ANA(全日本空輸)への転職方法!中途採用の難易度や求人情報を徹底解説!

ANA(全日本空輸)への転職方法!中途採用の難易度や求人情報を徹底解説!

    ANA(全日本空輸株式会社)へ転職するコツを就職・転職支援のプロである現役転職エージェントが徹底解説します。

    また、中途採用の転職難易度や求人情報、採用倍率の高い企業から内定獲得するためのポイントも紹介します。

    あわせて企業文化や採用大学、面接で聞かれる質問や社員からの口コミも分かりやすくまとめました。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

ANA(全日空)の転職難易度

ANA(全日空)の転職難易度は応募先企業や職種によって異なります。

グループ会社も含めると転職難易度は中程度ですが、本社勤務(全日本空輸株式会社)の場合は募集人数が少ないために競争率が高く、かなりの高難易度です。

本社勤務職の採用はデータアナリストやマーケターなどの専門職採用が中心で、高年収に見合う高度な技術・スキルを持ち合わせた、いわゆる「ハイクラス人材」が求められるポジションです。

転職市場においてハイスキル人材は希少な存在で売り手市場ではあるものの、ANA(全日空)はdodaの「転職人気企業ランキング(2022年)」の11位にランクインするほどの人気企業です。

少ない募集枠に対して多くのハイスキル人材が殺到するため、難易度が高く非常に狭き門だと考えられるでしょう。

なお、ANA(全日空)はコロナ禍による経営不振から採用活動に消極的でしたが、2022年は3年ぶりに新卒採用(総合職)を再開することを発表しました。

また、2022年12月には新卒・キャリア採用ともに客室乗務員の採用を再開することも発表されており、明るいニュースが続いています。

ANA(全日空)は就業経験の有無に関わらず大学卒業後3年間は新卒採用として挑戦することが可能です。

過去数年間採用がストップしていたため不本意にも応募できなかった第二新卒や既卒の人にもチャンスがあるといえるでしょう。

2022年12月時点でANAの公式採用サイトでは以下の職種で中途採用の記載があります。

ここからは職種ごとに仕事内容や転職難易度を解説します。

グローバルスタッフ職(事務)

事務職は航空機運航に必要な「オペレーション機能」、エアラインビジネスを担う「ビジネス機能」、人事・経理財務など会社の経営・運営にかかる「コーポレート機能」の3機能に跨る幅広い業務を担います。

グローバルスタッフ職は国内外の事業所を含めたジョブローテーションをしながらジェネラリストを目指す職種です。

新卒の場合は職種を限定せず応募することが可能ですが、中途採用では基本的に応募時に選択する職種に基づき専門性を活かせる部門へ初期配属されることになります。

2022年12月時点では以下の職種で募集がありました。

  • DX(IT・データ)
  • 経理・会計
  • マーケティング(CX戦略、グローバルマーケティング企画、レベニューマネジメント、CS推進、商品企画)
  • 貨物・物流
  • オペレーション

それぞれ高い技術・スキルが必要となるだけでなく、応募時点にて5年以上の実務経験が必要となり、即戦力としての活躍を期待される職種です。

転職エージェント末永 末永

求められる基準、倍率ともに高く入社できる人は一握りなのが現実です。ただ、この職種に応募できるような高いスキルを持っている人は、色んな企業が採用したがっています。


スカウト型転職サイトのビズリーチに登録することで、ANA(全日空)に限らず名だたる企業から声がかかるので、登録しておくと良いですよ。


また、積極的にハイクラス求人を探したい人は、JACリクルートメントを登録することで理想に近い求人を見つけることができますよ。

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く
  • JACリクルートメント
    国内3位の規模を誇る転職エージェント。年収600万〜1,500万円以上の案件を多数保有

グローバルスタッフ職(技術)

技術職は安全運航、定時性、快適な客室といったANA(全日空)の価値を生み出すことに直接つながる役割で、担当する領域のプロフェッショナルであることが求められる職種です。

専門性によって以下のように業務内容が分けられていています。

  • 整備技術管理
  • 品質管理
  • 航空機/航空機用部品の整備企画・企画
  • 運航技術管理
  • 整備系IT企画・開発
  • データサイエンス

2022年12月時点で、公式採用サイトではグローバルスタッフ職(技術)の募集は行っていませんでした。

ただし、ANA(全日空)のように知名度のある人気企業では、希少な募集枠にエントリーが殺到すると人事の手間がかかるので、公式サイトでは公開せず「非公開求人」として大手転職エージェント等へ求人依頼をすることも多いです。

転職エージェント末永 末永

とくに業界最大手のリクルートエージェントでは、20万件以上の非公開求人を扱っています。


登録すれば、ANA(全日空)だけでなく他の航空企業の求人も見ることができるので、その中でどこがいいのか比較もしやすくなりますね。

おすすめの大手総合型転職エージェント

非公開求人のメリット・デメリットなど、詳しくは以下の記事でも解説しているので参考にしてみて下さい。

客室乗務員(キャビンアテンダント)

安全とサービスの両方の観点から、お客様にとって最適な対応を提供する職種です。食事や飲み物などの提供、機内販売、到着地のご案内など、一人ひとりのお客様に合わせた親身な応対技術が求められます。

客室乗務員(キャビンアテンダント)は憧れの職業として名前の挙がることも多く、特に国内第一位のシェア率を誇るANA(全日空)は人気の就職先です。

コロナ禍の影響で新卒・中途ともに客室乗務員の採用はしばらく中断していましたが、旅客需要の回復から2023年度入社のキャリア採用、および2024年度入社の新卒採用を再開することが発表されています。

ただし、募集再開時は競争率の高さからかなりの高難易度となることが考えられるため、入念な対策が欠かせません。

ANA(全日空)へ転職しやすい人の特徴

ANA(全日空)の転職をスムーズに進めるには、ANAグループの行動指針である「ANA’s Way」を理解し、行動できることが重要です。

  • 安全(Safety):安全こそ経営の基盤、守り続けます。
  • お客様視点(Customer Orientation):常にお客様の視点に立って、最高の価値を生み出します。
  • 社会への責任(Social Responsibility):誠実かつ公正に、より良い社会に貢献します。
  • チームスピリット(Team Spirit):多様性を活かし、真摯に議論し一致して行動します。
  • 努力と挑戦(Endeavor):グローバルな視野を持って、ひたむきに努力し枠を超えて挑戦します。

中でも転職時に意識したいのは「チームスピリット」と「努力と挑戦」の2つです。

飛行機を飛ばすためにはパイロット、整備士、客室乗務員、旅客係員、運航管理者、運航支援者、企画、営業など多くの専門家の協力が必要です。

困難な状況でも諦めず、チーム一丸となって何かを成し遂げた経験は採用時の大きなアピールポイントとなるでしょう。

ANA(全日空)への転職に語学力(英語)は必要?

応募時の必須条件ではないですが、語学力(英語)は身に付けておくべきスキルです。

客室乗務員の場合は英語試験が選考プロセスに含まれ、TOEIC600点もしくはGTEC260点以上で受験免除となるので、最低限これらのレベルが必要だと考えられるでしょう。

また、ANA(全日空)の現役社員・元社員による口コミを参考にすると、客室乗務員は英語に限らず中国語やフランス語など複数の言語習得を目指したり、よりよい機内サービス提供のためにソムリエ資格を取得したりと、スキルアップに積極的な意見が多くみられます。

転職時はもちろんのこと、学習意欲が高く、主体的にキャリア開発ができる人は入社後に活躍できるでしょう。

また、2022年の統合報告書(アニュアルレポート)によるとANA(全日空)ではポストコロナを見据えた中期的な対応として「国際線のシェア拡大」を打ち出しています。

そのため、客室乗務員に限らず英語に苦手意識がなく、英語関連の資格や実務経験を持つ人材が求められています。

グローバルスタッフ(業務)はTOEIC730点以上が応募目安と記載されていたり、技術職も職種によって必要と記載されていたりとANA(全日空)への転職を考えているのであれば、英語力は優先順位の高い条件だと考えられます。

ANA(全日空)の面接傾向・選考対策

ANA(全日空)の選考フローは職種ごとに異なります。ここでは中途採用の募集がある「グローバルスタッフ(事務)」「グローバルスタッフ(技術)」「客室乗務員」の選考フローについて紹介します。

グローバルスタッフ(事務)

  • エントリーシート提出
  • 1次選考(web)
  • 適性検査
  • 最終選考(対面)

グローバルスタッフ(技術)

  • Web適性検査受検
  • Web SPIの受験
  • エントリーシート提出
  • 1次選考
  • 2次選考
  • 最終選考

客室乗務員

  • エントリーシート提出(WEB)
  • 動画提出
  • 学力・適性検査受検
  • 英語試験受験
  • 1次選考
  • 2次選考

職種によって書類選考の内容や面接方法・回数が異なるようです。グローバルスタッフの業務職と技術職は併願が出来ますが、選考プロセスは異なるので募集要項をよく確認して応募しましょう。

適性検査はwebテストで言語・数理等について問う内容が出題されます。応募時に航空、旅行に関する特別な知識は必要ありません。

ANA(全日空)の面接でよく聞かれる質問

ANA(全日空)の面接で実際に質問されている内容について、キャリコネの口コミを参考に紹介します。

  • ANAで何をしたいのか
  • なぜ航空業界か
  • チームワークを活かした経験
  • 今までで一番感動したサービスは何か
  • 飛行機が墜落しそうな時はどうするか

上記が、ANAの面接で実際に質問されているものです。企業研究で何をおこない、これまでの経験で何を得たのか、そして自分はANAで何がしたいのかを言語化できるようにしておきましょう。

新型コロナウイルスの影響で航空業界全体としても先行きが不透明であることから、リーダーカンパニーであるANAのなかで、自分は何を貢献できるか、という視点でも答えられるようにする必要がありそうです。

転職エージェント末永 末永

ANAの面接対策ではよく聞かれる質問を意識する必要があります。そのためには自己分析企業研究をしっかりとおこなうことが大切です。


自己分析と企業研究をしっかりおこなえば、ANAにマッチする志望動機自己PRが考えられるようになります。

転職エージェント末永 末永

自分で面接対策ができるか不安な場合は転職エージェントを積極的に利用してみましょう。


転職エージェントは企業の詳細な情報を持っているだけでなく、人事に刺さるポイントも把握しています。利用すれば選考通過率を高められますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

ANA(全日空)のSPI・適性検査対策

ANA(全日空)のSPI難易度は高いと言えます。

グローバルスタッフ(事務職・技術職)は性格診断のみとなるようですが、技術職の最終選考近くで筆記試験が実施される可能性もあるそうです。

テスト内容は言語・非言語・規則性・ブラックボックスから構成されています。問題の解き方については、理解するために説明の時間が与えられるので、そこで問題を把握することがポイントです。

SPI対策については、以下の記事も参考にしてみてください。

ANA(全日空)の企業情報

会社名 全日本空輸株式会社
(ALL NIPPON AIRWAYS CO., LTD.)
本社所在地 東京都港区東新橋1-5-2
汐留シティセンター
発足 2012年(平成24年)4月2日
資本金 25,000百万円
代表者 代表取締役社長 井上 慎一
従業員数 13,689名(2022年3月31日現在)
上場証券取引所 東証プライム

ANA(全日空)は国内外で定期航空運送事業、不定期航空運送事業、航空機使用事業、その他附帯事業を展開する航空会社で、日本の航空業界においては国内線の5割強占めるなどトップシェアを誇ります。

特にサービス品質は国際的に高い評価を受けており、英国SKYTRAX社が運営するエアライン・スター・ランキングで最高評価「5スター」を8年連続で獲得しています。

他の航空会社を圧倒するサービス品質で、ANAグループ全体の年間旅客者数が約5,962万人、年間貨物輸送重量が123.9万トンと国内外多くの利用者を集めているのが特徴です。

ここからはANA(全日空)の売上業績やグループ会社などについて、以下でさらに詳しく紹介します。

売上業績・事業展望

ANA(全日本空輸株式会社)が属するANAホールディングス株式会社が公開している2022年3月期決算報告資料および有価証券報告書によると、ANAホールディングス株式会社全体の業績は以下の通りです。

売上高 経常利益
2018年度 2兆583億12百万円 1566億81百万円
2019年度 1兆9742億16百万円 593億58百万円
2020年度 7286億83百万円 △4513億55万円
2021年度 1兆203億24百万円 △1849億35百万円

ANAグループは新型コロナ感染症による影響を強く受けた業界の一つです。

近年はロシア・ウクライナ情勢、原油市況の高騰、為替の円安進行、物価高騰、中国のゼロコロナ政策など不透明なリスク要素も依然として継続している状況で、経常利益は2期連続赤字となりました。

しかし、徐々にウィズコロナの生活様式が浸透してきたこと、各国政府の行動制限が緩和されつつある状況を受けて国内線・国際線ともに旅客需要が回復傾向にあります。

特に国内線は2022年夏の国内線需要がコロナ前の7~8割まで回復したことで、ANAグループの4~9月上期決算では3年ぶりに195億円の黒字に転換しました。

航空事業の回復基調が堅調であることから下期以降も好調は続くものとみられ、2022年度通期決算も3期ぶりの黒字化を目指しています。

支社・グループ会社一覧

ANA(全日本空輸株式会社)が属するANAホールディングス株式会社は子会社134社、関連会社41社により構成されており、それぞれ「航空事業」「航空関連事業」「旅行事業」「商社事業」「その他事業」を展開しています。

代表的なグループ会社は以下の通りです。

航空事業 ●全日本空輸株式会社
●株式会社エアージャパン
●ANAウイングス株式会社
●Peach Aviation株式会社
(その他子会社1社、関連会社3社)
航空関連事業 ●ANA大阪空港株式会社
●ANA成田エアポートサービス株式会社
●株式会社ANAケータリングサービス
●株式会社OCS
●株式会社ANA Cargo
●ANAエアポートサービス株式会社
●ANAベースメンテナンステクニクス株式会社
●ANAテレマート株式会社
●ANAシステムズ株式会社
●株式会社インフィニ トラベル インフォメーション
(その他子会社31社、関連会社5社)
旅行事業 ●ANA X株式会社
(その他子会社6社、関連会社3社)
商社事業 ●全日空商事株式会社
●ANAフーズ株式会社
●ANA FESTA株式会社
(その他子会社68社、関連会社2社)
その他事業 ●ANAスカイビルサービス株式会社
●ANAビジネスソリューション株式会社
(その他子会社8社、関連会社28社)

ANA(全日空)の中途採用・求人情報

ANA(全日空)の公式採用サイトを見ると、以下の職種で求人情報がありました。2022年12月時点ではグローバルスタッフ職(事務)の応募が可能です。

なお、ANA(全日空)は「運航乗務職(自社養成パイロット)」「エキスパートスタッフ職(障がい者採用)」を含めた5職種で構成されていますが、これらは新卒採用のみで中途採用は掲載されていません。

ここでは、実際に掲載されている求人情報を元に「グローバルスタッフ職(事務)」「グローバルスタッフ職(技術)」「客室乗務員」の募集要項をそれぞれ紹介します。

ANA(全日空)のグローバルスタッフ職(事務)の中途採用・求人情報

グローバルスタッフ職(事務)は、コーポレート機能、ビジネス機能、そしてオペレーション機能のすべてのフィールドで国内外を問わず活躍する職種です。

中途採用では専門職種ごとの採用が基本であり、具体的には2022年12月時点では以下の職種で募集がありました。

  • DX(IT・データ)
  • 経理・会計
  • マーケティング(CX戦略、グローバルマーケティング企画、レベニューマネジメント、CS推進、商品企画)
  • 貨物・物流
  • オペレーション

ここでは、DX(IT・データ)の募集要項を紹介します。

募集要項
職種 グローバルスタッフ職(事務)DX(IT・データ)
仕事内容 (1)デジタル技術及びビッグデータの活用によるお客様体験価値向上に向けた新サービス創造やグループ全体の業務プロセス改革・イノベーションの実現、デジタルトランスフォーメーションの推進。
(2)社会インフラ基盤の安全を守る情報セキュリティ戦略の立案やマネジメント。
必須スキル ●4年制大学または大学院を卒業・修了されている方
●企業における就労経験(応募時点にて5年以上の実務経験)を有する方
卒業・修了とは、①学士号(Bachelor’s degree相当)②修士号(Master’s degree相当)③博士号(Doctor’s degree相当)の取得を指します。
歓迎スキル ●IT・イノベーション企画、プロジェクト・プロダクトマネジメントの実務経験をお持ちの方
●データ(分析・デザイン)の実務経験をお持ちの方
●アジャイル開発の実務経験をお持ちの方
●情報セキュリティ領域の知見・実務経験をお持ちの方
勤務地 国内外各事業所
勤務時間 原則、1日8時間/週40時間
常日勤部門:9時~18時 フレックスタイム制度あり
変則勤務部門:各職場に応じたシフト勤務
1ヵ月を平均して週40時間以内で設定
給与 能力・経験年数等を考慮し、当社規程により処遇。
大卒:月額218,557円以上
院卒:月額226,459円以上

上記の求人はANA(全日空)の中途採用ページからでも応募はできますが、転職エージェントを利用したほうが内定獲得率を高められます。

応募書類の書き方や企業別の面接対策などのアドバイスを徹底的にしてもらえるからです。

また、紹介していない職種も転職エージェント内で非公開求人として扱われている可能性があるため、チャンスを逃したくない人は尚更利用しておきましょう。

転職エージェント末永 末永

上記の求人が気になった人は、航空業界の関連求人を1万件以上扱っているリクルートエージェントに登録するのがおすすめです。


リクルートエージェントはANA(全日空)だけでなくJAL(日本航空)や中日本航空などの求人も網羅しているので、航空業界に転職できる可能性が高まりますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

ANA(全日空)のグローバルスタッフ職(技術)の中途採用・求人情報

グローバルスタッフ職(技術)は航空機エンジニアリングのプロフェッショナルとして、整備部門を中心に活躍する総合職です。

「整備計画の策定」や「航空機の構造・機能・性能に関する技術的方針の決定」「航空機部品の調達・管理」など多岐に渡る業務を担います。

2022年12月時点では技術職の中途採用はありませんが、公式採用サイトに掲載されている募集要項を紹介します。

募集要項
職種 グローバルスタッフ職(技術)
仕事内容 航空機エンジニアリングなど
必須スキル ●4年制大学または大学院の理系学部・学科を卒業・修了されている方
●企業における就労経験(応募時点にて5年以上の実務経験)を有する方
●卒業・修了とは、①学士号(Bachelor’s degree相当)②修士号(Master’s degree相当)③博士号(Doctor’s degree相当)の取得を指します。
工業高等専門学校・専攻科は対象外とさせていただいております。
勤務地 羽田空港、羽田空港整備地区
勤務時間 原則、1日8時間/週40時間
常日勤部門:9時~18時 フレックスタイム制度あり
変則勤務部門:各職場に応じたシフト勤務
1ヵ月を平均して週40時間以内で設定
給与 能力・経験年数等を考慮し、当社規程により処遇。
大卒:月額218,557円以上
院卒:月額226,459円以上

転職エージェント末永 末永

ANA(全日空)の技術職が気になった人は、技術職に特化したエージェントに登録するのがおすすめです。


特にマイナビIT AGENTリクルートエージェント(IT)は業界大手ですので、登録しておいてまず損はないでしょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

ANA(全日空)の客室乗務員の中途採用・求人情報

ANA(全日空)では新型コロナウイルスで落ち込んだ旅客需要が回復傾向にあることを受けて、客室乗務員の採用再開を発表しています。

4年ぶりとなる採用再開で、2023年度入社の経験者採用と、2024年度入社の新卒採用の合計で500人規模となる見通しです。

2022年12月時点ではまだ応募はできないようですが、客室乗務員の採用再開を心待ちにしていた方は公式採用サイトをこまめにチェックしておきましょう。

募集要項
職種 客室乗務員職
仕事内容 キャビンアテンダント(CA)としてANAの国内線・国際線に乗務し、機内の安全を守る。
また、接遇のプロフェッショナルとしての役割はもちろん、組織内の人財育成や機内商品・サービスの企画などにも参画し、ANAの提供する品質向上に大きな役割を果たす。
必須スキル ●2019年9月末時点で、専門学校・高等専門学校・短期大学・4年制大学または大学院の文系学部・理系学部(全学部)をすでに卒業または修了している方。
●裸眼またはコンタクトレンズ矯正視力が両眼とも1.0以上であること。
●航空機乗務に際し必要な体力を有し、呼吸器・循環器・耳鼻咽喉・眼球・腰椎等に支障がないこと。
●東京国際空港(羽田空港)と成田国際空港に公共交通機関を利用し120分以内で通勤可能な場所に居住または居住予定であること。
●TOEIC600点程度以上の英語力を有すること。
●入社までにパスポートの取得が可能であること(国籍は問いません)。
●2020年度の客室乗務職新卒採用に応募(エントリーシート提出)していないこと。
●社会人としての就労経験は問いません。
勤務地・勤務ベース 東京
勤務時間 乗務便に応じたシフト勤務(変形労働時間制)
1ヵ月を平均して週40時間以内で設定
土・日・祝日勤務あり
早朝・深夜・宿泊を伴う勤務あり
給与 院卒 月額188,221円~(試用期間中は月額187,402円~)
大卒 月額180,319円~(試用期間中は月額179,500円~)
短大・高専・専門卒 月額172,582円~(試用期間中は月額171,598円~)
※職務調整手当30,000円を含む、別途諸手当あり
※上記に加え、乗務時間に応じた手当あり

ANA(全日空)の平均年収・福利厚生

2022年6月に公開された有価証券報告書によると、ANA(全日空)が属するANAホールディングス株式会社の平均年収は約495万円でした。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、ANA(全日本空輸)が属する陸運・鉄道・海運・航空業界全体の平均年収は約388万円でなので、ANA(全日本空輸)が高年収であることが分かります。

なお、ANA(全日空)をはじめとする航空業界がコロナ禍による甚大な被害を受けたことで非管理職の月例賃金が一律5%カット(部長以上の管理職は最大15%減)や社会保険料の従業員負担引き上げ、賞与の支給廃止などが実施され、社員の平均年収は約3割減となりました。

例年平均年収は730~770万円前後で推移していましたが、以前の年収水準に戻るかどうかは不透明な状況といえるでしょう。

評判・口コミ

20代・男性<br>企画

20代・男性
企画

基本給が低く、ボーナス依存の給与体系です。目安として、ベースが4か月分、業績好調な時は、2018年頃だったと思いますが、6.3か月分がボーナス支給額でした。基本給は年齢給と能力給に分かれており、年齢給は基本的に年齢が上がれば、年収も上がります。

ライトハウス
20代・女性<br>客室乗務員

20代・女性
客室乗務員

給与については、同年代の他の職種と比べてそれなりの額がもらえる。給与とは別口座に、パーディアムと呼ばれるステイ手当が振り込まれる。ステイ先によって金額が異なり、ステイが多いほど金額が増える仕組み。

ライトハウス

福利厚生

ANA(全日空)の公式採用サイトを見ると、福利厚生制度として家族手当、住宅手当、深夜労働手当、土日出勤手当、乗務手当、職務手当などの記載があります。

現役社員・元社員の口コミを見ても日系大企業で見られる手厚い福利厚生制度は一式揃っており、ネガティブなコメントはほとんど見られません。

ANA(全日空)では「人財こそが最大の資産であり、差別化の源泉」という人材育成キーワードを掲げています。

年齢・国籍・性別・価値観・障がいの有無など多様性を尊重し、全員が活躍できる業務環境づくりに積極的に取り組んでいるのが特徴です。

評判・口コミ

20代・女性<br>客室乗務員

20代・女性
客室乗務員

ベネフィットのカフェテリアプランや国内線の航空券、国際線の航空券割引があります。

ライトハウス
20代・男性<br>総合職

20代・男性
総合職

住宅補助がありますが、そこまで支給額は高くありません。独身の場合は30代近くまで社員寮を利用できるので有難いです。寮は新しいところが多く、住みやすい環境だと思いますよ。


また、ANAの福利厚生制度で特筆すべきは航空券の優待ですね。一般のお客様の予約が優先されるので制限はありますが、国内線・国際線ともに大幅にディスカウントされた金額で利用できます。

ライトハウス

ANAの年収・賞与・福利厚生について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

ANA(全日空)の企業文化・働きがい

ANAの社風・企業文化・働きがいに対する評価を口コミ・評判プラットフォーム「ライトハウス」から集めてみました。

現役社員・元社員が社風・企業文化・働きがいに対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

社風・企業文化

ANA(全日空)は人材育成に力を入れており、国や会社・属性などの枠を超え、時代の変化を先取りできる多種多様な人財育成・登用を推進しています。

「ANAグループビジネススクール」「セルフデベロップメント研修・新任管理職研修」「ANAグループ人財公募制度」などANAグループとして人を育て、成長を促す制度が充実しているのが特徴です。

社風としては、新卒採用を重視してきたことから同じような価値観を持った人が多い、上意下達の文化がある、明るくいい人が多い、などの口コミが見られます。

人気企業だけに憧れを持って入社する人が多く、社員のモチベーションが高く、日々の業務をこなすことで自然に成長できる環境である、といった意見もありました。

また、テレワークや時短勤務など働きやすい制度が導入されています。有給休暇も取得しやすく、ワーク・ライフ・バランスを実現しやすいといった口コミが多くみられました。希望があれば65歳まで働ける環境が整っているようです。

評判・口コミ

20代・女性<br>客室乗務員

20代・女性
客室乗務員

上司・同僚ともに話やすく、親身に聞いてもらえる雰囲気があります。また、挑戦したい・やってみたいと声をあげたものは快くチャレンジさせてもらえる環境です。


様々な国籍の方が働いており、多様性には柔軟な会社だと思います。

ライトハウス
30代・女性<br>客室乗務員

30代・女性
客室乗務員

体力が本当に必要な仕事ですし、国際線がかなりハードなのでやる気があっても体力がないと結局続かないと思います。あとは腰が弱いと、重い荷物を持ち上げた時に腰を痛めたり、着陸の振動がときどき激しいことがあるので痛めてしまってそのまま辞める人もいる。

ライトハウス

成長・働きがい

ANA(全日空)は日本トップレベルの航空会社であり、誰もが一度は見聞きしたことのあるバツグンの知名度を誇ります。

客室乗務員やパイロットなど子どもの頃から将来の夢に掲げていた人も多いようで、憧れの職業に就いていることに働き甲斐を感じるといった意見が多くみられました。

また、ANA(全日空)は行動指針にも掲げているように「チームスピリット」を重視しています。

多くの人や部署を巻き込みながら世界の物流インフラを支える社会的貢献度の高さはもちろん、コロナ禍や地政学リスク、経済情勢などの困難な状況にも負けず、一致団結して目標達成を目指すことにやりがいを感じるといったポジティブな口コミが多くみられるのが特徴的です。

評判・口コミ

20代・男性<br>技術

20代・男性
技術

憧れていた業界ということもあり、空港や飛行機の裏側で業務出来ることは純粋に働き甲斐に繋がっています。同期は優秀な人が多く、グローバルに働きたい人にとっては良い環境かもしれません。

ライトハウス
30代・男性<br>総合職

30代・男性
総合職

ANAに憧れて入社する人が多く、総じて社員のモチベーションが高いです。社会の基盤インフラを支えるスケールの大きな仕事ができている点にやりがいを感じます。

ライトハウス

ANA(全日空)の採用大学・就職難易度

マイナビ2025を参考に、採用実績校を紹介します。

採用実績校

東北大学、横浜国立大学、慶應義塾大学、新潟大学、名古屋大学、電気通信大学、早稲田大学、大阪府立大学、京都大学、東京工業大学、上智大学 、大阪市立大学、東京大学、東京農工大学、国際基督教大学、名古屋工業大学、大阪大学、首都大学東京、青山学院大学、広島大学、北海道大学 、神戸大学、中央大学、鹿児島大学、九州大学、関西学院大学、法政大学、東京理科大学、一橋大学、関西大学、立教大学、芝浦工業大学、筑波大学、同志社大学、東海大学、成蹊大学、東京海洋大学、国際教養大学、東洋大学、青山学院大学、東京外国語大学、山口大学、明治大学、日本大学、立命館大学

マイナビ2025を参照に、男女別の採用人数を紹介します。

年度 男性 女性 全体
2021年 152人 691人 843人
2022年 44人 8人 52人
2023年 37人 9人 46人

ANA(全日空)への転職を成功させるコツ

dodaの「転職人気企業ランキング(2022年)」の11位にランクインするほど人気があるANA(全日空)への転職を考えているのなら、転職エージェントを利用すると良いです。

なぜなら、転職エージェントではANA(全日空)の非公開求人を保有している可能性があるからです。また、ANA(全日空)の選考に合わせた応募書類の添削、面接対策なども無料でおこなってもらえます。

ただ、転職エージェントによって保有している求人やサポートに違いがあるので、まずは以下で紹介する転職エージェントの中から2〜3社に複数登録をして、実際にキャリアアドバイザーに会ってみた上で、サポートを任せるエージェントを絞り込むと良いです。

また、転職するべきか迷っている人は、ANA(全日空)のような企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

line

line

人気の転職エージェント