旧リクルートライフスタイルに転職|元リクが評判や年収を解説

リクルートライフスタイル転職

    この記事では、私末永の出身でもあるリクルートについて、転職のプロの視点で、ポジショントークなくぶっちゃけで転職者の人の疑問にお答えしていきます。

    私の経験を元に、旧リクルートライフスタイルの仕事内容や選考難易度などを解説していきます。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は1,800万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら
株式会社リクルートライフスタイルは、組織再編により2021年4月以降、株式会社リクルートとなっております。

旧リクルートライフスタイルの転職難易度

旧リクルートライフスタイルは、リクルートグループの中では比較的転職難易度は低いですが、転職市場一般的には難しいことに変わりありません。

ただ、契約社員採用のある会社なので、他のリクルートグループの会社よりも少しハードルが低くなっています。

また、旧リクルートライフスタイルに限った話ではありませんが、リクルートでは経験やスキルよりも人物面を高い目線で選考しています

そのため、面接がかなり重視されるので、抜かりない面接対策が必要です。

そんな旧リクルートライフスタイルに転職する方法

上記で説明したように、転職が難しいリクルートスタッフィングですが、契約社員を募集している会社でもあります。

リクルートでは旧リクルートライフスタイルとリクルートスタッフィングのみで契約社員(KS職)の募集をおこなっていますが、いわゆる「契約社員」とは違って待遇も良く、選考難易度を下げることもできるんです。

というのも、契約社員は応募に学歴・職歴が不問なんです。そのため、経歴に自信がなくても、チャレンジ精神としっかりした選考対策さえすれば、転職の可能性が大いにあるのです。

「契約社員」と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、リクルートでは、契約社員(KS職種)を使い捨ての社員として扱うのではなく、成長したい強い意志を持った人を積極的に契約社員として採用し、成長環境を提供しているので、キャリアアップの選択肢として非常におすすめです。

転職エージェント末永 末永

ですが、契約社員の採用も近年注目され、倍率が上がっています。3年の契約期間満了後、スキルが大いにつき、市場価値を上げてキャリアアップしていく転職者が非常に多いためです。


そのため、転職を考えるなら選考対策を徹底させる必要があります。そこで、やはり転職エージェントの利用がおすすめです。

ポジショントークに思われてしまっても仕方ないのですが、それでもとくに経歴に自信のない転職者にこそ転職エージェントの利用をおすすめしたいです。

というのも、リクルートの契約社員の面接で重視されるのは成長意欲と論理的思考力です。ですが、これらを元々持ち合わせている人で合っても面接の伝え方次第でお見送りになるケースを多々見てきました。

しかし、エージェントと事前にどのようなことを聞かれるのか?を想定して面接に臨むことができれば、面接官の質問の意図を掴むことができ、格段に通過率が上がるのです。

転職エージェント末永 末永

もちろん、成長意欲が弱い人であればリクルートはおすすめしませんが、論理的思考力も練習次第で面接でうまくアピールできるようになります。


弊社はこのように、リクルートへの転職実績が豊富なだけでなく、選考対策も充実しています。リクルートへの転職をお考えであれば、ぜひ利用を検討してみてください。

もちろん、正社員への転職支援にも力を入れていますので、興味のある人はぜひ下記からご相談ください。

リクルートに転職したい方へ

旧リクルートライフスタイルの転職成功実績

以下では、弊社のすべらないキャリアエージェントで実際にリクルートライフスタイルへの転職に成功した事例を紹介します。

リクルートライフスタイル含む2社内定獲得

転職エージェント末永 転職者

〈転職理由〉
前職は知人経由で入社しましたが、競争環境で揉まれながら実力主義の環境で勝負したいと思い営業職を志望し、転職を決意しました。

上記の転職理由をもって選考に臨むこの方には、クリアしなければならない課題が2点ありました。

転職成功までの課題

  • 入社理由が知人経由のため、何か意思を持って入社したわけではない
  • 営業未経験の中でも比較的年代が高いので、ポテンシャル層としては厳しく見られてしまう

転職エージェント末永 末永

転職理由と志望動機の紐づけをどのようにおこなうか、また、転職目的や覚悟感を伝えられることが大事ですね。

エージェントを利用した対策
・過去の意思決定を言語化し、反省すべき点はきちんと反省したうえで、面接では今後どうしていきたいのかをセットで語ることで謙虚さをアピール
・営業未経験ではあるが、学生時代のスポーツ経験やPDCAの工夫により、営業適正をアピール

転職エージェント末永 末永

弊社のすべらないキャリアエージェントは、リクルート出身の私末永の転職ノウハウを用いて、これまで採用決定実績が数多くあります。

自己分析や面接対策を万全にして、内定率を最大化して本気で転職したい!という方は、ぜひご相談ください。


リクルートに特化したマニアックな面接対策は、リクルートの元社員であり、さらにリクルートの人事担当から面接に関するフィードバックを何度も聞いている弊社は、リクルートへのご紹介・選考サポートに手厚く、かなり強いという自負があります。

すべらないキャリアエージェントに相談する

旧リクルートライフスタイルの選考情報、面接対策

ここからは、旧リクルートライフスタイルの選考情報や面接対策について以下の2点を解説します。

旧リクルートライフスタイルの選考フロー

旧リクルートライフスタイルにエントリー後の流れは、以下の通りになります。

  1. 書類選考
  2. SPI・筆記試験
  3. 一次面接(人事もしくは現場マネージャー)
  4. 最終面接(部長もしくは役員)

基本的に面接は二次までありますが、IT系の場合は専門職のため、三次面接まであることもあります。

書類や筆記試験は事前準備必須

まず、旧リクルートライフスタイルにエントリーする場合、書類選考と筆記試験を受けることになります。

事前に準備をしていけば、基本的にここのフェーズで落とされることはありませんが、面接の参考資料として利用され、懸念点があるところに対して厳し目に深堀りをされます。

たかがSPI・筆記試験とあまく見ていると、旧リクルートライフスタイルでは、面接に進む前にお見送りになってしまうので注意しましょう。

一次面接通過率は30〜60%

旧リクルートライフスタイルの一次面接の通過率は、30〜60%と、きちんと企業・自分のことを理解していれば通過しやすいといえます。

しかし、結論ファーストで話せなかったり。志望動機があいまいな場合はお見送りになってしまうケースも多々あるので、旧リクルートライフスタイルに特化した対策をしていく必要があります。

最終面接通過率は50%

旧リクルートライフスタイルの最終面接通過率は、50%と言われており、選考プロセスの中で鬼門です。


リクルートよく使われる「お前はどうしたい」の言葉に代表されるように、将来のビジョンを重要視しており、旧リクルートライフスタイルに転職してからどうしたいのかを深掘りされます。

転職エージェント末永 末永

リクルートといえば、起業というイメージがあると思いますが、契約社員(CV職)を卒業した人の多くは、企業へ転職している方が多いのが実情です。


そのため、やりたいことを深掘りされてグラついてしまうこともあると思いますが、今回の転職によって成長した結果として「どうなりたいのか」を面接前にしっかり準備しておけば大丈夫でしょう!

旧リクルートライフスタイルの面接で多い質問例

旧リクルートライフスタイルの面接では「営業として頑張りたい理由」をかなり問われます。したがって、転職理由と志望動機の紐づけが重要になります。

「なぜ旧リクルートライフスタイルなのか」といったような志望動機では、目的意識や覚悟感が伝わるようにしましょう。

というのも、旧リクルートライフスタイルは将来なりたい自分になるために必要なスキルや経験を身につける実践の場としての役割を担っているからです。

そして、面接官は面接を通して転職者の価値観や覚悟感を知りたいと思っています。そのため自分軸をしっかりと持って、質問に答えていくことが大切です。

実際に、旧リクルートライフスタイルの面接で多い質問例をいくつかご紹介します。

  • 今までで1番印象に残っている出来事・頑張ったと思えることはなんですか?

  • 今まで取り組んできたことで、自分なりに工夫し、成果に繋げた経験があれば教えてください。

  • 入社して未経験の仕事をされる中で、壁にぶちあたった際、どのように対応しますか?なぜそう考えるのですか?

転職エージェント末永 末永

質問例を見ていただいてわかるように、リクルートの面接は徹底的な自己分析と深掘りが必要です。転職者の価値観を重視しているために、そもそも転職者自身が自分の価値観をよく理解していないといけません。


ですが「徹底的な」自己分析というのは、自分一人でおこなうのが難しいんです。客観的な視点が足りなかったり、深掘りするポイントが偏ってしまうためです。


実際に、これまで自社ホームページや大手エージェント経由で応募をして、きちんとしたリクルートに特化した面接対策をしてもらえなかったために、受かるはずの人が面接でお見送りになってしまったケースをたくさん見てきました。


そこで、【リーディングエージェント】として、リクルート契約エージェント200社以上から、最も手厚い支援をしていると評価受けた、すべらないキャリアエージェントの利用がおすすめです。

リクルートに転職したい方へ

旧リクルートライフスタイルの会社概要

ここでまず、旧リクルートライフスタイルの基本情報について整理し、会社の全体像を掴みましょう。

会社名 株式会社リクルートライフスタイル
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
設立 2012年10月1日
資本金 1億5000万円
代表取締役社長 淺野健
従業員数 3,681名(2019年4月1日時点)
事業内容 旅行領域、飲食領域、美容領域、ヘルスケア領域、通販サービス、その他日常消費領域に関わるカスタマーの行動支援

旧リクルートライフスタイルの直近の業績

直近の業績 売上高 営業利益 当期純利益
2017年3月期 非公表 非公表 71億6056万円
2018年3月期 非公表 非公表 66億7856万円
2019年3月期 非公表 非公表 67億2326万円
2020年3月期 非公表 非公表 40億9233万円

旧リクルートライフスタイルの平均年収

契約社員(CV職種)はエリアによりますが、スタート約400万程度になります。

入社後3年以内くらいで高い成果を出している人は、約500〜550万くらいまで上がっていくイメージです。

IT人材など専門職はそもそも難易度が高いですが、約650万〜750万くらいのスタートで入社後、人によって約800万〜1200万と上がっていく人もいます。

以下の記事でリクルートホールディングス全体の収入についてまとめていますので、合わせて参考にしてください。

旧リクルートライフスタイルが展開しているサービス・事業

旧リクルートライフスタイルが展開しているサービスは、ライフイベント領域と言われ、さまざまな事業を展開しています。

以下に、リクルートHPにある主なライフイベント領域のサービスを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

旧リクルートライフスタイルの事業

  • スタディサプリ
  • タウンワーク
  • リクナビ
  • ゼクシィ
  • リクナビNext
  • ゼクシィBaby
  • SUUMO(スーモ)
  • カーセンサー
  • じゃらん
  • ホットペッパー
  • ホットペッパービューティー
  • ホットペッパーグルメ
  • AirPay(エアペイ)

これらの事業は、テレビや広告などでかなり露出していますし、ホットペッパーなどは実際に利用している方も多いのではないでしょうか?

「すべらない転職」では、YouTubeチャンネルも運営しており、私が動画で解説しているものもございますので、あわせてご覧ください!

旧リクルートライフスタイルのキャリア採用情報

旧リクルートライフスタイルのキャリア採用は、大きく分けて4つあります。

企画職種

旅行・飲食・美容など、各事業の企画を担当するポジションです。

展開している各サービスは、日本それぞれの市場でトップクラスのシェアを誇っています。

募集職種の一例

  • プロデューサー
  • 新規事業責任者
  • UXディレクター
  • Webディレクター
  • プロジェクトマネージャー
  • 事業企画・推進……など

マーケティング職種

マーケティング職種は、各事業のマーケティング戦略・策定・推進をおこなっています。

宿泊施設・飲食店・美容室といった集客最大化・業務効率化など、クライアントのビジネスを拡大支援しています。

募集職種の一例

  • CRMディレクター
  • ストラテジスト
  • 集客マネジメント
  • アドテクノロジー
  • SEO……など

エンジニア職

エンジニア職種は「ホットペッパー」をはじめとするプロダクトの開発をおこなっています。

最新の技術や知識を常に取り入れているだけでなく、最高のユーザー体験への挑戦ができる環境が整っています。

募集職種の一例

  • Webアプリケーションエンジニア
  • iOS・Androidエンジニア
  • UXエンジニア
  • SRE……など

CV職種(営業職)

CV職種とは契約社員のことで、雇用期間は3年、仕事内容は営業職になります。

先ほど紹介したIT人材と言われるWebエンジニアやマーケティング系職種は専門職になるので、難易度が高いです。

一方で、営業職であれば、明確なスキルや実績がなくてもチャレンジしやすいので、「十分なスキルがないけどリクルートライフスタイルに転職したい人」にはオススメです。

転職者ここまで記事を読んできて、選考のポイントはわかったのですが、正直契約社員ってどうなんですか?

転職エージェント末永 末永

確かに、契約社員として採用されても、そこまで成長できないのではと不安になりますよね。


リクルートでは、契約社員(CV職種)を使い捨ての社員として扱うのではなく、学歴不問・職歴不問で成長したい強い意志を持った人を積極的に契約社員として採用しています。


そのため、皆さんが想像する契約社員とは違い、やりがいのある業務と大きな成長が見込める魅力があります。さらに、契約満了後には、5-6割の人が正社員登用されており、キャリアアップの支援も手厚いです。

転職エージェント末永 末永

私はリクルート出身(元リク)なのですが、契約社員の方との接点も多くあり、かなり優秀で、契約社員とは思えない活躍をしている方が多くいたのを記憶しています。


不安な点に関しては、元リクルートの私に相談するだけでも大歓迎ですし、完全無料ですのでぜひいらしてください!

リクルートに転職したい方へ

旧リクルートライフスタイル卒業後の転職先・キャリアパス

ここでは、契約社員として入社することに不安がある人のために、3年後のキャリアパスをお伝えします。

旧リクルートライフスタイルにCV職として入社後は、大手広告代理店やコンサルティングファームへの転職をする人もいます。

自社プロダクトの広告営業を3年間おこなうことで、上記の企業の業務に近い経験・スキルが身に付くので、転職もしやすいのです。

例えば、私たちが支援させていただいた人の中には、旧リクルートライフスタイルのCV職を卒業後、デジタルマーケティング会社に転職、1年半後に念願の大手広告代理店への転職をされた人もおります。

CV職を経由した後の具体的な転職先についても、ご自身の希望やキャリアについて壁打ちさせていただく中で、合わせてご提案をさせていただきます。

旧リクルートライフスタイルが求める人材

旧リクルートライフスタイルは、飲食店や美容系の無料クーポンマガジン「ホットペッパー」や、旅行専門雑誌「じゃらん」「じゃらんnet」など日常消費領域の事業を展開しています。

弊社で、これまで支援させていただいた中で見事内定を掴んだ人は、以下の特徴を備えていました。

  • 自ら考え、自ら動くことのできる人
  • 常に学ぶ姿勢があり、成長したい意志がある人
  • 厳しい環境でも頑張っていける覚悟がある人

一貫して、旧リクルートライフスタイルは自律自走できる人を求めています。

将来なりたい姿を明確にして、なりたい自分になるために旧リクルートライフスタイルで必要なノウハウを習得し、どこでも通用する1人前のビジネスマンとして成長したい!」というような気概がないと、選考を通過することは難しいでしょう。

旧リクルートライフスタイルに転職するコツ

旧リクルートライフスタイルに転職するためには、面接対策をしっかりとしておくことをおすすめします。

旧リクルートライフスタイルでは、面接で高い視座から評価・ジャッジされるからです。

具体的に見られる点として次の3つがあります。

  1. 過去、現在、未来を言語化し、旧リクルートライフスタイルでなぜ働きたいのかの一貫性
  2. マインドと熱量が高いことを示せる根拠
  3. 第一印象(基本的に明るく相手の懐に入れるか)

この3つを対策するためには、小手先の努力だけではなく、自分の内面から変えていく必要があります。

転職者ここまで記事を読んできて、選考のポイントはわかったのですが、正直リクルートに受かるかわからないし、不安です。

転職エージェント末永 末永

確かに、難易度は高いと言われている中で、選考突破できるか不安になりますよね。


しかし、ここまで記事を読まれたなかで、本当にリクルートに転職したいと考えておられるなら、すべらないキャリアエージェントは最適です!


わたし末永自身が、新卒リクルート入社であり、転職エージェントとしてリクルートに対しても数百人単位でご紹介をしてきた実績があります。

また弊社は、リクルートグループの人事から150社の中で直近連続でベストエージェント表彰をいただいています。

転職エージェント末永 末永

逆に言えば、リクルートも視野に入れて転職したいくらいの温度感の方だと、弊社のマニアックな選考対策は、転職活動においてリクルートに時間を割き過ぎてしまう可能性があるため、お役に立ちづらいかもしれません。


その分、リクルートに特化したマニアックな面接対策は、リクルートの元社員であり、さらにリクルートの人事担当から面接に関するフィードバックを何度も聞く機会のある弊社は、リクルートへのご紹介・選考サポートに手厚く、かなり強いと自負があります。


リクルートの内部事情に詳しいアドバイザーも多く在籍しているため、一歩踏み出せないから話を聞いてみたい方は、ぜひご登録してください!

弊社エージェントのポイント

❐リクルートライフスタイルの求人を保有
❐企業別の徹底した選考対策が可能
❐書類通過率は大手の6倍、内定率は4倍

すべらないキャリアエージェント
に相談する

旧リクルートライフスタイルで働く人の口コミ

実際に、旧リクルートライフスタイルへ正社員として転職した人に、旧リクルートライフスタイルの仕事についてインタビューしてみました。

旧リクルートライフスタイルで実際に働いている人たちの声を聞くと、成長面や女性の働きやすさは評価されています。一方で、仕事量は多めという意見もありますね。

人物 営業職・女性

子育てをしながら働いている女性が多く、私も産休を取ることができました。


託児所もあるので、仕事と家庭の両立ができます。結婚して子どもがいる女性でも働きやすい環境です。


働く女性に理解があるので、将来的に結婚しても仕事と家庭を両立させたい人には良い会社だと思いますね。

人物 営業職・男性

自分が「こうしたい!」「こんな仕事がしたい!」という強い気持ちを持って、仕事をやり切るという社風です。


優秀な部下も多いので、成長しなければならないという意思が自然と強くなります。


社内がそういう風潮だから、スキルアップしたり、より高度な仕事をしたい人には働きやすいです。

人物 営業職・女性

残業はありますが、きちんと時間の管理がされているので、無理な残業はありません。むしろ、今日は早く帰りましょうと言われるほどです。


ただ、繁忙期はどうしても遅くまで残業をしなければならないので、そこは仕方ないです。


年がら年中ではないのですが、少しでも家族との時間が減るのが嫌だ、自分の時間が減るのが嫌だって思う人には向いていないかもしれないですね…。

人物 WEBエンジニア・男性

自分自身のスキルを高めて成長したいと思い入社しました。成長面に関しては、期待できます。


その分仕事量は多く、持ち帰りで仕事をすることも多々ありました。成長したいと思う気持ちが強くないと、働くことが苦痛になるのではないかと思います。

旧リクルートライフスタイルの労働環境

旧リクルートライフスタイルで働くとなると、労働環境はとても気になるポイントだと思います。

以下では、労働環境についてまとめてみました。

社風

旧リクルートライフスタイルは大手企業でベンチャー的な社風なので、どこの企業へ行っても馴染みやすいです。

上下関係があまりなく、困ったことがあればすぐに相談できる、フラットな組織です。

一般企業と比較して、旧リクルートライフスタイルは終身雇用で定年まで働くのではなく、成し遂げたい目的を達成するために、旧リクルートライフスタイルで必要なノウハウを身につけたい社員が多く在籍しています。そのため、意識や視座が高い人が多い風土と言われてます。

残業時間

クライアントが飲食や美容室などの店舗系業態が中心なので、打ち合わせが夕方以降になることが多く、リクルートの中では帰宅が夜遅くなりがちな印象ではあります。

とはいえ、会社は激務を推奨しているわけではありません。上司が早く帰るように促すこともあります。

福利厚生

旧リクルートライフスタイルには、一般的な企業とは少し違う福利厚生があります。

休日休暇

  • STEP休暇
  • サンクス休暇

STEP休暇は3年毎に取得可能な長期休暇です。

勤続3年以上の社員なら誰でも取得でき、最大連続28日間、一律30万円の手当を支給してもらえます。

サンクス休暇は、従業員本人や家族の誕生日、結婚記念日などに年1回休暇を取得でき、サンクスファミリーギフトという手当を支給してもらえます。

研修

  • GLOBA
  • メディアの学校

GLOBAとは、海外の最新事例を定期的に紹介し、最新ナレッジに定期的に触れることのできる研修です。

メディアの学校は、リクルートの競争力強化を目的にしたオリジナルプログラムで、実践を意識した研修です。

研修以外にも、自己啓発支援というものがあります。

自己啓発支援では、資格取得一時金制度や資格取得スクールなど、働きながら様々なことを学べる制度が用意されています。

リクルートへ転職したい人へ

リクルートライフスタイルの選考では、考え方や価値観・スタンス・意欲の人物面を大切にしています。そのため、面接を重視する会社なので、転職難易度が高いということをお伝えしました。

それでも、「リクルートに転職したい」「リクルートでなくても大手企業へ転職したい」「ベンチャー気質のある企業で成長したい」と思っている方は多いのではないでしょうか。

転職エージェント末永 末永

そういった人は、ぜひ弊社のすべらないキャリアエージェントにご相談ください。

弊社では独自に作成したオリジナルの質問シート(*1)で選考対策をおこない、これまで多くの転職者様をリクルートへお繋ぎしてきました。

また弊社は、【リーディングエージェント】として、リクルート契約エージェント200社以上から、最も手厚い支援をしていると評価受けており、弊社が紹介した転職者の方の転職後の活躍も評価いただいております。

自分がリクルートで働いても、活躍できないのではないかなどの不安を抱えていらっしゃるなら、ぜひ一度ご相談いただければ、丁寧なサポートで転職成功を支援し、あなたにあった職種やポジションを紹介できる自信があります。

リクルートの内部事情に詳しいアドバイザーも多く在籍しているため、一歩踏み出せないけど話を聞いてみたいという方は、ぜひご登録おねがいします。

リクルートに本気で就職・転職したいと考えている方は、ぜひ1度相談に来てくださいね。

*1:
この質問シートは、リクルートへ多数の紹介決定実績があり、リクルートの中途採用面接官の経験もある著者自身が、面接で質問されることが多い内容をまとめたものです。

質問シートは、弊社にご相談いただいた方のみお渡ししておりますので、弊社の転職支援に興味がありましたら下記よりお問い合わせください。

リクルートグループへの転職支援が得意なエージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 元社員が作成した過去の面接出題傾向を対策したシートによりリクルートの内定獲得率UP!

【無料】転職サポート申し込み

リクルートについてさらに詳しく知る

リクルートへ転職を検討している人は、以下の記事もご覧ください。リクルートへの転職を考えている人が欲しい情報をご紹介しています!

line

line

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A