2019.07.19

【元社員直伝】リクルートライフスタイルに転職するコツ!評判や年収は?

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

この記事を見ている人は、リクルートライフスタイルへの転職を考えている、または興味を持っているのだと思います。

私は、新卒でリクルートキャリアに入社をし、リクルート独自の文化を肌で実感しました。

リクルートは転職でも非常に人気がある企業で、転職を希望される人から多くの転職相談を受けております

今回は、日々の生活のなかで接する機会が多い「じゃらん」「ホットペッパーグルメ」「ホットペッパービューティー」「ポンパレ」などに携わっているリクルートライフスタイルに転職を検討している人向けに、転職ノウハウをレクチャーしていきます。

「リクルートライフスタイルの選考情報」「リクルートライフスタイルで働く人の口コミ」「リクルートライフスタイルの仕事内容」についても、詳しく解説していきます!

リクルートライフスタイルは営業職なら未経験でもチャンスあり!

リクルートライフスタイルへ転職したいのなら、営業職がおすすめです。なぜなら営業職は、基本3年限定の契約社員(CV職種)の採用ですので、明確なスキルや実績がない未経験の方でもチャレンジしやすくなっています。

ただ、IT人材と言われるWEBエンジニアやマーケティング系職種は専門職になってしまうので、難易度がかなり高いです。

未経験から専門職に挑戦したい場合には、別の企業である程度、経験・スキルを身に付けた上での転職が現実的でしょう。

営業職を経験しておくことで、そのあとのキャリア形成が非常に有利になります。

特に「キャリアの選択肢を増やしたい!」と考える人は、まず営業の経験を積むことが必須といえます。

なぜならば、マーケティングや企画、人事や事業開発といった人気のある専門職種は、そもそも営業経験を前提としている求人がほとんどだからです。営業経験がないと、そういった職種へはそもそも挑戦が難しいのです。

逆に、営業経験があると次のキャリアの選択肢が広がりますし、そういった専門職種は市場価値が高くなりやすいので、年収も上がりやすいといえます。

とはいえ「自分にはどんな営業があっているの?」「営業の仕事ってやっぱり大変?」など、初めて営業職に挑戦するにあたって、不安もたくさんあるのではないでしょうか?

弊社では、20代〜30代前半の方を中心に、年間1500人以上からのご相談をいただいております。

これまで、多くの方の転職相談に乗ってきた経験から、営業に挑戦することのメリットや気をつけるべきポイント、営業職を経由した後のキャリアの可能性について、より具体的で戦略的なお話ができると自負しております。

ぜひ、転職するか迷っている、営業への転職を検討しているという方は一度弊社アクシスにご相談ください。

リクルートライフスタイルの選考情報

世の中的には高いレベルを求めていますが、リクルートでは経験やスキルはそこまで重視しておらず、代わりに人物面を非常に高い目線で選考しています

そのため、リクルートライフスタイルの選考の中では、面接が何よりも重視されています。

リクルートライフスタイルにエントリー後の流れは、以下の通りになります。

  1. 書類選考
  2. SPI・筆記試験
  3. 一次面接(人事もしくは現場マネージャー)
  4. 最終面接(部長もしくは役員)

基本的に面接は二次までありますが、IT系の場合は専門職のため、三次面接まであることもあります。

選考についての詳しいポイントは、以下の記事に詳しく書いてありますので参考にしてみてください。

リクルートに転職|元社員が面接難易度や成功する秘訣をぶっちゃける

リクルートライフスタイルの面接で多い質問例

まず、リクルートは一般的な企業の面接と少し違い、志望動機を聞かれることはありません。

面接官は、面接を通して転職者の価値観を知りたいと思っています。そのため自分軸をしっかりと持って、質問に答えていくことが大切です。

実際に、リクルートライフスタイルの面接で多い質問例をいくつかご紹介します。

  • 今までで1番印象に残っている出来事・頑張ったと思えることはなんですか?
  • 今まで取り組んできたことで、自分なりに工夫し、成果に繋げた経験があれば教えてください。
  • 入社して未経験の仕事をされる中で、壁にぶちあたった際、どのように対応しますか?なぜそう考えるのですか?

人によって聞かれることは違うので、必ずしも上記の事項が聞かれるというわけではありませんが、参考にしてみてください。

リクルートライフスタイルで働く方の口コミ

実際に、リクルートライフスタイルへ正社員として転職した方に、リクルートライフスタイルの仕事についてインタビューしてみました。

リクルートライフスタイルで実際に働いている人たちの声を聞くと、成長面や女性の働きやすさは評価されています。一方で、仕事量は多めという意見もありますね。

営業職・女性

子育てをしながら働いている女性が多く、私も産休を取ることができました。


託児所もあるので、仕事と家庭の両立ができます。結婚して子どもがいる女性でも働きやすい環境です。


働く女性に理解があるので、将来的に結婚しても仕事と家庭を両立させたい人には良い会社だと思いますね。

営業職・男性

自分が「こうしたい!」「こんな仕事がしたい!」という強い気持ちを持って、仕事をやり切るという社風です。


優秀な部下も多いので、成長しなければならないという意思が自然と強くなります。


社内がそういう風潮だから、スキルアップしたり、より高度な仕事をしたい人には働きやすいです。

営業職・女性

残業はありますが、きちんと時間の管理がされているので、無理な残業はありません。むしろ、今日は早く帰りましょうと言われるほどです。


ただ、繁忙期はどうしても遅くまで残業をしなければならないので、そこは仕方ないです。


年がら年中ではないのですが、少しでも家族との時間が減るのが嫌だ、自分の時間が減るのが嫌だって思う人には向いていないかもしれないですね…。

WEBエンジニア・男性

自分自身のスキルを高めて成長したいと思い入社しました。成長面に関しては、かなり期待できます。


その分仕事量はかなり多く、持ち帰りで仕事をすることも多々ありました。成長したいと思う気持ちが強くないと、働くことが苦痛になるのではないかと思います。

リクルートライフスタイルの仕事内容・職種

リクルートライフスタイルは「ホットペッパーグルメ」「ホットペッパービューティー」「じゃらん」などを提供している会社です。主に日常で消費する領域の事業を展開しております。

自社サービスに顧客の情報を掲載することで、収益を得ています。外食や旅行について分析・調査もしており、その結果を公開しています。そのデータに基いて事業戦略を立てています。

職種

リクルートライフスタイルの職種は大きく分けて4つあります。

  • CV職種
  • 企画職種
  • マーケティング職種
  • データ職種

CV職種

CV職種とは契約社員のことで、仕事内容は営業職になります。

契約社員の雇用期間は、3年という決まりがあります。

たった3年?と思う方もいるかもしれませんが、法人営業のノウハウや業務を遂行し改善していく能力など、どこに行っても通用するスキルを、優秀な先輩の側で身に付けられます。

リクルートの契約社員に少しでも興味のある方は、以下の記事を参考にしてみてください!

リクルートCV職の知られざる魅力!契約社員だからって見落としてたら損!?

企画職種

旅行・飲食・美容など、各事業の企画を担当するポジションです。

展開している各サービスは、日本それぞれの市場でトップクラスのシェアを誇っています。

マーケティング職種

マーケティング職種は、各事業のマーケティング戦略・策定・推進を行っています。

宿泊施設・飲食店・美容室といった集客最大化・業務効率化など、クライアントのビジネスを拡大支援しています。

データ職種

データ職種は、各事業に対してデータを分析や施策の提案・実行をします。

様々な立場の人と協力しながら、ビジネスをリードしていくことができます。

リクルートライフスタイルの平均年収

契約社員(CV職種)はエリアによりますが、スタート約400万程度になります。

入社後3年以内くらいで高い成果を出している人は、約500〜550万くらいまで上がっていくイメージです。

IT人材など専門職はそもそも難易度が高いですが、約650万〜750万くらいのスタートで入社後、人によって約800万〜1200万と上がっていく人もいます。

→すべらない転職の筆者末永がリクルートライフスタイルへの転職相談について回答をしている質問集はこちらへ

リクルートライフスタイルの労働環境

リクルートライフスタイルで働くとなると、労働環境はとても気になるポイントだと思います。

以下では、労働環境についてまとめてみました。

  • 社風
  • 残業時間
  • 福利厚生

社風

リクルートは大手企業でベンチャー的な社風なので、どこの企業へ行っても馴染みやすいです。

上下関係があまりなく、学生サークルのようなノリで、皆さんが思っているよりもかなりフラットな組織です。

一般企業と比較して、リクルートは特殊なカルチャー・社風と言われています。

残業時間

クライアントが飲食や美容室などの店舗系業態が中心なので、打ち合わせが夕方以降になることが多く、リクルートグループの中では帰宅が夜遅くなりがちな印象ではあります。

とはいえ、会社は激務を推奨しているわけではありません。上司が早く帰るように促すこともあります。

福利厚生

リクルートには、一般的な企業とは少し違う福利厚生があります。

休日休暇

  • STEP休暇
  • サンクス休暇

STEP休暇は3年毎に取得可能な長期休暇です。

勤続3年以上の社員なら誰でも取得でき、最大連続28日間、一律30万円の手当を支給してもらえます。

サンクス休暇は、従業員本人や家族の誕生日、結婚記念日などに年1回休暇を取得でき、サンクスファミリーギフトという手当を支給してもらえます。

研修

  • GLOBA
  • メディアの学校

GLOBAとは、海外の最新事例を定期的に紹介し、最新ナレッジに定期的に触れることのできる研修です。

メディアの学校は、リクルートの競争力強化を目的にしたオリジナルプログラムで、実践を意識した研修です。

研修以外にも、自己啓発支援というものがあります。

自己啓発支援では、資格取得一時金制度や資格取得スクールなど、働きながら様々なことを学べる制度が用意されています。

リクルートライフスタイルへの転職を希望している方へ

ここまで、リクルートライフスタイルへ転職を考えられている方向けにリクルートライフスタイルの情報をまとめました。

リクルートライフスタイルは、能力やスキルや実務経験以上に、考え方や価値観・スタンス・意欲などの人物面を重視して面接・選考するため、入社難易度が非常に高い会社です。

なんでなんで?と人生の価値観レベルに深掘りしてきたり、格好つけずに腹を割って本音を話せるかなど、人物に対して求めるレベルが非常に高いですし、他の会社の面接とは大きく異る視点でジャッジ・評価をしているのです。

ですので、どんなに優秀な方であっても、自分でエントリー・選考を受けると意外にサクッとお見送りという結果になってしまいます。

そのため、事前にしっかりと準備・対策をして、万全を期して面接に臨む必要があるのです。

そうした対策は、自分ひとりではできません。またマニアックな面接手法は、元リクルート出身の社員であり、何度も面接フィード・バックを聞く機会にある現役の転職エージェントが1番です。

リクルートへ多数の紹介決定実績があり、リクルートグループの中途採用面接官の経験もある著者自身が、リクルートの面接で質問されることが多い秘伝のタレである想定質問集を作成しています。

こちらは弊社にご登録いただき、弊社の転職サポート(無料)を登録した方のみにサービス提供・お渡ししていますので、以下のリンクからまずご登録をお願いします。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。