総合商社へ転職したい人必読!成功するポイントを徹底解説!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

総合商社は国内外に様々な事業を展開しています。日本だけでなく、世界で活躍する機会があるため、自分のスキルを試したい人や語学力を活かして働きたい人など、転職先としても人気があります。

今回はそんな総合商社へ転職したい人向けに、「総合商社への転職難易度」「未経験で転職する方法」「女性だと総合商社で働きやすいのか」「総合商社への転職に成功した人の体験談」など、転職のプロである筆者が徹底的に解説していきます!

総合商社へ転職するのもありかな?と思われている人、総合商社へ転職したい!人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

総合商社への転職は難しい!


総合商社は転職先として人気があるため、転職難易度は非常に高いです。

難易度が高いため総合商社への転職成功率は、なんと1%です!

転職成功率が低い理由としては、総合商社では中途採用を積極的におこなっていないからです。具体的な数で言えば、各社とも中途採用は年間10名、多くても30名程度になっています。

さらに、学歴や語学力、専門分野に関する知識など、優秀な人でなければ内定を獲得することすらできません。

そのため未経験から総合商社へ転職するのは、非常に厳しいと考えたほうが良いでしょう。

次でなぜ総合商社が中途採用を積極的におこなわないのか、その理由についてもご説明します。

総合商社が中途を積極的に採用しない理由

総合商社は新卒を大量に採用しているため、そもそも人材が不足していません

また、新卒で採用した人材を長期的に育成していく文化が強いため、中途を採用する必要がないのです。

そんな中でもキャリア採用として足りない人材の「中途採用」をおこなっているので、希望する総合商社の状況をしっかり分析するようにしましょう。

その総合商社がどこを拠点にしていて、どの分野に力を入れているのかを把握し、その中で自分が何に貢献できるのかをアピールすることが大切です。

未経験者が総合商社へ転職するには?


総合商社では業務の幅広く、多岐に渡っているので、基本的には何でもこなさなければなりません。

基本的なビジネススキルはもちろんのこと、営業・経理・法務・貿易など、どれか1つでも専門的なスキルがあるのであれば、積極的にアピールするようにしましょう。

1つでも専門的なスキルを身につけていれば、それだけ選考で強みになるからです。

総合商社への転職は、前職・現職でどれだけの経験をし、スキルを伸ばせたのかに大きく左右されます。

具体的にどのようなスキルを伸ばせば良いのか、以下で3つご紹介します。総合商社への転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

①専門スキルを磨く

総合商社では、特定の分野で高い専門スキルを有している人材を高く評価する傾向にあります。

そのため、自分が専門スキルを持っている証として、資格を取得しておくと良いでしょう。

とくに取得するのが難しい資格を持っていると、選考で大きな強みになります。以下でおすすめの資格・スキルをいくつかご紹介するので、チェックしてみてください。

資格
英語 TOEIC800点以上
英語以外の言語 中国語、フランス語、ポルトガル語など
金融・会計の資格 公認会計士、ファイナンシャルプランナー、簿記など
貿易分野の資格 貿易実務検定、通関士など
SE、プログラマーなどのIT関係の資格 システムアーキテクト試験など

②マネジメントスキルを磨く

総合商社は多くの会社と関係を持つ必要があります。

会社や国、人種の違いを超えて、人を巻き込みながらビジネスを動かしていくことが求められるので、マネジメントスキルが非常に重要視されます。

③専門商社や事業子会社も検討する

中途採用はどこも即戦力を求めています。総合商社はとくに特定の分野のスペシャリストを求めています。

そのため、オールマイティに仕事ができるよりも、特定の分野を極めている人のほうが有利です。

まずは大手総合商社を目指すのではなく、特定の商品を扱う専門商社や総合商社の事業子会社で、いろいろな経験や知識を得てから総合商社を目指すのも1つの方法です。

総合商社に転職できる年齢


総合商社では新卒を大量に採用し、じっくりと時間をかけて育てる文化があります。そのため、転職が成功するかどうかにも年齢は大きく影響します。

未経験で総合商社に転職できるのは20代までです。それも26〜27歳までに転職するのが良いでしょう。この時期は、第二新卒としてのポテンシャルの高さをアピールできれば、総合商社への転職もしやすいです。

20代後半以降になってしまうと、即戦力として活躍できるレベルの経験と知識、スキルがなければ難しくなります。

ちなみに35歳以上になると、即戦力となる経験やスキルの他に、マネジメント能力も求められるようになるので、転職のハードルはさらに上がってしまいます。

総合商社へ転職するのに学歴は必要?


中途採用であれば、そこまで学歴は重要視されません。まったく重視していないわけではないので、新卒での採用実績がある大学を卒業していれば大丈夫でしょう。

学歴よりも「前職・現職でどういった経験をしてきたのか」「商社で働くのに役立つ経験やスキル、資格を持っているのか」が中途採用で重要視されます。

総合商社へ転職するのに英語は必要?


総合商社は日本だけでなく、海外ともやりとりをするので、英語は必要なスキルの1つです。

しっかりと意思疎通できるだけの英語力でなければなりません。

TOEICは最低でも600点以上でなければ使い物にならないと言われていますね。

海外との契約業務に関わるのであれば、TOEICは800点以上必要です。

英語の他に読み書きや会話ができる言語、例えば中国語フランス語などがあると選考で有利になります。

総合商社は会社によって力をいれている海外拠点が異なるので、希望する会社の拠点の公用語が使えると、選考で大きなポイントになります。

語学力が高ければ高いほど、活躍できる領域が広がるので面接でも高く評価されますよ!

女性だと総合商社は働きにくい?


希望する職種が総合職一般職かによって、働きやすさは変わってきます。

ぶっちゃけて言うと、総合職だと働きにくいと覚悟したほうが良いでしょう。

総合職は激務で、海外勤務もあるため、家庭を犠牲にしてしまうことが多いです。また、女性特有のライフイベントである妊娠・出産によって、キャリアにブランクが生じてしまいます。復職したとしても、子育てと仕事を両立するのが難しく、キャリアを諦めてしまう女性も多くいます。

一般職ですが、総合職と比べると産休や育休、時短勤務などの制度を活用しやすく、女性でも働きやすい環境です。

ワークライフバランスを保って働きたいのであれば、一般職事務を希望したほうが良いでしょう。

総合商社の一般職について

一般的な会社だと事務職のほとんどが派遣社員で構成されているのですが、総合商社には正社員の事務職があります。

派遣社員よりも安定している正社員で働けるため、女性に人気がありますね。また、総合商社の事務職は、一般的な事務と比べ、年収の高さや待遇がとても良いと評判です。

将来的に結婚や出産・子育てを考えている女性は、激務な総合職ではなく、一般職を目指すようにすると仕事と家庭を両立しつつ、働くことができるのでおすすめです。

総合商社へ転職する人の志望動機


志望動機は選考の中でも重要視されるものです。抽象的で筋の通っていない転職理由、使い回された建前だらけの転職理由は通用しません。

しっかりと自分の言葉で、自分なりの志望動機を用意する必要があるのです。

そのためには、まず自分の志望動機について、よく考えるようにしましょう。

志望動機を考える上で、大切な4つの要素を以下でご紹介します。

①転職理由(現職を辞める理由・不満や課題)
②仕事選びの動機(業界・職種への動機)
③その会社への志望動機(その会社を受けた理由・入社志望理由)
④将来を踏まえて自分がやっていきたい事(仕事を通して大事にしたい軸)

面接官は上記の①〜④を聞きながら、転職者が「会社に貢献できるスキルと資質を持っているのか」を判断します。

事前に総合商社に求められるスキル・資質を把握していれば、自分の持っているスキル・経験を志望動機に織り交ぜられるのです。

大切なのは「自分がこの会社に利益をもたらす人間である」と面接官にしっかりとアピールすることです。

総合商社で求められるスキル・資質


面接では志望動機が何よりも重要視されています。面接官に刺さる志望動機を考えるには、まず総合商社が求めるスキル・資質をきちんと把握する必要があります。

総合商社ではどのようなスキル・資質を求めているのか、以下で詳しく説明していきますね。

柔軟な思考ができる人

総合商社は、枠にとらわれない発想力がある人を求めています。

現在、さまざまな産業で企業の業務範囲が拡大しており、「商品を仕入れてきて販売する」というトレーディング業務の限界が見え始めています。

今後、鍵となるのは事業投資です。事業の成長性を見抜ける人材時代の流れを上手く取り込んで成長するビジネスを思いつける人材が求められます。

そのためには多角的な視野や柔軟な思考を持っているかどうかが重視されるのです。

リーダーシップがある人

総合商社の仕事は、プロジェクト単位で進行していきます。場合によっては、国籍や人種が異なる現地の人材を束ねてプロジェクトを成し遂げなければなりません。

きちんと成果を出すためにも、文化や慣習がまったく違う人同士をまとめるコミュニケーション能力度量も必要になってきます。

バイタリティがある人

総合商社の仕事は基本的にハードです。

ハードになる理由としては、取引相手が海外のため時差の関係で労働時間が不規則になってしまうからです。

そのため、ハードな仕事に耐えられる体力精神力が必要になってくるのです。

変化に敏感なでチャレンジ精神がある人

ビジネスの幅を広げるため、国内はもちろん、世界情勢に対してもアンテナを張って将来のニーズを見極める必要があります。

また、総合商社は一般的な企業よりも海外を舞台に業務をおこなうことが多いです。1度も行ったことがない、まったく知らない土地で業務をおこなう必要があるため、チャレンジ精神があるのかも重要になってきます。

言葉、文化、習慣の違いから、挫けることもあると思いますが、常に新しいことにチャレンジしていく姿勢が大切になってくるのです。

総合商社に転職した人の体験談

総合商社は年収が高く、世界を相手にバリバリと働けそうだけど、本当に転職するべきなのか悩んでいる人も多いと思います。

そんな人のために、実際に総合商社へ転職した人の体験談を集めてみました。成功したと感じている人、失敗したと感じている人、それぞれの体験談をご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください!

総合商社への転職に成功した人の体験談

営業・29歳
総合商社って堅いイメージがあるけど、実際に働いてみると風通しが良いと感じる。まあ、配属される部署にもよるかもしれないけど。

ビジネスマナーを最初から叩き込む必要がある新卒を大量に採用しているだけに、社員の一人一人を大切にする文化が根付いているように思う。

中途入社だと即戦力となるスキルが求められるけど、第二新卒なら育成体制がしっかりしているから、成長機会も多いのは有り難い点。総合商社への転職を考えているのなら、20代の早い段階で決断すべき。

事務・28歳
転職する前は激務だと思っていたけど、事務職であればそんなにでもない感じです。

場合によっては結婚か、仕事か、そのどちらかを諦めるつもりでした。有名な大企業なのもあって、福利厚生や時短勤務なども整ってるので、女性でも働きやすいですね。

実際に産休や育休を活用している先輩も多くて、自分の時も安心して取得できると思いました。

ただ、こういった制度を活用できるのは事務職だけで、総合職となると家庭は諦める必要があると思います。総合職はバリバリ働きたい人が集まっているから、産休・育休でキャリアにブランクができてしまうと出世に響いてしまいます。

結婚して家庭・子育てと仕事を両立したいのなら、事務職にするべき。バリバリ働きたい女性は総合職がいいですね。

管理・31歳
若いうちから色々と仕事を任せられるので楽しいです。どれか1つというよりは、分野は多岐に渡るため、自分の成長を実感できます。

前職は雑用ばかりで、飽きてたのもあるのですが、いろいろな仕事を任せてもらえるので刺激的なのもやりがいになってます。

悪総合商社への転職に失敗した人の体験談

管理・33歳
良くも悪くも昔ながらの大企業って感じがします。社内政治も残っており、他の人を蹴落として出世しようと考えている人が多いです。

年功序列や上下関係が色濃く残っているから、保守的な人がすごく多いです。新しいことにドンドンチャレンジしたい人は、ちょっと向いてないかもしれないです。部署によっては、挑戦できることもありますけど……

営業・28歳
転職時にはある程度覚悟してたけど、ワークライフバランスを保っては働きにくい。

どうしても仕事中心になってしまうから、家族や自分の時間を作りにくい。

働き方改革で残業は減っているけど、飲み会は多い。自腹も多いから金銭面でもなかなかつらい。

営業・30歳
いろんなスキルは身につかない。入社したら一生働く覚悟はしたほうが良い。

正直な話、総合商社でのスキルは他の企業では役に立たないと思ったほうが良い。

古い日本的な企業だから、社内調整に時間と労力を割く必要がある。スピード感はない。

総合商社へ転職した後のキャリアパス


総合商社へ転職したあとに気になることと言えば、将来のキャリアパスではないでしょうか。

年収の高さや海外での勤務に惹かれて、総合商社へ転職してみたものの「やっぱり合わない」「もっと上を目指して頑張ってみたい」と思ったとき、次の転職先がどうなるのか気になりますよね。

ぶっちゃけると総合商社は専門性が育たないため、キャリアパスの幅が大きく狭まってしまうのです。無理に転職するぐらいなら、そのまま総合商社で定年まで働いたほうが実は幸せです。

それでも転職したい!と揺るぎない決意を持っている人には、メーカーの海外営業がおすすめです。

メーカーの海外営業であれば、総合商社勤務で培われた語学力を活かせます。

ちなみに総合商社に勤務している人の市場価値は30代以降落ちていきます。総合商社を踏み台にして、キャリアアップを考えている人は2〜3年働いたら転職したほうが良いでしょう。

総合商社へ転職したい人におすすめの企業


日本には様々な総合商社がありますが、その中でも幅広い分野に事業を展開している企業をいくつかご紹介します。

それぞれ強い分野や力を入れている分野が違うので、自分が気になる企業をぜひチェックしてみてくださいね!

三菱商事 エネルギー、金属、機械、化学品、生活物資など、多種多様な商品を国内だけでなく、海外に輸出入。

他にも、情報、金融、物流などの各種サービスの提供。さらに国内外に置ける事業投資など、広範囲で事業を展開。

三井物産 鉄鉱石を始めとする資源系に強い総合商社。

金属、機械・インフラ、化学品、エネルギー、生活産業の5分野で事業を展開。

住友商事 鋼鉄関連の素材の取引に強い総合商社。

他にも金属、輸送機・建機、環境・インフラ、メディア・生活関連、資源・化学品などの分野で事業を展開。

伊藤忠商事 麻布の卸から始まった会社のため、繊維関連に強い総合商社。

他にも金属、資材、機械、エネルギー・化学品、食料、情報・金融、生活資材などの分野で事業を展開。

丸紅 穀物、紙パルプ、中東・東南アジアでの発電事業などが強い総合商社。

その他にも生活産業、素材、エネルギー・金属、電力、機械など、幅広い分野で事業を展開。

豊田通商 トヨタグループに属しており、自動車関連に強い総合商社。

他にも金属、グローバル部品・ロジスティクス、機械・エネルギー、化学品、食料、生活産業、アフリカ本部などの分野で事業を展開。

双日 大手総合商社の中でも非資源事業に力を入れている。

自動車、宇宙航空、エネルギー・金属、化学、生活産業、インフラ、スポーツなど、多種多様な分野で事業を展開。

総合商社への転職を考えているのなら転職エージェントがおすすめ


大手総合商社の場合、転職エージェントに求人を非公開で依頼することが多いです。

ライバル会社にどのようなプロジェクトが進行しているのかを知られないために、求人を公開していないのです。また、総合商社は中途採用が少ないため、求人に応募が殺到しやすく、その対策として転職エージェントに非公開求人を出している場合もあります。

非公開求人は、転職サイトや求人情報誌などに掲載されないため、転職エージェントに登録しないと見ることすらできません。

ちなみに転職エージェントが保有する8割の求人が非公開求人と言われています。その中には総合商社の求人も含まれています。

さらに、転職エージェントでは面接対策履歴書・職務経歴書の添削もおこなってくれます。他にも希望する配属先や年収面など、自分では交渉しづらいことも代行してくれるため、活用しておいて損はないですよ!

ただ、転職エージェントは担当になるキャリアアドバイザーによってサポートの質が変わってくるため、まずは大手2〜3社特化型エージェント1社程度に登録してみましょう。その後、実際に面談に足を運び、登録した各社を比較検討しながら、自分に合う転職エージェントを見つけるようにしましょう。

自分と相性が良いキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を進めていくのが、転職を成功させる近道ですよ。

そこで総合総社への転職におすすめな転職エージェントを以下でいくつかご紹介します。転職を成功させるためにも、気になる転職エージェントに登録してみましょう!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18