2019.12.06

三井物産に転職するには?面接難易度や気になる年収について徹底解説

三井物産に転職したい人向けに、転職難易度や求める人材など中途採用の情報を公開しています。

また、平均年収や働いている人の声、福利厚生についても合わせて解説します。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

三井物産の中途採用情報

三井物産の「転職難易度」「求める人材」「現在募集している求人」の3つについて解説していきます。

転職難易度

三井物産の転職難易度は非常に難しいです。それというのも、こういった大手総合商社は新卒文化が根付いていて、そもそも中途採用すること自体が非常に稀なためです。

さらに企業自体の人気も非常に高いため、新卒で優秀な人材を採用でき、わざわざ中途者をとる必要がありません。

中途で採用することがあった場合は、募集する職種の経験者やその道のプロをヘッドハンティングしてくることがほとんどです。

以上のことから、三井物産の転職難易度は非常に高いと言えます。

面接・SPIの選考難易度

次に面接などの難易度を解説していきます。まず、選考フローは以下のようになっています。

  • Career Loungeへの参加
  • 本エントリー
  • 書類選考
  • WEBテスト
  • 面接(複数回)

トップ校に通う学生が集まるCareer Loungeに参加してから、内定までが約3ヶ月半と、一般的な中途採用フローに比べると長めです。

また、WEBテストも選考途中で実施されるので、計画的な準備が必要と言えます。

求める人材

基本的に、同じような企業で高いレベルの実務経験を積んでいる人材が好まれます。

英語力に関しても、海外との取引や海外常駐もあるので、ビジネスレベルでの英語力は使えないといけません。また、扱う商材によっては英語以外にも別の言語を話せなくてはいけません。

他には先ほどお伝えした通り、同レベルの総合商社で勤務していた人や、専門商社に勤務していて、同じ商材を扱っている企業に転職をする人など、実務経験がある人が求められます。

どの程度の英語力が必要なのかについては、以下の記事をご確認ください。

転職して英語を活かしたい人必見!語学力別に職種を大公開!

現在募集している求人は?

三井物産の求人は、基本的にエントリーした人のみが見られるようになっていますので、気になる人は三井物産の公式サイトでご確認ください。

ただ、少なくはなりますが、2つの職種は一般公開されているので、その職種を紹介します。

  • 総合職 / 担当職
  • 研修企画担当者・マネージャー

やはり、どちらの職種も職種の経験があること、大卒であることが必須の条件になります。

三井物産に転職するには

結論から申し上げますと、三井物産へ転職するには"求人数"を多く持つ大手総合型転職エージェントであるリクルートdodaマイナビエージェントを利用するといいでしょう。

三井物産のような大手総合商社となると募集求人自体が少なく、特定の大手エージェントのみに求人を依頼しているケースが多いです。

求人を非公開する理由としては、離職率が低く、中途採用の少ない募集に応募が殺到してしまうため、一部の大手エージェントに求人を依頼しているからです。

加えて、担当エージェントによっては三井物産の求人を紹介してくれないリスクがあるため、見極めが重要になります。

登録すべき!大手総合転職エージェント

世界を舞台にハイクラスな仕事がしたい人には

確かに商社は海外でバリバリ働きたい人には魅力的な環境ではありますが、中途採用は募集自体が少なく厳しい世界です。

もし、年収をあげたい・ハイレベルな仕事がしたいという方は、外資系企業や世界展開している日系企業を探してみてはいかがでしょうか。

下記では、そんなハイクラスの転職に特化した支援サービスを紹介します。

ハイクラスの転職に特化したエージェント

  • ビズリーチ
    採用担当・ヘッドハンターからスカウトが来る年収500万以上の求人が豊富
  • JACリクルートメント
    外資系や世界展開している日本企業、管理職・専門職などのハイレイヤー層に特化

三井物産の平均年収

三井物産の有価証券報告書で調べたところ、2019年3月の段階では平均年収約1430万円ということでした。

以下で、同じ大手総合商社の三菱商事伊藤忠商事住友商事と比較してみました。

三井物産 約1430万円
三菱商事 約1607万円
伊藤忠商事 約1520万円
住友商事 約1389万円

比較してみると、大手総合商社の中ではあまり高くないことがわかりますね。とはいえ、平均年収が1000万円を超えている時点で、一般的にはかなり年収は高いです。

三井物産の評判・口コミ

実際に三井物産で働いていた人の声を元に、良い口コミと悪い口コミに分けて紹介します。

良い口コミ

20代・企画

割と休みの融通は効きやすい環境だと思います。健康診断もしっかりあり、聖路加病院と提携しているので、前年の結果と比較しやすく安心感がありました。

30代・営業

給料はかなり良いと思う。大手企業で優秀な人も多いから、自然と給与水準も上がってくる。ただ、実際そこまで仕事ができていない人でも、かなりの給与がもらえていると感じる。

40代・事務

産休、育休、時短などの制度を取りやすく、女性でも働きやすい環境なのでは?と思います。残業も少なく管理されているので、小さい子供がいる人でも安心できる環境ではあると思います。

悪い口コミ

30代・営業

ここに社員の成長なくして会社の成功なしを体現していると思う。社内組織が官僚化していて、若手が活性化していない。頭の良い社員ももちろんいるが、実際に手足を動かす社員が減っている。スキル向上の意欲もあまり前向きではなく、がむしゃら感のなさは企業を低下させていくのではないか。説明

40代・営業

社員はフレックス制ですが、派遣社員は認められていません。また、休みの申請をしてもバックアップ体制が整っていないと、引き継ぎ書を作成しないといけないのが面倒。

40代・男性

残業は確かに少ないですが、スマホやパソコンで1日中仕事しています。実際、仕事に携わってる時間は長いと思います。正直、自宅でも仕事しているようなものなので、残業と変わらないですね。

三井物産の福利厚生

三井物産の福利厚生を以下に一覧でまとめました。

  • 完全週休2日制
  • 祝祭日
  • 年末年始休暇
  • 年次有給休暇
  • 結婚休暇
  • 出産・出産付添休暇
  • 介護休暇
  • 各種有給休暇制度
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 健康保険
  • 厚生年金保険

三井物産の福利厚生はかなり充実していると思います。育休に関しては、女性だけでなく、男性でも取得できるようですよ。

そもそも三井物産ってどんな会社?

日本の5大商社の一角に数えられる三井物産は、鉄鉱石を始めとする資源系に強い総合総社です。また、原油・天然ガスなど優位性の高いビジネスを中心に事業展開をしています。

その他にも主に手掛ける事業分野は以下のとおりです。

  • 金属分野
  • 機械・インフラ分野
  • 化学品分野
  • エネルギー分野
  • 生活産業分野

次世代・機能推進分野

近年の資源価格の変動に伴い、利益構造の見直しを中長期経営計画で掲げています。

2020年までに金属資源・エネルギー分野で2,400億円、非資源分野で2,000億円を目指すようです。

社風・カルチャー

三井物産は、色々な価値観を持っている社員が在籍していて、仕事の進め方など自由度が高いと評判です。中には体育会系の社員が多いと感じる人もいるようです。

有給取得や残業については、近年改善されてきているようです。育休については、女性だけでなく、男性も徐々に取得しやすくなってきています。

福利厚生の充実度や給与水準の高さは、社員の多くから満足されています。

非常に忙しい傾向がある総合商社ですが、風土や制度などが充実していることから、働きやすいと感じている社員が多いことが伺えますね。

三井物産に転職したい方へ

結論から言いますと、三井物産に転職したい方はリクルートエージェントマイナビエージェントdoda には必ず登録するべきです。

なぜならば、冒頭でもお伝えした通り三井物産への転職を成功させるためにはどれだけ多くの求人と出会い、自分に合った求人を見つけられるかが勝負だからです。

女性の場合には上記の3社に加えて、@type女性の転職エージェントへの登録もするべきでしょう。

こちらも、冒頭でお伝えした通り、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があり、求人の中に三井物産の求人がある可能性が高いからです。

兎にも角にも、どれだけ多くの求人と出会えるかが勝負の鍵なので、大手エージェントの中から2〜3社、特化型エージェンの中から1社程度複数登録するようにしましょう。

以下に筆者がおすすめする転職エージェントをご紹介します。気になるものがあれば、ぜひ登録してみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。