2019.09.19

ANAへ転職するには?全日本空輸の口コミや年収を徹底解説!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職をしたい企業ランキングでも上位にいるANA(全日本空輸)。女性の働く環境も特に整っており、女性の方の転職したい企業でも3位(参考:人気企業ランキング2017(男女別)|転職ならdoda(デューダ))に位置していて転職をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

今回は航空業界の人気企業である「ANA(全日本空輸)」に転職を検討されている方向けに「ANA(全日本空輸)」への転職についてのノウハウをレクチャーしていこうと思います。

ANAって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

もう当然のことではありますが、ANAは誰しもが知っている日本の航空会社です。お台場付近に行って空を見上げれば飛行機見れ、ANAの飛行機を目にする機会も多いのではないでしょうか。

事業はもちろんヒトやモノを航空機を用いて運搬することを事業の主軸としている企業です。国内線のシェア率を約50%も誇っており、日本の航空業界でもトップのシェア率を誇っています。

また年間のANAの利用者数は国内線と国際線5,000万人以上と国内国外問わず、数多くの利用者の方を飛行機で様々なところを繋いでいて、ジャンボジェット機などを含めANAだけで257もの航空機を持っています。

定期航空運送事業、不定期運送事業、航空機使用事業、その他付随事業の4つから構成されています。飛行機を扱ったビジネスを行っています。旅客を運ぶだけではなく、貨物を運ぶことも仕事になっています。

ANAに転職するには?

結論から言うと、ANAへの転職はそこまで難易度が高いわけではありません。しかしながら、経歴が綺麗な人や英語力の高い人を採用したがる傾向があるのも事実です。

そういった意味では、経歴が綺麗な人、または、経歴が綺麗では無いが英語力のある人には十分チャンスがあります。では実際にどうすれば転職できるのかを紹介しますね。

ANAのようなユニークな事業となると、募集求人自体が少ない傾向があります。そういった意味では難易度は高くありませんが、レアではあるということです。

そういった企業・職種の求人も含めて、最も多くの求人を持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった総合型の大手エージェントです。

人気企業や大手メーカーなどは特定の大手エージェントのみに求人を依頼しているケースも多いので、こういった企業への転職を検討している方は必ず登録をしておきましょう。

業界大手の転職エージェント

さらに、もしあなたが女性だった場合には@type女性の転職エージェントにも相談すると良いでしょう。

@type女性の転職エージェントは、女性に特化した転職エージェントで、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があり、求人の中にANAの求人がある可能性が高いです。

また、先ほどANAへの転職はそこまで難易度が高くないと紹介しましたが、本社勤務の場合には別です。

本社勤務ともなると、データアナリストやシステムエンジニア、マーケッターやPMなどの専門職採用が主となります。当然、給料も高くハイクラス人材ということになります。

もしANAの本社勤務を目指す場合には、ハイクラスの求人が多いJACビズリーチへの相談をすると良いでしょう。

さらに、データアナリストやシステムエンジニアを目指す場合には、IT人材の転職に強いマイナビITへ相談すると良いでしょう。

オススメの特化型エージェント

ANA直近の業績や今後の事業課題

増収増益を繰り返しています。国際線の増客が効果を出しているようで、運賃の変更や、増便によるニーズをつかむことに成功したと報告しています。

フルサービスのANA、LCCであるピーチとバニラエアをフル活用し、ビジネス需要から、プレジャー需要まで包括的に取り込んでいます。

国内線の増客に課題があり、横ばいが続いています。他の格安航空会社が乱立し、戦国時代と言われるほど、競争が激化しています。

ANAはすでにLCC会社を保有しており、そちらで対応する予定ですが、今後も増便する傾向にあるので、その流れについていけるかどうかが課題となりそうです。

たくさんあるANAのグループ会社

現在ANAホールディングスとして多くのグループ会社があります。ANAホールディングスへの転職をする場合、求人情報もサイト内で公開されていることがありますので、確認を進めております。

コンタクトセンター

フライトケータリング

調査研究・シンクタンク

航空機操縦士養成

ANA(全日本空輸)の本社・オフィス

ANAの本社は汐留のシティセンター内にあり、電車から雨に濡れずにオフィスへの通勤が可能です。

汐留シティセンターなので、地上47階とガラス張りの綺麗な高層ビルなのが特徴的でビル内には他にも複数の企業が入っており、商業施設も入っているためランチで困ることなども無さそうです。

またビルを挟んで向かいには、日テレの汐留本社もあり、よく近くで撮影をしているということもあるそうです。

ANAの仕事内容・職種

事務系、技術系、キャビンアテンダントと三種類に分類され、仕事内容は変わってきます。

事務職

事務職では運行管理や営業推進、貨物郵便の手配などが仕事内容になります。

技術職

技術職は、運行整備、機体整備、スタッフと分かれています。飛行機の整備が仕事内容となります。

ANAの特徴として、定時性が上げられますので、高い専門性が求められます。

キャビンアテンダント

そして、これまで、契約社員で採用していたキャビンアテンダントを正社員採用するようになりました。こちらはキャビンアテンダントになるための専門学校があるほど、専門性が高いです。

仕事内容は飛行機内のサービスをすることです。

ANAの仕事のやりがい

一便一便、定時出発に向けてチームワークで取り組むことがやりがいです。航空機には、グランドスタッフ、整備士、運航乗務員、客室乗務員など、多くの人が一丸となって携わっています。

どの人材が欠けても成り立つことはありません。定時出発を果たせた時に達成感を味わえるのではないでしょうか。

ANAの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

評判は良好です。天候や機材事由による不安定要素の多い仕事であるのに対応出来た時の喜びが大きいのかもしれません。

仕事ぶりがきちんと評価されるシステムが整備されており、役職への昇格もあることから、社員の方の納得感ある働き方が窺い知れました。

どういう社風・文化があるのか

ANAは、キャリアアップに関して、上からのサポートが手厚いみたいです。人材育成に力を入れており、体育会系の雰囲気があります。上下関係は厳しいですが、風通しが良く比較的自由に個人がやりたいことに取り組めるそうです。

テレワークや時短勤務など働きやすい制度が導入されているのも魅力のようです。また、希望があれば65歳まで働ける環境が整っているのだとか。有給休暇も取得しやすく、ワーク・ライフ・バランスも調整できるみたいですよ。

事務職・技術職共に入社から10年は「初期キャリア」と位置付けられるそうです。事務職はエアラインの現場業務、技術職は整備部門からスタートとなります。

ANAの面接・SPIなど選考難易度

選考難易度は高いと言えます。事務系総合職であれば、まずは語学力が何より必要となります。ANAは国際線を増便する計画を打ち出しており、その流れに乗らなければなりません。

また、海外との取り引きが多いので、英語に日常的に触れるので、英語関連の資格や実務経験は必要でしょう。そして臨機応変に対応できる汎用性の高い人材を求めるとはっきりと示されています。

天候や機材トラブルによってサービス品質である定時出発が遅れてしまうことは、利益の減少につながりますので、迅速に様々な状況に対応出来る人材が求められるでしょう。

選考フロー

ANAの選考フローについてですが、「事務職」と「技術職」で異なっています。この2つの選考フローについてご紹介していきます。

まずは「総合職(事務職)」です。

■「総合職(事務職)」

STEP1.WEB適性検査

STEP2.エントリーシート

STEP3.1次面接

STEP4.2次面接

STEP5.3次面接

STEP6.4次面接

上記が「総合職(事務職)」の選考フローです。続いては、「総合職(技術職)」の選考フローをご紹介します。

■「総合職(技術職)」

STEP1.WEB適性検査

STEP2.エントリーシート

STEP3.1次面接

STEP4.グループディスカッション

STEP5.2次面接

STEP6.3次面接

上記が「総合職(技術職)」の選考フローです。こちらは、1次面接の前に「模擬面接」が2回程度ある場合があるようです。何もない場合もありますし、結果によっては、一部選考が免除される場合もあります。

WEBテストで性格検査はありますが、能力のWEBテストや筆記試験は行っていないそうです。テストセンターはパイロット職のみとなっており、総合職(事務職・技術職)は実施しないみたいですよ。

また、エントリーシートでチェックされるのは、「志望動機」・「人物像」・「学生時代に頑張ったこと」の3つです。その中でも特に重点を置いているのが「他者にない特徴」のようです。

面接での質問例

ANAの面接でどんなことを質問されるのでしょうか?実際に質問されている内容についてご紹介します。

1.企業研究で行ったことは?

上記が、実際に質問されているものです。他の企業であれば、いろいろ質問されるのですがANAの場合は違うようです。企業研究で何を行ったのか、何を得たのか。この部分に注目しているみたいですね。

実際に内定をもらえた方々は、整備格納庫見学やOBOG訪問を欠かさず行ったようです。また、実際に飛行機へ乗り機内サービスの研究をしたという方も。

面接を受けた方々が口を揃えて答えているのは「OB訪問はした方が良い」ということでした。

SPI難易度

選考難易度は高いと言えます。総合職(事務職)であれば、まずは語学力が何よりも必要となります。ANAは国際線を増便する計画を打ち出しており、その流れに乗らなければなりません。

また、海外との取り引きが多く、日常的に英語に触れるので、英語関連の資格や実務経験が必要でしょう。そして臨機応変に対応できる汎用性の高い人材を求めているそうですよ。

総合職(事務職・技術職)は能力のWEBテスト・筆記試験は実施しないとご紹介しました。しかし、技術職の最終選考近くで筆記試験が実施される可能性もあるそうです。

テスト内容は、言語・非言語・規則性・ブラックボックスから構成されているのだとか。問題の解き方については、理解するために説明の時間が与えられるので、そこで問題を把握することがポイントです。

ANAの年収相場(給与)は?

800万円程度が平均年収となっています。平均年収からすれば厚い待遇と言えるでしょう。有給消化率は約80%と非常に高い数値になっているのも特徴です。

年齢別の平均年収

ANAの平均年収について気になりますよね?まずは、年齢別の平均年収についてご紹介します。

  1. 20~24歳→平均年収:309.2~339.2万円
  2. 25~29歳→平均年収:605.1~655.1万円
  3. 30~34歳→平均年収:651.2~751.2万円
  4. 35~39歳→平均年収:673.4~777.4万円
  5. 40~44歳→平均年収:752.4~873.4万円
  6. 45~49歳→平均年収:856.3~978.3万円
  7. 50~54歳→平均年収:938.1~1,048.1万円
  8. 55~59歳→平均年収:929.4~1,039.4万円
  9. 60~65歳→平均年収:607.5~1,039.4万円

上記が、年齢別の平均年収です。25歳〜全体的に平均年収の数値が高くなっていることがわかります。その中でも、50~54歳の収入がとても高くなっていますね。

職種別の平均年収

続いて、職種別の平均年収についてご紹介します。
  1. 営業系→平均年収:607万円
  2. 企画・事務・管理系→平均年収:711万円
  3. 販売・サービス系→平均年収:468万円
  4. 専門サービス系→平均年収:424万円
  5. クリエイティブ系→平均年収:750万円
  6. 電気・電子・機械系エンジニア→平均年収:750万円
  7. 運輸・物流・設備系→平均年収:468万円
  8. その他→平均年収:506万円

上記が、年齢別の平均年収です。中でも高い収入となっているのが、クリエイティブ系と電気・電子・機械系エンジニアです。次いで高いのは、企画・事務・管理系です。

賞与・給与(評価)制度

ANAの給与は、基本的に年功序列ですが評価制度が用意されているみたいです。チャレンジ精神や客観的に成果を上げられたことが、人事評価に繋がり収入アップに繋げることが可能なのだとか。

明細がとても細かいため、業務にどれだけの手当が付いているのか汲み取れる点も好評のようですよ。賞与が年2〜3回ありますが、業績が大きく変動するので賞与は不安定だそうです。

また、残念ながら業界の情勢の影響もあるため、本人の努力が必ずしも給与アップに繋がるとは限らないようです。

残業時間

ANAは、時間外労働の管理がしっかりされているそうです。基本的に残業は、上司と相談をして、あらかじめ時間の目安も設定した上で行うみたいですよ。子育てをしている短時間勤務者に対しては、基本的に残業はないのだとか。

ただ、生産性の効率を追求するあまり、人員が足りない部署が多く定時で仕事を終えることがほぼできないこともあるそうです。

ANA(全日本空輸)へ転職をするには?

結論から言いますと、ANAに転職したい方はマイナビエージェントリクルートエージェントdoda には必ず登録するべきです。

なぜならば、冒頭でもお伝えした通りANAへの転職を成功させるためにはどれだけ多くの求人と出会い、自分に合った求人を見つけられるかが勝負だからです。

女性の場合にはマイナビエージェントリクルートエージェントdodaに加えて、@type女性の転職エージェントへの登録もするべきでしょう。

こちらも、冒頭でお伝えした通り、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があり、求人の中にANAの求人がある可能性が高いからです。

さらに、ANAの本社勤務を希望する場合にはビズリーチJACへ相談するのが良いでしょう。

兎にも角にもどれだけ多くの求人と出会えるかが、勝負の鍵ですよ。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

どこの企業を志望しているのかが明確ではない方へさて、もしかすると読者様の中には「まだどこの企業に行きたいのかわからない」という悩みを抱えている人がいるかもしれません。

下記のツールは自身のステータスを入力すると、あなたにおすすめの転職エージェントをピックアップしてくれます。ぜひ利用してみてください。

あなたにピッタリの転職エージェントを15秒で診断します

性別を教えてください♪

年齢を教えてください♪

希望年収を教えてください♪

希望職種を教えてください♪

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。