アパレル業界からの転職について解説します!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは。自立型人材の転職・キャリア支援を行うアクシス・代表コンサルタントの末永雄大(すえながゆうた)です。

勤務時間の長さや休日取得の難しさ、待遇、これからのキャリアを考えてなどの理由から、アパレル業界から他業界へ転職を志す方は少なくありません。

しかし、「どうやって転職活動を進めていけばいいのか、よくわからない」という方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は、アパレル業界から転職するための方法についてまとめてみました。

アパレル業界からの転職なら、転職エージェントの弊社へご相談ください!

アパレル業界からの転職で評価される経験・スキル

転職では、転職志望先の業種を経験している人が採用上で優遇されます。そのような中で、転職を成功に導くには、転職先で活かせるスキルや経験を分かりやすく伝える必要があります。

例えば、アパレル販売員の場合、接客を中心とした業務を通して身に着けた「コミュニケーション能力」はもちろん、初対面の相手と打ち解けられる「協調性」、クレームへの対応や長時間の立ち仕事をし続けることで得られた「忍耐力」、「アルバイトや部下をマネジメントした経験」なども、転職先で生かせるスキルとして評価される可能性があります。

希望する転職先に合わせて、押し出していきましょう。

アパレル業界からの転職なら、転職エージェントの弊社へご相談ください!

 アパレル業界からのオススメの転職先職種は?

アパレル業界からの転職は、職種・業種を問わず、基本的には未経験からのスタートが多いかと思います。

事務

アパレルから事務への転職は人気のケースです。仕事内容は企業によって様々ですが、一般事務の場合、電話対応やメール対応、来客対応、パソコンを使用して資料や契約書などの作成などが中心になります。

ExcelやPower Pointを使って資料を作成するスキルを身に着けることができれば、活躍の場を広げることができます。また、結婚・出産などで一度社会人を辞めてからでも、事務の経験とスキルがあれば再就職しやすいのも利点です。

しかし、近年は大手企業などでは正社員雇用ではなく派遣スタッフとしての雇用が中心になってきているため、正社員求人枠の倍率は高くなる傾向があります。

経理・総務

経理は、事務職に比べて給料が高く、専門性も高いです。会社の決算期には、非常に忙しくなりますが、そのような時期を除いては、比較的早く帰宅することができます。

しかし、特に経理職は専門性が高く、相応のスキルや経験が求められるため、未経験では難易度が非常に高いです。経理のアシスタントなどでキャリアを積み、正社員登用を目指す必要があるかもしれません。

一方、総務もある程度の経験を求められる傾向がありますが、周りの人とコミュニケーションをとりながら、仕事を進めていくため、アパレルでの経験を生かすことができます。

また、経理では簿記検定、総務では秘書検定などの資格を習得することで、キャリアアップや市場価値の向上を図ることができます。そのため、日々目標に向かってコツコツ努力できる方にとって、良い選択肢になると思います。

営業

アパレルからの転職で、最も現実的な選択肢になるかもしれません。

営業は人と接する中で相手の求めているものを理解し、解決策を提示する業務です。

販売員として接客業務をする中で、「初対面の人に話しかける能力」や「お客様が何を欲しがっているのかを探る能力」を身につけられているのであれば、その経験を活かすことができます。

アパレル業界からの転職なら、転職エージェントの弊社へご相談ください!

 アパレル業界からの転職における志望動機

例1:「お客様がどのようなものを欲しがっているのかという視点で、商品を売る力を身に着けることができたため、その力を生かして新たな業界で働きたいと思うようになりました。」

例2:「現在店長として働いていますが、アルバイトがいない時間帯などの穴埋めをしなければならず、拘束時間が長く、体力的に厳しいと感じるようになりました。一方、自分自身は長期的に働けるような環境で専門性を身に着けて、お客様の役に立てるような仕事をしていきたいと考えるようになりました。」

上記の2つはあくまでも例ですが、「今の仕事では実現できないが、転職先だと実現できる」というスタンスが基本的にはよいでしょう。

また、これに加えて、「その業界及び職種でなければならない理由」と「その会社でなければならない理由」もきちんと伝えられるようにしましょう。

〈まとめ〉

いかがでしたでしょうか? アパレル業界からの転職は、基本的に未経験職種への転職になるため、経験をどのように生かしていくかについてイメージが湧かず、不安な方も多いかと思います。

転職をする上で、自分の強みや、アピールすべきポイントが分からないといった悩みをお持ちの方は、是非とも転職エージェントに相談する事をお勧めします。

アパレル業界からの転職なら、転職エージェントの弊社へご相談ください!