャーなど)
  • 採用支援していたクライアントの業界へのキャリアチェンジ(こちらも職種は営業系が多いものの、人物によっては企画職系へ)
  • 様々な業界の事業会社の人事採用担当者

 

人材業界のやりがいは?

人材業界のやりがいですが、企業の採用を支援する事で、クライアント企業の事業や組織が成長したり、課題が抜本的に解決するといったシーンを体感できるというのがあります。

また社長や役員などの経営陣や、現場の事業責任者や専門家などいろいろな業界や職種や役職者に出会える点もやりがいにつながりやすいです。

また、個人の人生に大きな影響を与える分、責任も大きいですが、感謝していただける機会は多く、やりがいも感じやすいです。

人材業界の大変さは?

逆に、人材業界での仕事の大変さですが、企業と個人の間に入り、調整役のような仕事となるため、双方の思惑に振り回される事は多く、あまり物事に期待しなくなるかもしれません・・。

ですが、同時に物事に動じないという意味では、ストレス耐性が高まり、ビジネスパーソンとしては鍛えられるとも言えるでしょう。

人材業界のオススメ企業はどこ?

それでは、人材業界で、具体的なおすすめな企業はどこなのでしょうか。

以下企業がありますが、そちらは、転職者個人のキャラクターなどとの相性ですので、直接弊社にお問い合わせください。

  • リクルートキャリア(リクルートエージェント)
  • マイナビ
  • JACリクルートメント
  • インテリジェンス(DODA/an)
  • ワークポート
  • キャリアデザインセンター(@TYPE)
  • エンジャパン(エン転職)
  • ネオキャリア

リクルートキャリアで人材系の営業の経験がある弊社に相談してみませんか?