ワークポートへの転職|中途採用情報や面接対策を大公開!

ワークポートの転職について、現役のプロが徹底解説していきます。

ワークポートの仕事内容、年収、福利厚生などの中途採用情報から面接対策まで幅広くご紹介します。

ワークポートの求めている人材

ワークポートの求めている人材は「素直な人」や「当事者として常に考え行動できる人」が挙げられます。

下記で詳しく見ていきましょう。

素直な人

素直とは固定観念や偏見や個人の価値観にとらわれることはなく、言われたことや自身の現状を素直に前向きに受け止めることです。

更なる成長の糧としていける素直さを持っており、共に切磋琢磨したいと思っている人材を求めています。

当事者として常に考え行動できる人

目の前のことに常に疑問を持ち、自分がどう動くのかを考え、実現するために必要なことを全力で実行します。

人材紹介のプロフェッショナルとして、自分がどうしたいのかを常に考え行動できる人と一緒に働きたいと思っています。

ワークポートの中途採用情報【求人情報】

2020年6月時点では、ワークポートで募集している職種は下記の4つになっています。

募集職種

  • リクルーティングアドバイザー
  • キャリアコンシェルジュ
  • システムエンジニア
  • データベースエンジニア

下記でそれぞれの職種の業務内容、募集条件、年収について詳しく説明します。

1.業務内容

中途採用をおこなっている4つの職種の詳しい業務内容は以下になります。

リクルーティングアドバイザー

取引業界の経営者、人事担当者に対して人材採用戦略の提案・実行をおこない、採用活動のサポートをするのが仕事です。

必要とする人材要件のヒアリングから、ベストマッチした人材の紹介、 面接スケジュールなど採用成功に向けてのコンサルティング全般を担当します。

キャリアコンシェルジュ

求職者のパートナーとなり、転職活動のサポートをおこなう仕事です。

キャリアビジョンのヒアリング、希望条件の確認や面接対策など、転職活動におけるあらゆる不安を解消し人と企業を結びつけます。

顕在化している条件だけではなく、背景にある様々な情報から、求職者と企業のベストマッチングを実現します。

システムエンジニア

自社システムの企画・設計・開発・運用、その他関連業務を担当します。

具体的には、求職者向けアプリケーションの設計・構築・運用や、業務アプリケーションの開発や社内ヘルプデスクなどの業務をおこないます。

データベースエンジニア

事業拡大に向けて、データベース設計の観点から自社システムのパフォーマンス改善に取り組みます。

詳しい業務を説明すると、RDBMSの設計、構築、運用や既存のデータベースおよびテーブル設計の見直し、改善や既存のシステムに関するSQLチューニングをおこないます。

2.応募条件

職種によって応募条件が異なるので、希望する職種の必須・歓迎条件を以下で確認してみてください。

リクルーティングアドバイザー

【必須】
・正社員での就業経験
・営業経験(法人/個人不問)

【歓迎】
・求人広告や派遣事業など人材業界での業務経験
・IT業界に関する知識・経験のある人
・営業など数字を追った経験のある人
・販売/接客経験者

キャリアコンシェルジュ

【必須】
・社会人経験1年以上

以下、いずれかの経験を有する人
・営業経験
・接客販売経験
・人材業界での経験(職種不問)

【歓迎】
・IT業界に関する知識・経験のある人
・営業など数字を追った経験のある人
・タイピングが得意な人
・Excelが得意な人

システムエンジニア

【必須】
・スマートフォンアプリ開発の実務経験(Objective-C、Swift、Java)
・PHP・JavaScript・html5/css3によるシステム開発に自信のある人

【歓迎】
・UI、UXを強く意識してシステム開発に取り組んできた人
・C向けWEBサービスの開発経験

データベースエンジニア

【必須】
・RDBMS設計、構築、運用の実務経験
・SQLServer環境での実務経験
・SQLチューニング、データベース設計、テーブル設計、などを通じてWEBサービスのパフォーマンス改善に取り組んできた人

【歓迎】
・MySQL環境(とくにLAMP)での実務経験
・PHP、Javascript、html5/css3を用いたプログラミング経験

【無料】ワークポートの転職なら、人材業界への転職に多数実績を持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

3.給与

ワークポートにはリクルーティングアドバイザー・キャリアコンシェルジュ・システムエンジニア・データベースエンジニアがあり、ともに給与が明確に決められているわけではありません。

そのため、年齢、経験、能力を考慮の上、給与が決められます。

賞与は年に2回あり、個人の業績結果によって支給額が決定します。

昇格は年に4回あり、給与改定は年に2回あります。

以下で年収の実例をご紹介します。

年収例

  • 年収350万円/20代:新卒入社2年目
  • 年収450万円/33歳:中途入社2年

ワークポートの面接対策・傾向

面接でよく聞かれる質問や対策についてご紹介します。

ワークポートでは過去の深堀りや志望動機がよく聞かれます。

以下で詳しく解説していきます。

過去の深堀り

ワークポートでは、過去を深堀りするような質問をされる傾向にあります。

なぜなら、子供の頃に培われた価値観や人生軸を把握し、ワークポートの社風と合致しているのかを判断したいと考えているからです。

質問事例

  • 昔はどんな子供でしたか?
  • 子供の頃の印象的なエピソード

志望動機

どのような企業でもよく聞かれている志望動機ですが、ワークポートではとくに重要視されています。

転職理由と志望動機に一貫性があるかどうか、志望動機に矛盾が存在していないかを確認するために重視してみています。

志望動機を上手く考えられるか不安な人は、以下の記事を参考にしてみてください。

【完全無料】「志望動機が思い浮かばない…」転職支援のプロから客観的なアドバイスをもらい、面接官に刺さる志望動機を作りませんか?

ワークポートの企業情報

ワークポートの詳細な企業情報を知っていれば、精度の高い面接対策をすることができます。

ワークポートがどのような事業をおこない、将来的にはどの分野に注力していくのか、また会社の経営状況はどうなっているのかなど、把握していれば面接で活用することができます。

さらに、ワークポートについて詳しく調べていれば、入社後に「想像と違った!」というミスマッチも防げます。

事業内容

2020年6月時点でワークポートは、IT業界に特化した転職エージェントを用いた人材紹介サービスと「みんスク」というIT業界転職者向けのエンジニアスクールを用いたの2つを事業としておこなっております。

年収

ワークポートはベンチャー企業ということもあり、評価制度も年功序列になっていません。

そこで、実際の年収について、職種別に想定年収を以下でいくつかご紹介します。

職種 想定年収
リクルーティングアドバイザー 350万円
キャリアコンシェルジュ 330万円
システムエンジニア 370万円
データベースエンジニア 370万円

賞与に関しては年に2回の支給されるようになっています。

ちなみに昇格の機会は年4回、昇級の機会は年に2回あります。

社風

ワークポートの起業文化について、とくにみられる2つをご紹介します。

楽しみながら目標達成

ワークポートは個人や会社の目標達成に全力で取り組みます。

未達成だった時には、上司と一緒に要因を分析し、対策を立てる。その繰り返しで達成に向かっていきます。

そのため、仕事を楽しみながら目標に向かって全力で取り組む姿勢を大切にしています。

一体感とシェアをしあう文化

ワークポートでは一体感を大切にしています。

明確な目標で一体感を持ち、チームや全社が一丸となって達成に向かっています。

ただし、良くない人をただ助けるというのではなく、全員が個人の目標を達成する事に全力を尽くし、競争しあう中で生まれるのが一体感としています。

福利厚生

ワークポートの福利厚生は、以下の通りになっています。

年収例

  • 完全週休2日制(土・日)
  • 産前・産後休暇
  • 社会保険完備
  • 交通費支給(上限あり)
  • 永年勤続表彰
  • 四半期MVP/VP

ワークポートの評判・口コミ

これまでは、企業情報を中心に紹介しましたが、次は実際に働いている人の良い評判と悪い評判を紹介します。

ワークポートで実際に働いている人の生の声をご紹介しようと思います。

【無料】ワークポートに転職するなら、人材業界への転職に多数実績を持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

ワークポートの良い評判・口コミ

20代・女性

評価制度に関しては非常にわかりやすく達成しやすいです。

売上の貢献度、上司から指定されたミッションへの達成度、自分で決めたミッションへの達成度で3ヶ月ごとに人事評価が決定する。

上司によって、ミッションの内容が左右されますが、大体は売上を上げるなどの業務の延長線にあるものなので、達成しやすいです。

30代・男性

働き方の柔軟性、多様性は高いと言えます。

業務に集中したい人はとことん打ち込むことができ、ライフスタイル重視の人はそれが手に入る環境です。

結果に対しての報酬はしっかり支払われるので、稼げる環境と人事評価もきちんとしています。

ワークポートの悪い評判・口コミ

30代・女性

福利厚生についてはあまり整っていません。家族手当や住宅手当、家賃補助などの制度はありません。

健康診断も最低限の診断しか受けることができず、他の検査を受ける場合、自分で払わなければなりません。

20代・男性

残業が多い割に、年収が低いです。

平均年収は到達しますが、残業に対しての対価が劣る部分はあると思います。

休日出勤をすることもあります。

20代でワークポートに転職したい人へ

転職エージェントの立場から現実をお伝えすると、特定のスキルを持っていない人が30歳を超えて転職をするのは厳しいです。

反対に20代で転職をしてキャリアアップを考えている人は市場価値を伸ばせるチャンスです。

なぜなら、前向きな思考を持っている人は想像以上に評価されるからです。

とくに無形商材の法人営業経験があれば転職において評価が高くなります。

弊社エージェントサービスでは、市場価値を伸ばせる無形商材法人営業職の求人を多数保有しております。

また、これまで多くの人材業界への転職を支援した実績から、的確なアドバイスをおこなえます。

20代というキャリアにおいて大事な時期は今しかありません。

本気でキャリアアップを目指しているという人は、ぜひ弊社エージェントにご相談ください。

営業職でキャリアアップしたい20代のための転職エージェント

ポイント

  1. 会社に依存せず市場価値を高めたい営業マンに向けた転職支援!
  2. 営業職のキャリアアップを考えた無形商材法人営業の求人を多数保有
  3. あなたの自己実現ビジョンを軸としたキャリア形成をサポート

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。