2019.10.16

日産自動車へ転職するには?評判や成功するためのポイントを解説!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

日産は多数ある自動車メーカーの中でも、世界販売台数が4位の大企業です。常に最先端の技術研究や開発をおこなっており、転職先としても非常に人気があります。

また、社内の雰囲気は良く、女性でも働きやすい環境が整えられているのも人気の理由でしょう。

今回は日産へ転職したい方向けに、気になる「日産への転職難易度」「年収相場」「評判・口コミ」「日産への転職を成功させるポイント」などを徹底的に解説していきます。

日産に転職するには?

結論から言うと、日産への転職はそこまで難しくありません。
理由としては、以下2つが挙げられます。

  1. 専門スキルを必要としない職種が多数
  2. 企業規模に比例して、求人数が非常に多い

日産の職種は技術職と事務職に分かれます。

技術職であればスキルベースなので狭き門である一方で、事務職の場合には必ずしもスキルが必要という訳ではありません。さらに、企業規模に比例して求人数も多い傾向があります。

確かに、日産は福利厚生が非常に充実しているのもあってdodaの「転職人気企業ランキング2018」では、29位にランクインしているほど人気があります。

しかしながら、企業規模に比例して求人数も多い傾向にあるため、結論日産への転職はそこまで難易度が高い訳ではありません。

大手転職エージェントの利用がオススメ

日産へ転職するためには圧倒的求人数を誇るマイナビエージェントリクルートエージェントdodaへ相談するのがよいでしょう。

上記3社はまず日産の求人数を一番持っている、かつ日産の企業ページで紹介されていない非公開求人も沢山持っているので、転職できる確率をあげることができます。

また、より確率を上げる意味では、3社全てに登録するのもアリです。

なぜかと言うと、担当エージェントの判断によっては日産の求人を紹介してくれない可能性や担当エージェントと馬が合わないことがあるからです。

そういったリスクを想定し、あらかじめ3社全てに登録し、抜け漏れをなくすのが肝です。

必ず1社は登録すべき!総合型大手エージェント

  • リクルートエージェント
    業界No.1!どのエージェントよりも多数の求人を保有
  • doda
    転職者満足度No1!リクルートと比較するとサポートの手厚さに定評あり
  • マイナビエージェント
    20代の転職サポートに強み。若手を積極的に採用したい企業の求人が多数

事務職の中でも総合職、管理職で日産への転職を目指すミドル層の方はそういった転職に強いJACビズリーチへの相談もおすすめです。

ミドル・ハイレイヤー層に強い転職サイト・エージェント

  • JAC
    マネージャークラスなどの管理職、年収500万円以上の優秀層の転職に強みのある転職エージェント
  • ビズリーチ
    登録しておくだけで、気になる企業からスカウトが届く!優良企業の求人が集まる会員制転職サイト

日産ってどんな会社?

日産は国内外に向けて、年400万台の自動車を製造する自動車メーカーです。

各国のニーズに合わせ、様々なタイプの自動車を製造・販売しています。

近年ではゼロ・ミッション社会の実現に向けて、二酸化炭素を排出しない電気自動車「リーフ」の開発・製造・販売もしています。

会社名 日産自動車株式会社
設立年 1933年
本社所在地 横浜市西区高島1−1−1
代表者 西川 廣人
資本金 6,058億13百万円
従業員数 22,272人
平均年齢 42.5歳
事業内容 自動車の製造、販売および関連事業

事業展開

事業は自動車の製造・販売を主軸としていますが、国内シェアは3位です。

1位のTOYOTA、2位のHONDAに対抗するために、三菱自動車と業務提携し事業展開を続けています。三菱自動車と店舗を一本化したことで、TOYOTAに次ぐ店舗数となっています。

◆三菱自動車と業務提携

業務提携することで技術資源の交換や、軽自動車の開発、ASEAN地域における協力をしています。

◆電気自動車のシェアは業界トップクラス

代表車である「リーフ」によって業界を牽引してきました。

航続距離をどんどんと伸ばしており、電気自動車への開発・研究に熱を入れています。

◆完全自動運転に向けての技術開発も活発

最近ではテスラの登場で電気自動車のシェアは大きく変わりましたが、自動運転にむけての技術開発も活発です。

◆ハイブリッドカーにも注力

三菱自動車もハイブリッドカーの技術開発を行っていましたが、傘下に入ったことで日産に一本化されました。

日産の業績

日産の連結売上高

日産の業績ですが、年々増加しています。ただ、2016年に業績が低下したものの、翌17年からはまた増益となっています。

自動車の輸出や原材料の輸入は、為替市場に左右されるので多少の変動はありますが、基本的には営業利益率、売上高はともに堅調です。

業績が安定しているので転職先として人気があるのも納得です。

日産の仕事内容・職種は?

日産は大きく分けると、事務系と技術系の2つに分かれています。

職種によって仕事内容が大きく異なりますが、簡単に言うと事務系が資材の調達や製品の販売をおこない、技術系が日産の製品を開発・製造をおこなっています。

以下で、それぞれにどのような職種が含まれているのかと、具体的な仕事内容を説明していきます。

事務系

事務系の業務は、「市場調査」から「企画」「広報」「販売」にわたるまでさまざまです。また一般的な事務と見なされる、経理や法務などもあります。

事務系の職種ですが、以下でいくつかご紹介しますね。

職種
商品企画・マーケットリサーチ クロスカーライン商品企画部
商品ビジョン&イノベーション戦略部
プログラムダイレクターオフィス
グローバルアフターセールス アフターセールスにおけるコネクテッドサービス企画
グローバル購買 グローバル購買部門
グローバル生産管理・SCM 工場内部品物流企画
グローバル外製部品サプライヤー供給リスク管理
国内マーケティング&セールス 日本市場アナリスト&マーケッター
中古車事業における企画業務
ディーラーネットワーク戦略策定スタッフ
海外マーケティング&セールス グローバルリージョンパフォーマンスマネジメント
経理財務 管理会計マネージャー
連結決算担当スタッフ
人事 HRビジネスパートナー マネージャー
労働安全衛生管理
法務 法務スタッフ
広報 ジャパン商品広報スタッフ

技術系

技術系では、日産の主力製品である自動車の開発・製造に直接関わることができます。「実験」「デザイン」「設計」「開発」など、多くの職種があります。

技術系の職種ですが、以下でいくつかご紹介しますね。

職種
研究 自動運転・知能化行動決定システム研究
自動運転・知能化行動決定システム研究
車両先行開発 e-POWER/EV モータ制御開発エンジニア
軽量化先行開発エンジニア
車載HMI先進技術開発エンジニア
エンジン・駆動開発 パワートレイン・EV制御開発エンジニア
電子開発 サイバーセキュリティエンジニア
組込ソフトウェアエンジニア
自動運転システム開発エンジニア
車両生産技術 樹脂成形技術担当エンジニア
生産設備保守・保全技術
樹脂成形技術開発エンジニア
デザイン UX デザイナー
カラーデザイナー
グラフィックデザイナー

日産の年収相場を大公開

気になる日産の年収ですが、高い傾向にあります。

給与体系も単なる年功序列ではなく、個人のスキル・能力の度合いによって変動があるそうです。

また、インセンティブと評価制度が導入されており、成果を出せば出しただけ給与に反映されます。

ボーナスについても、他の業界と比較しても高いのが特徴です。数年ごとに給与水準の調査をおこない、業界内でも高い水準を保てるようにしているそうです。

年齢別の平均年収

日産の年齢別平均年収は、以下のようになっています。

年収
20〜24歳 約295~325万円
25〜29歳 約541~591万円
30〜34歳 約578~678万円
35〜39歳 約597~701万円
40〜44歳 約667~788万円
45〜49歳 約760~883万円
50〜54歳 約835~945万円
55〜59歳 約828~938万円
60〜64歳 約538~938万円

年齢別の平均年収で高くなっているのは、経験や技術力が身についている50~54歳です。

続いて、55~59歳が高くなっています。

職種別の平均年収

日産の職種別平均年収についてもご紹介していきます。

年収
営業系 約699万円
企画・事務・管理系 約759万円
専門サービス系 約550万円
クリエイティブ系 約690万円
IT系エンジニア 約705万円
電気・電子・機械系エンジニア 約714万円
医薬・化学・素材・食品系専門職 約783万円
運輸・物流・設備系 約550万円
その他 約808万円

職種別の平均年収で高くなっているのは、その他になっています。

医薬・化学・素材・食品系専門職が後に続き、企画・事務・管理系が高くなっているのがわかります。

日産の労働環境

日産では子育てがしやすい制度が整っており、子供がいる従業員には働きやすい環境です。

また、福利厚生が非常に充実しているのも高い評価を得ているようですね。

他にも働く上で気になる福利厚生・諸手当、残業時間、ワークライフバランスについても詳しく説明していきますね。

福利厚生・諸手当

大企業らしく日産の福利厚生・諸手当は非常に充実しています。例えば、住宅支援であれば、5年間で最大4万円支給されるとか。

他にも社内託児所があるので、子供がいる従業員にはありがたいシステムです。

日産の自動車を購入する時に割引が適用されるのも、日産ならではでの嬉しい制度ですよね。

福利厚生 独身寮
社内預金
退職年金
住宅ローン
保険団体割引
社員車両購入制度
社内診療所
社内託児所
健保保養所
各種レジャー施設など
諸手当 住宅手当
家族手当
通勤手当
時間外勤務手当など

残業時間

所属部署や部門によって異なりますが、残業は比較的多いです。残業が多い理由としては、慢性的な人手不足があげられます。

ただ、残業時間は厳しく管理されており、原則20時以降の残業は禁止されています。

従業員の働きやすさを重視している側面があるので、強制的は残業はないとのことです。

しかし、業務が終わらない場合は休日出勤になることもあるみたいですね。

ワークライフバランス

会社全体として、休みを取りやすい雰囲気があるようです。

月の最後の週は15時に退社できる「プレミアムフライデー」や、コアタイムがない「フレックス制」などの制度もあります。

また、産休・育休制度が取りやすいので、女性にとってはとても働きやすい環境だと評判です。

さらに「プレママセミナー」「復職セミナー」など、産前産後のケアがしっかり整っているのも女性には嬉しいですよね。

日産の評判・口コミ

日産に興味がある、日産へ転職したい、と思いつつも実際の労働環境ってよく分からないですよね。

そこで元社員や現在も働いている方からの評判を集めてみました。ぜひ、転職するかどうかの参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

日産は日系企業の良いところと、外資系企業の良いところをを併せ持っているという意見が多数寄せられていました。

日系の大企業には珍しい実力・成果主義を採用しており、成果を出せばそれだけ年収や昇進に反映されるようになっています。

また、従業員が働きやすい制度が多数導入されているという口コミが多かったです。

戦略・34歳

日系と外資系を足して2で割った感じのハイブリット企業です。


大企業には珍しく、実力主義・成果主義を採用している会社なので、上昇志向の強い人には向いている会社だと思います。


部長クラスは全員優秀で、本当に実力のある人でないと上に上がれない評価制度になっていて、納得感ある。

企画・32歳

製造業で、男性社会なのかなという先入観があったのだか、ダイバーシティが進んでおり、昇進において男性・女性関係なく実力に応じて登用される。


外国人採用も積極的に行われているので、上に行くほど英語力も求められる。

M&S・34歳

フレックス制が導入されているので、プライベートや業務の都合に合わせて出社時間や退社時間を調整することができ、その点はとても助かっている。

企画・36歳

自動車の購入について割引制度がある点は、業界ならではのユニークな福利厚生。 実際この制度を活用している社員は結構多いです。

悪い評判・口コミ

一方、外資系の側面に対してマイナスの口コミが多く寄せられていました。

経営危機に陥ったときに、フランスの自動車会社「ルノー」と資本提携をした影響で、日産のグローバル化が進みました。その結果、昇進や活躍するためには英語力が求められるようになっています。

外資系の実力・成果主義が合わない人には働きにくい環境かもしれませんね。

事務・29歳

日常も職場環境もかなりグローバルです。社内資料やメールも英語のものが多いので、部署によっては、英語力が全くないと仕事にならないかも……

製造・30歳

大企業なので、安定はしていますが、仕事自体はかなり細分化されています。


決められた仕事をきっちりやりたいという人には向いていますが、どんどん仕事の幅を広げてスキルアップしていきたいという方にはちょっと窮屈に感じるかもしれません。

開発・33歳

成果主義で報酬も高いいっぽうで、仕事の負荷はかなり高い。残業文化が根付いていて、連日連夜残業ということは珍しくありません。

専門サービス系・25歳

独身寮・単身赴任寮の使用期限が2年に短縮された。早期に民間のアパートを探さないといけなくなった点は結構痛い。

日産が求める人材

日産では「和魂多彩型人材」と「リーダーシップを取れる人材」を求めています。

それぞれが具体的にどういう人材を求めているのか、より詳しく説明していきます。

和魂多才型人材

和魂とは主体的に仕事を進めつつも、チーム間連携を図り、困難な仕事も最後までやり切ることです。

多才とは、グローバルに仕事を行うために、データや事実ベースで、論理的に議論、コミュニケーションすることやオープンマインドでダイバーシティを許容することです。

つまり、日産では和魂と多才の両方を備えた人材を求めているということなのです。

リーダーシップを取れる人材

リーダーとしてチームを引っ張るだけでなく、先輩や上司を積極的にリードしていける人物を求めています。チームでも個人でも主体的に行動できる人物を求めていますね。

仕事をしていく上で必要になっていく要素です。

日産の中途採用情報

日産の転職難易度は、非常に高いと言えるでしょう。

国内企業でも上位にランクインするほど人気が高く、新卒・中途採用どちらにおいても難易度が高くなっている傾向にあります。

特に中途採用の方では、海外とのやりとりをすることもあるため、高いスキルが要求される傾向にあります。

また、実務経験に加えて英語力も要求されることもあります。

常に全ての職種が募集されているというわけではないので、空きが出たポジションを募集しているので、ご自分が希望される職種が募集されていないというケースも。

しかしながら、転職難易度が高い一方で、求人数が多い傾向にあります。なので、全然トライする価値はあります。

未経験だけどどうしても日産で働きたいという方は

経験やスキルに自信がないけれど、どうしても日産で働きたい!という方は、「期間従業員」や「派遣従業員」からチャレンジして日産の正社員登用制度を利用してキャリアアップするという方法がおすすめです。

未経験から大手メーカーの社員として働くことができますし、期間満了や契約更新のタイミングで賞与やボーナスが支給されるため収入も安定するほか、寮・社宅完備で安心して就業できる環境が整っています。

→日産の期間・派遣従業員の詳細はこちら!

選考フロー

日産の選考フローは以下の通りです。

STEP1.エントリーシート STEP2.書類選考 STEP3.面接 STEP4.内定

希望する職種にエントリーし、そこから書類選考に進みます。書類選考を突破したら、面接へと進んでいきます。

面接は2〜3回おこなわれることが多いです。

内定が出るまでは2〜3ヶ月かかるようですが、職種によってはそれ以上かかってしまう場合もあるようです。

面接での質問例

面接で特徴があるのは、国際的な視点を持っているかどうかを確認されることです。

日産自動車は世界展開しているので、海外へ配属となる可能性もあるため、そこを確認したいのだと思います。

またチームワークについても質問されるようです。グループ一丸となって、新しい技術で世界展開を進めていかなけければならないので、重視されるようです。

日産の面接でよく質問されることを以下でいくつかご紹介しますね。

1.英語力について 2.志望動機 3.これまでの大きな失敗は? 4.協調性があるかどうか

上記のような質問がされるので、スムーズに答えられるように事前に日産の企業研究をしておくと良いでしょう。

日産の転職に英語は必要?

もちろんケースバイケースですが、日産に転職するためには、英語力が必要になることが多いです。

英語力が必要な理由としては、グルーバル企業としての取り組みを進めているからです。

そのため社内には外国籍の従業員が多く在籍しており、円滑にコミュニケーションを取るためには必要になってきます。

職種にもよりますが、頻繁に海外とやり取りをするグローバルな部署では、TOEICの点数は800〜900点求められます。技術職でもTOEICの点数を500点程度求められます。

また、英語ができないと昇進できないです。昇進の際には「TOEICのスコアが◯◯点以上ないと昇進できない」などの条件がある場合があります。

日産への転職をお考えの方へ

日産へ本気で転職したいのなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

なぜなら、日産のように知名度が高い企業は、求人に応募が殺到することが見込まれるため、転職エージェントに対して非公開求人を出すことがあります。

非公開求人とは、転職サイトや求人情報誌などに掲載されておらず、一般に見ることのできない求人です。

ちなみに、転職エージェントが保有する8割の求人が非公開求人と言われています。

また、日産に合わせた面接対策や書類添削など、様々なサポートをしてくれるので登録しておいて損はありません。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

日産以外の自動車メーカーへの転職をお考えの方へ

他自動車メーカーへの転職情報は以下の記事をご覧ください!

マツダへの転職が成功する方法って?評判や年収もご紹介します!
トヨタ自動車に転職するには?気になる評判や年収などを大公開!

どこの企業を志望しているのかが明確ではない方へ

さて、もしかすると読者様の中には「まだどこの企業に行きたいのかわからない」という悩みを抱えている人がいるかもしれません。

下記のツールは自身のステータスを入力すると、あなたにおすすめの転職エージェントをピックアップしてくれます。
ぜひ利用してみてください。

あなたにピッタリの転職エージェントを15秒で診断します

性別を教えてください♪

年齢を教えてください♪

希望年収を教えてください♪

希望職種を教えてください♪

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。