【業界別】営業職の平均給料をランキングで大公開!

The following two tabs change content below.

アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職活動するとき、未経験でも歓迎と書いてある求人の多くは営業職です。営業職に興味を持っても、実際どのくらい稼げるのかは気になる所ですよね。どうせなら、高収入を狙える業界に入りたいと考えるのも自然なことだと思います。

そこで今回は、営業職で平均給料が高い業界をランキング形式で紹介します。また、ラクして稼げる業界、営業職の給料形態についても解説していきます。

営業職に転職したい人必見です!

【業界別】営業職の平均給料


業界ごとに、営業職の平均給料をランキング形式で紹介します。マイナビ転職が調べた情報によると、海外営業系の業界がもっとも高収入になっています。

  1. 海外営業
  2. 医薬品業界
  3. ソフトウェア業界
  4. 金融業界
  5. 不動産業界
  6. 総合商社・専門商社
  7. 広告業界

以下から詳しく解説していきます。

1位:海外営業

20代
平均年収
30代
平均年収
40代
平均年収
379万円 515万円 721万円

1位の海外営業の平均給料は約507万円です。

海外営業は複数の業界で募集がある職種です。製造業界やスポーツメーカーなど、様々な業界があります。主な仕事内容としては、日本企業の製品を海外の顧客に売り込むことです。

海外営業がなぜ高収入なのかというと、数ある営業職の中でも、取引されている商品の額が高額であることが多く、営業担当者へのバックも、それだけ大きくなってくるためです。

さらに、海外営業は仕事を進める上で幅広い知識と専門性が必要になってきます。そのような人材は優秀な人が多く、自然と高収入になるわけです。

海外営業へ転職するには、正直どの商材を扱っている企業へ転職したいのかにもよりますが、共通しているのはビジネスレベルの英語力、何かしらの営業経験があるかが重要になってきます。

2位:医薬品業界

20代
平均年収
30代
平均年収
40代
平均年収
425万円 530万円 672万円

2位の医薬品業界の平均年収は約489万円です。

医薬品業界の営業がなぜここまで給料が高いのかは、実は明確な理由はないのです。

ただ、医薬品業界は単純に営業していれば良いと言うわけではないです。

接待や社内試験が定期的に行われるなど、普通の営業職よりもやることが多かったり、大手医薬会社は医薬品の売り上げが大半をしめていることから、定着率の高さを狙って、給料をあげている説が濃厚かと思います。

医薬品の営業職に転職するには、20代で明るく一定のガッツがあれば可能性はあります。また、過去に何かしらの営業経験があれば、さらに有利になります。

医薬品の営業への転職は、こちらの記事(MRへの転職ってどうなの?年収は高そうだけど評判や仕事内容は?)で解説しています。

3位:ソフトウェア業界

20代
平均年収
30代
平均年収
40代
平均年収
375万円 502万円 603万円

3位のソフトウェア業界の平均年収は約462万円です。

ソフトウェア業界は、厳密に組み分けするとIT業界に部類されます。まだスキルもあまりついていない20代の間は年収が低く、実力が伴ってくる30代から、年収は平均で500万円を超えてきます。

ソフトウェア業界の営業職へ転職するには、サービスや広告など、形のないものを売り込む無形商材の営業経験があれば、十分キャリアチェンジ可能です。

4位:金融業界

20代
平均年収
30代
平均年収
40代
平均年収
371万円 517万円 641万円

4位の金融業界の平均年収は約441万円です。

金融業界は簡単に参入できず、競合企業もなかなか出てこないことから、高い利益率を確保させやすいです。

また、金融業界はお金を扱う仕事柄、優秀な人材を確保する傾向にあります。そのような人材を確保するには、やはりある程度高い給料を支払う必要もあり、収入が良くなっています。

金融業界は、基本異業界からの転職には厳しく、新卒主義や同業界の中での転職がメインになります。

ただ、金融業界の中でも唯一、生命保険の業界は割と未経験でも、個人向け・法人向けなど何かしらの営業経験があれば可能性はあります。

5位:不動産業界

20代
平均年収
30代
平均年収
40代
平均年収
379万円 480万円 531万円

5位の不動産業界の平均年収は約431万円です。

不動産業界で高年収の人は、基本給よりも歩合の成果報酬で稼いでいる人が多いです。

ただ、実は賃貸の営業は数をこなさないと、そこまでの成果にはなりません。高い給料をもらっている人は、一戸建ての営業をおこない、一棟売って高額な成果報酬をもらっています。

不動産業界の営業職は、賃貸か売買を担当するかによりますが、賃貸なら離職率が高いので、正直誰にでもチャンスがあります。

売買営業は少し難易度が高く、専門知識も必要で不動産売買営業経験が求められがちです。ただ、高単価商材の個人営業や、無形商材の法人営業経験があれば可能性はあるかなと思います。

6位:総合商社・専門商社

20代
平均年収
30代
平均年収
40代
平均年収
350万円 457万円 553万円

6位の総合商社・専門商社の平均年収は約411万円です。

商社の基本給は、実は他の企業と比べると特別高いわけではないのです。しかし、営業職で年収の良い企業と聞くと、多くの人が商社を思い浮かべるのは、ボーナスが非常に高額なことが多いからです。

また、海外赴任が多かったり、繁忙期には動く金額が高額になることから、給料も高くなります。

総合商社・専門商社は、中途を採用していることが少なく、基本的に新卒や第二新卒など若い層を採用している企業が多いです。中でも、コンサルティング業界出身者は有利なようですね。

総合商社への転職は、こちらの記事(総合商社への転職を成功させるコツ)で解説しています。

7位:広告業界

20代
平均年収
30代
平均年収
40代
平均年収
351万円 442万円 528万円

7位の広告業界の平均年収は約397万円です。

広告代理店は、確かに営業職は高収入を狙えます。1人当たりの売り上げが億を超えることもあり、利益は出やすいです。ただ、残業も多く、収入が良い人の中には、実は残業で稼いでいる人もいるのです。

ちゃんとした企業を選ばないと、収入は良くてもプライベートの時間が取れなくなってしまい、体力的に仕事を継続して行くのが難しくなってしまいます。

広告業界は主に、25歳以下の若手を積極的に採用しています。中途で未経験なのに採用されるケースは非常に稀なのですが、営業職なら比較的チャンスがあります。

無形商材の法人営業で3年など経験を積んでいると、採用されやすくなります。

広告業界への転職は、こちらの記事(未経験で広告業界に転職するには?)で解説しています。

次のキャリアに繋がる業界

上記で紹介した業界の中では「海外営業」「ソフトウェア業界」が特に次のキャリアに繋げやすく、おすすめです。

海外営業とソフトウェア業界の営業は、医薬品業界や金融業界と違い、クライアント業界を絞り込んでいないので異なる業界や商材にチェンジできる余地はあるかと思います。

ただ、先ほども説明したように、海外営業は転職する難易度が高いのでそれなりにスキルや経験がある人は挑戦してみても良いかもしれません。

ラクして稼げる業界4選


これから、仕事がラクで稼げる夢のような業界を紹介します。基本的に、新規介入が難しく専門性の高い仕事が多いです。入社するのもなかなか困難ですが、1度入ってしまえば、離職率も非常に低い業界が多いですよ。

ただ、ラクして稼げる業界にも弱点はあります。これから紹介する業界は、それぞれ専門知識は身につきますが、クライアントの業界を絞っていない分、異業種への転職には不利になります。

また次に転職をする可能性があるなら、先ほど紹介した海外営業やソフトウェア業界のように、クライアント業界を絞らない営業職の方が、転職市場価値が高くなります。

タバコ業界

タバコ業界は、日本で唯一JTのみがタバコの製造を認められています。競合他社がなく、国産のタバコ全ての売り上げはJTに還元されています。

タバコの原価は、具体的に金額は言えませんが、数十円です。それを約300円〜500円で販売しているので、利益率はかなり高いです。

タバコの増税で利益も下がるのでは?と考えてしまいますが、実は増税した年は、前年よりも利益は増えたようです。

ただ、利益率のわりに基本給自体は平均くらいです。その代わり、仕事のラクさはトップクラスです。

タバコを生産しているJTに興味がある人は、以下のリンクで詳しく解説しています。

日本たばこ産業(JT)へ転職するには?絶対成功させたい人は見るべし!

2017.05.19

不動産ディベロッパー

あまり聞きなれない人もいると思いますが、不動産ディベロッパーとは、土地をどう開発していくのかを企画している業界です。

これらの業界は、非常に優秀な人材を採用していることから、収入が高くなってくるのですが、それ以外にも利益率が非常に高い理由として「地主」であることが大きいです。

不動産ディベロッパーは、手持ちの物件をお金をもらって貸す側です。何もしなくても、毎月貸している物件からの収入が入ってくるのです。

不動産ディベロッパーに興味がある人は、以下の企業で人材を募集していることがあります。ご確認ください。

三井不動産へ転職したい人必見!気になる評判や年収をプロが徹底解説

2017.05.30

野村不動産へ転職(中途採用・求人)するには?

2017.08.13

総合商社

歴史が長い企業が多く、転職のノウハウが確立されている企業が非常に多いです。優秀な人材も多く、まさにエリート集団といった業界です。

名刺を差し出すだけで一目置かれやすく、ベンチャー企業の営業と比べるとストレス度はかなり低いです。年収も高く、30代で年収1千万を超える人もゆうにいます。

ただ、かなり待遇が良い企業が多いので、離職率が低く、求人を出している企業が少ないです。もし転職するタイミングで総合商社の求人が出ていたら、またとないチャンスなので、積極的に応募してみましょう。

総合商社について、詳しく知りたい人は以下のリンクをご確認ください。

総合商社へ転職したい人必読!成功するポイントを徹底解説!

2018.12.14

自動車メーカー

国産の自動車メーカーは、現在でも世界的なシェアが高く、特に2018年の世界シェアランキングでTOYOTAは3位、HONDAは7位にランクインしています。

自動車メーカーの営業職は、いくら収入が良くても激務という印象がありますが、それは店舗で販売している別会社のディーラーに限った話です。

実は完成車メーカーの営業はほとんどやることがないのです。どうやって売るか、販売数字の管理がメインの業務になるので、忙しくなりようがありません。

自動車メーカーに興味がある人は、以下のリンクに詳しく記載しているので、ご確認ください。

トヨタ自動車に転職するには?気になる評判や年収などを大公開!

2019.01.18

ホンダへ転職するには?本田技研工業の評判や年収をご紹介!

2015.07.19

日産自動車へ転職するには?評判や成功するためのポイントを解説!

2018.11.21

営業職の給料形態


営業職は、基本給+インセンティブ(歩合制)の給与形態が基本です。

営業職の多くは、基本給は他の企業と対して変わらないことが多いです。高収入を得ている人のほとんどは、仕事で成果を出して基本給の上乗せ分で稼いでいます。

ただ、取引される商品の値段で、上乗せされる額も大きく変わってくるので、どの営業職でも成果を出し続ければ年収1千万を超えるかと言われると、難しいです。

やはり、高収入を狙いたいなら、高額で取引されている商品を扱っている企業に入社するのが現実的です。

このように、営業職の給料は取り扱っている商品やインセンティブが大きく絡んでくるので、ぶっちゃけ収入は人によってバラバラです。

10年近く営業職をやっていても、あまり成果を出せないなら、そこまでの高収入は望めません。逆に、営業職をはじめて3年程度で基本給が25万円程度でも、かなりの成果を出せる人なら年収1千万を超えることもあります。

高収入の営業職を目指すなら転職エージェントを活用しよう

転職エージェントは、求人票だけでは分からない業界・企業別の年収や働く環境について知っているので、あなたの経験・年齢で転職できる企業の中から、ミスマッチなく稼げる企業を紹介してくれます。

また、年収の高い人気の企業は選考が難しくなることが多いですが、エージェントが企業別に面接などの選考対策をしてくれることも魅力です。
面接官の目線から、あなたの職務経歴書や面接の受け答えを、内定がもらえるレベルに引き上げてくれます。
加えて、キャリアコンサルタントは企業側にあなたの経歴・人柄を含めてプッシュしてくれるので、自力で転職活動をするよりも選考通過率が上がります。

とはいえ、キャリアコンサルタントと相性が合わなかったり、満足のいくサポートを受けられない可能性もあります。
まずは自分に合いそうな転職エージェントに2~3社登録してみて、実際にキャリアコンサルタントに会ってみた上で、サポートしてもらうエージェントを検討してみましょう!

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の転職者は必ず登録すべき!大手エージェント


幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収600万円以上の高収入企業への転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

企業と相談者の両方から高い支持を得る、オリジナルのスキルアップ研修を無料で受講可能!
受講後に優良企業との面接をセッティング。
転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらうことが可能。

特徴
【メリット】
  1. 独自のノウハウが詰まった研修を無料で提供。難易度の高い企業の内定獲得を狙える!
  2. 国家資格を保有した担当スタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率は94.3%!
【デメリット】
  1. 「研修 → 求人紹介」 という流れになる為、研修(無料)への参加が必須となります

こんな人がおすすめ!
  1. 経歴に自信がないのでプロの講師の研修を受けてみたい方
  2. 1人で転職活動するのが不安、転職のプロに伴走してもらいながら転職活動をやりたい方
  3. 大手の転職エージェントに登録したものの、転職活動に不安のある方
第二新卒者・既卒者で転職を検討している方は、圧倒的にサポート体制が充実しているジェイックへの登録がオススメです!

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

2019.02.13

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.04.11

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25