20代で転職を検討されている方へ

かんたん60秒!無料の相談申し込みはこちら

2019.11.19

営業からのキャリアアップは、無形商材の法人営業がおすすめ!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

現在営業職で働いていて先のキャリアを考えると、昇進まで時間が掛かったり、上司を見ていても一旦外部環境に触れてみたいと思うことはないでしょうか。

また今後について考え始めると、転職も1つの選択肢として考える20代後半〜30代前半の営業職の方は多いかと思います。

では今回は「営業からのキャリアアップについてどうなの?」という方に向けて分かりやすくご説明しますね。

営業からキャリアアップするには?

営業はとてもやりがいのある職種です。 やればやっただけ、達成感も得られれば、それがインセンティブとして直接的な収入にもつながりやすい職種です。

しかし、ふと営業として現場の最前線に立ち続けるのか、それともマネジメント層として管理職を目指すのか、または人事・マーケティングなどの専門職を目指すのかについて考えることありませんか。

ここでは、営業職のキャリアアップの選択肢について見ていきましょう。

定年まで営業担当を継続する

営業担当を継続すると言っても、現在の顧客の規模や収入を単に維持するということではありません。

有力な顧客と強い関係性を築いて、それをきっかけに大きな商談を成約に導き、社内においても大きな影響力を持つ、いわば「スーパー営業マン」になることです。

管理職へ昇進する

営業から昇進するとすれば、営業課長から営業部長、営業本部長といった、業績を評価されて、その影響力をより広範囲に発揮することを期待される管理職になることを指します。

そのような立場になるためには、単に営業スキルが優れているだけではなく、組織をまとめるリーダーシップや部下を成長に導く育成力が必要になります。

独立する

営業担当はそれぞれが事業主であるとよく言われています。中には、所属する企業と歩合契約のみ結んで、高額な報酬を得ている人もいます。

そのような人が、企業に属して働いていた時の顧客を囲い込んで独立する場合があります。

営業からのキャリアアップの可能性

次に、営業担当がキャリアアップできる可能性について見ていきましょう。

ここまで、営業担当がキャリアアップするための3つ方法を見てきましたが、自分がキャリアアップしたいと思った時に、どの道に進むことができるでしょうか?

実際、方法はこれだけではありませんが、それぞれ能力の問題や、管理職にはなりたい人が全員なれるポジションではないといった問題が出てきます。

独立についても、収入が完全に途絶える可能性もあることから十分な準備が必要でなかなかできるものではありません。

自分は企業が重視する人材か?

企業は人件費を考慮したインセンティブや報酬設計をしています。所謂、成績上位の社員には報いるが、それ以外の社員の処遇を上げ辛いのが実態です。

営業職がキャリアアップを考える場合、やはり業績が大きく左右します。

最終的に転職もひとつの方法

営業担当としての経験を活かして、営業企画などの社内異動でキャリアアップを図ることも可能ですが、必ずしも年収アップや労働環境を改善するまでに至らないケースもあります。

そのような場合、年収などの希望を明確にした上で転職先を探すのもひとつの方法です。

転職を考える場合、営業担当であれば無形商材の営業経験があれば、有形商材の営業と比較して高く評価される可能性があります。

営業から転職するには資格が必要?

営業担当が評価される能力として、企画力やプレゼンテーション力、コミュニケーション力があり、転職を試みる場合に必ずしも資格は必要ありません。

しかし、保有していれば、よりアピールに繋がり、有利になる可能性がある資格がありますので、今回は3つご紹介します。

簿記(日商簿記)

特に財務諸表の理解力と、数字を使った企画・提案には説得力があり、経理等の管理セクションではなくても企業が必ず評価する資格です。

転職でアピールするなら、初歩的な3級ではなく、2級を保有しておきたいところです。

ファイナンシャルプランナー

金融商品や株式、不動産、税金等の知識に基づいて、個人や法人に対して、資産運用についての企画・提案をおこなうための資格です。

求人企業の中でも金融関係や不動産業界にアピールできます。

TOEIC

最近は業種・業態に限らず、語学力が重視される傾向にあります。少子高齢化の昨今、市場を求めて企業が国外に出る傾向は継続していますし、その中で営業の職種内でも国外営業の必要性が高まっています。

TOEICであれば、リーディング、リスニングのトータルな能力をアピールできます。730点以上が理想的ですが、600点台でも十分アピールできます。

営業からキャリアアップとして無形商材の法人営業がオススメな理由

ここまで、営業担当者のキャリアアップについて見てきましたが、ある程度スキルのある営業担当者のキャリアップには、無形商材の法人営業をオススメしています。

一言で営業職といっても、営業職は転職市場では4つの階層で構成され、無形商材の法人営業は最も評価が高いです。

そして、無形商材の法人営業の評価が高く、キャリアアップにつながるのは以下の理由からです。

1.給与・年収レンジが高くなる

一般的に、個人向けよりも法人向けの方が動くお金が大きく、利益が出やすいという側面があります。

また、有形商材の営業職の場合、売り手の能力よりも、商品の優劣や競合性によって、売れ行きがある程度決まる場合が多いです。

しかしながら、無形商材の場合は、「これを売る!」と言う特定の商品がないので、顧客の課題をヒヤリングし、それにあった商品や提案をすることが必要とされます。

つまり、「その人自身の人間性や能力」が重要となり、個々人のレベル感が求められるのです。

結果、上段の方が、成果や利益の源泉が営業社員自身に依存度が高まるため、会社としての投資度が高まるのです。

2.仕事の難易度が高くなる

一概には言いにくいのですが、個人向けよりも法人向けの方が多くの利害が絡むため、受注の難易度が高いです。

さらに、特定の製品を売るよりも、特定の製品がない場合は、提案の幅や深さが高まるため難易度は上がるといえます。

3.専門性・汎用性が身につきやすい

商材にもよりますが、採用・会計・集客等であれば、形がない分、人にナレッジが帰属しやすく、設備投資や仕入れもないため、他社や独立しても成果をあげやすいといえます。

4.やりがいを感じやすい

これは主観的な話ではありますが、上段の方が物売りや価格競争になりにくく、自分の提案自体が差別化できるためやりがいを感じやすいと思います。

5.上段の経験をしている人は、下段の職種へ転職しやすいが、逆は難易度が高い

上記の理由を総合した結果、転職市場の相場感として法人向けの無形商材の営業が評価されやすいのです。

せっかく営業職を経験するのであれば、キャリアが高く評価され、市場価値が高まる方が良いですよね?

もちろん、年収の増加や知名度が高い企業への転職が魅力的なことも十分に理解しています。

しかし、中・長期視点での市場価値の増加や自己実現に近づく転職をして頂きたいと思っています。

営業職でキャリアアップをするには?

無形商材の法人営業でも人材・広告・コンサル・金融・ITなど様々な業界がある中で、どの業界に進むかを明確にさせたい方は転職エージェントの利用をオススメします。

どの業界に進むべきかは「どんなキャリアを描きたいのか」によって変わってきます。

例えば「将来的に人事を目指したい」という方の場合、人材業界での営業職を経験すべきです。というより、それ以外の業界の営業を経験しても人事になることは難しいです……

また「メディアのマーケターを目指したい」という方の場合は、広告・メディア業界やインターネット業界での営業で似たような経験を積むことが大切です。

「やりたいことが漠然としている」という方は弊社にご相談ください!ゴールから逆算した最適なキャリアプランのアドバイスで、将来的なキャリアアップが可能です。

相談しても、必ず転職活動をする必要はないので、お気軽にご相談ください。

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。

10時間以上に及ぶ選考対策で転職決定率が大手転職エージェントの5倍!

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

【無料】転職サポート申し込み

営業職の方にオススメの記事

営業職へ転職したい人におすすめの記事を集めてみました。

気になる人はぜひ読んでみてください。

未経験でも営業職に転職できる?転職のプロがぴったりな業界を大公開
無形商材の法人営業に転職するべき2つの理由【キャリアUPに繋がる】
法人営業へ転職するには?志望動機&自己PRの考え方などを伝授

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。