日本たばこ産業(JT)へ転職するには?内定決定させたい人は必読すべし!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

 こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

「ひとのときを、想う。」というフレーズで、CMなどでも有名のJT。

福利厚生が何よりも充実しており、転職先としても人気の日本たばこ産業(JT)。特殊会社として設立されたばこ産業だけでなく、医療や食品までと幅広く事業をしており、転職を考えている人も多いのではないでしょうか。

今回は、「日本たばこ産業(JT)」に転職を検討している人に「日本たばこ産業(JT)」への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

日本たばこ産業(JT)って何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

たばこの製造・販売、医薬の研究開発、冷凍食品の製造・販売を事業として行っています。たばこでは有名な「メビウス」などのブランドを有し、最近では火を使わない「たばこベイパー」の製造・販売をしています。

医薬の研究開発では、鳥居薬品と協力し、研究開発を行い、鳥居薬品のMRが病院に卸すというビジネスをしています。

冷凍食品では、「テーブルマーク」のブランドを有し、冷凍うどん、パックごはん、冷凍パンなど主食となる食品の製造・販売をしています。たばこの製造・販売が利益の40%を占めており、事業の中核を担っています。

ぶっちゃけ、どうしたら日本たばこ産業(JT)に入れるの?

結論から申しますと、JTへの転職は、

転職エージェントを利用すればさほど難しくはないが、自力での応募は難しい、です。

こう言える理由は主に2つあって、

1、経験さえ満たしていれば、チャンスがある

2、求人が転職エージェントに登録しないと見ることができない(一般公開されていない

があります。

JTでは、営業・マーケ職、総合職、研究・開発職、社内SE

など、様々な職種の求人がありますが、どの職種も、一定業界や職種の経験を求められます。

ですが、JTは、大手エージェントに対して一定数求人を出しています。

そのため、転職難易度的には、業界や職種の経験者であれば十分チャンスはあると考えられます。

ですが、JTへの応募は、自力では難しいです。

なぜなら、求人のほとんどが、ネット上に公開されていないからです。

コーポレートサイトや大手転職サイトでは、ほとんど求人を募集していないか、ごく一部の求人しか掲載していません。

つまり、何が言えるかというと、転職エージェントへの登録なしには、応募すらできない。ということなのです。

JTに転職するには、転職エージェントの利用が不可欠!

末永

ここまでお伝えしたように、JTに転職するには、転職エージェントに登録してJTの求人を確認する、ということが不可欠なのです。

ですから、JTへの転職を考えている方は、必ず、求人を確認するためにいくつかの転職エージェントに登録してみましょう。

具体的には、大手エージェントであるマイナビリクルートの2社には登録が必須です。

なぜなら、これら大手エージェントは、様々な業界の求人を網羅しているため、JTの非公開求人を保有している可能性が高いためです。

また、真の網羅という意味では、1社選んで登録ではなく、2社両方に登録するのもアリです。

なぜかと言うと、担当エージェントが、あなたのスキルや人物面を判断して、場合によってはJTの求人を紹介してくれない可能性があります。そういったリスクを想定すると、あらかじめ2社両方に登録し、抜け漏れをなくすのが肝です。

さらに、もしあなたが女性だった場合には@type女性の転職エージェントにも相談すると良いでしょう。

@type女性の転職エージェントは、女性に特化した転職エージェントです。なので、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があり、求人の中にJTの求人がある可能性が高いです。

35歳以上のハイクラス・ミドル層の方の場合にはビズリーチJACへの相談もおすすめです。

なぜかと言うと、リクルートマイナビには少ない年収600万円以上の求人を数多く揃えているのがビズリーチJACだからです。

【20歳〜34歳でJTへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント

【女性でJTへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. @type女性の転職エージェント

【35歳以上でJTへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. ビズリーチ
  2. JAC

また、転職エージェントに登録するメリットは求人を見れる以外にも、面接対策や自己分析、スキルの棚卸しなど、転職に不可欠な作業のサポートをしてくれるなど、たくさんあります。

ぜひ転職エージェントに登録して、自分の目で求人をチェックしてみてください!

日本たばこ産業(JT)の直近の業績や今後の事業課題

成長率は前年度比11.3%と高い数値を記録しています。中でもたばこの販売価格の見直しが上手くいったこと、たばこベイパーの普及が進んだことが成長を押し上げたとしています。

医療分野・冷凍食品分野の成長も全社としての成長につながったとしています。今後の課題として、禁煙ブームの高まり・たばこ税の増税が計画されていることが上げられます。日本たばこ産業の中核を担うたばこ事業の中でも。紙タバコでの事業だけでなく、たばこベイパーの普及で将来に手を打っています。

日本たばこ産業(JT)の仕事内容・職種

営業職と技術職とに分かれています。

営業職

営業職は、自分の担当エリアのたばこ販売店を周り、顧客の傾向などニーズをヒアリングし、卸す量を調整します。

技術職

技術職は、たばこの品質管理や研究開発を仕事内容としています。また、本社と営業所とでは仕事内容が違うことも特徴的です。

営業所は、たばこを卸すことが仕事ですが、本社勤務では、マクロな戦略を考え販促方法を各営業所に指示をしたり、たばこの及ぼす身体や社会への影響を調査し、最適な販促活動を企画することが仕事としています。

日本たばこ産業(JT)の仕事のやりがい

営業職の場合、販売店の利益向上で感謝された時にやりがいを感じるようです。デスクワークというよりは、現場に出て、顧客ニーズを掴むことを良しとしているので、販売店との距離が近いです。ルート営業特有のやりがいと言えるでしょう。

技術職の場合は新しい形態のたばこの研究開発に携われることがやりがいになっているようです。例えばたばこベイパーの開発でしょう。紙タバコは「メビウス」が市場のシェアを盤石なものにしていますが、火を使わない領域のたばこ事業はまだ発展途上と言えます。自身でその最先端に立てる環境があることにやりがいを感じる人が多いようです。

日本たばこ産業(JT)の評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

評判は良いと言えるでしょう。社風として、現場第一の考えがあり、営業職の方は販売店に赴くことが多いようです。そこで販売店の問題点を解決するために自社製品がどのように貢献出来るかを考えるという流れがあります。

新しいことを取り入れようというカルチャーがあります。日本たばこ産業の利益の中核を担う、紙タバコが昨今の禁煙ブームや増税で価格変更を余儀なくされる中、利益を確保しています。それもたばこを吸う人吸わない人の共生社会を考えてきた実績が影響しています。

評価体系については、年功序列制度をとっており、長く腰を落ち着けて働きたい方には向いている制度があります。有給消化率も比較的高くとりやすいとのクチコミも見受けられました。社員に優しい会社と言えるのではないでしょうか。

日本たばこ産業(JT)の面接・SPIなど選考難易度

面接では「たばこについてどう思うか」「たばこが社会にもたらす影響とは」といった事業に絡んだ質問が見受けられました。やはり、主要事業であるたばこについてどのような認識を持っているかが問われる傾向にあります。

現在中途採用では、文系職ですと、法務経験者、理系職ですと、医薬開発経験者の募集が行われています。営業職は基本的に新卒採用で行われる傾向にあり、中途入社は難しいと言えるでしょう。技術職も医薬開発分野での経験が問われます。

日本たばこ産業(JT)の年収相場(給与)は?

平均年収は800万円程度です。大手メーカーと同程度と考えるのが良いでしょう。役職手当で差がつくようで、昇進すれば確実に年収が上がっていく仕組みになっています。

日本たばこ産業(JT)へ転職をするには?

日本たばこ産業(JT)の求人は、先ほども述べたとおり、一般にはほとんど出回らず、転職エージェントの非公開求人がほとんどです。

なので、転職エージェントに登録し、まずは求人をしっかりキャッチできるようにしましょう。

また、せっかく求人にありつけて、応募資格を満たしていたとしても、選考で落とされてしまうこともあります。

どんなにトップセールスで営業力のある方でも、いざ面接で自分個人を売り込むとなると、途端に下手な対応になってしまう方は多いものです。

せっかく日本たばこ産業(JT)の選考に挑戦できるスキルや経験、マインドを持っているのに、面接で自分を上手くアピールすることができずに内定を得られないのは大変もったいないことです。

転職エージェントを活用すれば、事前に、面接官・採用側の目線で、面接で引っかかってしまいそうなポイントを見て指摘してくれますので、面接に自信がある方もそうでない方も、活用して損になる事はないと思います。

とはいえ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみて、自分に合うエージェントと巡り会う確率を少しでも高めると良いでしょう!

定番の大手エージェント2両方、特化型のエージェントを1程度、

まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

※大手転職エージェントを利用して転職をお考えなら、下記の記事で大手転職エージェントの特徴や評判を解説しております。