SES営業に転職するには?成功させるポイントなどをプロが徹底解説

オフィス 会社 仕事 スーツ 男性 女性

    こんにちは!すべらない転職の末永です。

    SES営業の仕事内容や年収の他に、転職をうまく進めるために必要なスキルや経験、さらに内定を獲得するためのコツまでを詳しく解説します!

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

未経験からSES営業職に転職するのは可能

結論から言うと、未経験の状態からSES営業に転職することは可能です。

理由は、求人票では積極的にコミュニケーションを取れる人材が求められ、ある特定分野での経験が必要とされないことも多くあるからです。

SES営業は「企業とのコネクション作り」が主な仕事であるため、コミュニケーションスキルは不可欠です。

もちろん、最初から高度なトークスキルは必要ありませんし、入社後の研修や先輩との付き合いで、ビジネスに必要なスキルはあとから吸収することができます。

SES営業では、とくに一方的に商品を販売するのではなく、ヒアリングを通じてクライアントのニーズや悩みを引き出すことが不可欠です。

相手の言葉をよく聞き、真摯に改善策を提案する作業の積み重ねがクライアントとの信頼関係を築きます。

以上のことから、未経験でSES営業へ転職することは可能であり、そのためにコミュニケーション力は大事なのです。

【無料】SES営業職への転職なら、年間3000人の転職相談を受けているすべらないキャリアエージェントにぜひご相談ください!

SES営業の仕事概要

SESは「システムエンジニアリング・システム」の略で、SES営業とは大まかにいうと「システムエンジニア専門の派遣営業」を意味しています。

つまり、システムエンジニアを派遣してほしい企業に営業をかけ、「うちではこういうエンジニアを紹介できますよ」とアピールし、実際に人材を派遣するまでをフォローするのがSES営業の主な仕事です。

もちろん、人材をただ紹介するだけでなく、採用後のアフターフォローも継続的におこない、システムエンジニアとして快適な環境で働くことができているか、能力を充分に発揮できているか、ということをチェックし、フィードバックをおこなうことも重要な業務のひとつです。

SES営業の具体的な役割や仕事の流れなどについては、以下で詳しく解説します。

SES営業の役割

SES営業は、企業とシステムエンジニアのパイプ役です。

「システムエンジニアとして働きたい!」という求職者と「優秀な人材がほしい」という企業側のニーズを考慮し、双方の希望をバランスよくかなえることが主な業務内容になります。

企業にとって1番の悩みどころは、人材の確保です。とくに、IT業界では年を追うごとに業務の専門化・細分化が進んでおり、有能な人材の確保および育成が難しい時代に突入しつつあります。

企業側としては、SES営業を利用することにより、即戦力になり得る有能な人材を最小限のコストで確保することができ、業績向上につなげられるというメリットがあります。

一方で、求職者にとってSES営業は一種のエージェントであり、登録しておくことでより条件の良い企業にエントリーするチャンスが得られます。

IT業界でも年々競争が激化しており、優秀なシステムエンジニアの争奪戦になりつつあります。

転職市場でもSES営業の活用が主流になりつつあり、個人で直接エントリーするよりもSES営業を通して企業にアプローチしたほうが採用率がアップするとも言われています。

SES営業の仕事の流れ

SES営業の仕事の流れは、以下のようなパターンが一般的です。

  1. アポイントメント
  2. 商談
  3. フォローアップ

SES営業はまず、アポイントメントの取得からはじまります。SES営業のアポ取りには、「個別営業」と「SES会社への営業」の2つのパターンがあります。

個別営業では、新規求人や大型プロジェクトがこれから発生しそうな企業に担当者が直接営業をかけます。

オーソドックスなパターンとも言えますが、企業とゼロの状態からコネクションをつくっていかなくてはならないため時間がかかりますし、営業担当者の力量が問われる方式とも言えます。

一方、「SES会社への営業」であれば、すでに一定のコネクションを確立している企業に営業をかけるため、個別営業よりも効率よく案件が確保できるというメリットがあります。

規模の大きいSES会社とコネクションを結ぶことができれば、定期的に大型案件を確保することができます。

もちろん、どちらの方式でも営業担当者の高いスキルと専門性が求められる分野であり、自己研鑽が評価される業界とも言われています。

SES営業のキャリアステップ

SES営業の仕事内容は、経験年数によっても変わってきます。若手のうちは新規企業の開拓がメインとなり、アポイントメントの確保だけで1日が終わってしまうことも少なくありません。

ある程度経験を積み、基礎的なスキルやノウハウが身についてくると、いくつかのクライアントを単独で担当させてもらえるようになります。

さらに、複数のクライアントをひとりで担当できるクラスになると、プロジェクトマネージャーなどの管理職に登用されたり、より専門性の高いセクションへの異動を打診されます。

SES営業職で得られるスキル

より専門的で深い知識やノウハウが問われるSES営業で得られるスキルについてまとめました。

課題解決のための提案力

SES営業にかぎらず、営業職はゼロの状態から課題を見つけ、改善策を提案する仕事です。

SES営業は言ってみれば、「人材を商材にした営業」ですから、マニュアル通りの提案ではクライアントとの信頼関係を築いていくことはできません。

クライアントと情報を共有し、課題を洗い出したうえで解決のためのプロセスを可視化していく……説得から納得に結びつけられる力がSES営業では求められます。

プロジェクト/組織マネジメント

SES営業の分野である程度経験を積むと、大きな組織やプロジェクトの統括を任されるようになります。

プロジェクトの統括においては冷静な分析力はもちろんのこと、コミュニケーションスキル、予期せぬアクシデントに対応するフットワークなど、数多くの能力が求められます。

「立場が人をつくる」とはよく言われますが、はじめのうちは人をまとめるのが苦手でも、日々の業務と真摯に向き合っていくうちに専門性の高いスキルが自然と身についていくケースはめずらしくありません。

調整力

SES営業は基本的に、クライアント主体の仕事です。

アポイントメントの取得からヒアリング、納期の設定まで、一連のスケジュールをクライアントの都合を聞いたうえで調整していく必要があります。

1度決まったスケジュールでも、クライアントの意向次第では何度でも変更される可能性がありますし、その都度打ち合わせをする必要が出てきますので、「プライベートを犠牲にしてでもクライアントを優先する」という覚悟が求められる世界とも言えます。

【無料】SES営業職への転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れているすべらないキャリアエージェントにぜひご相談ください!

SES営業職に向いている人

SES営業に転職して成功する人には、以下の4つの共通点があります。

人と話すことが好きな人

SES営業の仕事の9割以上が人とのコミュニケーションです。アポ取りから商談、納期の設定、アフターフォローと、すべてのプロセスにおいてクライアントと向き合うことができなければ務まらない仕事でもあります。

また、社内でのコミュニケーションも重要になりますので、もともと人と話すことが好きな人は大きなアドバンテージとなります。

マメな人

営業職ではまず、クライアントから信頼されなければ話になりません。

同じスキルの営業スタッフがふたりいた場合、よりこまめにフォローしてくれる、コミュニケーションを取ってくれるスタッフに好印象を抱くのはクライアントとして当然の心理です。

納期の設定ひとつとっても、クライアントの意向がダイレクトに反映される世界ですので「クライアントから連絡がなくてもこまめにフォローを入れる」ぐらいの熱意と覚悟を持ちましょう。

IT業界に興味がある人

システムエンジニアと企業の架け橋とも言えるSES営業では、IT業界についての専門的な知識が大きなアドバンテージとなります。

IT業界は流動性が高く、知識やノウハウ、常識が数ヶ月単位で移り変わる世界でもありますので、つねに強い興味関心を持ち、自分自身をアップデートしていく努力が求められます。

メンタルが強い人

キャリアを積むほど、SES営業は激務になっていきます。また、すべての案件が順調に進むわけではなく、プロとしての自信を失うこともあります。

しかし、立ちどまっていては解決はありません。むしろ、失敗を糧にしてさらに努力する、というスタンスで前に進める強さを持った人に成長のチャンスはおとずれます。

SES営業から転職を成功させるポイント

SES営業からさらなるキャリアアップを実現するためのポイントについて整理します。

転職の目的を明確にする

転職にも、さまざまな目的があります。目的意識をはっきりとさせず、「何となく環境を変えたいから」という理由で転職をしても、状況に流されるだけで結局はうまくいきません。

人脈を広げたい、専門性を深めたい、IT業界でスキルを活かしたいというようにあなた自身の「なぜ転職したいのか?」という部分を大切にしつつ、エントリー企業を絞り込んでいきましょう。

自分の強みを明確にする

転職活動を有利に進めるには、自分の強みをアピールするのが1番の方法です。

転職エージェントのキャリアカウンセリングや自己分析を活用し、コミュニケーションが得意、調整力がある、好奇心が強いというようなあなただけの強みを明確にしていきましょう。

面接対策をする

転職の成否は面接の印象で決まるといっても過言ではありません。

面接対策では事前に質問を想定し、いくつかのパターンを実践的にシミュレーションしたうえで実際の面接に臨むと緊張せず、本来の力を発揮することができます。

【無料】企業への転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れているすべらないキャリアエージェントにぜひご相談ください!

SES営業職へ転職する方法

SES営業職に転職する方法には、主に3つのルートが存在します。

企業のサイトから直接応募する

ある程度の実績や経験があるなら、企業のWebサイトから直接エントリーするのも1つの方法です。

仲介者がいないため、よりスピーディに企業とやり取りできますが、反面、応募前に詳しい業務内容を把握できないというデメリットがあります。

求人サイトに登録する

企業から確実にオファーがほしいという人には、求人サイトへの登録がおすすめです。1度求人サイトに登録しておくと、あなたのプロフィールが一定期間サイト上に掲載され、興味を示した企業からメッセージが届きます。

求人サイトによって特徴が異なりますので、複数のサイトに登録しておくことで採用率がアップします。

転職エージェントを利用する

転職活動は長期戦であり、在職していながらすべてのプロセスをひとりで進めるのはなかなかのハードワークです。

転職エージェントを利用することでエントリーから採用後のフォローアップまでを一任できますので、より効率的に転職活動を進めることができます

【無料】SES営業職への転職なら、年間3000人の転職相談を受けているすべらないキャリアエージェントにぜひご相談ください!

SES営業への転職にはプロの転職エージェントがおすすめ

SES営業に転職するためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

なぜなら、一般公募をかけている企業の中には、転職者がキャリアを築けないブラック企業が存在するにも関わらず、転職者はどの企業がブラックなのか分からないことが多いからです。

すべらないキャリアエージェントは、中小エージェントならではの強みを活かして、転職者に紹介する企業の選別をおこない、ブラック企業の求人を弾いているので、実質的に優良求人しか保有していないのが特徴です。

その結果、以下のような口コミや評判をいただいております。

関連記事すべらない転職の評判ってどうなの?口コミや紹介実績などを紹介!

他にも、以下のような他の転職エージェントに負けない強みがあります。

  • 転職サイトに載っていない優良求人を保有
  • 志望する企業向けにカスタマイズされた面接練習の実施
  • 転職支援のプロによる転職者の長期的なキャリア設計のコンサルティング

本気で転職を成功させたいと考えている人は、ぜひ1度すべらないキャリアエージェントに相談ください

営業職でキャリアアップしたい20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。

ポイント

  1. 会社に依存せず市場価値を高めたい営業マンに向けた転職支援!
  2. 営業職のキャリアアップを考えた無形商材法人営業の求人を多数保有
  3. あなたの自己実現ビジョンを軸としたキャリア形成をサポート

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A