三菱地所に転職する方法!中途採用の難易度・求人情報を徹底解説!

三菱地所に転職する方法!中途採用の難易度・求人情報を徹底解説!

    三菱地所株式会社へ転職するコツを就職・転職支援のプロである現役転職エージェントが徹底解説します。

    また、中途採用の入社難易度や求人情報、年収や福利厚生なども紹介します。あわせて面接で聞かれる質問や社員からの口コミも分かりやすくまとめました。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は1,800万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

三菱地所の転職・中途採用難易度

三菱地所の転職・中途採用難易度は非常に高いです。

そもそも不動産業界は街づくりに携われることから非常に人気があり倍率が高いですが、中でも三菱地所は三井不動産と並んで有名企業のため難易度もトップクラスに高いです。

また、中途採用の募集も常にあるわけではなく、チャンスが少ないのも難易度が高い理由です。

転職エージェント末永 末永

門戸が狭い三菱地所への転職可能性を高めるには、求人を逃さず見つける必要があります。


そのためにオススメな手段が、多くの非公開求人を保有するリクルートエージェントdodaといった転職エージェントを利用することです。


さらに転職エージェント経由で応募することで、三菱地所の面接対策もしてもらえるので自主応募よりも内定獲得率を上げられます。

とくにdodaでは、公開求人だけでも三菱地所の求人を11件(2023年7月時点)、グループ企業を含めると200件以上確認できたので、必ず登録しておきましょう。

転職エージェントは最後まで無料で利用できます。気になる人はぜひ以下のリンクから相談してみてくださいね。

おすすめの大手総合型転職エージェント

三菱地所の中途採用に第二新卒は応募できない

三菱地所への転職を考える上で注意しなければならないのが、第二新卒(新卒入社3年以内)の人は公式採用ページから応募することはできないということです。

実際に三菱地所の公式採用ページでも総合職と専任職は3年以上、業務職は4年以上の就業経験が必要と応募条件に明記されています。

転職エージェント末永 末永

第二新卒で不動産デベロッパーに転職したい人は、リクルートエージェントで別の企業を探すのがおすすめです。


リクルートエージェントでは、第二新卒が応募できる不動産デベロッパー求人が500件以上(2023年7月時点)確認できました。


第二新卒のうちにデベロッパーにチャレンジしたいと考えている人はぜひ一度見てみてください。

おすすめの大手総合型転職エージェント

【職種別】三菱地所に転職する方法

ここからは、三菱地所に転職する方法について3つの職種に分けて紹介します。

転職エージェント末永 末永

「街づくりに携わりたい」という人は総合職が最も向いているでしょう。


また、専任職(デジタル・IT)は要件がはっきりしているので経験がマッチする人は転職しやすくおすすめですよ。

総合職の場合

三菱地所の総合職は新卒採用で必要な人材が採用できてしまうため、中途採用は年に1回空いたポジションを補充する目的でおこなわれています。

総合職の中途採用では前職での経験に基づく「先見性」「チャレンジ精神」が求められています。不動産業界経験は求められずむしろ異業界の人材を積極的に採用しているので、面接でアピールできれば転職できる可能性はあります。

しかし残念ながら、2023年7月時点で公式サイト上では総合職の募集はありませんでした。

転職エージェント末永 末永

ただ、まだ諦める必要はありません!三菱地所の公式サイトで求人がなくても、転職エージェントが非公開求人として扱っている場合があります。


リクルートエージェントdodaは三菱地所の求人を掲載しているので、総合職の非公開求人を保有している可能性も十分に考えられます。

非公開求人は転職エージェントに登録しないと閲覧することができないので、まずはぜひ登録してみてください。

おすすめの大手総合型転職エージェント

また、三菱地所のような人気企業は、ダイレクトリクルーティング(企業側から直接人材をスカウトする採用手法)にも力を入れている可能性が高いです。

スカウト型の転職サイトであるビズリーチに職務経歴書を登録しておくと、三菱地所などから直接スカウトが届く可能性もあるので、転職エージェントと併用するとなお成功率を上げられますよ。

ハイクラス求人が多い転職エージェント

  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く
  • JACリクルートメント
    国内3位の規模を誇る転職エージェント。年収600万〜1,500万円以上の案件を多数保有

業務職(事務職)の場合

三菱地所の業務職は「バックオフィスのプロフェッショナル業務」「プロジェクト推進のサポート業務」を担う事務系職種です。従来「事務職」とよばれていた職種の職務内容を拡大して2017年に名称変更しました。

総合職と違って転勤が無く、通常の事務職よりも裁量が大きいことから、とても人気の高い職種ですね。また業界・職種未経験でも応募できるため、三菱地所でも狙い目の職種と言えるでしょう。

ちなみに、事務や営業事務などバックオフィスの実務経験がある人は未経験のライバルに差をつけられるため内定を獲得できる可能性が高いです。

転職エージェント末永 末永

ただ、残念ながら業務職も2023年7月時点で公式サイト上での募集はありませんでした。


そのため、三菱地所の業務職の非公開求人を保有している可能性があるリクルートエージェントdodaに登録すると同時に、公式採用ページで募集がされないかも細かくチェックしておきましょう。

ちなみに、dodaでは大阪勤務の営業事務の求人が公開されています(2023年7月時点)。契約社員の求人ではありますが正社員登用の可能性もあるので、気になる人は応募してみましょう。

専任職(デジタル・IT)の場合

三菱地所の専任職(デジタル・IT)は、デジタルを活用した新事業創出や、グループ全体のデータドリブン経営の支援を担うべく発足した「DX推進部」のメンバーです。

ITエンジニアだけではなく、データアナリティクスやデジタルマーケティング、アプリ開発のPMなどさまざまなポジションが公式採用ページで募集されています。

この職種は2022年5月から本格的にキャリア採用を開始したばかりで、総合職・業務職と比べると募集枠が多く挑戦しやすいです。しかし、実務経験のある即戦力人材が求められているため、難易度は高いですね。

転職エージェント末永 末永

具体的には、データアナリティクス担当の必須要件は「SQL等を活用したデータ加工・集計・抽出実務経験」「Python、R等を活用したデータ解析実務経験」となっています。


三菱地所の専任職を目指すなら、まずはIT人材として必要な経験を積める企業へ転職するのが良いです。とくにマイナビIT AGENTはIT系求人を多く保有しており、三菱地所の専任職に繋がる求人を探すのにおすすめです。

エンジニアにおすすめ転職エージェント

  • マイナビIT AGENT
    マイナビのコネクションを活かした、人気企業求人や社内SEなどの求人が多数
  • リクルートエージェント(IT)
    国内最大の定番エージェント!エンジニアやIT業界の求人も多数保有
  • Geekly(ギークリー)
    IT・WEB・ゲーム業界特化の転職エージェント!専任のプロがどんな悩みも徹底サポート
  • レバテックキャリア
    ITエンジニア経験者向けのハイクラスIT求人が多数!キャリアUPを狙うエンジニア定番のエージェント

三菱地所に転職しやすい人の特徴

三菱地所は職種によって異なりますが、基本的に業務に直結する実務経験がある人は転職しやすいです。

一例として、三菱地所の総合職に転職しやすい人の特徴を以下にまとめてみました。

  • 都市開発やディベロッパー業務に近い経験がある
  • 大手メーカーなどで大きな金額を動かすプロジェクトの経験がある
  • グローバルな業務経験がある
  • 即戦力としてプロジェクトに関われる人
  • 率先して提案・行動できる人
  • コミュニケーション能力が高い人

転職エージェント末永 末永

「コミュニケーション能力には自信あるけど、実務経験がどれも無い...」という人も沢山いると思います。


ここからは、そんな人が取るべき3つのアクションについて紹介します。

三菱地所の専任職を目指す

まず1つ目は専任職(IT・DX)を目指すことですね。この職種は必要条件がはっきりしているため、長期的に見れば転職しやすくおすすめです。

すでにITやDXの経験があればそのまま応募できますが、もし未経験の場合はIT企業やネット系広告代理店の無形法人営業を経由して三菱地所に転職するのがおすすめです。

無形法人営業は未経験で挑戦できる上に、三菱地所で必要とされるスキルを全て手に入れることができるからです。

無形商材の法人営業には課題解決力やプロジェクトマネジメント力が必要になるほか、経験を活かしてデジタルマーケティングなどのIT専門職にキャリアアップしやすいんです。

三菱地所の専任職ではまさに課題解決力やマネジメント力が要求されるので、無形商材の法人営業の経験は高評価のポイントになるでしょう。

転職エージェント末永 末永

経由する企業の目処が立っていれば大丈夫ですが、自分がどの企業で経験を積むべきか分からない人はリクルートエージェントdodaなどプロのエージェントに相談してみるのも1つの手です。


転職エージェントではあなたの経歴を踏まえて、三菱地所の正社員に転職するためのキャリア戦略を一緒に考えてくれますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

契約社員として転職する

1つ目は契約社員として転職する方法です。しかしこの方法は「長期的にキャリアを築いていきたい」という人にはおすすめできません。

なぜなら三菱地所のような大手企業の場合、契約社員で入社し正社員登用される可能性は一般的に低いからです。

そのため、現時点で「正社員は厳しそうだけど契約社員ならいけそう」という人でも、1度別の企業に転職して三菱地所の正社員に必要な経験を積んだ上で正社員選考を受ける方がいいでしょう。

他の大手総合デベロッパーも候補に考える

「街づくりに携われれば三菱地所じゃなくてもいい」という人もいるんじゃないでしょうか?そういった人は、他の大手デベロッパーを候補に考えるのも一つの手段です。

例えば、三菱地所とともにMMという括りで呼ばれることの多い三井不動産では、業界未経験でも職種経験があれば応募できる求人があります

転職エージェント末永 末永

2023年7月時点で、三井不動産の求人は転職エージェントでのみ掲載されています。業界未経験可の求人はdodaに掲載されていたので気になる人はぜひ見てみてください。

おすすめの大手総合型転職エージェント

三菱地所の選考フロー・面接やテスト内容

三菱地所は職種によって選考フローが異なります。そのため、希望する職種で事前の準備・対策が違ってくるため、しっかり把握するようにしましょう。

総合職 業務職 専任職
❶エントリー
❷書類選考
❸適性検査
❹一次面接
❺最終面接
❻内定
❶エントリー
❷適性検査
❸一次面接
❹最終面接
❺内定
❶エントリー
❷書類選考
❸一次面接
❹二次面接
❺適性検査
❻最終面接
❼内定

総合職と業務職は応募から内定まで約4ヶ月と期間が長いことには注意が必要です。なお、各職種の選考の流れは、あくまでも予定であり変更となる場合もあります。

三菱地所の適性検査(SPI)

三菱地所の適性検査は総合職・業務職・専任職ともに、Webテストで計数・言語・適性などを判断する試験を受検することになります。

Webテストの結果が選考に反映されるのは総合職と業務職です。専任職は試験ではなく、最終面接の参考情報となります。

適性検査やWebテストに不安がある人も多いですが、実は中途採用の適性検査(SPIなど)で求められる正答率は3〜4割、高くても5割程度です。

一般的な対策は必要ですが、面接のほうが合否への影響度は高いので面接対策に注力することをおすすめします。

転職エージェント末永 末永

それでも不安な人は、サポートが手厚いと評判のdodaに手助けしてもらうと良いですよ。


転職エージェントは選考対策をしてくれるだけでなく、企業との給与交渉も主導でおこなってくれます。サポートしてもらうことで満足のいく転職活動に繋がりますよ。

適性検査(SPI)の対策については以下の記事でも解説しているので、気になる人は併せて参考にしてくださいね。

三菱地所の面接でよく聞かれる質問

三菱地所の面接では、以下のような質問をされる可能性があります。

  • 志望動機
  • 転職理由・退職理由
  • 仕事についての考え方
  • 将来のビジョン
  • 業界の中でもなぜ三菱地所なのか
  • 三菱地所で好きな建物・物件は何か

三菱地所では志望動機や転職理由・退職理由など、オーソドックスな質問をする傾向にあります。

その中で建設・不動産業界の中でなぜ三菱地所なのか、三菱地所で好きな建物な何か、といった質問もされるようです。

この質問で面接官が知りたいのは「この人が何をやりたいのか」「それがウチでは可能なのか」「これまでの経験が活かせるのか」「三菱地所を理解しているのか」といったことです。

面接官の意図を汲み取って質問に答えるためには、業界や職種理解をしっかりおこない、三菱地所が建設・不動産業界でどのような立ち位置なのかを把握するようにすると良いでしょう。

上記のような質問を面接でされることを意識して、志望動機や自己PRを考えると良いです。

転職エージェント末永 末永

三菱地所の面接対策ではよく聞かれる質問を意識する必要があります。そのためには自己分析企業研究をしっかりとおこなうことが大切です。


自己分析と企業研究をしっかりおこなえば、三菱地所にマッチする志望動機自己PRが考えられるようになります。

転職エージェント末永 末永

自分で面接対策ができるか不安な場合は転職エージェントを積極的に利用してみましょう。


転職エージェントは企業の詳細な情報を持っているだけでなく、人事に刺さるポイントも把握しています。利用すれば選考通過率を高められますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

面接で見られているポイントやよく聞かれる質問について知りたい人は以下の記事も読んでみてください!

三菱地所の年収・福利厚生

2022年6月に公開された有価証券報告書によると、三菱地所の平均年収は約1,265万円です。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、三菱地所が属する不動産デベロッパー全体の平均年収は約497万円です。

業界では2位の売上高ということもあり、高い年収水準であると言えます。

評判・口コミ

50代・男性<br>総合職

50代・男性
総合職

わかりやすい「年功序列」です。40歳過ぎぐらいまでは、ほぼ確実に一律で昇進できます。

50歳超えぐらいになると、同年代でも役職に若干の差がつき始めますが、世間一般と比べると平らだと思います。

ライトハウス

転職エージェント末永 末永

不動産デベロッパーのような平均年収の高い企業へ転職したい人は、公式採用ページから自分で直接応募するよりも転職エージェントの利用をおすすめします。


特にJACリクルートメント年収1000万円以上の求人を多数保有しており、難しい選考の対策も手厚くおこなってくれますよ。

まだ転職したい企業が定まっていない人は、ビズリーチに職務経歴書を登録しておくのも良いですね。

三菱地所などの有名企業からのスカウトが勝手に届くことがあるので、年収アップ転職のチャンスを逃すことが無いですよ。

ハイクラス求人が多い転職エージェント

  • JACリクルートメント
    国内3位の規模を誇る転職エージェント。年収600万〜1,500万円以上の案件を多数保有
  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

福利厚生

三菱地所は大手総合不動産デベロッパーらしく、さまざまな福利厚生を導入しています。その中でいくつかピックアップして以下で紹介します。

  • 住宅制度・独身寮
  • 育児休業制度・介護休業制度
  • 子の看護休暇制度・家族の介護休暇制度
  • 短時間勤務制度
  • 再雇用制度
  • 積立休暇制度
  • リフレッシュ休暇
  • 各種社会保険完備
  • 住宅取得援助
  • 企業年金
  • 社員持株会
  • 共済会
  • 社内預金
  • 財形住宅貯蓄制度
  • 三菱地所グループDC
  • ベネフィットステーション利用による各種割引サービス
  • 健康カフェテリアプラン
  • アジア短期語学派遣制度

三菱地所では子育てを支援する取り組みを強化しており、契約託児所での一時預かりやベビーシッターの費用補助、社員の保活を支援する専門窓口の設置をおこなっています。

手厚い支援もあり、三菱地所では2021年度の育児休暇取得後の復職率は100%、復職1年後の定着率も100%という実績が出ています。

評判・口コミ

20代・女性<br>企画・管理

20代・女性
企画・管理

大手だけあって福利厚生は整っていたように感じる。女性も長く勤めていた。

部署にもよるが、残業がとても多い部署になると、家庭との両立は難しいかもしれない。 上司にもよるが、比較的意見が言いやすい環境であると思う。

ライトハウス
50代・女性<br>総合職

50代・女性
総合職

新卒5年目までは5000円という破格の安さで社宅に住むことができます。

交通費、財形貯蓄、持株、確定拠出年金ありです。支店や海外勤務になると手当もしっかりとつきます。

ライトハウス

三菱地所の年収・賞与・福利厚生について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

三菱地所の中途採用・求人情報

三菱地所の中途採用は大きく3つに分かれています。ただ、常時募集があるのは専任職・電気技術者採用のみで、総合職と業務職は年に1度の募集となっています。

2022年度4月入社の募集は総合職と業務職で時期に違いがあります。開始時期は年によって異なりますが、例年だと総合職は8月下旬、業務職は9月上旬に開始されます。

総合職 受付期間:8月31日~10月25日
業務職 受付期間:9月7日〜11月2日
専任職
電気技術者採用
受付期間:常時

なお、総合職の場合はキャリア登録制度が設けられており、年1回の採用タイミングとは別にあらかじめ職務経歴や希望職種などを登録しておくと、合致するポジションがあった場合に連絡を受けることも可能です。

タイミングよく定期の中途採用スケジュールに応募できなかった場合も、キャリア登録をしておくことで採用のチャンスがあります。

三菱地所の求人情報について、今回は2022年度4月入社の総合職・業務職、常時募集の専任職の中途採用の募集要項を以下で紹介します。

総合職の中途採用・求人情報

三菱地所の総合職は『まちづくり』を通して、100年先の社会の仕組みや、街に住む人のライフスタイルを創造する仕事です。

具体的には定期的なジョブローテーションで以下のような業務を経験しながら「マネジメント業務」「専門業務」を担い、将来的には経営幹部候補として活躍することが期待されています。

  • オフィスビル・商業施設の開発企画・賃貸・運営管理
  • マンション等住宅の開発企画、賃貸、分譲
  • 物流施設の開発企画・賃貸
  • 空港ターミナルの運営
  • 証券化スキームを活用した不動産開発及び売買
  • クライアントに対するソリューション営業
  • 経営企画・経理・人事等の一般管理

ここでは、2022年に募集された総合職の募集要項を紹介します。

募集要項
応募条件 ●2009年~2019年の間に4年制大学を卒業もしくは大学院を修了
●就業経験3年以上
●役員・社員の子女、兄弟姉妹でない
上記3つの条件をすべて満たす人
勤務地 【国内】東京、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡など
【海外】ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、上海、台湾、タイ、ベトナム、インドネシアなど
※勤務地の限定が不可
勤務時間 フレックスタイム制(標準労働時間 1日7.5時間)
※標準労働時間帯:9:15〜17:45
※コアタイム:10:00〜15:00
給与 学部:月給260,000円
院了:月給300,000円
※実際の給与額は経験・年齢等を考慮の上、規定により決定

業務職の中途採用・求人情報

業務職は三菱地所の幅広い事業領域で総合職とともに幅広い業務を担当することで、プロジェクトやチームのサポート・組織全体の生産性向上に寄与することが求められる職種です。

具体的な仕事内容は大きく分けて「円滑な業務の推進をサポートするバックオフィスのプロフェッショナルとしての業務」「プロジェクト推進のサポート業務」の2つです。

ここでは、業務職の仕事内容を含め募集要項を紹介していきます。

募集要項
応募条件 ●2009年~2018年の間に4年制大学を卒業もしくは大学院を修了
●就業経験4年以上
●役員・社員の子女、兄弟姉妹でない
上記3つの条件をすべて満たす人
※短大、専門学校卒は不可
仕事内容

【パックオフィス業務】
・支払、収入事務処理
・社内外スケジュール調整
・各種書類、データ管理など


【サポート業務】
・契約書作成
・営業同行、会議出席、議事録作成
・プロジェクト収支管理のサポートなど

勤務地 東京、横浜
※転勤はなし
勤務時間 フレックスタイム制(標準労働時間 1日7.5時間)
※標準労働時間帯:9:15〜17:45
※コアタイム:10:00〜15:00
給与 月給24万円以上
※実際の給与額は経験・年齢等を考慮の上、規定により決定

専任職の中途採用・求人情報

三菱地所の専任職(デジタル・IT)では「新規デジタル変革・既存事業強化」「Agilityの高い安全なIT環境の構築」の2つを強化していくため、IT領域で高い専門性を持つ人材の中途採用をおこなっています。

新規デジタル変革・既存事業強化

  • UI・UXデザイナー
  • SoEアプリケーション開発(企画・PM/PL)
  • データサイエンティスト
  • デジタルマーケティング

Agilityの高い安全なIT環境の構築

  • アプリケーション開発・導入業務におけるPM/PL担当
  • インフラの基盤系業務におけるPM/PL担当
  • セキュリティ計画立案及びプロジェクト推進業務
募集要項
職種 専任職(無期雇用、定年60歳、再雇用制度有り)
応募条件 ●就業経験3年以上
●役員・社員の子女、兄弟姉妹
勤務地 本社(東京)など
勤務時間 フレックスタイム制(標準労働時間 1日7.5時間)
※標準労働時間帯:9:15〜17:45
※コアタイム:10:00〜15:00
給与 年収:応相談

上記の求人は三菱地所の中途採用ページからでも応募はできますが、転職エージェントを利用したほうが内定獲得率を高められます。

応募書類の書き方や企業別の面接対策などのアドバイスを徹底的にしてもらえるからです

また、紹介していない職種も転職エージェント内で非公開求人として扱われている可能性があるため、チャンスを逃したくない人は尚更利用しておきましょう。

転職エージェント末永 末永

三菱地所のような大手企業が気になった人は、不動産デベロッパーの求人を千件以上扱っているリクルートエージェントを利用するのがおすすめです。


リクルートエージェントでは、三菱地所に限らず住友不動産や野村不動産などの求人も網羅しているので不動産デベロッパーに転職できる可能性が高まりますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

また、スカウト型転職サイトのビズリーチも併用しておくと、別の大手企業からオファーが来て選択肢が広がる可能性もありますね。

三菱地所の社風・企業文化・働きがい

三菱地所の社風・企業文化・働きがいに対する評価をライトハウスから集めてみました。

現役社員・元社員が社風・企業文化・働きがいに対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

社風・企業文化

三菱地所にとって従業員は重要な経営資源と考えており、人材ではなく「人財」と捉えています。

そのため、様々な研修制度を導入し、ジョブローテーションをおこなって人財の育成を進めるための体制が整えられています。

  • 階層別研修
  • 能力開発プログラム
  • 自己啓発支援制度
  • 資格取得支援制度

また、社員ひとりひとりが働きがいを持って活躍できるように、それぞれの個性や価値観を尊重する企業文化が根付いています。

他にも女性の採用者数・勤続年数が増加しており、女性の管理職候補者層を増やしています。それに伴い、男性だけでなく女性にとっても働きやすい環境を整え、誰もが活躍できるようにダイバーシティの推進にも取り組んでいます。

評判・口コミ

30代・男性<br>総合職

30代・男性
総合職

良くも悪くも上意下達の風土がいまだに根強く、新しいことをやろうとするとどうしても前例主義にとらわれがち。

上司層が良くないのもそうだが、若手層側にも会社の事情と社会の情勢両方を捉える発想がないと、想い先行だけではなかなか挑戦しがたい。新規事業提案制度は活発。

ライトハウス
40代・男性<br>総合職

40代・男性
総合職

基本は穏やかで紳士的。伝統があり、キチッとした組織であるが、巨大な会社ではないので、家庭的なところはある。

ライトハウス

成長・働きがい

不動産業界で2位の三菱地所は国内屈指の開発に関われることに働きがいを感じている人が多いようです。

誰もが知る高層ビルや建物の大規模開発はどこの会社でもできることではなく、三菱地所ならではの仕事だと言えるでしょう。

また、ジョブローテーションで様々な知識やスキル、経験を身につけられ、成長に繋がると感じている人も中にはいるみたいです。

他には街づくりを通して外部に影響を与えられ、大きなプロジェクトに携われることがモチベーションに繋がっているとの声もありました。

評判・口コミ

30代・男性<br>総合職

30代・男性
総合職

オーナーシップを持って働ける点。新卒でも、2年目くらいから既に自分の物件を持ち、オーナーシップを持って業務を進めることができる。

周りを巻き込む力は必要だが、様々なプロフェッショナルを巻き込み、自分の理想の物件を作れることは他業界にない面白味と思う。

ライトハウス

ワークライフバランス

三菱地所では社員がイキイキと働き、そして活躍できるように仕事と暮らしのバランスが取れていることを重視しています。ワークライフバランスを保って働けるように、様々な制度を設けています。

具体的にはフレックスタイム制度やリモート制度を導入し、個人のライフスタイルに合わせた働き方を支援しています。

また、2013年からは配偶者の転職などが理由で退職した社員に対し、一定の条件を満たす場合は再雇用の申し込みが可能となる制度を導入しました。

働き方改革が進んでおり、残業を減らす取り組みとして就業時間管理の徹底し、ワークバランスは取りやすいと評判です。ただ、部署によって仕事量が異なり、忙しい部署だと残業が多く、激務になってしまう場合もあるようです。

評判・口コミ

40代・女性<br>事務

40代・女性
事務

半休や時間休も自由に取りやすく、働きやすい環境ではある。残業も部署によるがそこまで多くはない様子。

ライトハウス
50代・男性<br>総合職

50代・男性
総合職

ワークライフバランスを意識したい方にはとてもおすすめの会社です。

場所にもよりますが、残業は少なめですし、勤務時間外の業務対応もほぼありません。休日出勤はほとんどないですし、長期休みを取ることも可能です。

ライトハウス

三菱地所の企業情報

三菱地所は三菱グループの中核企業で、不動産業界では三井不動産に次いで第2位の売上高を誇る総合不動産デベロッパーです。

「人を、想う力。街を、想う力。」をブランドスローガンとした三菱地所の企業情報について詳しく紹介していきます。

会社名 三菱地所株式会社
本社所在地 東京都千代田区大手町1-1-1
大手町パークビル
設立 1937年5月7日
資本金 1,424億14百万円
(2022年3月31日時点)
代表者 代表執行役 執行役社長 吉田淳一
従業員数 974名(連結:10,202名)
営業種目 ●オフィスビル・商業施設等の開発、賃貸、管理
●収益用不動産の開発・資産運用
●住宅用地・工業用地等の開発、販売
●余暇施設等の運営
●不動産の売買、仲介、コンサルティング
上場証券取引所 東京証券取引所

もっと詳しい企業情報について、以下で紹介していきます。

事業内容

三菱地所では、主に以下の8つの事業をおこなっています。

ビル事業

東京を中心に国内の主要都市でオフィスビルの開発・運営管理をおこなっている。三菱地所の主力事業の1つ。

商業施設・物流事業

商業施設事業では様々なタイプの商業施設の開発を中心に、施設企画・開発、テナントリーシング、開業後の運営まで一貫体制で事業の展開をおこなっている。


物流施設事業オフィス、住宅、商業施設に続く事業の柱として、これまでの開発ノウハウを活かし、三菱地所ならではの物流施設の開発を推進し、社会インフラの向上をおこなっている。

住宅事業

マンション・戸建て住宅・宅地開発、分譲、賃貸、管理をトータルでおこなっている。また、ライフスタイルの多様化と中古住宅流通の拡大に合わせ、リノベーション事業も強化している。

海外事業

アメリカやイギリスでの不動産賃貸・開発事業をおこなっている。また、成長が著しいアジアでも積極的に不動産事業を展開している。

投資マネジメント事業

不動産での資産運用を考えている投資家向けのREIT(不動産投資信託)や、機関投資家の特定運用ニーズに対応する私募ファンドまで提供している。

設計監理事業

創業以来、培ってきた知見やデザインセンスに最先端技術を活用し、総合設計事務所として建築・土木設計、都市・地域開発計画、コンサルティングなどのサービスを提供している。

ホテル・空港事業

「ロイヤルパークホテルズ」ブランドによるホテル運営事業を全国でおこなっている。


空港運営事業では空港の価値向上を推進するため、新たな事業機会獲得に向けた動きを進めている。

不動産サービス事業

不動産の仲介・コンサルティングから、マンション・オフィスビルの賃貸経営サポート、コインパーキングの運営まで、法人・個人向けにサービスの提供をおこなっている。

上記のような事業を三菱地所ではおこなっており、いわゆる総合デベロッパーとして業界に属し、主な事業は都市開発です。

仕事内容

三菱地所の仕事内容について、大きく8つのグループに分類されています。各グループがどのような仕事をおこなっているのか、以下で簡単に紹介します。

営業機能グループ

  • セグメントを横断する戦略的営業組織
  • 顧客のあらゆる顕在ニーズ・潜在ニーズの把握
  • 全社のリソースを活用した豊富なソリューションの提供
  • オフィステナント等の顧客や仲介会社との中長期的なリレーションの活用
  • 都市型から郊外型まで豊富な リーシング実績による商業テナントリレーションの活用

コマーシャル不動産事業グループ

  • アセットタイプの垣根を超えた総合力を集約
  • 開発計画に導入する用途のフレキシビリティを向上
  • 複合開発をはじめとするプロジェクト推進の競争力を強化

海外事業グループ

  • 国内外における事業実績とネットワークを活かし不動産賃貸・開発事業を展開
  • アメリカでは不動産賃貸・開発事業、自社ビルを運営、オフィスや物流施設の開発
  • ヨーロッパではロンドンの中心エリアでオフィスビルを中心とした不動産賃貸・開発事業
  • 東南アジアや台湾、中国で不動産事業を展開

設計監理事業グループ

  • 建築・土木の設計・監理
  • リノベーション業務、都市・地域開発関連業務
  • 各種コンサルティング業務等を幅広くおこなう

新事業創出機能グループ

  • 新事業創出
  • 菱地所グループとしての新事業創出に向けた仕組みづくり、オープンイノベーションの取り組み
  • デジタル技術の活用による新たな収益源の獲得
  • 既存ビジネスモデル並びに業務プロセスのブラッシュアップによる収益拡大・生産性向上
  • グループ共通IT基盤の整備・グループITガバナンス等を担う

住宅事業グループ

住宅開発から賃貸管理のサポートまで、下記の事業とグループ会社で連携し、様々なサービスを提供


  • 住まいのバリューマネジメント
  • 分譲住宅事業
  • 賃貸住宅事業
  • リノベーション事業
  • 住宅管理事業
  • 注文住宅事業
  • 売買仲介・賃貸事業

投資マネジメント事業グループ

  • ニーズに合わせ幅広い運用サービスをグローバルに提供
  • 日米欧亜4拠点6社を擁するグローバルプラットフォームを構築

不動産サービス事業グループ

  • 事業用不動産の売買仲介や賃貸借仲介
  • 不動産の有効活用のコンサルティング
  • 賃貸マンションやオフィスビルにかかわる多様な賃貸経営をサポート
  • コインパーキングの略的な意思決定、運用上の各種課題解決、運営管理
  • 不動産鑑定評価

売上業績と今後の事業課題

三菱地所は過去4年を振り返ってみても、営業収益・経常利益ともに増加傾向にあります。

2018年 2019年 2020年 2021年
1兆2632億円 1兆3022億円 1兆1208億円 1兆3495億円

2018年3月期に1兆2632億円だった営業利益が2021年3月期には1兆3495億円まで増えています。2020年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、前年より営業収益が減少しましたが、2021年はコロナ禍以前よりも増加しています。

さらに経常利益も2018年3月期の2065億円から2021年3月期にかけて2537億円にまで増加しています。

2018年 2019年 2020年 2021年
2065億円 2195億円 2109億円 2537億円

三菱地所は安定した収益を出し続けているため、業績を落とさずに伸ばしていくこと、業績が落ちこんだときにどう改善していくかが今後の課題となってくるでしょう。

支店とグループ会社

三菱地所では様々な事業を効率よく、効果的におこなうために以下の地域に支店を設置しています。

北海道支店 〒060-0002
北海道札幌市中央区北二条西4-1 北海道ビル7階
東北支店 〒980-0803
宮城県仙台市青葉区国分町3-6-1 仙台パークビル6階
横浜支店 〒220-8115
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー15階
中部支店 〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄2-3-1 名古屋広小路ビル6階
関西支店 〒530-6009
大阪府大阪市北区天満橋1-8-30 OAPタワー
中四国支店 〒730-0051
広島県広島市中区大手町3-7-5 広島パークビル1階
九州支店 〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-6-8 天神ツインビル

三菱地所は様々なグループ会社と連携してサービスの提供をおこなっています。

グループ会社でも中途採用をおこなっているところがあるので、こちらも選択肢に入れるとキャリアの幅が広がる可能性があります。

分野別にグループ会社をいくつか紹介するので、参考にしてみてください。

新事業創出機能 ●メックアグリ
●メック情報開発
コマーシャル不動産事業 ●三菱地所プロパティマネジメント
●サンシャインシティ
●東京ガレーヂ
●丸の内熱供給
●東京流通センター
●ロイヤルパークホテル
●三菱地所リテールマネジメント
●高松空港
住宅事業 ●三菱地所レジデンス
●三菱地所ホーム
●三菱地所コミュニティ
●東日本開発
●アーバンライフ
海外事業 ●ロックフェラーグループ社
●三菱地所ニューヨーク社
投資マネジメント事業 ●三菱地所投資顧問
●ジャパンリアルエステイトアセットマネジメント
設計監理事業 ●三菱地所設計
●メック・デザイン・インターナショナル
その他の事業 ●メック・ヒューマンリソース
●京葉土地開発

三菱地所のグループ会社は多く、すべてを紹介するのは難しいので、他にどのような会社があるのか知りたい人は一覧ページから確認してみてください。

三菱地所への転職を成功させる方法

結論から言うと、三菱地所に転職を考えている人は一度転職エージェントに相談してみてください

三菱地所はdodaが発表している「転職人気企業ランキング2023」で不動産業界2位を誇る人気企業なうえ、中途採用をおこなうタイミングもほぼ年に1度と限られています。

人気かつチャンスの少ない企業に転職するためには、転職エージェントが持つ非公開求人を探して、周りより先に求人を見つけることが大事なんです。

また、求人が見つかればそのままキャリアアドバイザーが三菱地所の採用基準に合わせた選考対策をしてくれます。

ただ、エージェントによって非公開求人の数やサポートの質が異なってくるので、まずは2~3社複数登録してから、自分に合ったエージェントと転職活動を進めるのがベストですね。

転職エージェントは最後まで無料で利用できます。気になる人はぜひ以下のリンクから相談してみてくださいね。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

三菱地所に興味がある人向け関連記事一覧

三菱地所に興味がある人向けに併せて読んでおきたい関連記事をまとめてみました。

line

line

人気の転職エージェント