営業の仕事ってどうなの?具体的な業務内容と必要なスキルをご紹介!

The following two tabs change content below.

末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

営業の仕事って、毎日電話をかけて客先を回る仕事だと思っている人が多いですよね。正直な話、大変でキツそうなイメージを抱いている人ばかりだと思います。

このイメージは間違っていないのですが、しかし、この言葉で営業の仕事をすべて言い表すことはできません。

営業の仕事は実に奥深く、そしてキャリアアップの可能性を秘めている職種でもあるのです。

今回はそんな営業の仕事について、人材業界で長年営業に携わっている筆者が徹底的に解説にしていきます。営業の仕事ってどんなもん?と思ってい人や、未経験だけどすぐに活躍できるの?という人など、ぜひ最後まで目を通してみてください!

営業の仕事

電話しながらコピーを取る忙しそうな女性
営業の仕事って、顧客に対して商材を売るというイメージを持っている人も多いと思います。端的に言えば、これで営業の仕事を言い表せられますが、これだけで営業の本質は説明できません。

ただ商材を売るのではなく、顧客が抱えている課題を解決できるように、便利だと思えるように商材を提案していくのが仕事です。例えば、顧客が不要だと思っている物を、いかに買ってくれたり契約してもらえるのか、その方法を考えるのが営業なのです。

優秀な営業ほど、顧客と自社に対して興味を持っており、そして深く理解しています。深く理解することで、顧客のニーズを把握でき、自社でどのような提案ができるのかが分かるようになるからです。

営業はよくコミュニケーション力が高く、負けず嫌いで、根性がないと向いていないと言われますが、実はそうではないのです。いかに顧客と自社に向き合い、真摯に考えられるか、それが営業の適性だと筆者は考えています。

自分が売る商材を肯定でき、適応できる能力があるか、営業の仕事をしていく上で大切な素質です。こう言われると、自分もちょっといけるかも?って思えてきますよね。

営業の種類

仕事の話をしている男女
営業の種類は大きく3つに分けることができますが、ぶっちゃけよく分からないですよね。

営業の仕事をよく知らない人が真っ先に思い浮かぶのは、顧客になりそうな企業に対して、とにかく電話をかけまくってアポイントメントを取って、興味を持ってくれた人に商材の説明をしに行く……多くの人が営業に対して抱いているイメージはこんな感じではないでしょうか。

こういう営業のイメージはキツくて、大変、残業が多いですよね。でも、これは一部の営業だけで、すべての営業がこのイメージに当てはまるわけではないのです。

営業の種類は「新規営業」「深耕営業」「既存・ルート営業」の3つと、扱う商材と対象顧客別に分けることができます。

これだけだとそれぞれが実際にどういう仕事をしているのかよくわからないと思うので、以下で詳しく解説していきますね。

新規営業

営業がどういう職種なのか分かっていない人が真っ先に思い浮かぶのが、新規営業だと思います。先ほど、紹介したイメージは新規営業に当てはまります。

新規営業は新しく顧客を開拓するのが仕事のため、当たって砕けろ精神の人でないとなかなかキツイところがあります。

毎日100件電話をかけて、1件も興味を持ってくれない…なんてことはザラです。場合によっては、電話口で罵倒されることもあります。そのため、タフでストレス耐性がないと務まらないのが新規営業です。

また、新しく顧客を獲得していかないといけないので、ゼロのところから少しずつ信頼関係を築き上げる必要があるため、営業の中でも難易度は高いと言われています。

新規営業はストレス耐性だけでなく、コミュニケーション力や売りたいと思っている商材を買ってもらえるような提案力が必要になってきます。

自分でゼロから顧客を開拓していくので、顧客に対する愛着が強くなる傾向がありますね。愛着が湧けば湧くほど、次はこういう提案をしよう、こういう改善をしたらどうだろう?とどんどん思い浮かぶので、大変ですが営業という仕事にやりがいを感じやすいと思います。

深耕営業

深耕営業は、すでに契約している顧客に対して、どういうニーズがあるのか汲み取って、さらなる提案をしていくのが仕事です。

既存の顧客とコミュニケーションと取りながら、あとどれぐらい商品を買ってもらえるのか、戦略的に考える必要がありますね。現状、足りている物をさらに買ってもらえるにはどうすれば良いのかを考えなければいけないので、深耕営業は深耕営業の難しさがありますね。

新規営業よりはキツくないですが、コミュニケーション力、提案力、戦略性が求められるのが深耕営業です。

泥臭く、毎日アポイントメントの電話をしたくないけど、顧客とコミュニケーションを取りながら、様々な提案をしたい人は深耕営業がおすすめです。

既存・ルート営業

既存・ルート営業はいわゆる顧客の御用聞きのような仕事をしています。

既存の顧客を周り、足りない物を補充していくのが主な業務です。同じことを毎日やり続けるので、業務がルーティン化するため忍耐力が必要になります。

ただ、新規営業や深耕営業のようにコミュニケーション力や提案力は求められないですね。

営業として高度なスキルは身につきませんが、適度に人とコミュニケーションを取りつつ、ワークライフバランスを保って働きたい人にぴったりな営業です。家庭と仕事を両立したい女性に向いていて、実際に活躍している人も多いです。

商材と対象顧客別の営業

扱う商材と対象顧客で分けると「有形商材個人営業」「有形商材法人営業」「無形商材個人営業」「無形商材法人営業」の4つになります。

こう並べるとちょっと呪文のようですが、それぞれで扱う商材と対象となる顧客が違います。この中で1番難易度が高いのが、無形商材法人営業です。

企業に対して人材や広告など、目に見えない物を売るため、様々な戦略を考える必要があって、他の商材よりも難しいと言われています。

例えば、掃除機であればこういう機能があって、こういう部分が優れているのですよ!と売り込めますが、人材だと難しいですよね。人の良さは一人一人違うので、それぞれの強みを把握して、そこから売り込む戦略を立てなければなりません。

こういう理由があって、無形商材法人営業が難しいと言われています。

商材と顧客別の営業
有形個人営業 → 不動産・日用品などを一般消費者に対して営業

有形法人営業 → 自動車・家電製品などを企業に対して営業

無形個人営業 → 保険・不動産・ネット回線などを一般消費者に対して営業

無形法人営業 → 人材・広告などを企業に対して営業

無形法人営業についてさらに知りたい人向けに、詳しくまとめた記事をご紹介します。気になる人は、ぜひ読んでみてください。

未経験でも営業職に転職できる?転職のプロがピッタリな業界を大公開

営業に必要なスキル

コミュニケーションを取りながら仕事をしている人たち
ぶっちゃけると、営業に必要なスキルは「顧客と自社に対してどれだけ興味を持って考えられるか」です。

先ほど、営業の種類でコミュニケーション力・提案力・ストレス耐性など、色々とあげましたが、これらは働き始めればなんとかなる部分です。

優秀な営業マンの中には、コミュニケーション力がない人もいますが、それでも売り上げの上位に食い込んでいる例があります。

その人たちは、スキルよりも顧客と自社に真摯に向き合い、考え続けた結果です。顧客をどうしたら幸せにできるのか、そのためには何をすれば良いのか、そうやって想像力を膨らませ、提案し続けているからです。

自分が顧客側に立ったときに、損得関係なく自分のことを1番考えて提案してくれる人とそうでない人の商品のどちらを買いますか?と言われれば、当然前者ですよね。

つまり、営業に1番必要なスキルは顧客と自社に興味を持つことが、何よりも大切です。

将来のキャリアを考えるのなら営業はやっておくべき

商談がまとまって握手を交わしているビジネスマン
営業は嫌がられる職種ですが、将来のキャリアを考えるのであれば、営業はやっておくべきです。

例えば、将来的に人事や広報の仕事をしたいと思ったときに、営業の経験があるかどうかは重要な要素になってきます。

人事の求人票を実際に見れば分かるのですが、営業経験を求めていることが多いです。人材業界で営業経験3年とか。

営業は未経験でも受け入れてくれるので、転職回数が多くて経歴が荒れている人でも逆転のチャンスがある職種です。

営業でとりあえず3年頑張って働き、しっかりとスキルを身につければ選べる範囲は増えていきます。つまり、将来の可能性が広がっていくということです。

希望に合わせた業界別の営業をご紹介

笑顔で仕事をしているビジネスマンたち
領域にもよりますが、営業を経験すれば、将来の可能性は大きく広がります。今は営業しか選択肢がなかったとしても、真面目にスキルを身につければ、さらなるキャリアアップも夢ではありません。

具体的には、人事をやりたいのであれば、人材業界の営業をやると良いですね。マーケティングをやりたいのであれば、広告業界の営業をやっておくと良いですね。

Webディレクターならデザイン系の制作会社で営業をやれば良いですし、企画職なら自分が働きたい業界の営業を選ぶと良いです。

中には経営に関わりたいと思っている人もいると思いますが、その場合も営業はやっておいたほうが良い職種です。営業をやっていれば、お金の出入りについても分かり、市場で何が求められているのかもわかってくるようになります。

つまり、営業で身につくスキルは将来的に活かせるものが多いのです。結局のところ、自分で考えて積極的に動けば、それだけ様々な知識が身につくようになって、最終的には様々な職種へステップアップできるようになります。

営業へ転職して可能性を広げたいのなら

ここまで営業の仕事やその種類、メリットについて説明してきましたが、「実際自分にはどんな営業が向いているのか(そもそも営業自体が向いているのか)」「どんな企業を選ぶべきなのか」など不安や迷いも多いのではないでしょうか?

せっかく営業職を経験するのであれば、キャリアが高く評価され、市場価値が高まる方が良いですよね?

多くの転職エージェントは、転職者様個人の「中長期」のキャリア形成を考えず、「目先」の紹介企業へ決定させることに集中してしまうことが多いのが実情です。

弊社では、多くの求人の中から、あなたの将来のキャリア形成にとって有利・有効だと思う求人のみを取り扱いしています。
やみくもに何十社も紹介して、とにかく受けてもらうということはせずに、徹底的にあなたの自己実現やキャリアアップの実現に向き合います。

弊社では、20代〜30代前半の方を中心に、年間1500人以上からのご相談をいただいております。
これまで、多くの方の転職相談にのってきた経験から、営業に挑戦することのメリットや気をつけるべきポイント、営業職を経由した後のキャリアの可能性について、より具体的で戦略的なお話ができると自負しております。

ぜひ、転職するか迷っている、営業への転職を検討しているという方は一度弊社アクシスにご相談ください。