アパレルから転職したい!おすすめの職種や成功法を大公開!

アパレルから転職したいと考えている店員

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成に関する情報をお伝えしています。

アパレルの販売員は働く時間の長さ、休暇取得の難しさ、待遇の悪さから転職を考えている人が多いです。

とはいえ、どのような業界や職種へ転職すれば良いのか、接客スキルが役に立つのか、このキャリアで転職できるのか…など、アパレルならではの悩みを抱えていると思います。

そこで今回はアパレルから転職できるのか、アパレルから転職するのにおすすめの職種、評価されるスキルなどについて徹底的に解説していきます。アパレルから転職する方法についても説明しているので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

アパレルから転職するのは十分可能

アパレルをすすめている店員
アパレルの販売員を辞めることを検討し、他の職種に転職できるか心配している人が多いのですが、専門知識やスキルが必要な業界・職種でなければ、転職を成功させられます

具体的には、アパレルの販売業務で培われた接客スキルを活かすことができる「個人営業」「カウンター営業」「カスタマーサクセス」へに転職を成功させている人が多いですね。

逆に、販売職からMD(マーチャンダイジング)やデザイナー、プレスに転職するのは難易度が比較的高くなりがちです。

なぜかと言えば、全国的に求人が少ないので、企業は経験者を優先して採用しています。未経験から目指すのであれば、少なくとも店長として業績をあげている人でないと難しいです。

そもそもデザイナーやプレスは専門的な知識・スキルが必要になるため、販売しかやったことはない人は転職難易度が低い営業職へ転職すると成功させやすいです。

最初の転職であれば大丈夫ですが、転職回数が多くなるほど転職が不利になってしまうので気をつけましょう。

アパレル全体としての今の転職事情は上記のような感じですが、転職者によって事情はそれぞれ違うので、次はケース別に説明していきます。

30代・40代で転職する場合

厳しい話ですが、30代・40代からのキャリアチェンジは難しいです。異業界・異業種へのキャリアチェンジは年齢が上がれば上がるほど、難易度が高くなっていきます。

30代であれば、採用人数が多い不動産業界や保険業界の営業職へ転職を成功させている人が多いです。

不動産業界や保険業界への転職や業界のリアルについて以下の記事で詳しく教えています。合わせてご覧ください!

未経験で不動産業界に転職するには?
保険の営業って年収いくら?男女・年齢別で平均年収を大調査!

一方で、40代のタイミングになると、異業界・異職種への転職は厳しいです。

40代で転職を考えるのなら、アパレルからアパレルへの転職に限定すれば、転職を成功させやすいです。ただ、40代までに店長の経験をしたことがないとかなり転職難易度が上がってしまいます。

40代で転職を考えている人は、販売員だけでなく、なるべく早いうちにマネジメントや店舗運営を経験できる店長をやっておくと転職を成功させやすいはずです。

そのため、マネジメント・店舗運営の経験がある人は、その経験を活かしてアピールしましょう。

高卒から転職する場合

高卒で転職する場合は、業界・職種を選ばなければ転職を成功させやすいです。

ただ、大企業やWebマーケティングといった基本的に大卒以上を求めているところだと、学歴が必要になってきます。そのため、このようなところは避けて応募すると良いですね。

高卒であれば、学歴を重視する企業を選ばなければ、転職を成功させている人が多いです。

転職と学歴の関係について以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください!

転職で学歴はみられている?自信がない人向けにアドバイスもご紹介

派遣やアルバイトから正社員を目指す場合

アパレルの派遣やアルバイトから異業界・異業種の正社員を目指す場合、やってきた仕事内容が正社員と同じだったり、店舗運営をやっていたのなら、経験の1つとして評価してもらえて転職することが可能です。

念のためにアパレルからアパレルの正社員を目指す場合についても説明しておきますね。業界を変えない場合、同業界で勤務している経験があるため、接客スキルを評価してもらえるという大きなメリットがあり、正社員になりやすいです。

まずは現在の職場で正社員ポジションの採用があるかを確認してみてください。採用しているのなら、そこから正社員を目指したほうが選考もゆるくなっていることが多いので、正社員になりやすいですね。

派遣から正社員、アルバイト・フリーターから正社員に転職するコツについて以下の記事でさらに詳しく解説しているので合わせてご覧ください!

派遣から正社員になる!転職のプロが成功させる方法を伝授!
フリーターから正社員を目指す人必見!おすすめ業界や職種もご紹介!

アパレルから転職するのにおすすめな職種

アパレルは接客販売という受け身でありながら、個人営業に分類されます。

この個人営業で培われたスキルが活かせるのは、顧客層や扱う商品を変えた営業職です。

前にアパレルで長く接客業を続けていた人は、人と接することが好きな人が多いので、営業職に向いている人も多いでしょう。

個人営業の経験を活かせる上に採用されやすい点から、以下の職種をおすすめします。

  • 人材業界の法人営業
  • 広告業界の法人営業
  • 不動産業界のカウンター営業
  • IT業界のカスタマーサクセス

この4つは採用人数も多く、キャリアや学歴に自信がない人でも挑戦しやすいです。

将来的なキャリアパスを考えるのなら、人材業界の法人営業がおすすめです。キャリアというものは、一足飛びではどうにもならないのです。人事をやりたいのなら、人材業界で営業を経験する必要があるのです。

ゲームのジョブチェンジと原理は同じだと思ってください。なので、自分が将来どうなりたいのかによって、転職先の業界を選んだほうが良いでしょう。

土日祝日が休みの職種へ転職したいのなら、有形無形の営業職なら休みになることが多いです。

有形無形の営業職に何があるのか、詳しく知りたい人は以下の記事もおすすめです。

営業の仕事ってどうなの?具体的な業務内容と必要なスキルをご紹介!

アパレルから事務職への転職は不可能ではない

真逆の事務職への転職を希望する人が多いのですが、転職すること自体は不可能なわけではないです。

ただ、事務職は人気がある職種なのにも関わらず、正社員としての採用が少ないです。

事務職への転職を考えている人は、雇用形態を正社員だけにこだわるのではなく、派遣社員も視野に入れたほうが良いでしょう。

また、アパレルは日常的にパソコンを使わない人が多いので、面接でパコソンスキルが大丈夫なのかと懸念されます。

WordやExcelなどの活用能力を客観的に証明できるMOSの資格を取得しておくと良いと思いますね。

事務職への転職のコツについて以下の記事でも解説しているので、ぜひ以下の記事も合わせてご覧ください!

営業から事務への転職は可能?転職のプロが成功させるコツを大公開!

アパレルから転職するときに評価されるスキル

アパレルの販売員は個人営業なので、一般には営業スキルが評価されます。

実際に評価されているスキルや経験は以下の5つです。

  • 目標数字を追いかけた経験
  • 目標数字から逆算して計画を立てる経験
  • 短時間で顧客との信頼関係を構築する力
  • セット販売の際のヒアリング力と提案力
  • 店舗内での社員との関係構築力

これらは営業の基礎スキルにあたるので、転職を視野に入れている人は身につけておいて損はないですね。

アパレルから転職するときに気をつけること

アパレルから転職するときに気をつけることをメモしている女性
アパレルの販売員から転職する時に注意すべきことも説明しておきます。

よくある失敗としては、未経験業界・職種へ転職するのに、希望する条件をすべて満たせる求人を求めていることが多いです。

「土日祝日が休みで、給料も上げたい。でも、残業は少ないほうが良い」なんて、都合の良い求人を探す人がいっぱいいるんです。求人票を見ていれば分かると思いますが、こんな良い求人って見かけないですよね。

あるかも分からない求人を探し続けるよりも、自分の希望条件の優先順位を決めたほうが転職を成功させやすいです。仕事内容・給与・休日・環境・キャリアアップといった選択肢を洗い出して、自分が大切にしたいポイントを考えてみましょう。

また、数字を追いかけるのが大変だったり、立ち仕事がイヤで安易にオフィスワークに転職する人も多いのですが、途中でパソコンに向き合うよりも人と接したいと考えて、短期離職することがよくあります。

短い期間で辞めてしまうとキャリアに傷がついてしまうので、自分が何をしたいのか、将来どうなりたいのかを明確にすることが大切です。

未経験の業界や職種への転職のポイント、転職において何を大事にするのか(転職軸)の決め方や会社選びのコツを以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください!

異業種への転職で成功をするポイントは?不安をなくす方法を伝授!
未経験で不動産業界に転職するには?
【必読】WHAT(何をしたいか)にとらわれた転職は失敗する!!

アパレルから転職するときの面接対策

アパレルから転職するときですが、自分のスキルや経験をしっかり話せるように準備しておくと良いでしょう。

具体的には、設定された目標数字に対してどのように達成したのかお客さんに対してどのような提案をしたのかなど、明確に話せるように練習するようにしてください。

あと、アパレル業界にいた人はコミュニケーションスタイルが情緒的になっていることが多いです。倫理的に話せるようになる、結論から話せるように面接対策をする必要があります。

押さえておきたい面接対策
面接対策をするのなら、絶対に押さえておきたい記事を集めてみました。

自信がない人はぜひ読んでみてください!

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説
転職面接でこんな逆質問はNG!見られるポイントや対策方法を解説!
転職面接の流れを入室〜退室まで解説!面接で聞かれる質問も紹介!

上記とは別に、アパレルから転職を考えている人がとくにつまずきやすい面接対策を3つに分けてご紹介しますね。

自己PR・自己紹介のコツ

自己PRで面接官は「企業が求めている人材に合っているかどうか」を確認しています。

一方で自己紹介では「この人と一緒に仕事をしていけるのか?」という見極めをしていますね。

面接官が自己PRや自己紹介で何を知りたいのか、しっかり把握することをおすすめします。知りたいことに対して的確に答えられていれば、それだけ面接官に刺さるからです。

自己PRと自己紹介の基本的な考え方について、以下の記事で詳しく解説しています。自己PRや自己紹介を上手く考えられるか自信がない人は、ぜひ読んでみてください。

【転職面接】すぐに使える自己PRの考え方・答え方を伝授【回答例】
転職で面接官の心をがっちり掴む自己紹介の話し方【例文つき】

志望動機のコツ

志望動機では「志望度の強さ」「会社に見合った能力」「社風にあった人柄」の3つをチェックします。

自己PRや自己紹介よりも重要度が高いので、ちゃんと話せるように対策をとるようにしましょう。

ちなみに志望動機までで「採否の印象」を固めていることが多く、ここまでに面接官の心を掴んでおくことが必要です。

志望動機の基本的な考え方や例文を下記の記事でまとめています。志望動機が上手く考え方が分からない人はぜひ読んでみてください。

【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】

転職理由・退職理由のコツ

転職理由・退職理由を素直に話しても良いのか悩んでいる転職者は多いですね。

少しのウソならバレないと思っている人も多いのですが、たくさんの転職者と面接をしてきた面接官には、転職者が本音で話しているのか、一般論で話しているのかすぐに見抜くことができます。

その結果、本音で話していないから採用すべきか判断ができないので、お見送りになってしまう人もよくいます。

面接官のそういう意図を意識して、転職理由・退職理由は考えたほうが良いでしょう。

下記に、基本的な転職理由・退職理由の考え方についてまとめてあります。考え方が分からない人は、ぜひ読んでみてくださいね。

転職理由を面接で上手く伝える方法!面接官にハマる回答例付き!
面接での退職理由の上手い伝え方!刺さる回答例を転職のプロが解説!

※履歴書・職務経歴書の書き方を解説している記事もあるので、不安のある方は読んでみてください。

  1. 転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための完全マニュアル!
  2. 人事の目に留まる転職の職務経歴書の書き方完全ガイド

アパレルからの転職はエージェントに相談しよう

アパレルからの転職を考えているのなら、転職エージェントの活用をおすすめします。

とくに未経験業界・職種への転職となると、アパレルの販売業務で培われた経験やスキルをどのように活かせば良いのか分からないと思います。

そんなときにこそ転職エージェントは大活躍します。キャリアの棚卸しはもちろんのこと、どのような業界や職種へ転職すれば良いのかアドバイスをしてくれます。

また、不安に感じる人が多い面接対策もしっかりとおこなってくれます。キャリアの棚卸しで明らかになった自分の強みをどのようにアピールすれば良いのかなど、アドバイスもしてくれるので、転職活動において非常に頼もしい存在です。

※転職エージェントの選び方は、こちらの記事(転職エージェントの選び方!転職を成功に導くたった1つの法則!)で解説しています

今回は筆者がおすすめする転職エージェントをいくつかご紹介します。転職を成功させたい人は、ぜひチェックしてみてください。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、キャリアアドバイザーと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!