2019.08.14

転職で学歴はみられている?自信がない人向けにアドバイスもご紹介

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

学歴が転職に影響するのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。

学校は何年も前に卒業しているし、新卒じゃないんだから見られないでしょ?って思っている人も多いと思います。

そこで今回は「学歴が転職に影響するのか」「何歳まで学歴を見られているのか」「学歴が重視される業界・職種」「学歴に関するQ&A」などを徹底的に解説していきます。

後半には学歴に自信がない人向けのアドバイスもあるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

転職で学歴は見られている!

転職にも影響が出る学歴を証明する、大学の卒業証書授与式

他の記事だと無責任に、転職では学歴を見られる場合もあります!と書かれていますが、ぶっちゃけると最終学歴はしっかりと確認されています。

とくに有名企業や昔からあるような大手企業、外資コンサルなどの難易度が高い職種は確実に見ています。

じゃあ、ベンチャー企業なら学歴を見ないのか?というと、実はそうではないです。ベンチャーでも有名な会社やWebマーケティングをやっているところは見ていますね。

とはいえ、上記であげたような企業ではなく、知名度が低い中小企業は学歴よりもスキルや実績を重視しているので、そこまで不安がる必要はありません。

選考で学歴が見られる理由

有名企業や大手企業などが学歴を見る理由ですが、大きく分けて3つあります。
  1. 地頭の良さを知りたいから
  2. 書類選考である程度の足切りをしたいから
  3. ブランド主義だから

外資コンサルなどは、論理的思考力を駆使しながら業務にあたるため、仕事の難易度が高く、一定の地頭を求める傾向が強いです。

地頭の良さを知りたい場合、固定されたイメージで学歴を見ていることが多いです。

例えば、大卒といってもMARCH以上なのか。MARCHは明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学の頭文字を取った言葉で、一般的に頭の良い大学だと言われています。
この5つの大学、もしくはそれ以上の大学を卒業していれば「まあ、地頭は良いだろう」と判断されます。

また、人気企業や大手企業は転職したい人が多く、1つの求人に応募が殺到します。
人事も様々な仕事を抱えており、応募してきたすべての人と面接をするわけにもいきません。
ある程度のラインで区切る必要があるため、学歴で足切りをしています。

最後のブランド主義は財閥系の企業や昔からある大手企業に多いです。財閥系の企業には、三菱・三井・住友・安田がこれにあたりますね。

何歳まで転職で学歴を見られている?

転職に学歴が関係するのか悩んでいる女性だいたい30歳まで学歴を見られています

30歳過ぎからは経歴や実績を見ていることが多いですね。

ただ、先ほど紹介した財閥系の企業は、30歳を過ぎても学歴を見ています。ブランド主義なので、いつまでも学歴を見られていると思ったほうが良いでしょう。

中途と第二新卒で違いはない

中途採用よりも第二新卒採用のほうが学歴を見られているんでしょ?と思っている人が多いのですが、とくに違いはありません。

中途者も第二新卒者も同じように学歴を見ています。

とはいえ、第二新卒の場合は経験が少ないため、中途者よりは学歴を見ている傾向ですね。

30歳を過ぎたら、学歴よりも経歴と実績が重視されるので、しっかりと語れる仕事の実績があることが重要です。

30代の転職について、もう少し詳しく知りたい人は以下の記事もぜひ読んでみてください。

30代の転職って不利!?成功を掴むコツを転職のプロが解説します!

転職市場的に高卒・専門卒ってどう?

転職に学歴が関わってくるのか話し合っている若い男女

有名企業・人気企業への転職は狭き門、外資コンサルだと非常に厳しいです。

高卒・専門卒で学歴に自信がない人は、有名企業や人気企業にこだわらず、学歴不問の求人に応募したほうが良いです

そのような企業を探すようにして、チャレンジした方が将来的なキャリアアップのためにも良いと思いますね。

ただ学歴不問といっても求人によっては業務内容から待遇までガラッと異なるため、この企業選びで選択を誤ってしまうと将来的なキャリアアップも望めなくなってしまいます。

そこで転職エージェントに相談することで、転職支援と将来的なキャリア設計についてのアドバイスをしてもらいましょう。

末永

転職エージェントの中でもリクルートエージェントマイナビエージェントdodaは年間何万人もの転職者の支援をしており、キャリア設計と転職支援について豊富なデータを持っています。


ほぼ全ての業界・企業の求人を持っているので、幅広い選択肢の中から自分に合った企業を提案してくれます。


ただ、既卒やフリーターの方は、大手では優先順位が低く十分なサポートを受けることができない恐れがあるので、ハタラクティブUZUZと合わせて相談することをオススメします。


転職を検討中の方全員にオススメ

既卒・早期離職経験がある方はこちら

  • ハタラクティブ
    人材大手のレバレジーズ が運営する既卒・フリーターの転職・就職サポート
  • UZUZ
    サポートが一人当たり10時間以上と手厚い!既卒・フリーターの転職・就職サポート

学歴が重視される業界・職種

どの業界・職種で学歴が重視されるのか、気になる人も多いと思うので、ご紹介します。

  • 有名企業
  • 大手企業
  • コンサルティングファーム
  • Webマーケティング会社
  • Webサービス会社
  • 大手IT
  • 通信インフラ
  • 金融
  • 総合商社

電通博報堂ANAトヨタ三菱商事三井物産伊藤忠など、誰もが名前を聞いたことがあるような有名企業・大手企業やメーカーは、先ほども説明した「地頭の良さ」「応募が殺到するから学歴で足切りをしたい」「ブランド主義」から学歴を見ています。

学歴よりもスキル・実績を重視する業界・職種

学歴よりも実績を重視する職種

学歴に自信がなくても受け入れてくれる企業は多いです。実際に、学歴よりもスキルや実績、ポテンシャルから採用してくれる業界・職種をご紹介しますね。

未経験からの転職であれば、人材業界不動産業界、保険、教育、サービス業、飲食業、接客販売などがおすすめです。これらは常に人手が不足している業界・職種だったり、採用人数が多かったりするからです。

一方で、同業界・同業種への転職ならIT業界ゲーム業界エンターテイメント業界、などが良いですね。学歴よりも即戦力として活躍できるかが判断されます。手に職という訳ではないのですが、スキルが物をいう業界・職種なら、学歴を気にすることはないです。

転職での学歴でよくあるQ&A

現役の転職エージェントとして、今までたくさんの転職者をサポートしてきました。その中でよく相談される学歴にまつわるQ&Aをまとめてみました。

学歴に自信がない人は、絶対に1度は疑問に思ったことがある内容だと思います。

転職者

学歴で書類選考に落ちることはありますか?

末永

あります。

企業によって違いますが、短大卒は無理、専門卒は無理という場合がありますね。
大卒でも、MARCH以上でないとダメってところもあります。

こういうところは、有名企業や人気企業に多いですね。

転職者

学歴は給料・年収に影響しますか?

末永

大卒か、高卒かで差が出ることはよくあります。

高卒と比べると、大卒のほうが基本的に初任給は高く設定されていますね。

転職者

たまに求人票に、4年制大学卒業という応募条件があるのですが……学歴の応募条件を満たしてなくても応募できますか?

末永

応募はできます。

ただ、内定が出るかは、本人の経歴次第です。

専門職で経験値が高い場合は、高卒でも内定が出ることがあります。例えばですが、経理を15年やってきたとか。

即戦力として活躍できると判断されれば、学歴がなくても大丈夫です。

転職者

学歴の条件を満たしてなくても応募できるのはわかったのですが、学歴に自信がないときは何をアピールすれば良いですか?

末永

今までの経歴と、希望する職種の親和性が合っているかが大事になってきます。

営業を10年やってきた人が経理をやりたいですって言っても、即戦力として活躍できないでしょ?ってなりますよね。前職・現職で培われた経験・スキルが希望する企業で役立つことが大切です。

そして、今までの実績を交えながら伝えられれば良いアピールになります。

転職者

求人票に学歴不問って記載されている場合がありますが、どういう職種に多いですか?
あと学歴不問って、本当に学歴不問ですか?

末永

学歴不問の求人は結構あります。

職種でいうと、営業、接客、サービス業ですね。人手が不足している職種は学歴不問になっていることが多いです。

2つ目の質問ですが、本当に学歴不問の企業も一定はあります。でも、学歴不問だけど別の要素を見ている場合もあります。

この別の要素というのが、今までの経歴やスキル。そして転職回数ですね。転職回数が多いと、うちで採用してもまたすぐに辞めてしまうのでは?と思われて、避けられてしまうことがあります。

転職者

なんで学歴不問なのですか?

末永

理由としては2つありますね。

1つ目、人手が不足しており、できるだけたくさんの人と面接したい場合。

2つ目、本人の能力次第で、過去の学歴にはこだわらない場合です。

転職者

履歴書での学歴の正しい書き方を教えてください。

末永

学歴ですが、高校入学から最終学歴まで書くようにしましょう。

義務教育の間ですが、書く必要はありません。ちなみに中退は学歴に入らないので、書かなくても問題ないのですが、書いておいたほうが空白期間が生まれないので良いですね。

詳しい履歴書・職務経歴書の書き方について、詳しく説明している記事があるので、気になる人はぜひ読んでみてください。

転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための完全マニュアル!
人事の目に留まる転職の職務経歴書の書き方完全ガイド

転職者(学歴に自信がない方)へ末永からのアドバイス

学歴で悩んでいる転職者へ末永からのアドバイス

学歴によって、最初に選べる企業に差が出てきますが、その時に腐らずに、選べる企業でしっかり経験を積んで実力をつけていくことのほうが大事です。

そうすることで今は選べなくても、実力をつけていけば、次の転職でその企業を選べるようになっていることはよくあります。

RPGのゲームで説明すると、最初は冒険者しか職種を選べなかったのに、経験を重ねていけば賢者や剣士にジョブチェンジできるようになりますよね。

転職もRPGのジョブチェンジと一緒なんです。コツコツと経験を積み重ねず、一足飛びで転職することはできません。そのことを理解して、自分が将来やりたいことができる企業に転職して、そこで経験と実績を積んでいきましょう。

どこで経験を積めばいいのか分からない方は転職エージェントに相談すれば、目指すキャリアに必要なスキルや経験が身につく企業を紹介してくれますよ。

その上、エージェントは企業ごとの面接の評価ポイントも熟知しているので、選考通過率をグッと高めることができます。

ただ、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質がバラつくので、利用する場合、下記で紹介する転職エージェントに2〜3社ほど登録してから比較検討することがオススメです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。