転職で学歴はみられている?自信がない人向けにアドバイスもご紹介!

勉強机の様子

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

学歴が転職に影響するのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。

学校は何年も前に卒業しているし、新卒じゃないんだから見られないでしょ?って思っている人も多いと思います。

そこで今回は「学歴が転職に影響するのか」「何歳まで学歴を見られているのか」「学歴が重視される業界・職種」「学歴に関するQ&A」などを徹底的に解説していきます。

後半には学歴に自信がない人向けのアドバイスもあるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

転職で学歴は見られている!

大学の卒業式
他の記事だと無責任に、転職では学歴を見られる場合もあります!と書かれていますが、ぶっちゃけると最終学歴はしっかりと見られています

とくに有名企業や昔からあるような大手企業、外資コンサルなどの難易度が高い職種は確実に見ています。

じゃあ、ベンチャー企業なら学歴を見ないのか?というと、実はそうではないです。ベンチャーでも有名な会社やWebマーケティングをやっているところは見ていますね。

とはいえ、上記であげたような企業ではなく、知名度が低い中小企業は学歴よりもスキルや実績を重視しているので、そこまで不安がる必要はありません。

選考で学歴が見られる理由

有名企業や大手企業などが学歴を見る理由ですが、大きく分けて3つあります。

  1. 地頭の良さを知りたいから
  2. 書類選考である程度の足切りをしたいから
  3. ブランド主義だから

外資コンサルなどは、論理的思考力を駆使しながら業務にあたるため、仕事の難易度が高いです。顧客が抱える課題に対して、解決策を示す必要があるので、頭を使うことが多いです。

地頭の良さを知りたい場合、固定されたイメージで学歴を見ていることが多いです。例えば、大卒といってもMARCH以上なのか。MARCHは明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学の頭文字を取った言葉で、一般的に頭の良い大学だと言われています。この5つの大学、もしくはそれ以上の大学を卒業していれば「まあ、地頭は良いだろう」と判断されます。

また、人気企業や大手企業は転職したい人が多く、1つの求人に応募が殺到します。人事も様々な仕事を抱えており、応募してきたすべての人と面接をするわけにもいきません。ある程度のラインで区切る必要があるため、学歴で足切りをしています。

最後のブランド主義は財閥系の企業や昔からある大手企業に多いです。財閥系の企業には、三菱・三井・住友・安田がこれにあたりますね。

何歳まで転職で学歴を見られている?

悩んでいる女性
だいたい30歳まで学歴を見られています

30歳過ぎからは経歴や実績を見ていることが多いですね。

ただ、先ほど紹介した財閥系の企業は、30歳を過ぎても学歴を見ています。ブランド主義なので、いつまでも学歴を見られていると思ったほうが良いでしょう。

中途と第二新卒で違いはない

中途よりも第二新卒のほうが学歴を見られているんでしょ?と思っている人が多いのですが、とくに違いはありません。

中途者も第二新卒者も同じように学歴を見ています。

とはいえ、第二新卒の場合は経験が少ないため、中途者よりは学歴を見ている傾向ですね。

30歳を過ぎたら、学歴よりも経歴と実績が重視されるので、高学歴だからと油断せず、しっかりと実績を出すと30代以降の転職を成功させやすいです。

高卒・専門卒は転職市場的にどう?

ディスカッションをしている若い男女
有名企業・人気企業への転職は狭き門、外資コンサルだと非常に厳しいです。

高卒・専門卒で学歴に自信がない人は、有名企業や人気企業にこだわらず、学歴不問の求人に応募したほうが良いです。

そういうところを探して、チャレンジしたほうが将来的なキャリアアップのためにも良いと思いますね。

学歴が重視される業界・職種

どの業界・職種で学歴が重視されるのか、気になる人も多いと思うので、ご紹介します。

  • 有名企業
  • 大手企業
  • コンサルティングファーム
  • Webマーケティング会社
  • Webサービス会社
  • 大手IT
  • 通信インフラ
  • 金融
  • 総合商社

電通、博報堂、ANA、トヨタ、三菱商事、三井物産、伊藤忠など、誰もが名前を聞いたことがあるような有名企業・大手企業は、先ほども説明した「地頭の良さ」「応募が殺到するから学歴で足切りをしたい」「ブランド主義」から学歴を見ています。

学歴よりもスキル・実績を重視する業界・職種

女性向けのショップ
学歴に自信がなくても受け入れてくれる企業は多いです。実際に、学歴よりもスキルや実績、ポテンシャルから採用してくれる業界・職種をご紹介しますね。

未経験からの転職であれば、人材業界、不動産業界、保険、教育、サービス業、飲食業、接客販売などがおすすめです。これらは常に人手が不足している業界・職種だったり、採用人数が多かったりするからです。

一方で、同業界・同業種への転職ならIT、エンターテイメント業界、ゲーム業界などが良いですね。学歴よりも即戦力として活躍できるかが判断されます。手に職という訳ではないのですが、スキルが物をいう業界・職種なら、学歴を気にすることはないです。

転職での学歴でよくあるQ&A

現役の転職エージェントとして、今までたくさんの転職者をサポートしてきました。その中でよく相談される学歴にまつわるQ&Aをまとめてみました。

学歴に自信がない人は、絶対に1度は疑問に思ったことがある内容だと思います。

転職者
学歴で書類選考に落ちることはありますか?
末永
あります

企業によって違いますが、短大卒は無理、専門卒は無理という場合がありますね。大卒でも、MARCH以上でないとダメってところもあります。

こういうところは、有名企業や人気企業に多いですね。

転職者
学歴は年収に影響しますか?
末永
大卒か、高卒かで差が出ることはよくあります

高卒と比べると、大卒のほうが基本的に初任給は高く設定されていますね。

転職者
たまに求人票に、4年制大学卒業という応募条件があるのですが……学歴の応募条件を満たしてなくても応募できますか?
末永
応募はできます。ただ、内定が出るかは、本人の経歴次第です。

専門職で経験値が高い場合は、高卒でも内定が出ることがあります。例えばですが、経理を15年やってきたとか。

即戦力として活躍できると判断されれば、学歴がなくても大丈夫です

転職者
学歴の条件を満たしてなくても応募できるのはわかったのですが、学歴に自信がないときは何をアピールすれば良いですか?
末永
今までの経歴と、希望する職種の親和性が合っているかが大事になってきます。

営業を10年やってきた人が経理をやりたいですって言っても、即戦力として活躍できないでしょ?ってなりますよね。前職・現職で培われた経験・スキルが希望する企業で役立つことが大切です。

そして、今までの実績を交えながら伝えられれば良いアピールになります。

転職者
求人票に学歴不問って記載されている場合がありますが、どういう職種に多いですか?

あと学歴不問って、本当に学歴不問ですか?

末永
学歴不問の求人は結構あります。職種でいうと、営業、接客、サービス業ですね。人手が不足している職種は学歴不問になっていることが多いです。

2つ目の質問ですが、本当に学歴不問の企業も一定はあります。でも、学歴不問だけど別の要素を見ている場合もあります

この別の要素というのが、今までの経歴やスキル。そして転職回数ですね。転職回数が多いと、うちで採用してもまたすぐに辞めてしまうのでは?と思われて、避けられてしまうことがあります。

転職者
なんで学歴不問なのですか?
末永
理由としては2つありますね。

1つ目、人手が不足しており、できるだけたくさんの人と面接したい場合

2つ目、本人の能力次第で、過去の学歴にはこだわらない場合です。

転職者
履歴書での学歴の正しい書き方を教えてください。
末永
学歴ですが、高校入学から最終学歴まで書くようにしましょう。

義務教育の間ですが、書く必要はありません。ちなみに中退は学歴に入らないので、書かなくても問題ないのですが、書いておいたほうが空白期間が生まれないので良いですね。

詳しい履歴書の書き方について、詳しく説明している記事があるので、気になる人はぜひ読んでみてください。転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための完全マニュアル!

学歴に自信がない転職者へ末永からのアドバイス

末永から転職者へアドバイス
学歴によって、最初に選べる企業に差が出てきますが、そこで腐らずに、選べる企業でしっかり経験を積んで実力をつけていくことのほうが大事です。

そうすることで今は選べなくても、実力をつけていけば、次の転職でその企業を選べるようになっていることはよくあります。

RPGのゲームで説明すると、最初は冒険者しか職種を選べなかったのに、経験を重ねていけば聖者や剣士にジョブチェンジできるようになりますよね。

転職もRPGのジョブチェンジと一緒なんです。コツコツと経験を積み重ねず、一足飛びで転職することはできません。そのことを理解して、自分が将来やりたいことができる企業に転職して、そこで経験と実績を積んでいきましょう。

また、大卒、とくにMARCH以上のレベルの高い人がいくような企業は、ブランド力はあっても仕事内容がつまらないことがあります。

自分が何をやりたいのか、将来的にどうなりたいのかを明確にし、自分の価値を発揮できる企業に転職して活躍したほうが、長期的な目で見れば幸せになれると私は思います。

 

転職エージェントでは、目の前の転職先の紹介にとどまらず、中長期的にどうなりたいのかを一緒に考え、なりたいキャリアに必要なスキルや経験が身につく企業を紹介してくれます。

また、企業ごとの面接の評価ポイントも熟知しているので、志望企業がどれぐらい学歴を重視してくるのか、傾向値を教えてもらうこともできます。

「転職成功するか不安・・・」という方はぜひ、一度転職エージェントの利用も検討してみてください!

これまで10年以上、現役の転職エージェント・キャリアアドバイザーとして多くの転職者をサポートしてきた私が対象者別にオススメなエージェント」をまとめました。


※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。そういった方は、幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

大手の転職エージェントでは、正社員経験のある人が優先的にサポートされ、既卒の方や正社員経験が少ない方は対応もらえないケースもあります。ですので、既卒・フリーターの就職支援に強い『UZUZ(ウズウズ)』も登録しておくのがオススメです!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.04.11

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18