アパレルから転職攻略法!プロが教えるおすすめ職種や選考対策!

アパレルから転職攻略法!プロが教えるおすすめ職種や選考対策!

    【アパレルから転職する人のバイブル】アパレル業界に属している人向けに、ケース別に転職先としておすすめの職種や評価されるスキル、そしてアパレルから転職するときの面接対策までキャリアのプロが解説します!

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は1,800万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

すべらない転職では、動画で解説しているものもございますので、ぜひご覧ください。

アパレルからの転職は難しい?

転職エージェント末永 末永

アパレルの販売員から他の職種への転職は、専門知識やスキルが必要な業界・職種でなければ、転職できる可能性が十分あります

とくに20代でアパレルに関わる人は転職可能性は上がり、店長やリーダー経験があると転職市場でさらに高く評価されます。

具体的な職種としては、アパレルの販売業務で得た接客スキルを活かすことができる営業職に転職を成功させている人が多いです。

営業職は、店舗の売上や、それに貢献するために数値目標を立ててSNSを運用していた人など、主体的に数字を追っていた経験のある人に特におすすめの転職先です。

しかし、営業職というと「数字を追うばかりで、ノルマが大変でブラック」といったイメージがあり、営業職はやだなと思う人もいるでしょう。

ですが、営業職でもしっかりと企業や業界を選べば「数字だけではなく、お客さんの課題を考えて提案するコンサルティングスキルが身に付く」など、しっかりとスキルが身につき、パワハラや過度な数字の詰めのない理想的な転職を実現できます

転職エージェント末永 末永

そのためには、しっかりと企業研究をおこない見極めることが大切です


しかし、これまで転職者が一人で偏った情報に基づいた企業研究をしてしまったことにより、ブラック企業に転職してしまったケースを沢山見てきました。


そうならないために、ぜひ弊社のすべらないキャリアエージェントをご利用ください。

すべらないキャリアエージェントでは、ただ求人を紹介するだけの転職エージェントではありません。

弊社では面談や自己分析をおこない、そこから汲み取った実現したいキャリアが叶えられる求人のみを厳選して紹介しています。

求人を厳選して紹介するのは、早期退職を防ぎ、入社後の定着と活躍を目的としているからです。

そのためすべらないキャリアエージェントでは希望や適正に合わせ、10社〜20社程度まで絞って提案をしています。他社でおこなわれている大量の求人紹介はしていません。

アパレルからの転職を本気で成功させたい人は、ぜひ弊社のすべらないキャリアエージェントにご相談ください!

オススメの転職エージェント

すべらないキャリアエージェントについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

アパレルから転職するときによくある転職パターン

アパレル業界でよくある転職パターンを2つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

高卒アパレルから転職するケース

高卒で転職する場合は、業界・職種を選ばなければ転職を成功させやすいです。

ただ、大企業やWebマーケティングといった基本的に大卒以上を求めているところだと、学歴が必要になってきます。そのため、このようなところは避けて応募すると良いですね。

転職と学歴の関係について以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください!

派遣やアルバイトのアパレルから正社員を目指すケース

異なる業界・職種の正社員を目指す場合、正社員と同じ仕事内容をこなしていたり、店舗運営をやっていた経験があれば転職で評価されやすいです。

またアパレル業界で正社員を目指す場合、同業界で勤務している経験があるため、接客スキルを評価してもらえるという大きなメリットがあり、正社員になりやすいです。

まずは現在の職場で正社員ポジションの採用があるかを確認してみてください。

採用しているのなら、そこから正社員を目指したほうが選考も比較的通りやすく、正社員になりやすいです。

派遣から正社員、アルバイト・フリーターから正社員に転職するコツについて知りたい人はこちらもご覧ください。

アパレルから転職する人に多い転職理由

アパレル業界からの転職を考えると、他の人はなぜ転職しようと思ったのだろう、と疑問に思うこともあるかと思います。

そこで、以下ではアパレルから転職する人に多い転職理由をご紹介していきます。

給与が低い

アパレル販売員を辞める多くの人が、給与に不満を抱いています。

一般的にアパレル販売員の平均給与は17万〜20万円程度ですが、実際の手取りは16万〜18万円程度といったところです。

また店舗によっては、そのブランドの服を着て仕事をしなければならないこともありますが、自腹で購入しなくてはいけません。

そのため実際手元に残るお金は少なく、満足いく給与とは言えないためアパレル販売員を辞めたい理由として挙げる人が多いです。

休みが不定期

アパレル関係の仕事はシフト制のことが多く、土日祝日などの休みの日が忙しくなるため平日休みを取り入れているところが多いです。

そのため土日休みの友人などと時間が合わず、友人との時間を過ごすことができないことが多くなってしまいます。

そのため土日休みで友達と遊びたいという人は、辞めたいと思う人が多いようです。

体力的にきつい

販売員の仕事は1日中立ち仕事のため、体力的にきついという人も多いです。

また接客のかたわらで商品の品出しや返品作業、棚卸し作業などをこなさなくてはいけません。

加えて人手不足のことが多く、1人あたりの作業量が多く、年齢を重ねていくにつれて体力的に厳しくなります。

アパレルから転職するのにおすすめな職種

アパレルの接客販売という仕事は「個人営業」に分類されます。

この個人営業で得たスキルが活かせるのは、顧客層や扱う商品を変えた営業職です。

またアパレルで長く接客業を続けていた人は、人と接することが好きな人が多いので、営業職に向いている人も多いでしょう。

個人営業の経験を活かせる上に採用されやすい点から、以下の職種をオススメします。

この4つは採用人数も多く、キャリアや学歴に自信がない人でも挑戦しやすいです。

法人営業は、土日祝日が休みなだけでなく、今後のキャリア形成に役立つため、弊社では率先して推薦しております。

ただ、最終的な転職先はご自身が将来的に何をしたいのかによって選びましょう。

例えば、将来的に人事になりたい人は人材業界、マーケターになりたい人は広告業界へ転職する必要があります。

営業職の種類や仕事内容を詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

アパレルから人材業界の法人営業

人材業界の法人営業はリクルーティングアドバイザー(RA)と呼ばれ「新規企業の開拓」と「既存取引先へのフォローアップ」が主な仕事となります。

新規企業の開拓では求職者へ紹介する求人案件を収集します。

対して、既存取引先へのフォローアップでは、数週間から数ヶ月単位でこまめにアポイントメントを取り、効果的な求人を提案します。

さらに詳しく知りたい人は以下の記事を読めば、人材業界未経験からの転職や人材営業について転職で必要な情報をほとんど全て知ることができますよ!

アパレルから広告業界の法人営業

テレビCMや新聞、雑誌などの広告枠をあらかじめ確保しておき、広告主にむけて販売するのが主な業務です。

また、広告営業の法人営業職は、アカウントプランナーと呼ばれます。電通や博報堂などが有名です。

広告主に対して「このターゲット層にむけてメインに広告を発信することでより広告効果があがりますよ」ということをプレゼンテーションし、実際にクリエイティブを作成し提案する業務をおこないます。

最近では後者の広告制作代行がメインの業務となっていますが、規模の大きい企業では自社メディアによって何本もの広告を配信し、企業ブランドを高めている場合もあります。

以下の記事では、業務内容、向いている人、そして志望動機について書いているのでご確認ください!

アパレルから不動産業界の営業

不動産業界には様々なタイプがあります。

営業職で考えられるのは「不動産販売業の営業」「不動産賃貸仲介業の営業」「不動産販売仲介業の営業」などがあります。

デベロッパーは土地の売買やテナントの誘致などのために営業をかけ、販売・仲介・管理はオーナーとお客様を相手に営業します。

それぞれの職種について詳しく知りたい人は以下の記事がオススメです!

アパレルからIT業界のカスタマーサクセス

最後にカスタマーサクセス職です。

特に聞き馴染みがないですよね。ですが、今後とても需要が見込める職種です。

カスタマーサクセスは顧客を成功・成長させるために自社サービスを最大限活用できるように支援するという役割です。

サービス利用の継続率を高めたり解約率を減らすといったアフターサポートが目的です。

詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

転職者ここまで読んで目指したい転職先は見つかったのですが、自分のスキルに自信がなく転職できるか不安です。

転職エージェント末永 末永

確かに自分のスキルに自信を持てないと不安ですよね。


そのような人には弊社のすべらないキャリアエージェントがおすすめです。

弊社では自分のスキルに自信が持てず、アパレルからの転職に悩んでいる転職者を、これまで沢山支援してきました。

弊社では、実際に多くの支援をおこなってきたからこそ、アパレル業界の人は「どのような転職先で活躍できるのか」「どのようにアピールするれば内定獲得できるか」という点は熟知しています。

また、スキルアップをしたいけど、どの会社を選べばいいか分からない人に向けて、企業の内部情報を熟知したアドバイザーが転職をサポートします。

実際に、アパレル出身者の人が多く活躍している「株式会社リクルート」から、200社中最も優秀なエージェントとして【リーディングエージェント】の表彰をいただいた実績もございます。

アパレル業界からの転職をお考えの際は、ぜひすべらないキャリアエージェントにご相談ください!

アパレル業界から転職するなら

すべらないキャリアエージェントについて詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

年代別のアパレルからの転職でおすすめの業界・職種

ここからは、年代別のアパレルから転職でおすすめの業界・職種を紹介していきます。

基本的に、営業職の求人が多く、大手の転職エージェントが紹介すると思うのですが、今回は、営業職以外でおすすめの職種も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

アパレルからの転職で、年代別におすすめの職種は以下です。

ここからは、アパレルからの転職で、年代別におすすめの職種をそれぞれ解説していきます。

20代はIT系職種

アパレルからの転職で、20代におすすめなのはIT系職種です。

IT業界は、旧成長しており、人手が足りないことはもちろん、将来性もかなり高いため、敷居が低く、キャリアとしてもプラスになるとてもおすすめな業界です。

アパレルからの転職だと、知識がなかなか足りずに、勉強しなかった場合に転職後に苦労する可能性があるので、研修制度がしっかりしている企業に入るのがおすすめです。

未経験からIT業界への転職なら、以下の記事にさらに詳しく書かれているので、よかったら参考にしてみてください。

30代は製造業・不動産・保険業界

厳しい話になってしまいますが、30代以上で異業種へ転職するのはかなり難易度が高いです。

きちんと選考対策をした場合、30代であれば、採用人数が多い不動産業界や保険業界の営業職へ転職を成功させている人が多いです。

不動産・保険業界は、採用人数が多いため、間口が広く、異業種からの転職でも入りやすい傾向にあります。

また、製造業は、不動産や保険の営業のようにインセンティブなどがなく、安定を求める方にはおすすめであると言えます。

不動産業界や保険業界への転職や業界のリアルについて以下の記事で詳しく教えています。合わせてご覧ください!

40代以上は介護職

40代になると、異業界・異職種への転職は厳しいのが現実です。

40代で転職を考えるのなら、アパレルからアパレルへの転職に限定すれば、転職を成功させやすいです。ただ、40代までに店長の経験をしたことがないとかなり転職難易度が上がってしまいます。

転職エージェント末永 末永

40代で、アパレルの店長経験がない方におすすめしたいのが、介護業界です。


社会の、介護業界で働く方への目線が最近変化しており、エッセンシャルワーカーと呼ばれるようになっています。


現状、介護業界の給料は低いですが、労働組合は、コロナ禍で社会生活を支えている「エッセンシャルワーカー」の待遇の改善を訴えており、大幅な最低賃金引き上げが必要だと主張しています。

今後、待遇が変わっていくと考えられますし、介護をすることは大変ですが、大きなやりがいを感じられるため、40代でアパレルから転職したいと考えておられるなら、介護業界がおすすめです。

アパレルから事務職への転職は不可能ではない

事務職への転職を希望する人が多く、転職すること自体は不可能なわけではないです。

ただ、事務職は人気がある職種なのにも関わらず、正社員としての採用が少ないです。

事務職への転職を考えている人は、雇用形態を正社員だけにこだわるのではなく、派遣社員も視野に入れたほうが良いでしょう。

また、アパレルは日常的にパソコンを使わない人が多いので、面接でパソコンスキルが大丈夫なのかと懸念されます。

WordやExcelなどの活用能力を客観的に証明できるMOSの資格を取得しておくと良いと思いますね。

事務職への転職のコツについて詳しく知りたい人は合わせてご覧ください。

アパレルから転職するときに評価されるスキル

アパレルの販売員は個人営業なので、一般には営業スキルが評価されます。

実際に評価されているスキルや経験は以下の5つです。

数字目標の責任を負った経験

ビジネスにおいて、数値を追いかけることは必要不可欠です。売上を立てる営業職の場合は特に必要とされます。

その中でもただ数値を追いかけるだけでなく、数値責任を負った経験がある責任者は特に企業でも重宝されます。

責任者は、チームの数値を常に背負う必要があるためストレスフルな環境で働き、成果を上げなければなりません。

その中で成果を上げたことのある人はビジネスで実力のある人であると評価されます。

目標数字から逆算して計画を立てる経験

数値を追うだけでなく、その目標数値を満たすために何ができるのかというように計画を立てる力も重視されます。

いわゆる戦略的思考力とも言い換えができます。

進捗率の把握やその進捗度に応じて計画の改善策を出すPDCAサイクルを回すこともビジネスでは大事とされるので、PDCAサイクルを回して成功させた経験もあると良いです。

短時間で顧客との信頼関係を構築する力

短時間で顧客と信頼関係を構築させる力は、ビジネスで大事なのですが、それが得意な人や経験が多い人はなかなかいません。

対して、アパレルに勤めている人は顧客と直接向き合い、信頼関係を構築し、商品を買ってもらう機会が大きあり、そのノウハウを持っている人が多いでしょう。

それゆえ、こちらはまさにアパレルの人が重宝される力です。

セット販売の際のヒアリング力と提案力

アパレルでモノを売る時、セット販売をするケースもあるでしょう。

セット販売は、より単価が高くなるため相手のニーズを踏まえる力やそれに対する提案力が必要です。

このように相手のニーズを踏まえ、そのニーズを解決した経験は評価されます。

店舗内での社員との関係構築力

顧客との関係ではなく、組織の中での人間関係構築力です。

組織で働く以上、このスキル重要なのはなんとなくイメージはできると思いますが、転職時の人柄評価の際に大きく関わります。

チームをまとめて何かを達成した経験があれば、関係構築力があると考えられるのでエピソードを話す際にはオススメします。

アパレルから転職するときの注意点

アパレルの販売員から転職する時に注意すべきことも説明しておきます。

転職の軸は厳選する

例えば「土日祝日が休みで、給料も上げたい。でも、残業は少ないほうが良い」のような希望する条件をすべて満たせる求人は存在しない前提で転職を考えることは大事です。

なぜなら、そのような求人には応募が殺到し、既に枠が埋まっていることが多い上、未経験職でそこまで待遇を良くする企業はなかなか見つけにくいからです。

仕事内容・給与・休日・環境・キャリアアップといった選択肢を洗い出して、自分が大切にしたいポイントの優先順位を考えてみましょう。

また、数字を追いかけるのが大変だったり、立ち仕事がイヤで安易にオフィスワークに転職する人も多いのですが、途中でパソコンに向き合うよりも人と接したいと考えて、短期離職することがよくあります。

短い期間で辞めてしまうとキャリアに傷がついてしまうので、自分が何をしたいのか、将来どうなりたいのかを明確にすることが大切です。

未経験の業界や職種への転職のポイント、転職において何を大事にするのか(転職軸)の決め方や会社選びのコツを以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください!

年齢を考えて早めに行動する

冒頭でも申し上げたように、転職は年齢が勝負になるケースが多いです。

なので、若ければ若い方がチャンスは多くあります。

ですが転職に踏み切ってもいいのかわからない、転職して失敗するのは不安で時期を逃してしまう人が大勢います。

私も実際にそのような転職希望者を多く見てきました。

転職を少しでも考えているなら、早めに行動して損はありません。むしろ後回しにしてしまって時期を逃してしまうリスクの方が大きいです。

転職エージェント末永 末永

転職してもいいかわからないと感じている人は弊社のすべらないキャリアエージェントにご相談ください。


弊社では初回の面談で求人のご紹介はおこなっておりません。


まずは転職希望者の悩みをヒアリングして転職すべきか、現職でキャリアアップを目指すかをアドバイスしております。

また弊社はエージェント事業の他に運営している、キャリアコーチング事業のノウハウがありますので、マンツーマンで自己分析のサポートもおこなっております。

転職するか迷っている、まだ転職に踏み切れない人も、ぜひすべらないキャリアエージェントにお気軽にご相談ください。

アパレルからの転職なら

アパレルから転職するときの面接・書類選考対策

アパレルから転職するときですが、自分のスキルや経験をしっかり話せるように準備しておくと良いでしょう。

具体的には、設定された目標数字に対してどのように達成したのか、お客さんに対してどのような提案をしたのかなど、明確に話せるように練習するようにしてください。

また、アパレル業界にいた人はコミュニケーションスタイルが情緒的になっていることが多いです。論理的に話せるようになる、結論から話せるように面接対策をする必要があります。

面接対策のポイントについて詳しく知りたい人は、以下の記事も合わせてご覧ください。

自己PR・自己紹介のコツ

自己PRで面接官は「企業が求めている人材に合っているかどうか」を確認しています。

一方で自己紹介では「この人と一緒に仕事をしていけるのか?」という見極めをしていますね。

面接官が自己PRや自己紹介で何を知りたいのか、しっかり把握することをおすすめします。知りたいことに対して的確に答えられていれば、それだけ面接官の印象に残るからです。

自己PRと自己紹介の基本的な考え方についてもっと詳しく知りたい人は合わせてご覧ください。

志望動機のコツ

志望動機では「志望度の強さ」「会社に見合った能力」「社風にあった人柄」の3つをチェックします。

自己PRや自己紹介よりも重要度が高いので、ちゃんと話せるように対策をとるようにしましょう。

ちなみに志望動機までで「採否の印象」を固めていることが多く、ここまでに面接官の心を掴んでおくことが必要です。

志望動機の基本的な考え方や例文について詳しく見たい人は合わせてご覧ください。

転職理由・退職理由のコツ

転職理由・退職理由を素直に話しても良いのか悩んでいる転職者は多いですね。

少しのウソならバレないと思っている人も多いのですが、たくさんの転職者と面接をしてきた面接官には、転職者が本音で話しているのか、一般論で話しているのかすぐに見抜くことができます。

その結果、本音で話していないから採用すべきか判断ができないので、お見送りになってしまう人もよくいます。

転職理由・退職理由はしっかりと考えたほうが良いでしょう。

基本的な転職理由・退職理由の考え方について詳しく見たい人は合わせてご覧ください。

アパレルから転職するにはプロの転職エージェントがおすすめ

今のスキルでアパレルから異業種に転職できるのか不安に思っている人は多いでしょう

そんな人には、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントでは転職者の現在のスキルを活かして働くことができる企業・求人を紹介してもらえます。

転職エージェントの中でも弊社のすべらないキャリアエージェントが特におすすめです!

すべらないキャリアエージェントでは、平均2〜3日間かけて徹底的に自己分析をおこなうことで、転職者のスキルを言語化します

そして言語化したスキルを効果的にアピールできるように、キャリアドバイザーがマンツーマンで面接対策をおこないます。

そのため弊社では大手エージェントと比べて、書類選考通過率6倍、内定率4倍という実績を出しています。

他にも、以下のような他社の転職エージェントに負けない強みがあります。

  • 転職サイトに載っていない優良求人を保有
  • 志望する企業向けにカスタマイズされた面接練習の実施
  • 転職支援のプロによる転職者の長期的なキャリア設計のコンサルティング

本気で転職を成功させたいと考えている人は、ぜひ一度すべらないキャリアエージェントに相談ください。

キャリアを高めたい20~30代前半に向けた転職エージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 弊社の戦略的キャリアプランにより年収360万の人が年収700万のオファーで転職成功!

【無料】転職サポート申し込み

転職に役立つ関連記事

アパレル・ファッション業界以外の他の業界・職種へ転職する際に役立つ関連記事をまとめてみました。

他の職種の仕事内容や働く上で感じやすい悩み・不満を把握できるので、気になる記事があればぜひチェックしてみてください。

line

line

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A