【必見】三菱地所へ転職するには?成功するコツをプロが教えます!

大都市の主要な駅の近くで土地開発が進んでいる光景や、次から次へと新しいビルが建設されているのをよく見ます。

とくに東京駅丸の内の前は、東京駅の改修や新幹線で日本国内へのアクセスがしやすく、日本を代表する大手企業の本社が多数あります。

今回は総合デベロッパーの「三菱地所」への転職を検討されている人向けに、「三菱地所」への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

三菱地所の事業内容・ビジネスモデル

三菱地所は総合デベロッパーといわれる業界に属しています。主に都市開発を仕事にしている会社です。住宅・オフィスビル・商業施設・ホテルなどの様々な建物や施設があります。それらの開発を通じて、生活の場を作っています。

都市計画は、建物を作って終わりではなく、分譲物件であれば購入してもらうことや、賃貸物件であれば借りたい人を探すのが仕事です。建ってからのほうが長いのが都市開発です。長い期間、建物の快適な事業を保ち続けることがデベロッパーの仕事です。

三菱地所の仕事内容・職種とは

グループカンパニーになっているので、一概に言うことが難しいです。開発や管理の仕事に就き、建設の最前線で働く人がいたり、バックオフィスで経営企画をおこなう人もいます。

総合職としての採用なので、仕事内容は多岐に渡ります。主たる例は営業でしょう。

企業の不動産に関する悩みを三菱地所の様々なグループ会社の出来ることを組み合わせて解決していくことが仕事です。有効活用出来ていない不動産を活用したり、古くなってしまった不動産運営をどうするかをどうするか考えます。

建物の開発も営業の仕事内容の1つです。どのような建物を作るかを考えて実行するのが仕事内容です。土地を手に入れて、オフィスビルを建てるのか、マンションを建てるのか。完成までプロジェクトを作る推進していくのが仕事です。

三菱地所の募集要項をCheck!

三菱地所の募集要項

  • 2000年~2015年の間に四年制大学を卒業した人(左記期間に大学を卒業後、大学院を修了した人を含む)
  • 2018年4月時点で社会人経験が3年以上ある人

また不動産業務に関する経験を問わないことから、特定の資格や専門的知識を有しているからといって、選考が有利に進むわけではないことがわかります。

ただ「宅地建物取引主任者」は入社後の取得が必須となっているので、資格を持っている人は選考が有利に進むかもしれません。

どうやったら三菱地所に転職できるのか?

はっきり言って、三菱地所は大変人気な企業なため、優秀な人が応募する比率も高く、転職難易度はかなり高いです。しかも、求人は常時出しているわけではないので、いつ募集がくるか常に確認する必要があります。

転職エージェントに登録することで、Web上には出回っていない三菱地所の非公開求人に応募することが可能になります。

非公開求人とは、一般に求人を募集すると大量に応募が来てしまう企業、または競合に動向を晒したくない企業が、友好関係のある転職エージェントに秘密裏に依頼する求人のことです。

つまり現在おおやけには募集していなくても、エージェントを通すことで応募が可能になる可能性がある!ということです。

企業のなかには、特定の大手エージェント1社のみに求人を依頼しているという企業もあり、大手エージェントに登録をしていないと紹介を受けられない求人が存在します。

そのため、大手メーカーや上場企業などへの転職を検討されている人は、大手エージェントには登録をおすすめします。

1社はオススメの転職エージェント

前提として、三菱地所レベルの高年収求人は絶対数がそもそも少ないため、年収UPが目的ならば、ミドル・ハイレイヤー層に特化した転職エージェントを利用しましょう。

ミドル・ハイレイヤー層に特化した転職エージェント

また、転職するべきか迷っている人は、三菱地所のような大手企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがオススメです。

三菱地所の直近の業績や今後の事業課題

堅調な伸びを示しています。「ビル」「生活産業不動産」「設計監理」が主要な収益の柱です。

ビル事業

三菱地所のビル事業はオフィスビルや商業施設の開発・賃貸などをおこなっており、全体の利益の半分以上を稼ぎ出しています。丸ビル、新丸ビルなどが三菱地所の所有物件です。

生活産業不動産事業

「生活産業不動産」事業は商業施設や物流不動産の開発・賃貸事業が中心となっています。

設計管理事業

「設計監理」事業は、建築工事の設計監理やマンションなどの内装工事の請負をしています。

三菱地所の年収・給与相場

2020年6月に公開されている有価証券報告書によると、三菱地所の平均年収は約1,275万円です。

平均年収が高くなっているのは、2015年〜2019年にかけて売上高を少しずつ伸ばせていることに加え、年功序列型で昇給していくからだと考えられますね。

三菱地所の年収や残業代、ボーナスや昇給制度について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もぜひ合わせてご覧になってみてくださいね。

関連記事三菱地所株式会社の年収っていくら?ボーナスについても徹底解説!

三菱地所の仕事のやりがい

「ものづくり」に関われるのがやりがいになっていると言えます。建物の開発は出来上がる建物が大きく、インパクトが大きいです。

しかし、その建物の開発には、地権者との打ち合わせから、設計をして、ゼネコンとの調整をおこない建物は出来上がります。自分の関わった建物を見たときのやりがいはひとしおでしょう。

三菱地所の評判・社風・カルチャー・口コミ

フラットな社風で評判は良好です。温厚な社員の方が多いと言われています。丸の内の開発に携わっていることから、安定した環境が整備されています。

顧客主義を重んじるので、飲み会は多いようです。仲間意識が強いので、意見が通ることが多いです。労働環境も改善していく傾向があり、ワーク・ライフ・バランスを考える部署もあるようですが、部署によるところが多いです。

三菱地所の面接・SPIなど選考難易度

一般的な質問が多いようです。しかし「当社のビルについてどう思いますか?」という不動産業界の知識を問われる質問があります。不動産業界の対策が必要になるでしょう。

また「どのような都市計画をしたいですか?」といった三菱地所ならではの質問もあります。自分なりの都市計画を考えておくほうがいいでしょう。都市計画は壮大なプロジェクトなので、不動産だけではなく、国の政策についても知識が必要です。

三菱地所への転職をお考えの人へ(2020年9月時点版)

2020年9月時点の転職状況としては、正直に言うと、難しい状況となっています。

なぜなら、厚生労働省発表の「一般職業紹介状況(令和2年6月分)について」によると下記のデータが出ており、その状況は今後も続くと見られているからです。

求人、求職及び求人倍率の推移のグラフ

引用元:厚生労働省発表の一般職業紹介状況(令和2年6月分について)

令和2年6月の数値をみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.11倍となり、昨年6月の0.5ポイント下回っています。

上記のような影響で、企業の採用ホームページを見てみても、募集が減っているのを顕著に見られます。

こういう状況でも、転職エージェントを利用すると、三菱地所などの有名企業の非公開求人が存在する場合もあり、利用するのがおすすめです。

さらに、転職エージェントによっては持っている非公開求人が異なるので複数登録することをおすすめします。

また、現在転職をすべきか迷っているならば、三菱地所のような企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

以下でおすすめの転職エージェントについて紹介します。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント