PwCコンサルティングへ転職の難易度は?中途でも内定確率を上げるコツ!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

PwC Japan(プライスウォーターハウスクーパース)などのコンサルティングファームは、企業の経営課題を解決するため、やりがいを感じやすく、転職先としても非常に人気があります。

ただ、コンサルティングファームやコンサルティング業界は、転職難易度そのものが高いため、しっかりと転職対策が必要です。

今回はそんなPwC Japan(プライスウォーターハウスクーパース)へ転職したい人向けに、気になる「転職難易度」「年収相場」「評判・口コミ」「PwCへの転職を成功させるコツ」などを徹底解説していきます。転職のプロである著者がわかりやすくてご説明します!

PwC Japanへ転職するのは難しい?


PwC Japanへの転職ですが、非常に難しいです。
現在、コンサルティングファーム全体の人手不足が問題となっており、大量採用している企業もありますが、だからと言って、採用の目線は低くはありません。

特にPwCのような人気企業に転職するには十分な対策が必要です。

一般的にコンサルティングファームの面接では、志望理由を聞くことは少なく、「ウチでどんな活躍できるの?」「キミを雇ってウチにどんなメリットがあるの?」といったことを聞かれます。

そして何と言っても、ケース面接の練習が必須になります。

しかし、いくらケース面接が重要だと言っても、その前に書類選考を突破する必要があります。転職エージェントに添削を行ってもらうことによって、書類選考の突破率をあげることができます。

ケース面接は書籍を読み、一定数数をこなせば、できるようになります。ですが、コンサルの転職に強いエージェントとケース面接の対策を行うことで、ケース面接の突破率をあげることができます。

このように、

  • ケース面接をはじめとしたコンサルティングファームに特化した面接対策を受けることができる点
  • 履歴書・職務経歴書の添削により、書類選考率が上がる
    という理由から、転職エージェントを利用することをお勧めします。

以下で、PwCといったコンサルや高年収を狙える仕事への転職にお勧めな転職エージェントを紹介します。

年収500万円以上のミドル・ハイレイヤー層に強い転職サイト・エージェント

末永

前提として、コンサルタントのような年収500万円以上の求人は絶対数がそもそも少ないため、転職サイトと転職エージェントを併用して転職活動を進めるのが最良の選択です。

そこでオススメするのが、ビズリーチ(転職サイト)JACリクルートメント(JACリクルートメント)の2つです。

ビズリーチは、掲載社数5000社以上、年収500万円以上の良質な求人が豊富に掲載されている転職サイトです。
登録しておくと、あなたの経歴に興味を持った企業やビスリーチに登録している中小エージェントから直接オファーをもらうことができます

さらに稀にですが、コンサルティングファームの人事が直接スカウトメールを送ってくることもあるで、必ず下記のJACリクルートメントと一緒に登録しておきましょう。

JACリクルートメント年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有している、ハイレイヤー向けの転職エージェントです。
外資系や30〜40代のマネジメント層やスペシャリストの採用にも強みを持ちます。

どこのエージェントでも同じですが、PwC以外にも他に2〜3社エージェントから応募することを勧められるでしょう。その際、重要なのは、あなたのエージェントがコンサルへの転職に強いかどうかです。

JACリクルートメントなら、コンサルへの転職に特化したエージェントも在籍しているので、彼らに相談することで初めてのコンサルへの転職でも安心して、活動を進めることができます。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

コンサル以外も視野に入れているなら一社は登録しておきたい総合型大手エージェント

末永

まず転職を考える際、全ての方に登録をお勧めしている転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

大手のエージェントに登録しておくメリットは大きく2つあります。

1つ目は、特に大手メーカーなどにその傾向が強いですが、特定の大手エージェント1社のみに求人を依頼しているという企業もあり、大手エージェントに登録をしていないと紹介を受けられない求人が存在するという点です。

そのため、大手メーカーや上場企業などへの転職を検討されている方は、大手エージェントは必ず押さえておくべきです。

2つ目は、全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能という点です。

「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

PwC Japanってどんな会社?

PwCは、ロンドンを本拠地とし、世界159ヶ国に190,000人の従業員がいる世界最大級のプロフェッショナルコンサルティングサービスファームです。

事業内容は企業が直面する経営課題の解決を行うことです。事業は大きく分けて5つあります。

事業計画策定支援
計画実行・モニタリング支援
金融機関や株主など利害関係者の調整
事業再編、再構築、M&A(不動産を含む)支援
危機対応支援

PwCは上記の事業を中心に、世界中で課題解決に努めております。

業績

業績は好調です。好調の材料となっているのは、新興国での収益です。とくにインドでの利益が大きなウェイトを占めています。過去5年間に渡って新興国での利益が伸び続けています

また、先進国であるアメリカやイギリスなどでも利益を伸ばしており、同業他社が苦戦しているユーロ圏でも成長率は6%と好成績を残しています。

保険、コンサルティング、税金と事業別に見てみるとコンサルティングが全体の29%を占めるまで成長しています。

PwC Japanの仕事内容

コンサルタントとして、クライアントの経営課題の解決をすることが仕事です。

例えば、決算業務の効率化です。決算の早期開示や、制度の高さを追求し、その仕組みづくりをします。クライアントは経営課題を抱えているので、様々な手段で解決します。

PwC Japanの年収相場


PwCは総合コンサルティングファームとして知名度が高いので、年収水準も高い傾向にあります。

年収はクラス制になっており、クラスが上がれば上がるだけ年収も上がっていきます。

以下で、年齢別とクラス別の年収相場をご紹介します。

年齢別の平均年収

平均年収は成果次第で大きく変わるので、口コミなどを参考に年齢別年収を出してみました。

PwC Japanのおおよその平均年収を知りたい人は参考にしてみてください。

年収
20〜24歳 約570万円
25〜29歳 約710万円
30〜34歳 約780万円
35〜39歳 約890万円
40〜44歳 約1,000万円
45〜49歳 約1,120万円
50〜54歳 約1,200万円
55〜59歳 約1,150万円
60〜64歳 約810万円

年齢別の平均年収で高くなっているのは、経験や技術力が身についている50~54歳です。

20代後半で年収が700万円を超えるので、同年代よりも年収水準は高いですね。

クラス別の平均年収

クラス別の平均年収も成果次第で大きく変わるので、口コミなどを参考に算出してみました。

年収
アソシエイト 約600万円
シニアアソシエイト 約800万円
マネージャー 約1,000万円
シニアマネージャー 約1,300万円
パートナー 約1,500万円

マネージャークラスになると年収は1,000万円を越えます。

PwC Japanは実力・成果主義なので、得意分野があって成果を残し続けた人だけが昇進を続けていきます。

ただ、自分で成果をアピールするのも大切になってきます。評価は会議で決まり、徹底的に議論しているので公平性はありますが、社内政治を上手く立ち回っている人材が昇進しやすい特徴もあります。

PwC Japanの福利厚生・やりがい


PwCは全ての従業員がプロフェッショナルとして、やりがいを感じられるような労働環境を整えています。

産休・育休などといった法定制度の他に、仕事と家庭を両立できるようにPwC独自の制度をいくつも用意しているのです。

どのような制度があるのか、以下でご紹介しますね。

制度
法定制度 産前産後休業
育児休業
この看護休暇
育児短縮勤務
PwC独自の制度 配偶者の出産休暇
通院休暇・出産特別休暇
育児特別休暇
週4日勤務制度
ベビーシッター支援
提携保育園
リフレッシュ休暇
FWA制度

仕事のやりがい

PwCはクライアントが抱える問題解決が業務内容なので、クライアントから「ありがとう」と言われることにやりがいを感じる人が多いです。

自分の行動が会社を左右するので、責任は重大ですが、その分やりがいは大きいです。

公式ホームページの中でも、自分が関わったプロジェクトでクライアントから「あなたがいて助かった」と言われて達成感を得たというインタビューも掲載されていることから、クライアント会社の内部まで入り込んで結果を残すことがやりがいと言えるでしょう。

PwC Japanの評判・口コミ


PwCに興味がある、PwCへ転職したい、と思いつつも実際の労働環境ってよく分からないですよね。

そこで元社員や現在も働いている方からの評判を集めてみました。ぜひ、転職するかどうかの参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

上司への風通しの良さ、、若手でも挑戦するチャンスがあるといった口コミが多く寄せられていました。

外資系の会社の割には英語ができなくてもなんとかなる、といった意見もありましたね。ただ、海外で活躍したい人は語学力を磨いたほうが良さそうです。

シニアアソシエイト・33歳
風通しがよく、フラットな職場なので、人間関係のストレスはほとんどないです。

年齢・性別関係なく、実力によって評価が決定されるので、納得感がある。

アソシエイト・28歳
英語ができると、海外のプロジェクトに携われるチャンスがあります。

外資系ですが、英語ができる人は結構少数だなと感じますが・・・

マネージャー・36歳
一人一人に求められるレベルはかなり高い。どれだけ残業をしたとしても、良いアウトプットがでなければ評価はされないです。

逆に良いアウトプットさえ出せれば、自分の時間はかなり取れると思います。

アソシエイト・26歳
コンサルタントスキルを磨くための研修や、有識者セミナー、業界知識の研修など社内研修が充実していると思う。

プロジェクトとの兼ね合いもありますが、積極的に参加し、日々の業務に役立てています。

悪い評判・口コミ

実力・成果主義なので、成果を数字で判断する、といった外資系企業らしい口コミが多く寄せられていました。

あとはプロジェクト次第で忙しさが大きく異なるそうです。あまりにも忙しいプロジェクトに携わって、体調を崩してしまった人もいるとか。

ライフワークバランスを重視する人には向かないかもしれませんね。

コンサルタント・25歳
外資系なので、個人の成果・数字を重視する文化です。

ゆえに個人商店の集まりという感じが強く、人によって文化や考え方、スキルが大きく異なる点は、戸惑うかもしれません。

アソシエイト・27歳
オフィスはフリーアドレス制で、MTGなどがない限りはオフィスにいても居なくても良いので、同期との関係は希薄になりがち。
29歳・アソシエイト
プロジェクト次第。毎日深夜残業でタクシー帰り、残業が100時間を超えるプロジェクトもあるし、毎日19時で帰れるプロジェクトもあります。

自分でプロジェクトを賢く選択していけるかどうか次第。

シニアアソシエイト・34歳
評価制度の基準が厳しいこと、中途採用で上のポストが埋まっていることなどから、昇級が難しい。

昇級できないと、大幅な年収アップが期待できないこともあり、それを理由に退職する人も少なくない。

PwC Japanの選考情報


PwCは世界4大会計事務所・総合コンサルティングファームの1つなので、非常に優秀な人材でなければ内定を獲得することはできません。

中途採用であれば、内定を出してもらえるような知識やスキルが求められるので、転職難易度は高いですね。

英語に関しては必須ではないのですが、自分の可能性を高めるためにもある程度あったほうが良いでしょう。

選考フロー

PwCの選考フローは以下の通りです。

STEP1.エントリー

STEP2.書類選考

STEP3.面接(複数回)

STEP4.内定

希望する職種にエントリーし、そこから書類選考に進みます。書類選考を突破したら、面接へと進んでいきます。

面接は1回だけでなく、複数回おこなわれるのが一般的です。

また、希望ポジションによっては、適性検査の実施やビジネスケースの提出をすることがあります。

面接

面接では、一般的な質問の他に、ケーススタディ形式の質問がされます。

~~という状態の企業があるとします。あなたならどうアプローチしますか」と言ったような質問で、PwCの特徴と言えるでしょう。

また専門分野は何かという質問もされます。コンサルタントとして配属されるので、得意分野がある人材を取りたいという人事部の考えがあるのでしょう。

他には、困難を乗り越えた経験を問われます。PwCは経営課題のある企業がクライアントなので、困難を共に乗り越えなければなりません。経営者にモノを申さなければならないので、選考難易度は高いと言えるでしょう。

上記のような質問がされるので、スムーズに答えられるように事前にPwCの企業研究をしておくと良いでしょう。

PwC Japanへの転職を成功させるコツ


PwC Japanへ本気で転職したいのなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

なぜなら、PwC Japanのように知名度が高い企業は、求人に応募が殺到することが見込まれるため、転職エージェントに対して非公開求人を出すことがあります。

非公開求人とは、転職サイトや求人情報誌などに掲載されておらず、一般に見ることのできない求人です。

ちなみに、転職エージェントが保有する8割の求人が非公開求人と言われています。

また、PwC Japanに合わせた面接対策や書類添削など、様々なサポートをしてくれるので登録しておいても損はないでしょう。

PwC Japanへの転職におすすめな転職エージェント


PwC Japanへの転職におすすめな転職エージェントですが、現在の年齢や転職サポートなどの求めるものによって変わってきますが、まずは今回紹介をする4社は見ておくべきです。

20代や第二新卒の人でPwC Japanへの転職を検討しているなら、「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」は外せません。

また、現在管理職やエグゼクティブ層の人は、年収600万以上の方限定の「JACリクルートメント」と「ビズリーチ」もおすすめです。

とくに前者の「JACリクルートメント」は、大手の転職エージェントの中では、唯一の企業担当と候補者の担当が一緒なため、よりあなたに寄り添って転職活動をサポートしてくれます。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!