2019.09.13

求人広告営業の離職率が高い理由を解説!オススメの営業職も紹介します!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

今回は、現役の転職エージェントである私が、『求人広告営業の離職率』について分かりやすく解説します。

この記事は、「求人広告の営業は離職率が高いって聞くし不安。。」という方に役立つ内容となっていますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

求人広告営業の離職率は高い

結論、求人広告の営業は、他の業界の営業に比べて離職率が高いです。

特に離職率の高い求人広告代理店の場合、新卒入社した10人のうち5人が半年以内に転職し、2~3年後には8~9人が転職しています

新卒入社3年の離職率は約3割ほどですので、比較すると求人広告の離職率がいかに高いのか分かりますよね。

ただ、「求人広告営業は離職率が高いから転職しない方が良い」と伝えたい訳ではありません。

求人広告営業は無形商材を扱う法人営業なので、2~3年しっかり経験を積めば次の転職でしっかり評価されるんですよね。

※無形商材の法人営業については、こちらの記事(無形商材の法人営業に転職するべき2つの理由【キャリアUPに繋がる】)で解説しています。

営業を辞めたい。そう思っていた時に僕がやった3つのこと

加えて、全ての企業が離職率が高い訳ではありません。
離職率が高い求人広告営業には共通点があるので、次のトピックでご説明します。

離職率が高い求人広告営業の3つの特徴

離職率が高い求人広告営業の3つの特徴を下記にまとめました。

実際に、弊社にご相談頂く求人広告の営業職の方も、これらの特徴を持つ企業出身の方が多いです。

  • 求人広告の"代理店"である
  • アルバイトの商材を扱う求人広告営業である
  • 体育会系の営業マネジメントスタイルである

求人広告の"代理店"である

求人広告営業には、自社の媒体を扱う営業と他社の媒体を扱う営業(代理店)があり、後者の方が離職率が高い傾向があります。

営業代理店の利益は20~30%ほどの手数料であり、利益率が低く薄利多売になってしまうため、給料の原資を稼ぐためには契約の件数を増やすことが重要であり、営業も激務になるからです。

一方で、自社媒体の求人広告営業の場合、求人掲載料の100%が自社の利益になるので利益率が高く、代理店に比べたら激務ではありません。したがって、自社媒体を持っている会社は離職率が低い傾向がありますね。

アルバイトの商材を扱う求人広告である

求人広告営業の商材は、正社員の求人広告とアルバイトの求人広告があり、アルバイトの求人広告営業の方が離職率が高い傾向があります。

それぞれ具体例を紹介すると、正社員の求人広告はリクナビNEXTやマイナビ転職、アルバイトの求人広告はバイトルやan(アン)などが該当しますね。

アルバイトの商材を扱う広告営業の離職率が高い理由は、2つあります。

  • 正社員の広告に比べて掲載費用の単価が低く、激務になりがち
  • 顧客層が限られているので飽きてしまう

企業がアルバイトの採用にかける予算は少ないため、求人広告の単価も低くなってしまいます。

ですので、営業ノルマを達成するために多くの契約を獲得する必要があるため、激務になって離職に繋がってしまう傾向があります

営業スタイルにも違いがあり、正社員の求人広告営業はテレアポをするのに対し、アルバイトの求人広告営業では飛び込みで営業することが多いです。

その結果、成長している実感を持てず、心が折れてしまう方が多いです。

また、アルバイトの求人広告営業の場合、顧客層の多くがスーパーの店長やパチンコの店長であるため、同じ顧客層に対して営業することに飽きてしまう方が多いです。

加えて、「もっと優秀な人に営業したい」と考え、転職する方も非常に多いですね。

体育会系の営業マネジメントスタイルである

会社によって営業のマネジメントスタイルに違いがあり、社員に対して長時間労働を強要したり、罵声を浴びせたりする企業は離職率が高いです。

体力的にも大変な中、上司から過剰なプレッシャーをかけられたりして精神的にも辛くなってきますし、離職する人は当然増えますよね。

求人広告営業を経験した後のキャリアパス

上述したように、求人広告の営業職は離職率が高い企業も多いので、決して楽な仕事とは言えません。

ただ、冒頭で説明したように、求人広告などの無形商材の法人営業を2~3年経験すると次の転職活動では評価が上がるので、その後のキャリア形成の幅が広がるというメリットがあります。

求人広告営業を経験した後に考えられるキャリアパスは、以下の3つです。

  • 人材紹介業のキャリアアドバイザー
  • 異なる業界の法人営業
  • 人事職(正社員の求人広告営業経験者のみ)

人材紹介業のキャリアアドバイザー

人材紹介業のキャリアアドバイザーに転職するハードルはそこまで高くないため、求人広告営業経験者が次のステップとして選ぶケースが多いです。

また、「企業だけではなく転職者個人をサポートしたい」と思った方が、人材紹介業のキャリアアドバイザーに転職することが多いですね。

異なる業界の法人営業

求人広告営業での法人営業経験を活かし、異なる業界の法人営業に転職する方も多いです。

求人広告営業での無形商材の法人営業経験が転職市場でも一定評価されるため、他の業界にも転職できる可能性が高まります。

人事職

正社員の求人広告営業経験者は、人事職へ転職するというキャリアステップが考えられます。

正社員の求人広告営業は、企業の人事が抱える採用の課題を解決していくことが仕事なので、人事に転職しても同じように活躍することが可能です。

一方、アルバイトの求人広告営業の場合、アルバイト採用を積極的にやっている企業の集客・マーケティング担当に転職するケースもありますね。

求人広告営業以外でオススメの営業職

続いて、営業未経験でも転職できるオススメの営業職をいくつかご紹介します。

営業職としてキャリアアップしていきたい方はぜひ参考にしてください。

  • 人材紹介業のキャリアアドバイザー
  • 販売促進分野の広告営業

人材紹介業のキャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーを経験すると、人事職や人材紹介業の企業担当(RA)へステップアップすることができるので、これらの仕事に興味がある方は人材紹介業のキャリアアドバイザーもオススメです。

先ほども説明させて頂いた通り、人材紹介業のキャリアアドバイザーへの転職難易度はそこまで高くありません。

ただ、キャリアアドバイザーに転職するためには、「顧客折衝の経験」や「数字に対する意識」が求められます。

ですので、営業未経験の人のケースだとアパレルの店長などを経験しておく必要があります。

販売促進の広告営業

販売促進の広告営業とは、クライアント企業の商品を一人でも多くのお客様に購入してもらうために、広告を使った販売促進施策を提案する仕事になります。

例えば、リクルートライフスタイルのホットペッパーやゼクシィの営業が当てはまりますね。

リクルートライフスタイルのように営業未経験でも転職できる企業もあるので、営業未経験の人でも転職するチャンスが十分にあるのでオススメです。

また、販売促進の広告営業も無形商材の法人営業なので、次の転職ではしっかりと評価されます。営業職のまま転職するのであれば、幅広い業界に転職できるようになります。

営業職への転職なら転職エージェントに相談しよう

この記事を読んでいる方は、「営業職に興味があるけど、求人広告営業を選んで良いのか不安。。」という方が多いと思います。

弊社では、20代〜30代前半を中心に、年間2000人以上からのご相談をいただいています。

これまで、多くの転職相談にのってきた経験から、営業職に挑戦することのメリットや気をつけるべきポイント、転職した後のキャリアの可能性について、より具体的で戦略的なお話ができると自負しております。

ぜひ、転職するか迷っている、営業職への転職を検討している人は、ぜひ1度弊社アクシスにご相談ください。

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。
転職者のキャリア形成や自己実現を応援する上で、たとえ短期的にはしゃがんだとしても、その後にきちんとリターンを獲得できるキャリアプランを提案いたします。

企業ではなく徹底的に個人を向いたキャリアエージェント

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。