異業種への転職で成功をするポイントは?不安をなくす方法を伝授!

    異業種への転職を考えている人向けに、年代別に未経験職種への転職難易度や転職を成功させる方法を伝授します。

    また、退職理由・志望動機・面接などの選考対策についても分かりやすく解説します!

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

異業種や未経験職種へ転職する人は意外と多い

転職を検討する際に「そもそも未経験から異業種に転職ってできるの?」と疑問に思っている人もいると思いますが、実は異業種へと転職している人は非常に多いです

パーソルキャリアが運営するdodaが2014年に公開した情報によれば、転職者の59.1%が異業種へと転職しているそうです。

異業種へ転職した人の割合異職種へ転職した人の割合

参考:doda

また、業種を超えた転職は年々増加しています。日経新聞の報道によれば2017年3月の転職者数のうち別業界の同じ職種に転じた人は、14年1月と比べ2.5倍に増えているとのことです。

このように、業種を超えた転職は非常に一般的になっており、採用企業もこれまで異業種で培った経験を活かして活躍して欲しいと歓迎しているケースは決して少なくないです。

【年代別】異業種への転職の難易度

異業種への転職は、年齢によってハードルの高さが変わってきます。

以下で、20代と30代に分けて、それぞれの難易度について説明します。

20代の場合

第二新卒を含む20代前半から半ばまでは、実務経験よりもポテンシャルを優先するケースが多く、未経験でも異業種へ転職しやすいです。

実際に第二新卒を積極的に採用している企業も多く、未経験分野へ挑戦しやすい状況だと言えます。

20代や第二新卒の異業種転職について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください!

関連記事20代で未経験業界への転職は可能?成功のコツや注意点を徹底解説!
関連記事第二新卒とは?何歳まで大丈夫?転職で失敗しない方法をプロが解説!

30代の場合

30代は20代と比較すると未経験でも挑戦できる異業種の求人は少なくなる傾向になり、難しくなります

なぜなら、30代は即戦力として活躍できる実務経験やスキルが求められるようになるからです。

年齢を重ねるにつれてマネジメント経験や即戦力が求められるようになるため、未経験からの転職にチャレンジするのであれば、30代前半のうちに行動することをおすすめします。

ただ、同業界で異職種・異業界で同職種など、これまでの経験を活かせる転職であれば、異業種への転職も可能です。具体的には以下のような転職成功例があります。

転職成功例

  • 製造業の営業→製造業の転職者支援をおこなう人材コンサルタント

30代の転職事情について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事30代の転職って不利?成功を掴むコツを転職のプロが徹底解説!

「未経験歓迎」の求人は3種類ある!

未経験といっても「異業種への転職」は、以下3つのパターンに分類されます。

パターンに応じて、企業が求人を出す理由や転職者の評価ポイントは異なってくるため、事前に把握しておくと対策を取りやすいです。

3つのパターンについて、以下で詳しく解説していきますね。

異業種・同職種

「IT業界の営業職」から「医療機器メーカーの営業職」といったような、業種・業界は違えども職種は同じというパターンです。

採用企業側は、人手不足や、増員の必要な状況を打破するため、即戦力のある若手の労働力増強を意図してこのような採用をおこないます。

成果を出すために前職ではどのようなプロセスを経てきたのか、面接を受ける企業に対して、前職で得た経験やスキルをどのように応用できるのか、また志望度が高く長期定着できるということをアピールすることが大事です。

異業種・異職種

「生命保険会社の営業」から「食品メーカーの営業事務」といったように、業界と職種が異なっているパターンです。このパターンは経験を問わない採用が特徴です。

異業種・同職種と同じように、若手の労働力を増やすことを意図していると同時に、技能は後回しでいいから社内の雰囲気作りなどを想定して採用をおこなうケースもあります。

異業種・異職種の転職パターンは、やる気と面接での印象が転職成功の最大のカギです。なぜその会社で働きたいかを生き生きと答えることが大事です。

同業種・異職種

「部品メーカーの事務」から「部品メーカーの営業」といった社内異動で収まるため、外部の人材を採用することはあまり考えません。

稀に、このような転職が実現するケースがあるとだけ思ってください。

異業種・未経験職種への転職を成功させる方法

異業種や未経験職種への転職を成功させている人には、以下のような特徴があります。

  • 転職の目的が明確である
  • これまでの経験をどう活かせるのかを考えている
  • 転職後のキャリアプランを持っている

上記のことは面接でもしっかりとチェックされるため、事前に自分で考えをまとめておき、面接で面接官に伝えて納得してもらうことが非常に重要になってきます。

ただ、自分だけで面接官に納得してもらえるような回答を考えられるか不安な人も多いと思います。そもそもどれが正解なのかもよく分からないですよね。

そんなときに役立つのが、転職の専門家である転職エージェントです。転職エージェントは求人企業の内情に詳しく、人事が求める人材像やスキル、逆に「こんな人はちょっと難しいかも…」といったリアルな情報を教えてもらえます。

さらに面接官が求めるポイントを押さえた上で、模擬面接といった形で面接対策をしてくれるので、1人で頑張るよりも内定を獲得できる可能性が高まります!

ただ、転職エージェントも得意な領域や業界が異なったり、そもそも相性が合わない場合があるので、1社だけでなく2〜3社に登録することをおすすめします。

登録をおすすめしたい大手転職エージェント3社

年収500万円以上のミドル・ハイクラス層向け

エンジニア・デザイナーに特化した転職エージェント

また、今すぐ転職するべきか迷っている人は、ビズリーチに登録して興味ある企業からのオファーを待つのがおすすめです。

異業種へ転職する前にすること

異業種へ転職する前にするべきこととして、以下の3つがありますので、順に解説していきます。

自己分析をしっかりする

異業種への転職を検討する上で、「なぜ異業種に転職したいのか」について語れるようにすることが重要です。

新しい業種での仕事へ挑戦するということは、業務上必要なさまざまな知識・技術や情報が乏しい状態である可能性が高いです。

厳しい状況にも関わらず「なぜ、異業種へ転職したいのか?」を明確に伝えられる状態にしておかなければ、採用側としても感度が下がってしまいます。

そのためには、実際に転職活動を始める前に自己分析をしっかりとおこなう必要があります。自己分析をどうやれば良いのか分からない人は、以下のポイントに沿って考えを整理してみましょう。

なぜこの業種なのか

  • 何を魅力に感じているのか
  • どんな仕事に取り組めそうだと考えているのか
  • 転職した場合、5年後はどのような仕事に取り組んでいたいのか……など

現在携わる業種と違う点は何か

  • ビジネスモデルの違い
  • 働き方や風土の違い
  • 将来性の違い……など

現在の経験をどのように活かせそうか

  • 足りていない経験は何か
  • 今後どのように仕事に取り組みたいと考えているか

上記のように「業種の持つ要素」「自分の持つ要素」は、どちらも「なぜ、異業種へ転職したいのか?」を考える上で必要なポイントとなります。両面から自分が異業種へ転職したい理由を明確にしましょう。

自己分析のやり方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事転職活動の自己分析のやり方と活かすコツをプロが伝授!【想定質問集付】

転職軸を明確にする

転職活動では転職軸が重要になってきます。とくに企業選びでは、軸を持っているか、持っていないかによって判断のしやすさが変わってきます。

「働き方の軸」「待遇の軸」「環境の軸」といった転職軸を持つことで、無数にある企業の中から転職先の候補を絞ることができます。

転職軸をどうやって持てば良いのか、詳細を知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由とは?

年収ダウンは覚悟

転職すれば年収は上がると思っている転職者が多いのですが、転職はキャリアチェンジになるので一般的に年収は下がります。

さらに異業種や未経験職種への転職は、入社後すぐに戦力として活躍できないため、今よりも年収が下がる覚悟はするようにしましょう。

関連記事転職で年収が上がる?下がる?失敗しないためのポイントを伝授!

異業種へ転職するときの選考対策

異業種へ転職する覚悟が決まり、いざ転職活動をしよう!と思ったときに、直面するのが選考対策です。

いくら覚悟が決まったとしても、書類選考と面接を通過しなければ内定を得ることはできないからです。

そこで、異業種へ転職する人がよく悩む4つをピックアップして以下の順に解説します。

履歴書・職務経歴書の書き方

履歴書・職務経歴書ともに言えることですが、書くときは以下のポイントに気をつけるようにしましょう。

  1. 誤字脱字は絶対になくす
  2. 空欄はなるべくなくす
  3. 求められるスキル・経験に合わせて書く
  4. 実績を可能な限り数字に落とす

「求められるスキル・経験に合わせて書く」と「実績を可能な限り数字に落とす」は、職務経歴書を作成するときにとくに気をつけるべき点です。

履歴書と職務経歴書は転職者にとって「パンフレット」のようなものです。

自分に興味を持ってもらえるように、どのようなスキルや実績があるのかを「○○円の案件を受注した」「○人中何番目の成績だった」「○%作業効率改善を達成した」といったように具体的に書くと分かりやすいです。

履歴書・職務経歴書の書き方で悩んでいる人は、以下の記事を確認してください。

関連記事転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための書き方と見本
関連記事転職での職務経歴書の書き方とフォーマットの決まりをプロが解説!

異業種転職での転職理由

転職理由では「転職しようと思った理由」と「その背景」を盛り込むようにしましょう。

このとき「前職の不満」と「根拠のない理由」は、言わないように気をつけましょう。

前職の生産性のない上司とそりが合わない、残業が多いなどといった不満ばかりあげる人は、自社に入ったとしても絶対不満を言って辞めるだろうと面接官は考えます。

同様に「御社のビジネスに興味を持ちました」といった根拠のない前向きな理由も評価されません。

実現したいこと、そのボトルネックは何で、御社のビジネスであればこういうことが実現できるから御社を志望しましたという形で、転職を考えた、志望した背景・理由を明確にして面接の中でアピールしていくことが重要です。

転職理由の考え方・伝え方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事転職理由を面接で上手く伝えるコツを解説!答え方の例文付き

異業種転職での志望動機

面接官が志望動機で知りたいのは「志望度の強さ」「会社に見合った能力」「社風に合った人柄」の3つです。

この3つを盛り込んだ志望動機を考えられるようにすると良いです。

つまり、自分が志望企業で何をしたいのか、どのようなスキルで活躍できるのかを論理的に伝えられれば、面接官に対して大きなアピールになります。

基本的な志望動機の考え方について、詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください!

関連記事転職面接での志望動機の考え方を解説|面接官に響く回答例つき

面接でのアピール方法

異業種転職における面接で、面接官が応募者の何を見ているのかをご紹介します。

  • なぜ異業種へ転職したいのか
  • ビジネスマナーなど、社会人としての基本的なスキルが身についているか
  • これまでの仕事において、転職先でも活かせる強みを培っているか
  • 仕事に関する内容を自発的に勉強する習慣があるか
  • 忍耐力や人間関係構築力など、短期離職を繰り返す心配要素を払拭できる力の有無

「この業種・企業で働いているイメージが持てるか」「業種に対して前向きに、自発的に学びスキルを身につける姿勢があるか」「短期離職を繰り返さないか」というような視点で、質問をされることが多いと言えます。

業種を変えるということは、これまで培ってきたスキルを活かすだけでなく、新たな勉強が不可欠です。また「現在従事する職種が嫌になっただけなのでは?」という懐疑的な視線を受ける可能性もありますので、短期離職などの不安払拭も重要になります。

面接でどのような質問をされるのか、どういう対策をすれば良いのか、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

異業種への転職を成功させるためプロに頼るのもあり

未経験の業界や職種に転職する場合、転職エージェントからの客観的なアドバイスを参考にするのがおすすめです。

異業種への転職は、イメージや憧れが先行して会社選びをしてしまい「あれ?思っていたのと違った」という失敗が非常に多いです。

転職エージェントに相談すれば、無料で転職相談にのってもらえるだけでなく、希望する業界や職種のリアルな情報も手に入ります。

転職サイトなどに出回らない非公開求人を大量に持っているので、思わぬ優良企業の求人に出会えますよ。

また、ビズリーチに登録して条件の良いオファーを待つという手段もおすすめです。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

異業種への転職に役立つ関連記事

異業種への転職に役立つ関連記事をいくつか集めてみました。

転職が不安な人はぜひ読んでみてください!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント