アクセンチュアの中途採用の難易度は高い?転職のプロがアドバイス!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

アクセンチュアは世界規模で活躍するコンサルティングファームの1つです。就職活動をしてると1度は名前を聞く企業ですよね。

今回は、「アクセンチュアへの転職難易度」「アクセンチュアへの転職を成功させるコツ」「アクセンチュアの平均年収」「アクセンチュアの労働環境」「アクセンチュアの評判・口コミ」などを徹底的に紹介していきます!

アクセンチュアも転職先の1つとして検討したい人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

アクセンチュアへの転職は難しい!


前提として、アクセンチュアへの転職ですが、他の企業に比べて難易度が非常に高いです。

しかし、近年はコンサルティングの市場も拡大しプロジェクトの数も増えてきているで、各社で人手不足の状態が続いています。

なので、コンサルティング業界での経験がない方でも、ポテンシャルを重視して採用を行ってくれる企業は増えています。

コンサルへの転職は現在がチャンスと言えるでしょう。

とは言え、コンサルティング業界への転職は簡単ではないので、しっかりと企業研究をして各社の違いを把握することや面接対策を行うことで、アクセンチュアへの転職の可能性をグッと高めることができます。

末永

コンサルティング会社への転職への転職をお考えならば、現在は狙い目と言えますが、確実に転職を成功させるには、企業研究や面接対策が非常に重要になります。

転職エージェントの利用することによって、HPだけでは分からない企業研究やアクセンチュアに転職するために必要な面接対策をしっかりと行ってくれます。

外資系企業を中心に幅広い求人を保有しているJACリクルートメントは、コンサルティング業界特有の面接対策をしっかりと行ってくれるので、アクセンチュアに転職出来る可能性を最大限に高めることができます。

また、ビズリーチもハイレイヤー層を中心にコンサルティング業界の求人を豊富に保有しているので、アクセンチュアに限らずに様々な求人をチェックできます。

 

アクセンチュアってどんな会社?

アクセンチュア株式会社(Accenture Japan Ltd)は、世界最大手の外資系コンサルティングファームです。

世界最大手ということもあって、様々な分野で問題を解決するための戦略立案などを提案していますね。

ちなみに全世界で約32万3,000人の社員がおり、120カ国200都市以上で事業展開しており、事業・サービス内容としては、主に以下の4つを提供しています。

  • 経営コンサルティング
  • デジタルマーケティングサービス
  • ITコンサルティングサービス
  • アウトソーシングサービス

世界で活躍し続ける外資系外資系コンサルティングファームですが、日本だけで約5,400名の人が在籍しています。

直近の業績

アクセンチュアの直近2017年8月期決算における売上高は367億ドルで、日本円にすると約4兆円です。

ちなみに営業利益は46億ドルとなっています。

2015年以降の売上は平均4.6%の伸長率を誇っており、安定しているといえます。

2017年8月期の売上に占めるサービスの比率としては、コンサルティングが53.8%を占めています。

アクセンチュアの職種と仕事内容


アクセンチュアでは5つのビジネス部門管理部門で、中途採用をおこなっています。

ビジネス部門では主にコンサルタント、管理部門ではビジネス部門を支えるための事務やエンジニアが数多く在籍しています。

職種
戦略コンサルティング ・戦略コンサルタント
コンサルティング ・経営コンサルタント
・テクノロジーコンサルタント
・セールス
・業界特化システムコンサルタント
・業界特化ソリューション・エンジニアなど
デジタル ・デジタルトランスフォーメーションコンサルタント
・サービスデザイナー
・アナリティクス・コンサルタント
・データサイエンティスト
・デジタルエンジニア
・UXデザイナーなど
テクノロジー ・ソリューション・エンジニア
・テクノロジー・アーキテクト
・会計領域コンサルタント/エンジニア
・人事領域コンサルタント/エンジニアなど
オペレーション ・ビジネスコンサルタント
・セールス
・クラウドストラテジー&イノベーター
・ITインフラ戦略コンサルタント
・インフラアウトソーシングコンサルタントなど
セキュリティ ・セキュリティストラテジーコンサルタント
・セキュリティイノベーションコンサルタント
・デジタルアイデンティティコンサルタントなど
管理部門 ・人事部
・経理部/財務部
・マーケティング/広報部など

このようにアクセンチュアには、様々な職種があります。

その中で、アクセンチュアの代表的な職種である「ビジネスコンサルタント」「デジタルコンサルタント」の2つについて、それぞれがどのような仕事をおこなっているのか、以下でご紹介します。

ビジネスコンサルタント

ビジネスコンサルタントは、クライアント企業の業務改善を主導して課題解決に導くのが仕事です。

コンサルタントは企業の組織や経営戦略、業務プロセスを理解していなければ、有効なソリューションは提案できませんが、カバーする事業領域は金融や製造、エネルギー事業など多岐に渡ります。

それらの事業では当然ビジネス環境は個々に異なるため、業界ごとに臨機応変な対応が要求されるのが、ビジネスコンサルタントです。

デジタルコンサルタント

デジタルコンサルタントは、ビジネスコンサルタントほどの事業領域や柔軟性は必要とされませんが、ビッグデータの活用や分析、モバイル端末を使用した経営改革の提案など、高度な専門性が要求されます。

同じコンサルタントでも、一般的なコンサルティングスキル以外に、ビジネスコンサルタントには「お客様のことを一番に考え、柔軟性のある提案ができる能力」が必要とされ、デジタルコンサルタントには、「新しい技術を活かして、ビジネスに繋げられるような発想力」が要求されるといった違いがあります。

アクセンチュアの平均年収を大公開


気になるアクセンチュアの平均年収ですが、約800万円です。

コンサルティングファームらしく、他の業界よりも平均年収が高い傾向にあります。

ただ、コンサルティングファーム業界の中で言うと、アクセンチュアの平均年収は低いようです。

他の競合よりも年収が低い理由として、アクセンチュアには残業制度があるので、マネージャー職未満は残業で稼ぐという風土が強く影響しているからです。

年収を多く得たいのなら、アクセンチュアよりも他のマッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループのほうが良いでしょう。

アクセンチュアの年収はぶっちゃけいい?高額な給料のカラクリを解説

アクセンチュアの労働環境


アクセンチュアで働くとなると、労働環境って気になるところですよね。

そこで、アクセンチュアへ転職した筆者の友人や後輩から、会社の雰囲気をお聞きしたのでいくつかご紹介します。

アクセンチュアは、社員1人1人の独自の貢献を尊重しながら、オープンで信頼し合いながら、他者を受け入れる環境を作り上げています。これは「Respect for individual(個人の尊重)」と呼ばれているもので、アクセンチュアの社員は共通の価値観として持っているものです。

在籍する社員の傾向としては「経験したことのない仕事に挑戦したい」「海外プロジェクトに携わりたい」があるようですね。このような希望を積極的に認めて、社員の満足度をKPI化して、重視する社風がアクセンチュアにはあるようです。

この独特な社風が、仕事のやりがいに大きく影響し、より柔軟でクリエイティブな発想へと繋がっていくのです。

アクセンチュアの残業時間

気になる残業時間についてですが、多い傾向にあります。

コンサルティング業界は基本的にどこも激務ですが、アクセンチュアでは働き方改革が導入され、少しずつ残業時間が減っているそうです。

働き方改革としてアナリスト・コンサルタントは、月45時間以上の残業が基本的に禁止になりました。

この制度はその部署にもよりますが、概ね徹底されているとのことです。

働き方改革が導入されるまでは、月80時間の残業は当たり前だったようですが、現在は多くても65時間までと上限値が決められました。

ただ、プロジェクトによっては常時ではありませんが、遅くまで仕事をする社員もまだまだ多いようですね。コンサルは顧客の問題を解決するための方法をギリギリまで考える必要があるから、仕方のない部分かもしれません。

アクセンチュアの福利厚生

外資系企業は年収が高いというメリットがあるのですが、実は福利厚生が充実していないというデメリットがあります。

アクセンチュアも外資系企業のため、福利厚生が期待できないのでは?と思われている人も多いですよね。

でも、実はアクセンチュアは他の外資系企業よりも充実していると評判です。

アクセンチュアが導入している独自の社内制度について少しご紹介しますね。

内容
カフェテリアプラン アクセンチュア健康保険組合のカフェテリアサービスでポイントが与えられ、ポイントの範囲内であれば好きなサービスが選べる制度。

具体的には、スポーツクラブの利用、旅行の優待など。

ベビーシッター費用 初期費用の全額、利用費の半額を会社が負担してくれる。
リフレッシュ休暇 勤続10年を超えた社員に与えられる休暇。
従業員株式購入プラン アクセンチュアの株式を社員が割引価格で購入できる制度。

アクセンチュアの評判・口コミ

実際にアクセンチュアへの転職をされた方の会社の評判・口コミをご紹介したいと思います。
ぜひ、参考にしてみてくださいね!

良い評判・口コミ

29歳・男性
外資系とはいえ、限りなく日系に近い風土です。
体育会系の社員が多い傾向にありますが、仕事大好きで仕事に没頭している社員が多いと思います。
31歳・女性
無駄な会議がなく、参加するプロジェクトも自分の意志で参加したり、降りることができます。

成果を出せば給与に反映されるので、成果が出せる自信がある人には、極めて合理的で最適な職場だと思います。

26歳・男性
コンサルティングファームなので、もっとドライな印象や、個人主義が強いのかなと思っていましたが、お客様に対して全力サポートする姿勢や、お互いに助け合う姿勢があり働きやすいなと感じます。
32歳・男性
業界的にしょうがないのかなという気がしますが、新卒社員・中途入社ともに人数が多く、退職する方も多いので社員の入れ替わりが激しく、社内でのコミュニケーションに苦労することがあります

悪い評判・口コミ

28歳・男性
他のコンサルティング会社と比べ、年収が低いですね……同じような仕事をするのなら、やっぱり年収が高いほうがやる気に反映されます。

そもそもこの業界って激務なので……同業者と比べて、やる気がなくなりましたからね。

30歳・男性
正直な話、プライベートの全てを捨てるしかないです。私は独り身ですけど、今の生活を続けて行った場合、家族との時間は取れないなって思ってます。

仕事一筋で生きるのなら良いけど、家庭を持ちたいと考えている人は、考え直したほうがいいですね。多趣味な人もアクセンチュアはおすすめできません。働いてない時間も、常に仕事のことを考えているから、気が休まりません。

27歳・女性
女性は働きにくい。制度は整っているけど、利用はしづらい。

中には子育てと両立している人もいるけど、親やパートナーが積極的に協力してくれないと難しい。深夜まで働いていることも多いから、家族の理解がないと本当に無理だと思う。

33歳・女性
上司と顔を合わす機会が少ないですね。本当に正当に評価してくれているのか、疑問に思っています。

評価は上司の気分次第だから、公平だとは思えないです。しっかり評価してくれるのならモチベーションも上がるけど、現状は下がる一方。年収も高くなく、激務だからそろそろ転職を検討しています。

アクセンチュアで働くには英語が必須?

入社時には職位・ポジションにもよりますが、英語力ができなくても転職することができる場合があります。

選考では英語面接といった英語力の確認がないことが多いからです。

ただ、入社後は英語を使うシーンは極めて多く昇格に際しても英語力が必須となることが多いです。

そのため、事前に英語力を身につけておくことが入社後のスムーズな活躍に役立ちます。英語に自信がない人は、少しずつ英語の勉強をしたほうが良いでしょう。

アクセンチュアが求める人材


アクセンチュアが求める人材は、ズバリ「アクセンチュアによって自らを進化させ、アクセンチュアに進化をもたらす人」です。

世界を舞台に活躍し続けるアクセンチュアらしいですね。具体的な資質は以下の10点になります。

  • 背伸びをしてでも目標に手を伸ばさずにはいられない
  • 自分も会社も世の中までも、変えたいと望む
  • ここで成長したあとは「次のステージ」も視野に入れている
  • チャレンジに、手加減をしない
  • タフな状況も、先頭に立ち楽しめる情熱がある
  • 正しい判断のためには、上司との衝突も辞さない
  • 信念に基づき、主張し、実際にやりとげる
  • チームワークの可能性を信じる
  • 多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている
  • 常に誠実さを失わず、言行一致の気概がある

参考:アクセンチュア採用案内

アクセンチュアが求める素質に自分が当てはまるのか、しっかり自己分析をしましょう。

もし、1つも当てはまらない場合は、アクセンチュアには合わない可能性があるので、他のコンサルティングファームも検討してみるのも1つの手です。

アクセンチュアの選考情報


アクセンチュアは世界で活躍するコンサルティングファームなので、簡単に転職することはできません。

しかし、事前に選考の流れや面接で質問されることを把握しておけば、必要な対策をすることができます。

本気でアクセンチュアへの転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

選考フロー

アクセンチュアの選考フローは、以下のような流れになっています。

STEP1.応募

STEP2.書類選考

STEP3.面談

STEP4.合否通知

応募はコーポレートサイトから直接応募することができますが、様々なサポートを受けられる転職エージェントを通じて応募したほうが良いです。

なぜなら、転職エージェントでは履歴書や職務経歴書の添削をおこなってくれるからです。

面接に進むためには、まず書類選考を突破する必要があります。転職のプロであるキャリアアドバイザーに応募書類を見てもらうことで、書類選考の突破率を上げることができます。

書類選考を突破して、やっと面接を受けることができます。面接では一般的な面接と、コンサル特有のケーススタディがあります。

以下で、面接で質問されることと、ケーススタディのポイントについて詳しくご紹介しますね。

面接での質問例

アクセンチュアの面接では、どのようなことを質問されるのか、その傾向を知りたい人は多いですよね。

すべて必ず質問されるわけではないのですが、比較的よく質問されることは以下のようになっています。

1.なぜアクセンチュアなのか?

2.なぜコンサルティングファームなのか?

3.日本に●●はいくつあるか?

もっとも多く質問されているのは、「なぜアクセンチュアなのか」「なぜコンサルティングファームなのか」の2点です。

コンサルティング事業をおこなっている企業はたくさんあるのに「なぜアクセンチュアなのか」を気にしているようです。面接でしっかりと話せるように、事前に自分の考えをまとめておくようにしましょう。

3つ目の「日本に●●はいくつあるか?」では、日本にある電柱の数やマンホールの数など、一見するとつかみどころがない問題に答える必要があります。

いわゆるフェルミ推定です。

フェルミ推定を行う背景としては、論理的思考力や仮説力を見るためです。

慣れていないと回答に困ってしまうため、きちんと対策をするようにしましょう。

ケーススタディ

コンサルの選考には、ケーススタディがあります。

ケーススタディでは、回答の正解を求めているのではなく、論理性に基づいた説明ができているのかを見ています。

このときに重要なのが、フェルミ推定に基づいた仮説検証ができているかです。

例えば、「日本での米の消費量を増やすにはどうすれば良いのか」という問題を出されたとします。

日本で1年間に消費されている米の量を知っていれば、すぐに仮説が立てられますが、事前に知っている人はそんなにいないでしょう。

このように事前に情報を知らないときに、フェルミ推定を使って仮説を立てていきます。

ケーススタディの面接ではフェルミ推定が重要になってくるため、ケーススタディを練習するときはフェルミ推定の対策も必ずするようにしましょう。

ちなみに、論理的な思考やフェルミ推定は練習を重ねることで、身につけられる能力です。コンサルの転職に強いエージェントと一緒に練習をすれば、ケーススタディの突破率をあげることができます

フェルミ推定・ケーススタディの対策におすすめな書籍

世の中には様々なフェルミ推定やケーススタディの対策の書籍が発売されていますが、筆者がとくにおすすめする3冊をご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください!

ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

アクセンチュアへの転職後のキャリア形成


アクセンチュアへ無事に転職できたとして、そのあとのキャリアパスが気になりますよね。

転職した後の自分を具体的にイメージしてもらえるように、いくつかの職種をご紹介しますね。

業務内容
ビジネスアナリスト プロジェクトのメンバーとして、データ収集・分析を行なう過程でコンサルタントとして必要なスキルを習得します。
コンサルタント チームリーダーとして、業務の進捗管理を行ないます。また、高度な分析力を身に付けて、業務の幅を広げていきます。
マネージャー プロジェクトリーダーとして、携わるプロジェクトの成果物に責任を負います。

プロジェクトの運営が円滑に実施できるように、計画や設計、管理をクライアント企業と歩調を合わせて進めていきます。

シニアマネージャー マネージャーに比較して、プロジェクトの中でより高い位置で進捗管理を行なうとともに、人材育成にも関わります。
マネジメントディレクター プロジェクトの最高責任者として、クライアントに提供するサービスの品質と提案に対する一切の責任を負います。

また、企業の経営自体にも参画して、経営責任も担います。

アクセンチュアでは、以上のようなキャリアパスを実現するためのトレーニング機会が充実しています。

世界で活躍するアクセンチュアなので、世界共通基準でカリキュラムが整備されているのです。具体的なカリキュラムですが、専門知識や業務のノウハウを習得するための学習コースになっているようですね。

アクセンチュアへの転職を成功させるコツ

アクセンチュアへの転職を考えているのなら、面接対策をしっかりと行うべきです。

コンサルの面接では、フェルミ推定やケーススタディがあるので、対策のための客観的なアドバイスが何よりも重要だからです。

ケースやフェルミ面接の対策のためには、コンサルの転職に特化している転職エージェントのムービンアクシスコンサルティングに相談することが1つの手段として有効です。

しかし、個人的には「どうしてもコンサルティング業界に行きたい」という方でなければ、コンサルに限らず幅広い求人を保有している転職エージェントの利用をオススメします。

コンサルの転職は、周りも優秀(思考力・知的好奇心が高い)な方が面接を受けるので、相対的な難易度が高くなるからです。

末永

末永オススメの転職エージェント

幅広い求人を保有していて、ケース面接の対策もしっかりと行なってくれる転職エージェントの1つに、JACリクルートメントがあります。
アクセンチュアトーマツなどのコンサルの求人や外資系を中心に様々な
業界の求人を保有しています。

また、ビズリーチ、は、ハイレイヤー層の求人を中心に、コンサルタントの求人を幅広くチェック出来るので、オススメです。

また、アクセンチュアに限らず、様々な業界や業種の企業をチェックしたい場合は、国内で最大級の求人を誇る、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaの利用をオススメします。

 

以下で詳しくエージェントの詳細を見れるのでチェックしてみてくださいね。

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

コンサルティング業界の転職に強い!

コンサルティング業界への転職サポート実績No1!
元コンサルタントのキャリアアドバイザーが在籍しているため、業界に対する知識が豊富!

特徴
【メリット】

  1. コンサル業界について広く深い知見とコネクションがあるため、外資系コンサルティングファームへ転職したい人は経験者も未経験者も必ず相談すべき
  2. ケーススタディの対策をじっくりやってくれる
  3. プロジェクトやチームごとの紹介や配属フォローまでやってくれる可能性が高い

【デメリット】

  1. コンサル業界そのものが選考目線が高いため、キャリアや論理的思考力的に難しそうな人に対してはサポートを受け付けてくれない可能性がある
  2. コンサル業界特化と言いながら、厳しい人に対してリクルートなどコンサル業界以外の案件を紹介するケースもあるらしい。コンサル業界以外の求人であれば、他のエージェントのほうが強い場合も多いので、他エージェントを検討しても良いかもしれません。

こんな人がおすすめ!

  1. 外資系のコンサルティングファームに未経験からチャレンジしたい人
  2. 既に外資コンサル業界経験者で他のプロジェクトを具体的に指定して選考を進めたい人
  3. コンサルティングファームでのキャリア形成について知りたい人
  4. ケーススタディの対策をお願いしたい人

アクセンチュアに興味がある人におすすめの企業

いろいろなコンサルティングファームがありますが、アクセンチュアに興味がある人向けに、他のコンサルティングファームもいくつかご紹介します。

アクセンチュアはちょっと合わないなぁ……と思われた人、他のコンサルティングファームも見ておきたい人は、ぜひ目を通してみてくださいね!