営業からのキャリアアップは、無形商材がおすすめです。

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

現在営業職で働いていて先のキャリアを考えると、昇進まで時間が掛かったり、上司を見ていても一旦外部環境に触れてみたいと思うことはないでしょうか。また今後について考え始めると、転職も一つの選択肢として出てくるのは当然です。今はまだ20代後半や、30代前半の営業マンだと尚更でしょう。

一方企業の営業担当は、新規開拓や既存顧客のフォローなどの営業活動を通じて、非常に多くのスキルを身に付けています。企画力は勿論、あらゆる顧客に対応するコミュニケーション力や商品を提案するプレゼンテーション力、数字にも強くなければ顧客管理はできません。

何より、商品ではなく、先ず自分を売込むことが必須と考える営業マンがいるように所謂「人間力」が備わっていなければなりません。人によっては営業成績に基づき、高額な報酬を得ている場合も多いのが営業職の特徴。

今回は、営業からのキャリアアップについて、分かり易くご説明します。

営業からキャリアアップするには?

営業はとてもやりがいのある職種です。やればやっただけ、達成感も得られれば、それが直接的な収入にもつながります。

しかし、ふと「このままでよいのだろうか?」と思う時はないでしょうか?このまま、営業として現場の最前線に立ち続けられるのか、それとも管理職やデスクワークを目指すのか。ここでは、営業のキャリアアップの選択肢について見ていきましょう。

定年まで営業担当を継続する

営業担当を継続すると言っても、現在の顧客の規模や収入を単に維持するということではありません。有力な顧客と強い関係性を築いて、それをきっかけに大きな商談を成約に導き、社内においても大きな影響力を持つ、いわば「スーパー営業マン」になることです。

管理職へ昇進する

営業から昇進するとすれば、営業課長から営業部長、営業本部長といった、業績を評価されて、その影響力をより広範囲に発揮することを期待される管理職になることを指します。そのような立場になるためには、単に営業スキルが優れているだけではなく、組織をまとめるリーダーシップや部下を成長に導く育成力が必要になります。

独立する

営業担当はそれぞれが事業主であるとよく言われています。中には、所属する企業と歩合契約のみ結んで、高額な報酬を得ている人もいます。そのような人が、企業に属して働いていた時の顧客を囲い込んで独立する場合があります。

▶︎20代・第二新卒の方の初めての転職なら、若手に強いマイナビエージェントに相談してみましょう!

営業からのキャリアアップの可能性

次に、営業担当がキャリアアップできる可能性について見ていきましょう。

ここまで、営業担当がキャリアアップするための3つ方法を見てきましたが、自分がキャリアアップしたいと思った時に、どの道に進むことができるでしょうか?実際、方法はこれだけではありませんが、それぞれ能力の問題や、管理職にはなりたい人が全員なれるポジションではないといった問題が出てきます。独立についても、収入が完全に途絶える可能性もあることから十分な準備が必要でなかなかできるものではありません。

自分は企業が重視する人材か?

企業は人件費を考慮したインセンティブや報酬設計をしています。所謂、成績上位の社員には報いるが、それ以外の社員の処遇を上げ辛いのが実態です。営業職がキャリアアップを考える場合、やはり業績が大きく左右します。

最終的に転職もひとつの方法

営業担当としての経験を活かして、営業企画などの社内異動でキャリアアップを図ることも可能ですが、必ずしも年収アップや労働環境を改善するまでに至らないケースもあります。そのような場合、年収などの希望を明確にした上で転職先を探すのもひとつの方法です。

転職を考える場合、営業担当であれば無形商材の営業経験があれば、有形商材の営業と比較して高く評価される可能性があります。

▶︎初めて転職エージェントを利用するなら、転職者の8割が登録しているリクルートエージェントにまずは相談してみましょう!

営業から転職するには資格が必要?

営業担当が評価される能力として、企画力やプレゼンテーション力、コミュニケーション力があり、転職を試みる場合に必ずしも資格は必要ありません。しかし、保有していれば、よりアピールに繋がり、有利な資格がありますので、今回は3つご紹介します。

簿記(日商簿記)

特に財務諸表の理解力と、数字を使った企画・提案には説得力があり、経理等の管理セクションではなくても企業が必ず評価する資格です。転職でアピールするなら、初歩的な3級ではなく、2級を保有しておきたいところです。

ファイナンンシャルプランナー

金融商品や株式、不動産、税金等の知識に基づいて、個人や法人に対して、資産運用についての企画・提案をおこなうための資格です。求人企業の中でも金融関係や不動産業界にアピールできます。

TOEIC

最近は業種・業態に限らず、語学力が重視される傾向にあります。少子高齢化の昨今、市場を求めて企業が国外に出る傾向は継続していますし、その中で営業の職種内でも国外営業の必要性が高まっています。TOEICであれば、リーディング、リスニングのトータルな能力をアピールできます。730点以上が理想的ですが、600点台でも十分アピールできます。

▶︎キャリアに自信がない・・・という方は、面接前に無料で研修サービスが受けられるジェイックのご利用を検討しませんか?

営業からキャリアアップとして無形商材の法人営業がオススメな理由

ここまで、営業担当者のキャリアアップについて見てきましたが、ある程度スキルのある営業担当者のキャリアップには、無形商材の法人営業をオススメしています。

理由は2つ。

市場規模

一般的に生活備品や食料品などの有形商材に比べて、保険や広告などの無形商材の方が市場規模として大きく、ターゲットの幅も広いと言われています。

転職した場合、新規顧客の開拓を一から始めることになる為、その範囲が広い方が、成功する確率が高くなります。更に、法人営業であれば、取引金額もある程度高額であることから高い報酬や、取引の継続性、企業同士の横の繋がりからターゲットの幅が広がっていくことも期待できます。

その点で言えば、インターネット業界や人材派遣業界がオススメです。何れも、現在最も注目され、成長が期待される業界です。

期待される能力

無形商材の営業は、有形商材に営業に比べて高いスキルが要求されます。目に見える商材であれば、顧客は実際に自分で商品を見て、特徴を理解し、ニーズを判断することができますが、無形商材は営業担当者の企画力や表現力で、顧客のイメージは全く異なる場合が少なくありません。営業担当者の高いスキルが必要であることは、無形商材の求人企業も理解しているため、求人条件も高くなる傾向にあります。この点からも求職者がキャリアップを考えているのであれば、無形商材の営業がオススメと言えます。

まとめ

いかがでしたか?今回は営業担当者のキャリアアップと、キャリアアップには無形商材の法人営業がオススメなことについてご説明しました。

営業担当は、自分のスキルの向上にあわせて、報酬や労働条件など、よりレベルの高い環境を求める傾向にあります。
それは、企業に属しながらも、職種として一事業主の性格が強いことから、企業の方針が自分の考え方と合わなくなることや、数字に追われることが日常である為、自分の出した業績に高い評価を求める傾向が他の職種に比べて高いことにあります。

この機会に自分のスキルを振り返り、専門性やビジネススキルを高めてキャリアアップに繋げてみてはいかがでしょうか?

転職エージェントに相談してみませんか?

  • 「初めての転職で色々不安……相談に乗って欲しい」
  • 「もっと自分らしく、楽しく働ける環境はないの?」
  • 「キャリアアップしたい!」

そんなときに頼りになるのが、転職エージェントです!

転職エージェントは、日々様々な求職者と向き合い続けている「転職のプロ」です。専属のキャリアドバイザーが、上記のような様々な不安に対して無料で相談に乗ってくれます。

相談やアドバイスはもちろんのこと、履歴書・職務経歴書の添削面接対策など、転職活動に関わることをサポートしてくれます。

また、志望大手企業への推薦や年収・勤務条件の交渉なども代行してくれるので、少しでも転職の成功確率を高めたい!という人は、ぜひ1度登録してみてください。

ただ、担当するキャリアアドバイザーによって、サポートの質が変わってくる部分があるので、複数の転職エージェントに登録して、自分に合うものを使っていくのがおすすめです。

おすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

営業職の方にオススメの記事